FC2ブログ

ジャンプSQ3月号 新テニスの王子様 Golden age71・72 感想

 今月はテニスとしては異常だと思うのですが、一軍下位戦を見てきた今となっては普通になってしまいますね。一軍下位戦は心肺停止とか二人纏めて吹っ飛ばされたりしていましたからね。普通にテニスしているだけで逆に異常になってしまうのではないかと思ってしまいました。

Golden age71
幻のダブルスペア
 手塚と跡部というDに謙也が歓喜すると、実現不可能というより、手塚がダブルスをする姿がまず想像できませんね。乾とダブルスやった時とか物凄かったからなあ。乾コートから出てラケットも持たずにデータ取っていましたからね。全国大会という最終決戦の場に何しに来ているんだと言うしかありませんよ。まあ、手塚はオーラを出せるので、無我使いと戦えるレベルの能力値が無いと手塚と一緒にダブルスをやるのは厳しいです。その点は跡部はクリアしているので問題ありませんね。無我越前と互角に戦えるのは本当に素の能力値が高いのでしょう。

審判「2軍選抜手…仁王雅治」
 うわあこの審判ダメだなあとこの台詞で思ってしまいました。イリュージョンで戸惑ってしまいましたよ。全国大会の審判とか仁王が手塚になっても平然とゲーム仁王って言いましたからね。やはり全国大会の審判は一流の審判だったのでしょうかね。単純にイリュージョンに慣れていないだけなのかもしれません。
 真田もこのダブルスには一見の価値はありそうだなと言い、越前は仁王さんっスけどね……と、当然の事ですけど、テニスキャラは誰もが仁王のイリュージョンで本物のように言ってくるので、越前が常識を出すことによって元に戻そうとしているのではないのだろうかと思いました。皆は仁王を完全に手塚として扱っていますからね。

 越知・毛利ペアのサービスプレイで始まると、3セットマッチに変わっていたのに驚きました。今月のテニスで一番驚いた所かもしれません。これは長くなりそうだと思ってしまいますけど、許斐先生は省略する所は思いっきり省略してくるので、普通に1セット目はすぐにとって終わるのではないでしょうかね。
 中学生に3セットマッチは厳しいのではないかと常識的なことを考えてしまいましたけど、跡部は持久戦主体ですし、跡部からしたら良かったのかもしれませんね。しかし、体力的な問題は流石に出してくるんじゃないかと思ってしまいます。3セットマッチでも瞬殺してくるであろう幸村とかクラウザーとかは本当に酷いなあと思いました。クラウザーは体力が無いので3セットは厳しそうですけど、3セットの間に再起不能にすれば良いと考えると、逆に3セットマッチはクラウザー的には有利に戦えるのでしょうかね。

 跡部が越知に青メッシュ先輩と言っていたのがとても面白かったです。先輩に対する敬意とか一切ないですね。ギャラリーが真面目な表情で見ていますけど、「なんでこの人は年上にもこんなに偉そうなんだろう……」と思っているように見えてしまいます。

跡部「おい聴いてんのか青メッシュ!?」
 このコマを見て「ああ、次のページめくったら跡部が吹っ飛ばされているんだなあ」と瞬時に予想してしましました。こんな台詞吐いたら絶対何か起こるとしか思えませんからね。瞬間移動で越知が拳で跡部を殴り飛ばしてくるか、ボールで狙撃のどちらかだろうと推測し、許斐先生はルールは守るから試合が始まっているのでいきなり殴り飛ばしてくる事はないだろうと思い、跡部は狙撃されるんだろうなあと思ってしまいました。テニスの王子様において得体の知れない選手は本当に何をしてくるのかが解らないので怖いですね。足踏みして地面を揺らしてくるとか平然とやりそうだと思ってしまう。
 
 青メッシュと言われた越知は高速サーブと、まず当てなかった事に驚いてしまいました。普通にポイントとりましたよ。まあ、下位の人も暴力的な人は半分ぐらいで、後は鏡眼とかはありましたけど普通にテニスしていましたし、流石に破壊系テニスプレイヤーばかりではありませんか。といっても、普通にテニスをしていたのはナンバー20~17だけで、後は何らかの方法で相手選手を再起不能にできる技を持っている選手ですし、サーブ以外にも人外技はあるのだろうと思わずにはいられません。

 越知のサーブはマッハと言い、完全なるフラットサーブで何人たりとも返すこと……いや反応すら不可能と、サーブも凄い領域まできましたね。常人では返せないではなく、人間では反応すらできないと、どうしようもないだろと思うしかありませんでした。しかし、序章の時点で対処できそうに無い技が入り乱れていましたし、サーブが速いぐらいは普通かなあと思ってしまいました。
 審判が普通に反応できているという事は、天衣サーブよりも速度は低いのでしょうかね。審判がギリギリ視認できるレベルなのでしょうか、そのぐらいなら幸村辺りなら返すんじゃないかと思ってしまいます。金太郎も後ろに飛んだら空中飛翔でボールよりも早く動けば問題無さそうですけど、流石にマッハよりも速くは無いのでしょうか。

 マッハを跡部が返す事に成功すると、反応すら不可能と言った後に反応しているので、跡部は普通に人知を超えたのでしょうか、打ち返すも相手が打ち返して40-0になり、跡部は相手選手の骨格を見ていると、跡部王国は最初が物凄く面白かったのですが、2回目以降は慣れるんだなあと思ってしまいました。テニスの試合で骨まで見えてるって異常だと思うのですが、慣れてしまっています。

Golden age72
限りなく本物へ
 手塚仁王が反応できないので1ゲーム目は越知が普通に取り、ビックサーブが有ると無しでは圧倒的に違うと言い、手塚仁王は零式サーブを放つと、このどうしようもないと思わずにはいられない場面がとても良かったです。零式サーブは本当に酷いなあ。マッハは速いだけなのでテニスプレイヤーなら暫くしたら対応できるかもしれませんけど、全く跳ねない零式サーブは返せるとは思えません。今月号では返しましたが。

 仁王は零式サーブを打てるようになっていて限りなく本物に近付いていると、まあ、三つ子シンクロができる時点で相当近いのでしょうけど、零式サーブをこのまま3セットずっと打っていられるのだろうかと思ってしまいます。多分打てないだろうなあと思うしかありません。

 零式サーブを毛利が返し、プロ級な球打ちよるんけ!と、これでようやくプロ級なんですね。こんな最強クラスのサーブが打てないとプロになれないとか、どんだけプロはレベルが違うのでしょうか、常に竜巻が発生していて観客が巻き込まれている想像しかできません。
 しかし、零式サーブってどうやっても打ち返せるとは思えないのですが、ほんの少し後ろに下がる前に少し浮いていたりするのでしょうか、零式サーブを打ち返しただけで奇跡なんじゃないかと思ってしまいますけど、高校生のトップ10の1人だと思えば対処できそうな気もしてきますね。

 手塚ゾーンでボールを引き寄せ、手塚が打つ前に跡部が打って1-1になると、手塚ゾーンの引き寄せる時間の長さを補う為に跡部が攻めるというのが前の乾みたいな事にはなりそうにないと思い、良かったです。
 手塚がゾーンでボールを引き寄せ、跡部の跡部王国で絶対死角を突くと、この組み合わせは手塚ゾーンを無効化するか、絶対死角を突かれてもボールが2バウンドする前に打ち返すのどちらかになりそうだと思い、ナンバー10と9なら普通にやってきそうだなあと思ってしまいます。

 3セットで今月は2ゲームと、なんだか長くなりそうな気がしてきます。許斐先生の事なので来月1セット目ぐらいは冒頭で終わらせているかもしれませんが、どうなるのかが楽しみです。
スポンサーサイト



テーマ : テニスの王子様
ジャンル : アニメ・コミック

コメント

非公開コメント

プロフィール

ジョージ

Author:ジョージ
アニメ・ジャンプ等の感想を書いていました。

トータルアクセス
アクセス
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ツイッター
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる