FC2ブログ

新テニスの王子様 第4話 部長の選択 感想

 真田VS幸村戦をカットしそうで物凄く不安です。アレは新テニスの中でも上位に入る試合だったので、カットされない事を願うのですけど、来週辺りこの中学生同士の潰し合いが終わりそうで、この調子だとクラウザーの所もカットするんじゃないかと思ってしまいます。

 跡部対日吉戦が始まり、跡部が勝者は俺だコールをするも、誰も無反応と、やはりあの氷帝補欠が居ないと迫力に欠けますね。10人ぐらい呼んで来れば良いんじゃないかと思ってしまう。ただ単に応援用で。
 海道対手塚戦ではいきなり手塚が百錬自得の極みを発動させると、これをノー説明は初視聴者にとっては厳し過ぎるのではないかと思ってしまいます。パワーを集中じゃなくて、オーラを集中って言っておいた方がテニスプレイヤーはオーラを視認できるというのが解って良かったんじゃないでしょうかね。
 全力をぶつけてみろと言いましたけど、それ倍返しにしてくるんだから溜まったもんじゃないですね。それに対処して強くなれって事なんでしょうけど、百錬自得は強過ぎるなあ。まずオーラ出すってだけでオーラ出せない海道とは力の差が有り過ぎます。こんなんに勝てとかやってられませんよ。

 跡部はタンホイザーサーブを放ち、全く跳ねないというも、これを見た限りでは普通に跳ねていますけど、これはDVDを出すときに修正されるのでしょうか、タンホイザーは跳ねないみたいですけど、普通にテクニックで返せるので、強テニスプレイヤーにとっては全く意味を持たないサーブですね。現時点最強サーブであろう零式サーブは一切跳ねません。全くと一切ではこの世界だと天地の差が有ります。

 海道対手塚戦は手塚が圧倒し、日吉対跡部は互角に戦えていると、これは単に部長のスペックの違いだと思ってしまいます。跡部は持久戦主体なのでポイントを取られても問題無いので、互角に戦えていますけど、手塚は何もかもがチートだからなあ。手塚少年はどう倒せば良いのか解らないという領域にまで達していますからね。負担のかかるファントムを何度も連発させる真田戦法ぐらいしか無いんじゃないかと思ってしまいます。それでも手塚のラケットを粉砕する攻撃力の必殺技と、手塚ファントムを無効化させる防御力を持った技の二つが無いといけないとか、勝てる気がしてきません。

 手塚と跡部は2年生の後輩達の力で優勝すると言っていましたけど、氷帝は2年がどんだけ居たのか覚えていませんけど、青学は桃城と海道と越前しかいませんし、越前は外国行きますし全国にすら行けるのだろうかと思ってしまいます。桃城と海道の二人で2勝できそうですけど、1勝が無理そうです。まあ、全国大会に行っても桃城と海道以外は再起不能とか普通に起きそうです。テニス力が足りなさ過ぎます。

 海道が絶体絶命の所まで来ていて、アウトボールを出し、終わるのかと思えばゾーンでそれを打ち返してくると、アニメ版では後ろの球までボールに吸い寄せてくるので、手塚ゾーンのイカレっぷりがよく解って良かったです。完全に竜巻作っているからなあ。
 海道のアウトボールを何度も手塚ゾーンで打ち返し、海道が止まったらラケットに当てて一人テニス始めた所がとても面白かったです。海道の「何をやってるんだ……この人は……」と言わんばかりの顔がとても良いですね。

幻聴氷帝コール
 これ原作読んでても理解できず、「まあ跡部だから」で勝手に納得しましたけど、平然とやってきた所がとても良かったです。お前だけの氷帝コールを見付けてみろも全く持って解りません。勝つ前にコールがならないとダメという事なのでしょうか、言ってくれる氷帝補欠が居なければ自分の能力で出すしかないのですね。

 海道の回想は手塚が海道を部長にしようとしているから海道だけ特別厳しくしているのだという事は普通に解りますけど、この回想の前に動かない海道に一人テニスかましたせいで嫌がらせの類に見えてしまい笑ってしまいました。しかし、こんなオリジナル展開入れるのなら真田VS幸村戦やって欲しいなあと思ってしまう。新テニスがアニメ化決定した時にトップクラスで楽しみにしていた試合シーンだからなあ。

 手塚と海道戦は手塚が勝利し、鬼対金太郎戦になり、金太郎は大車輪山嵐を発動して鬼の十字ラケットをラケットごと粉砕すると、原作だと超必喰らうような顔になっていた鬼が非常に面白かったので、変更は無しにして欲しかったなあと思いました。しかし、ラケット粉砕だけで済んでる鬼は凄まじいですね。常人なら粉々になっていそうなレベルの必殺技だからなあ。

 最後に越前がCOOLドライブを発動しようとして終わると、COOLドライブ使うのなら審判台を足場にする場面を入れておいて欲しかったです。アレだけで何がどう狂っているのかが解って良かったので、普通に撃ちそうになっていたのが非常に残念でした。

 今週も普通に面白かったのですけど、原作信者としてはやっぱりオリジナル入れるぐらいだったら原作カットと変更はやめて欲しいなあと思ってしまいます。予告見る限り奈良は石田銀の波動球で飛んでいるだけですからね。原作のフェンス外まで飛ばされて、チームメイトの財前が平然と「なんか人飛んでますわ」って人はテニスボールで吹っ飛ぶのが当たり前だと言わんばかりに言うシーンがカットされそうなのが非常に残念です。
 鬼がオリジナル技のブラックトマホークを使うみたいなので、とりあえず客席までは金太郎を打ち上げて欲しいなあと思ってしまいます。
スポンサーサイト



テーマ : テニスの王子様
ジャンル : アニメ・コミック

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

新テニスの王子様「第4話 部長の選択」/ブログのエントリ

新テニスの王子様「第4話 部長の選択」に関するブログのエントリページです。

◎新テニスの王子様#4「部長の選択」

リョ:折角来たんだからあんたみたいな高校生とやりたかったんだよね。オニ:お前らみたいな奴らが俺らをやる気にさせることができるのか?徳田:十分間。その頃、跡部と日吉。手塚...

コメント

非公開コメント

プロフィール

ジョージ

Author:ジョージ
アニメ・ジャンプ等の感想を書いていました。

トータルアクセス
アクセス
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ツイッター
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる