FC2ブログ

新テニスの王子様 第3話 同士討ち 感想

 高校生達は中学生達が来た時は「生き残れるのかよ?」みたいな事を言っていましたけど、狩られる事になるとは思ってもいなかったでしょうね。今回の中学生が半分帰るというのは、高校生的には歓喜する所なのかもしれませんけど、強い中学生25名が残りますし、結局狩られる事になりますか。

 今回は普通にテニスやっていただけなので普通の回だったような気がします。それでも主人公リョーマは今週もKO勝ちしているので、テニスとしては狂っているのが解りますね。
 二人組を作ってからのシングルスの試合が始まり、海道がキレると、そりゃそうですね。テニス超人手塚を相手にして負けたら帰れっていうのは厳し過ぎます。海道はレーザーに狙撃はありますけど、レーザーだけだと手塚を倒せる攻撃力があるとは思えません。スネイクもゾーンの前には無意味で、レーザーも百錬によって倍返しされたら逆に撃ち抜かれます。

 鳳対宍戸、向日対忍足、菊丸対大石、仁王対柳生で試合が始まると、仁王は柳生にペテンは使わず正々堂々戦うと、まあ、結局仁王はイリュージョン(好きな選手に変身し、能力を使う妖怪仙人みたいな能力)を使いませんでしたし、そういう意味では普通に正々堂々戦ったといえるのではないでしょうかね。
 向日が飛んでいたのは良かったんですけど、彼は大空を舞えるので、大ジャンプして欲しかった所です。

 菊丸対大石は特に何も思いませんでした。ここで結構時間を使っているのは主人公メンバーだからなのか、女性人気があるのかが解りません。菊丸はあるのかもしれませんけど、大石に女性人気があるとは考えられないなあ。
 そして主人公であるリョーマはオリジナル展開で出番を貰うと、平然と高校生の顔面にボールを直撃させていていたのがとても面白かったです。先週、アニメのリョーマは血の気が多いと書きましたけど、もうバーサークでもかかっていそうですね。

 高校生はKOされていましたけど、ここで凄いのは高校生が一人倒れている状況でも、もう一人の高校生はあきらめずにテニスをしていた所です。腐っても代表候補の一人、今までテニスで人が倒れている光景は何度も見てきたのでしょう。ダブルスはペアの一人が戦闘不能になったとしても、残る一人が最後まで戦うものだと試合の中で学び、戦ってきたのだろうと思わせます。

金太郎「飛ばしてんなあ、コシマエ」
 普通にプレイヤーに当てる事が当然のような発言をしているのは置いておくとして、飛ばしているというセリフを金太郎が言っているのが凄まじいですね。彼は大車輪山嵐という相手選手を流血させて観客席に叩き込む打球よりも遥かに危険な必殺技を持っているので、それをこの下級高校生に発動していた場合、高校生は跡形も残らなかったのではないかと思ってしまいます。
 それを考えると、今回の越前のKO勝ちは、下級高校生の命を守ったのかもしれません。多分そんな事は無いのでしょうけど、今までの金太郎の圧倒的破壊力テニスを見ているとそう思ってしまいます。まあ、金太郎は今までの相手が越前とか神の子なので被害者は伊武ぐらいなものですが。

 大石対菊丸の所はシンクロの回想が面白かったです。初見の人は何を言っているのか解らないと思います。1クールならシンクロは見られそうに無さそうなのが残念です。まあ、1クールなのかは解りませんが。
 向日は7-0で負けているというのに敗因を心を閉ざしたからにしていたのに笑いました。向日は飛び回るだけで精神系スキル無効の「心を閉ざす」は関係無いような気がするのですけど、今まではあの飛び回りっぷりで精神ダメージを与えることができていたのかもしれませんね。

 仁王対柳生で柳生は曲がるレーザーで勝利すると、テニスで血のりを使用する仁王に笑いましたけど、柳生の曲がるレーザーは海道とのタッグによって海道がレーザーを会得したように、柳生もスネイクのように曲がるレーザーを会得したという事だったのだろうかと思いました。
 宍戸と鳳戦は鳳が勝利すると、スカッドサーブを返す奴はゴロゴロ居ると、鳳のサーブは速いだけだったと思いますし、それだけと厳しそうですね。相手選手ごと吹き飛ばすサーブとか、跳ねないサーブとか、消えるサーブとか、確実に決まる零式サーブとかがありますからね。

 次は跡部対日吉、手塚対、海道をすると、期待していた真田対幸村戦は一体どこに入れるのだろうかと思ってしまいます。あの戦闘は後に重要になりますので、カットはしないと思うのですが、どうするのだろうかと思わずにはいられません。
 金太郎と越前は高校生達を粉砕し、5級ラリーをしている徳川と鬼を発見すると、5級ラリーの分身移動消滅がとても良かったです。今回のテニスで最も狂っていた場面はここですね。まあ、分身は菊丸もできていたので、インパクトは少なかったです。

 最後に越前が徳川に挑んで終わると、次回は跡部戦と手塚戦と越前戦の三つになりそうで、中学生の潰し合いに一体何話かけるのだろうかと思ってしまいます。来週含めて3話ぐらいでしょうかね。期待している試合がカットされていない事を願います。
スポンサーサイト



テーマ : テニスの王子様
ジャンル : アニメ・コミック

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

新テニスの王子様「第3話 同士討ち」/ブログのエントリ

新テニスの王子様「第3話 同士討ち」に関するブログのエントリページです。

コメント

非公開コメント

プロフィール

ジョージ

Author:ジョージ
アニメ・ジャンプ等の感想を書いていました。

トータルアクセス
アクセス
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ツイッター
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる