今年のジャンプ感想

 今年のジャンプは非常に良かったです。特にハンター×ハンター。遂に蟻編が終了し、懐かしいキャラの再登場。ゴンの目的であるジンが本編登場と、非常にハンターが素晴らしかった。

 新連載、連載漫画の順に書いていきます。ライトウィングって去年でしたっけ?覚えていないので今年から新連載された漫画だと思って書いていきます。
 新連載は針栖川とmagikoとライトウィングぐらいしか覚えていないのですけど(スターズは掲載順的に終わりそうなので特に書くことがありません)ライトウィングが素晴らしかったです。全国優勝してしまったの所がとても良かった。全国優勝して絶望するっていうのは本当に珍しいですよ。

 個人的にはmagikoが好きなので生き残れて良かったなあと思っています。バトルになると微妙になってしまいますけど、バトル以外なら普通に面白いです。

 連載漫画はワンピースは長くなりそうだと思っていた魚人島編が終わりそうで、ブリーチの完現編も終わりそうと、新章に入ってから長くなりそうだと思っていたのに普通に今年中に一つの編が終わりそうになっていたのが良かったです。ワンピースは新世界編が始まって1年以上経つのにまだ新世界に行っていないので、そろそろ新世界に行ってほしいのですが、来年の4月ぐらいには新世界に突入しているのでしょうか。
 
 めだかボックスは過負荷編が終わり、後継者として中学生新キャラが登場し、善吉主人公化計画と、結構色々やっていたなあと思いました。アニメが始まる前に終わらせるとか言っていますけど、流石に終わらせる事はできないんだろうなあと思ってしまう。西尾先生はジャンプネクストで本伝も頑張りますって書いていますし、終わるとは思えないのですが、終わらせるのを頑張りますという意味なのでしょうか。ぬらりひょんが深夜だったので、めだかボックスのアニメも深夜になるんだろうなあと思ってしまいます。夕方にやるとは思えない。

 同じくアニメ化が決まった黒子のバスケは青峰を倒し、紫原戦になると、来年辺りには決勝をやっているんじゃないかと思ってしまいます。キセキの世代以外の試合は1週ぐらいで終わっていますし、来年は赤司の能力が判明しているのではないかと思ってしまう。

 リボーンはD編が終わりアルコバレーノの力を戻す為に昔のキャラと戦っていくと、アルコバレーノの話になると締めに向かっているのではないかと思ってしまうのですが、どうするのでしょうか。とりあえずディモンはボスなのにギャグ要素が結構あったような記憶があります。白蘭程では無かったような気がしますが。

 後は最初にも書きましたけどハンターですね。次号で20週目なので休載を迎える可能性が高いのですが、今年は十分に楽しませて頂きました。ゾルディック家とか凄く懐かしいキャラを出して、その一人ゴトーを平然と殺すあたりが良いですね。レオリオの能力も効果自体は吹き飛ばしただけなので不明ですけど見ることができましたし、今年のハンターもとても良かったです。

 来年はとりあえず黒子とめだかのアニメが楽しみです。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

ジョージ

Author:ジョージ
アニメ・ジャンプ等の感想を書いています。最近はあんまり暇じゃないのでブログ名変えようかと思っています。

トータルアクセス
アクセス
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ツイッター
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる