ジャンプ35・36号 感想 後半

 ジャンプネクストで松井先生の新作読切と、漫画なのか普通にデパートの話をするのかが解りません。前は確かウーパールーパー食ってたからなあ。

鏡の国の針栖川
 扉絵の松川さんがレイプされる寸前みたいで良かったです。いや、恐らく胸触られるだけですけど。 
 入れ替わるのは普通に一時間が限界みたいですね。暗闇の奥は確かめようにも危険だから無理と、これは普通に何も無いのでしょうか。異次元世界だからある設定なのでしょうかね。

 鏡の前の持ち主に会いに行くと、それは全く考えていませんでした。魔法のアイテムだから何か知らないけど置いてあって売りに出したとか、そういう設定だと思ってしまったなあ。
 謎の鏡はラブミラーと呼ばれ、人の心を吸いこんで閉じ込め、針栖川が里見と両想いになれば呪いは解けると、もう解決法も発覚しましたし、終わろうと思えば普通に終わってしまうのではないかと思ってしまいました。こっからどう話を進めるのだろうかと思ってしまいます。もう答えが出たようなものだからなあ。

 試練はいずれあなたを追いつめる事になりそうと言い、未来の鏡では悲しいお別れが待っていると、これは普通に失敗して何処かに飛ばされ、里見と再び会う為に針栖川が頑張る話になるのでしょうかね。未来が見えるで消える事になりそうよ?とか言われると消えるとしか思えず、どうしていくのかが楽しみです。

叢鋼―ムラハガネ―
 話は普通の読切にある別に強いとも思えない敵を主人公が凄い力で倒しました。という話でしたけど、キャラクターが今回の金未来杯の中ではトップだったので、今の所金未来杯の中では一番面白かったです。普通にバトルも良かったので面白いですね。話は特に書くことが無かったです。

家庭教師ヒットマンREBORN!
 骸の「放しなさい千種私も若いのです」が面白かったです。中学生だもんなあ。髪型は自分が最もイケていると思った髪型にしているのでしょうし、パイナップルの一言で終わったらキレますか。
 レヴィの扱いもとても面白かった。不細工は人に非ずとでも言わんばかりの扱いですよ。

レヴィ「なんと可憐な…プリプリ娘なのだ…」
 とか思っていたら女子中学生に興奮しているんですよ。そりゃあんな扱いになりますよ。この人はただでさえギャグ要因になっているというのに更に自らが受け狙いに走っているのが可哀想ですね。この人も水野さんみたいに実は中学生なのでしょうか。

 フランは自ら自分の進路を決めたと、普通に骸の弟子だったという設定なので骸についていくのでしょうかね。未来では骸だったからヴァリアーにつくとかになるのではないかと思ってしまいます。

めだかボックス
 もうこれは新手のプレイだよなあと思うしかありませんでした。女子中学生が自らのサラシをゆるめて攻撃を回避するという方法を取ったのが本気だと言うのが伝わって良かったです。

 鰐塚はもしも私が勝ったなら私をお嫁さんにしてください。と言い、阿久根が勝ったとしても弟子になると、女子中学生を嫁か弟子にできる阿久根はもはや勝ち組だと思うしかありません。
 柔道の試合なら鰐塚の勝ちでコンバットサンボの試合なら阿久根の勝ちだと、逆に言えば両方負けなのですが、両方勝ちだから勝者を出すと言った以上、出すしかないのでしょうかね。

 次で最終関門と、この宝探し編も終わってしまうのでしょうかね。結局善吉は全く出なかったなあと思いましたけど、最後に出てきたりするのでしょうか。最終関門がどれ程のものなのかが楽しみです。

黒子のバスケ
 ミスディレクションオーバーフローは皆黒子が見えるようになったから黒子をどうしても見てしまい、皆がパニシングドライブを使えるようになったという事なのでしょうかね。今まで消えていたのが見えるようになったら見てしまうだろうと思い、黒子の能力の逆版が発動すると言うことなのでしょうか。
 もしそうなら対策は青峰がやった閉眼しかありませんけど、閉眼は青峰以外はできないだろうと思ってしまい、どうするのかが楽しみです。なんだか詰んだかと思っていたのに、普通に逆転できそうだと思ってしまう程だったのが良かったです。

BLEACH
 石田を斬らなかったのは銀城の遊び心と、もし一護が石田のお蔭で銀城が敵だと気付いていたら銀城は普通に後悔していたんじゃないだろうかと思ってしまいました。
 演技が下手だというのも一護の事を黒崎って呼んじゃってたと地味に変わっていたという所も良かったです。

 一護が涙を流し、背後から刺され、ルキアだと判明して死神の力が戻ると、なんかルキア変わりましたね。2年たっても死神の世界ではルキアは140歳ぐらいだったと思いますし、2年たっても変わらないんじゃないかなあと思ってしまいます。あの後に色々あったのでしょうか。

 思いっきり泣いていた一護が力を取り戻した瞬間にカッコよくなっていたのに笑ってしまいました。本当に完現術スーツは微妙だったので、この死神姿はカッコいいなあと思ってしまいます。
 来週は普通に月島と銀城を倒しそうですね。普通に卍解でもしたら5倍の身体になりますし、後ろには体長クラスであろう一護父と裏原が居るので負けるとは思えず、逃げるしかないんじゃないかと思うも、逃げれるとも思えず、銀城達がどうなるのかが気になります。

 今週は絶望していた一護が力を取り戻すと、とても面白かったです。これで代行証消滅編は終わりなのでしょうか、今後は零番隊とかをやっていくのでしょうかね。

magiko
 なんだか次週最終回と書かれてもおかしくない話だったなあ……。こんな話になると不安になりますよ。
 エマが何かするのは前々から思っていたので普通でしたけど、シオンに力を授けてシオンが倒すと言うのは夫婦というのが伝わってきて良かったです。エマのお蔭で倒せたと言うのも大きいですね。

 来週からどうなるのかが気になります。もうバトル無しでイチャイチャして欲しいのですが、どうなるのでしょうかね。

 ハンターが再開した号が合併号だから2週待たないといけないというのがとても辛いなあと思いました。
スポンサーサイト

テーマ : 週刊少年ジャンプ全般
ジャンル : アニメ・コミック

コメント

非公開コメント

プロフィール

ジョージ

Author:ジョージ
アニメ・ジャンプ等の感想を書いています。最近はあんまり暇じゃないのでブログ名変えようかと思っています。

トータルアクセス
アクセス
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ツイッター
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる