ジャンプSQ9月号 新テニスの王子様 Golden age56・57・58 感想

皆川さんのインタビューを読む限り、映画は前作に負けず劣らずのビックリするテニスをしていると、恐竜破壊や空中決戦を見ても負けず劣らずと言う事は、月が爆発したりするのではないかと思ってしまいます。でも、ラケットでボールを打ってボールが月に変わったら手塚メテオと何も変わりませんか。

Golden age56
消失の恐怖
 最初にこのタイトルを見た時はシンクロを始めた事もあって「二人が合体して一人が消滅し、合体後の破壊力に恐怖する事になるのか」と思ってしまいました。シンクロで今解っている事は『空中浮遊できる』『負けた相手が心肺停止になっている』ぐらいなので、合体とか平然とできてもおかしくないですよ。負けた相手が心肺停止になるって、遊戯王の闇のゲームみたいですね。まあ、五感奪ったり、再起不能にしたりと、序章の時から闇のゲームみたいなものですか。

 陸奥兄弟は1ゲーム取られてから同調を始めると、同調を始めると本能で動くから思考ができなくなるので、まずは相手の情報を入手してから動いた方が良いと判断したのか、単に中学生の同調がどれ程の完成度を秘めているのかを知りたかったから同調しなかったのかもしれませんけど、相手の力を見てから同調同士の試合では実力のある方が強いって言っているので、普通に勝ちそうな気がします。空中浮遊できる同調にどう勝つのだろうと思いましたけど、同調同士になるとテニス関係なくお互いのオーラが激突して、最後までオーラが残っていた方が勝者で、負けたらオーラ切れにより心肺停止になってしまうのではないでしょうか。

 金太郎に場面が移り、超メガトンワンダーデラックス山噴火サーブが直撃しそうな流れになっていて笑いました。顔面に迫ってくるとか、こんなの直撃したらトマトみたいになる未来しか見えませんよ。
 顔面に直撃するかと思えば見開きでやれ恐ろしい事じゃと、これは許斐先生の計算なのでしょう。顔面が吹っ飛ぶ袴田が来るとみせかけて、余裕を見せるという技術。台詞一つに見開きがくるなんて思っていなかったからなあ。跡部の時は技発動したので「見開きでなんか言うな」とか思っていたら「跡部王国」で爆笑しましたけど、普通に見開きで言葉を言うだけとは思っていなかったなあ。

「消滅!!」
 ボールが爆発したみたいに見え、異次元に飛んだものだと思いました。というか、これって飛びましたよね。
 背後から黒い閃光が金太郎に襲い掛かると、後頭部破壊技は対戦相手破壊テニス技の中でも中々レベルが高いのではないかと思ってしまいます。テニスの試合に後頭部にボールが来るなんて考えませんからね。不意をうてるので死亡率が高そうです。とか思ったんですけど、これって金太郎の飛び方を見るにアッパー攻撃なのでしょうかね。地面スレスレをブーメランスネイクの原理で飛んでいき、バウンドする時に物凄い威力で相手選手を襲うのでしょうか、消滅の爆発しているボールを見ると異次元に飛ばして金太郎目がけて元の世界に戻したような気がしてきます。

 しかし、金太郎はあまりダメージを受けていないと(く、来る!?の段階で腕一本折れるぐらいの破壊力なんじゃないかと思ってしまいました)まだ戦えそうなので、今後は消滅をどう対処していくかになるのでしょうか。

Golden age57
狙撃
 狙撃されたのは56話の金太郎だよなあと思ってしまいました。
 
腹テツ
 何をどう言ったらいいのか解らないけど、とりあえず怖ぇ。なんか妖怪みたいに見えてしまいました。彼はこんなのを外国人選手に見せてきたのでしょうかね。これだけで威圧行為ですよ。
 あだ名を使ったボケの為に腹にテツを書くというのは、お笑いテニスはとにかく自分の身を削る事が大事という事なのでしょうかね。奈良もホモになりきっていましたし、とりあえずインパクトが大事なのでしょう。

 二人分のラケットのガットを破壊すると、もう普通にパワーテニスやってれば良いじゃないかと思ってしまいましたけど、恐らく彼らのお笑いテニスは敵の動きを止める為のものではなく、防御技を出させなくする為の精神攻撃が主な使い方なのではないかと思ってしまいます。たとえ二人分のガットを破るショットが放てても、ファントムの前では無力ですが、お笑いテニスを使えばファントムを封じる事ができるかもしれません。……手塚が笑うかになりそうですが。

あくとVS柳
 …詰んだ。とスポーツの世界なのに普通に詰んで諦めていたのに笑ってしまいました。柳もデータを捨てるのでしょうかね。柳にはデータを捨てたとしても、データを捨てる確率100%とか言われてやられる未来が見えたのかもしれません。まあ、あくとがデータテニス使いなのかは解りませんけど。
 勝てる確率が0%と、昔戦った状況と同じ状況にさせられていたので、実力差が解りきったとかなのでしょうかね。回想が入りそうな終わり方なので、来月以降に期待したいです。

Golden age58
鏡像
 樺地の春に笑いました。桜が舞うと季節を操作するテニス技なのかと思ってしまいます。
 力也は腹に食らって痛ぇなコノヤロウと言い、パワーまでは再現できぬかと、これは男児系統の技はラケットによるガードを無視して直接攻撃ができるという事なのでしょうかね。まあ、百八式波動球でも似たような事になっていましたか。

 男児の夏で樺地と河村が吹っ飛ばされると、コピーを使わせる為に、人柱が壁になるのなら、もう両方吹き飛ばしてしまえばいいという単純なアンサーが面白かったです。男児の夏でカモメが飛んでるのが良いですね。秋になると何が起こるのだろうかと思ってしまいます。男児の春が単体攻撃で、男児の夏が全体攻撃なのかと考えてしまう当りがゲーム脳ですね。秋になるとつむじ風による属性攻撃が起こり、冬は氷点下にさせる温度変更技なのではないかと思ってしまう程です。

 紅葉は入江にお前程の実力がありながら世界に目を向けなかった事が敗因だ、日本チームの底上げだとかぬかして残ったと、入江って普通なら外国に行けるレベルなのですか、徳川クラスの実力はあるのでしょうかね。なら王国跡部は最低でも一番コートレベルなのだろうかと思ってしまいますけど、入江が手を抜いていただけなのでしょうかね。

 入江がお決まりの演技テニスを発動させるも、紅葉は普通に打ち返し、お前は安い芝居で試合を劇的に演出しようとしすぎる。もう止めておけ。と、最高に恥ずかしいだろうなあと思うしかない。唖然としている入江の顔に笑ってしまいました。あんだけ余裕ありそうな笑顔の後ですからね。
 これはこの唖然としたのも演技で冗談抜きの本気があるぐらいしか勝つ方法が無さそうなのですが、ここまでだと皆普通に2桁1軍にやられそうなので、何か反撃はするのだろうと思い、どうするのかが楽しみです。

 最後に鉄人が幸村に俺の瞳は鏡像……全て自分に返ってくるぞ、と言って幸村が五感を失って終わると、遂に魔眼使いが出てきたかと思うしかありません。高校生の上位クラスはテニス能力の他に異常テニス技対策になんらかの特殊能力が無いと辛いのでしょうか。今回の魔眼である鏡眼は精神系の能力ならはね返すと、これは才気煥発もはね返せるのだろうかと思ってしまいます。アレって自分が考えるだけで相手には影響無いんでしたっけ? 跡部王国もはね返してスケルトン跡部とかできるのかなあと思ってしまいました。

 五感を失った幸村がどうなるのかが楽しみです。しかし、今の所五感を奪われた越前は天衣無縫かしましたし、真田は黒いオーラを放ったので、五感消滅は覚醒フラグなのではないかと思うしかありません。個人的には翼が生えるのではないかと思ってしまいます。でも、それは切原がやりましたか。

 来月はそのまま1軍高校生に敗れるのか、反撃するのか、一桁一軍が戦い始めるのか、どうなるのかが解らず、どうするのかが楽しみです。とりあえず最後の能力発動して幸村に五感消滅がはね返っているのが一番盛り上がりました。五感奪ったらどうしようもないだろうと思っていたら、はね返すですからね。

 テニスの事なんだけど、ふと鉄人は反射系の能力を持っているのではないかと考えてしまいました。最初のハンデと言って視覚を無くしたのは能力の準備で、眼が見えなくなった時間分、相手の視覚を無くす事ができるという、劣化幸村能力を持っているのではないでしょうか。
 その場合、鉄人は五感を奪われても反射で幸村の五感が奪われ、五感を奪われた幸村が覚醒して倒すという展開を考えました。ただの目隠しなのにテニスだと何かしらの伏線だと思ってしまう。

 6月11日にツィッターで書いていた事を思い出して、微妙に当たっていたのが嬉しかったです。やっぱり五感奪われたら覚醒するとしか思えないなあ。どうなるのかが楽しみです。
スポンサーサイト

テーマ : テニスの王子様
ジャンル : アニメ・コミック

コメント

非公開コメント

プロフィール

ジョージ

Author:ジョージ
アニメ・ジャンプ等の感想を書いています。最近はあんまり暇じゃないのでブログ名変えようかと思っています。

トータルアクセス
アクセス
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ツイッター
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる