ジャンプSQ5・6月号 ToLOVEるダークネス 第7話 感想

 合併号だったので大分遅くなってしまいました。テニスが二月読めないのは辛いなあ。

第6話「Worry~その想い…つなぐもの~」
 最初の場面は特に何も思いませんでした。ララ達ってスク水に尻尾を開ける穴を作っているのでしょうかね。
 セリーヌが平然と学校に居たのはどうしてなのでしょうかね。ずっと家で待機だと思っていたのですけど、学校に普通に来ているのでしょうか。

 ナナがメアと仲良くする為に春菜家の淫獣マロンを召還すると、即刻胸にダイブするマロンは流石だと言うしかなく、ナナは自分の宇宙ペットを召還し、宇宙生物の舐めっぷりを見たマロンが負けたくないと闘志を燃やして舐めまわすと、「見ろ!! オレの舌技!!」の頭の悪さが凄まじかったです。なんで即刻股間舐めてるんだよこの犬はwww

 服の中から胸を舐めるマロンは愛情表現とかじゃなくてトラブル世界に毒された獣だと思うしかなく、達していたメアはもう完全にヤラれているなあと思うしかありませんでした。どんどんトラブル世界に毒されていくなあこの子は、とても可哀想。エロ可哀想。

 マロンの行為にナナが驚くも、それを見た宇宙生物がナナを舐めると、今までリトの事をケダモノだの言っていたナナがケダモノを所持していた事に笑ってしまい、パンツの中からダイレクトという荒業を見せていたのが凄まじかった。「少年」ジャンプSQですよこれ、その後性感帯と乳首を舐めているのもヤバいですね。舌だけしか出していないので触手プレイに見えてしまうのもポイントです。長谷見先生は「SQなら単行本解禁無しで乳首OKですよ」と言われたから、ヤリたい放題やってるんじゃないかなあ。

 機械が勝手にイカとタコを出して春菜の捕え、乳首吸引を始めると、もう愛情表現と呼べるレベルを超越していて笑いました。イカとタコをペットにしたら乳首を吸う愛情表現をするとでも言いたいのだろうか、愛情表現から触手プレイで乳首吸引は何を考えてこうなったのかが全く解らない。エロい事を話しまくっていたら、「じゃあもうイカとタコも出して触手プレイもしましょう」とかになったのでしょうか。

 今回はペットの愛情表現が光っていました。話的にはメアと親密になったってだけですけど、今回も中々エロくて流石トラブルでした。
 次号はまた新キャラを出すのでしょうかね。アゼンダみたいなのだと即退場だろうと思ってしまうので、レベルの高い美少女を期待します。 
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

危険な相手

こんばんは。
今日はアニメの感想を書きに来ました。
相手は偽護廷十三隊。
かなり厄介な相手ですね。
マユリ、オマエ絶対面白がってるだろ・・・
希千代や砕蜂の私服は珍しいので、しばらくは楽しめそうです。
この話をネタにして、金剛番長の小説をやってみようかなと思います。

Re: 危険な相手

> こんばんは。
こんばんは。

> 今日はアニメの感想を書きに来ました。
> 相手は偽護廷十三隊。
> かなり厄介な相手ですね。
偽者ですが仲間同士で戦うようなものなので、アニメオリジナル展開としては良いのではないかと思いました。

> マユリ、オマエ絶対面白がってるだろ・・・
> 希千代や砕蜂の私服は珍しいので、しばらくは楽しめそうです。
> この話をネタにして、金剛番長の小説をやってみようかなと思います。
金剛番長の小説ですか、頑張って下さい。

ユーリさんコメントありがとうございます。
プロフィール

ジョージ

Author:ジョージ
アニメ・ジャンプ等の感想を書いています。最近はあんまり暇じゃないのでブログ名変えようかと思っています。

トータルアクセス
アクセス
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ツイッター
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる