FC2ブログ

ジャンプSQ4月号 新テニスの王子様 Golden age48・49 感想

 来月休載なのが辛過ぎます。月刊誌だと二ヶ月も待たなくてはならないからなあ。

Golden age48
負け組の帰還
 アオリの負け組革命戦士揃い踏み!!が面白いなあ。このアオリと帰ってきた負け組の姿を見ると、初見の人は誰もテニス漫画だと思うことができないんじゃないかなあ。ミイラの乾とか、本当にテニス漫画に相応しくないですね。

高校生「とっとと失せなぁぁ!!」
 凄いなあ。テニスプレイヤーは高校生になれば、誰もがもう拳感覚でテニスボールを使うのですね。ここの狙撃シーンは笑うしかありませんでした。中学生も一部は似たようなことやってますけど、高校生になると誰もがテニスボール攻撃をするのですか、ラケットは人を傷つけるためのものではなくても、ボールでダメージを与えるのは問題無いという事を示していますね。

 先陣を切る田仁志様がとてもカッコ良かったです。思ったより痩せていませんでしたけど、あの体系からここまでになったので、スピード重視になったりしているのでしょうかね。ビックバンの威力が落ちたからという理由で、10日後には体重が戻っていていつの間にか自然に元の体系に戻っていてほしいものです。
 唖然としている高校生達の元に忍足とリチャードが現れ、ボールを奪いながらボールを鑑賞すると、もう高速移動テニスプレイヤーは瞬間移動が使えるかのようですね。まあ、真田も雷の速度で移動できるからなあ。足が速い選手ならば、瞬間移動ができると言われても納得しそうです。

高校生「何だこのドス黒いオーラは!?」
 爆笑。高校生になるとオーラの識別とか当然なのでしょう。漆黒オーラ真田が相手を焼き尽くす魔王のようで、それを見て戦意を喪失している高校生が凄まじい。そりゃ、こんなオーラを出す人類と相手とか、もうテニスをするではなく、死ぬか生きるかの問題になるのではないかと思い、戦いたくないと思いますけど、今の所、ラケットを向けられただけなので、オーラが見えない人なら「中学生にラケットを向けられて唖然とする高校生」になります。本当にオーラというものは凄まじいです。

 種子島が登場し、本来は1軍なのに飛行機が嫌いで海外遠征に行かなかったと、世界大会の時はどうするのでしょうかね。そういう時は仕方が無く乗るのでしょうか。種子島、徳川、鬼、入江辺りは普通に1軍クラスとかなのでしょうか。まあ、入江は跡部とほぼ互角だったので、1軍クラスではないのかもしれませんが。

 負け組達は2番コートに入る事を許可されると、これによって2番と3番が鬼以外、全員中学生になったという事ですか、中学生に侵食されつつあるなあ。まあ、全国クラスの中学生は3番コートの選手と互角ぐらいなので、2番コートの選手も負け組と互角に戦ったのでしょうかね。でも、それなら全員帰るとは思えない。負け組は相当強くなっているのではないかと思うしかありません。

 徳川も1年前には崖の上で修行をしたと、アレは裏メニューみたいなものなのでしょうか、ジイさん元気だったか?というのを見ると、普通にジイさんはあそこで修行しながら暮していそうです。
 海外衛生組20名が10日後に帰ってくると言い、その彼らに挑戦する20名を選ぶと、20対20の試合になるのでしょうか、20対20だと、前の二人組みデスマッチみたいに、少しだけ試合をやって後は省略をしてくるのではないかと思ってしまいます。総入れ替え戦で半年以上使ったからなあ。一部だけ長くやるのではないでしょうか、20対20を総入れ替えみたいにやると、2年ぐらいかかりそうです。

勝ち組の飯を食う負け組
 田仁志様が順調に元に戻るフラグを立てていたのが良かったです。相当肉喰っていますからね。再来月の1ページ目から元に戻っていても驚きません。
 風呂場面で乾のケツと、本当に乾はこんな役ばかりだなあ。もう自分からなる事をデータで計算してやっているんじゃないだろうか。

 枕投げが行なわれようとしていて、平理と天神が「援護に行くぞ!!」「腕がなるぜ!」と、中学生と一緒だろうが普通に楽しんでいたのに好感が持てました。だからこそ、亜久津と関わりまくっているのが可哀想だなあと思ってしまう。

Golden age49
枕投げの王子様
 こういう番外編は安定した面白さがあるなあ。今回はメンバーが選ばれし中学生なので、何が起こってもおかしくないですね。
 最初の吹っ飛ばされる二人に笑いました。枕と一緒に殴り飛ばしたんじゃないだろうか、ここの亜久津はバーサークがかかっているみたいでとても面白い。

『同調』!?
 テニスの時は、まだテニス全てが異空間みたいなものだかったから、オーラを二人で纏って空中移動はまだ一応ギリギリ納得できますけど、枕になると物凄く異質でした。枕持ちながら空中浮遊されたら怖いよなあ。こんな奴等と同じ部屋で過ごしたくない。
 鳳の「宍戸さん俺恐いっす!!」が全くもってその通りで笑いました。そりゃ恐い、テニスはまだネットという見えない壁があったから、まだ動物園の折側の視点のようなものだったのでしょう(それでも、同じ人類が空飛んでたら恐怖しますね)でも、今回はネットがなく、目の前でオーラを纏いながらそれを飛んでいる生物が、枕を持っている。恐いという感情しか出てこないだろうなあ。宍戸のSO・BA・GA・RAだぜ!!もとりあえず精神を安定させようと思って言っているのではないでしょうか。

 枕投げと知れば即移動する高速移動組に笑いました。しかし、スピード系が3人と合部屋の忍足は可哀想だなあ。放送で「全員○○に集合して下さい」とか言われたら、3人が消えて居なくなり、忍足は1人で行く事になるのでしょう。
 
 跡部がとても面白かったです。枕投げが始ったと聞くと、即樺地に枕を山のように集めてこい!と、枕投げでも跡部王国を作るのではないかと思うも、樺地は跡部の言う事を聞かず、仁王の元に行き、214号室の文字が消えて仁王王国と書かれていたのに笑いました。樺地は仁王にマインドコントロールをされたのでしょうか、今もまだ、仁王は跡部にイリュージョンしていて、跡部だと思っていたりするのでしょうかね。跡部的には負け組内で何が起こったのか気になるのではないでしょうか。まあ、跡部の部屋の面子的に、これから跡部は普通に過ごすのではないでしょうかね。

石田銀「拾弐式波動球!!」
 問答無用で吹っ飛ぶ3人に笑いました。しかし、それは波動枕というべきなのではないだろうか、これはもう枕関係ないよなあ。投げてねぇもんwww 拳から発生した波動で吹き飛ばしていますよ。枕投げで体ごと吹き飛ばされるというは誰も考えていなかったのではないでしょうか。
 金太郎も大車輪山嵐を出すと、この分だとクラウザーも枕で相手を磔にしていそうですね。幸村も五感奪ってるんじゃないかなあ。嫌な枕投げだ。

「何やっとるんだお前らは!?全員廊下に正座しろ!!」
 凄いよなあテニス。何が凄いって、爆音が鳴ったり人が吹き飛んだり煙が上がっているというのに、廊下に正座しろ!!で済むのですよ。教師陣はテニスで技を見ているからこそ、「ああ、これはテニスの技だな」と思い、正座で終わったのでしょうね。いきなり爆発音がしたら、まず爆弾が仕掛けられている事を疑うと思うのですが、テニスでそういう技を見ている教師にとって、爆発音は日常茶飯事なのでしょう。「何やっとるんだお前らは!?」も、「何をやってこんな大惨事になっているんだ」ではなく、「こんな時間に何をやっているんだ!」という意味なのだろうという信頼があります。

 最後に20名を発表しますと、中学生が何人入っているのかが楽しみです。
 徳川、種子島、鬼、入江は入っていそうだと思い、1番コートの面子数人と、後は中学生なのでしょうかね。越前、金太郎、真田、跡部、幸村、切原辺りは出そうな気がしますけど、他が予想できないなあ。再来月はメンバー紹介で1話終わるのではないかと思い、どうするのかが楽しみです。

 今月は負け組の紹介と番外編みたいな感じでしたね。枕投げは相変わらず色々ぶっ飛んでいて面白かったです。
スポンサーサイト



テーマ : テニスの王子様
ジャンル : アニメ・コミック

コメント

非公開コメント

プロフィール

ジョージ

Author:ジョージ
アニメ・ジャンプ等の感想を書いていました。

トータルアクセス
アクセス
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ツイッター
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる