FC2ブログ

魔法少女まどか☆マギカ 第9話 そんなの、あたしが許さない 感想

 愛と勇気が勝つとは思えないまどか☆マギカ、どう考えてもBADENDしか見えないのですが、どうするのでしょうかね。個人的には、キュゥべえが消滅さえしてくれれば、どんなENDでも満足しそうな気がしてきました。

 今週は最初は普通に話を聞く事ができたというのに、ラストで殴り飛ばしたいと思ってしまったキュゥべえが流石だというしかありませんでした。 
 最初のさやかの魔女化は音楽の魔女っぽいと、上條の事ばかりだったのでしょう。上條の音楽を取り戻す為に願ったから、あの姿になったのかもしれませんね。
 しかし、いきなり現れた人間とは思えない代物を見せられて、「アレはさやかです」って言われても信じる事ができませんでした。ソウルジェムに魔女が入っていて、濁った時魂の使用権が魔女に移って、魔女が実体化したの方が納得できますよ。まあ、人間とは思えない代物は、魔法少女の段階で魔法少女は人間ではないと思っていますし、それが人類に危害を及ぼすか否かなのでしょうかね。

 ほむらの時間停止は触っている者以外で発動できると、これは今後まどかと行動をする時もありそうですね。まあ、まどかと二人きりで行動はそれだけで死亡フラグになっているから不安になるなあ。今の所全員死んでますよ。仁美さんは逆に生存しましたけど、彼女は一般人だから違いますか。

 まどかの元にさやかの死体を持った杏子とほむらが現れ、動揺しているまどかに向って彼女のグリーフシードは魔女を産み出して消滅したわと言い出したほむらさんは言い切るなあと思い、ショックを受けているまどかに、ソウルジェムが濁ると魔女になり、それが魔法少女の逃れられない運命と、そりゃそうなるのなら他者の事を考えずに使い魔放置に走りますね。他者の事を考えて使い魔を倒したら、自分が他者を殺す魔女になるとか、凄く嫌な運命だ。

 普通にさやかの死を言い切ったほむらに杏子が掴みかかるも、ほむらは無視してまどかに何時もどおり魔女になるな宣言をして、死体の取り扱いの説明を行なうと、本当にさやかの事は一切考えていないんだなあ。魔法少女化した時点で、ほむらの頭の中ではさやかは完全に切り捨てて、さやかのせいでまどかを悲しませないようにする事を考えていたのでしょう。
 
 ショック過ぎて眠る事ができないまどかの元に現れたキュゥべえに苛立ちと笑いの両方を感じ、まどかは「生きてたのね」と、そりゃそうだよなあ。まどかの頭の中ではキュゥべえは悪魔的存在だと思いますし、それが撃ちぬかれても生きているのなら恐怖するしかないのではないかと思います。
 
キュゥべえの説明タイム
 僕等と言っているので、キュゥべえ一族でもあるのでしょうかね。全部同じ姿をしていて、打ち抜かれたキュゥべえを喰うことで別のキュゥべえ一族が記憶継承をしたのではないでしょうか。生物を調査と言っているので、キュゥべえ一族の文明は恐ろしいほど発達しているのでしょう。願いを叶えるのも、ひみつ道具的な物がキュゥべえ一族には存在していて、それを使って願いを叶え、後は自分の能力でソウルジェムに移動しているのかもしれません。願いを叶えるのは、無抵抗のままでソウルジェムに魂移動をする為なのでしょう。

 第二次性長期の少女が一番高いと言っていましたけど、その頃は男子は中二病真っ最中の男子が極めて多いと思うので、そっちは狙わなかったのかなあと思ってしまいます。頭の中で実現不可な事を考えてその事を現実で言うのよりも、現実の事を考えて感情を高める女子の方が普通に強いのでしょうかね。

 まどかが酷過ぎると言うも、キュゥべえは合意で契約していると、本当に願いを叶えてくれるというのがキュゥべえの強みですね。願いを叶えて魔法少女化はマミさんが一番可哀想だなあ。他は他者とは言え自分が望んだ事を叶えて魔法少女化しましたけど、マミさんはそれしかなくて魔法少女になって助かるしか無いだからなあ。マミさんは自分がすでにソウルジェムだという事も、他人を傷つける魔女になる事も知らずに喰われて終わりましたし、
まだ良かったのではないでしょうかね。最後の最後まで死なないのが一番良いと思いますけど、それだとまどかはケーキで魔法少女になり、キュゥべえが説明した場合、マミさんは死ぬまでまどかを魔法少女にした事を悔やんでいたのでしょう。

 キュゥべえの「この宇宙の為に死んでくれる気になったら、いつでも声をかけて、待ってるからね♪」に笑ってしまいました。何を可愛く言っているのだコイツは、死ぬのをまってるからね♪とか、更にまどかの精神を潰しに来たとしか思えない。ここまで正直に言ってくれるとむしろ清々しくなってしまいました。この場面では。
 杏子とキュゥべえの会話は、ラストまで見た後だと苛々するしかないので書きません。
 
杏子「最後に愛と勇気が勝つストーリーってのは」
 もうこの言葉を聞いた段階でどうにもならないだろうと思うしかありませんでした。怖くないと思った先輩魔法少女が一発で喰われて死んで、愛の為に魔法少女になった同級生は色々悲惨な目に合い、愛はさやかだけで、上條は何を思っているのかは不明だけど挨拶もしてこないと、愛と勇気を感じる事ができない。

 団子を食いながら歩いている杏子を見て、最後の団子の一個が落ちると同時に杏子の首が落ちるのではないかと警戒するも何も無く、ワルプルギスの夜の説明と、一人じゃ倒せない程の魔女が未だに存在しているという事は、何処かで被害があったりするのでしょうかね。異名が付いている程なので、ワルプルギスの夜にあったら逃げろとか、そういう連絡が魔法少女の間であったりするのでしょうか。

 杏子が魔女と相打つと、ソウルジェムが砕け散った描写が入ったので、生存は無いのでしょう。最初は敵だとしか思えなかったのに、どんどん好感が持てたのは良かったです。結局、金の入手法はなんだったったのでしょうか。
 
 最後にほむらの元にキュゥべえが現れ、ほむらがさやかを救える望みがあったのかを聞けば、そんなの不可能に決まってるじゃないかと言い切ったキュゥべえがとても殴り飛ばしたい気持ちになって笑いさえ出てきました。「コイツwww」って笑いましたからね。言い切りやがりましたよ。
 その後の止めない理由はまどかを魔法少女にする為には邪魔だったからと、ここでキュゥべえが高笑いでもしたら最高にエンターティナーだと思うしかない終わり方だと思うのですが、感情が無かったのですね。

 次回予告はほむらで誰にも頼らないと、来週からワルプルギス戦が始ったりするのでしょうかね。ほむらの場合はまどかを同行させるとは思えず、どうしていくのかがとても楽しみです。
 これで魔法少女が半分以上死んでしまいましたね。もうこれ以上は誰も殺してこないのではないかと思うのですけど、まどかファミリーとか仁美はいつ殺されてしまってもおかしくないなあ。3話まで死者無しで行なう事ができるのでしょうかね。
 今週の話が漫画だと恐らく3巻の1話目になるのでしょう。1話目とは思えない内容だなあ。

 今週もとても面白かったです。キュゥべえがとても面白かった。来週ほむらが死ぬことは流石に有り得ないだろうと思ってしまいますけど、このアニメだと平然とやりそうです。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

ジョージ

Author:ジョージ
アニメ・ジャンプ等の感想を書いていました。

トータルアクセス
アクセス
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ツイッター
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる