ジャンプ10号 感想 後半

 ナルトのハッピーセットのかとんロンチャーは去年のチャクラ宙返りに比べるとインパクトが足りませんね。まだサスケに見えるからなあ。らせんがんボールとしのびへんしんセットは子供に人気が出そうな気がします。

月・水・金はスイミング
 サムライうさぎの人ですか、サムライうさぎはバトルで失敗して終わったような事しか覚えていません。  
 とりあえず有川さんが可愛かったです。それぐらいしか書く所が無いのですが、悪い所が一切無かったのが良かったです。でも、良い所も有川さんが可愛かったぐらいなんだよなあ。普通に始まって、普通に終わりました。

保健室の死神
 学生時代の記憶を抜くと病魔を取りに自ら行こうとは思わなくなると、これは暫くしたら学生時代の回想を思い出す感じで入れるのでしょう。
 エロスは名前だけで「エロスだから女だな」とか思っていたのですが、今週号を見ると男なのではないかと思ってしまいました。しかし、名前がエロスで女の子っぽい男とか、色々凄まじいキャラになりそうです。

 プラグマの「ハデスイツヒトさんよ」のコマが面白かったです。煙り吹いているからなのでしょうか、警戒される前と後とか言ってますけど、この登場だとただの敵にしか見えないからなあ。

 経一が戦うことになり、プラグマは損得勘定を発動してメタル化すると、損得勘定は相手の持っている金額で強さが決まる能力で、無一文の経一にはただの雑魚と化してしまい、1発でボコられて終了するのではないかと思いました。経一は銃が無いと一般人みたいですし、どうしていくのかが楽しみです。

黒子のバスケ
 新キャラの健太郎はサポート役だったというのは良かったです。しかし、ラフプレーは伏線と、あんだけ精度が高かったラフプレーですが、後半では使わないのでしょうかね。まあ、スティールできるのでラフプレーをする必要が無いのでしょうか。
 
 47?58と10点差が付き、黒子がチームプレーをやめたら花宮を敗れるかもしれないと、殴り飛ばすのではないかと思ってしまいます。花宮は黒子を見る事ができるのでしょうかね。できなかったらスティールもクソもないので、普通に逆転できそうだなあと思いました。

めだかボックス
 蛾々丸さんは本当にキャラが変わりまくっていますね。1週間経ったからなのか基本的な所は変わっていなさそうなのですが、おを伸ばす所で笑いました。

 日之影は音速で動く事を可能にし、アラタなる異常性、光化静翔と、正喰者の効果で新しい異常を作り出したとかなのでしょうか、まだ蛾々丸の不慮の事故も発動していませんし、どうするのかが楽しみです。

LIGHT WING
 タイトルがカッコよ過ぎますし、内容が素晴らしかったです。

 自分だけのサッカーを見つけていない佐治が完成してトランセルサッカーが完成すると言い、敵は纏める能力で完成させて欲しいと言ってきて、本人も纏める能力だと思っていたのに、実際は佐治の為に皆がサッカーをするというのがとても良かったです。

 皆が能力を発動し、能力名を出して佐治を生かし、リヒトのパスで佐治がシュートを叩き込み、次はカッコよく佐治がシュートを入れ、イヴァン雷帝と、佐治が能力を発動して、それが逆転の手になっていたのがとても良かったです。

 新連載の数を見ると、来週か再来週辺りで終わってしまいそうなのですが、シアンが出てから常に面白いので、とても残念です。単行本を買おうか悩んでいるからなあ。

 新連載は今の所天才が2人居るサッカー漫画だという事しか解りませんけど、能力は持っていないのでしょう。
スポンサーサイト

テーマ : 週刊少年ジャンプ全般
ジャンル : アニメ・コミック

コメント

非公開コメント

プロフィール

ジョージ

Author:ジョージ
アニメ・ジャンプ等の感想を書いています。最近はあんまり暇じゃないのでブログ名変えようかと思っています。

トータルアクセス
アクセス
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ツイッター
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる