FC2ブログ

ジャンプSQ2月号 新テニスの王子様 Golden age41・42・43 感想

 水曜日検索キーワード見てみたら跡部王国で113人もの方がアクセスして笑いました。私は涙が出るぐらい笑ったのですけど、やっぱり王国発言で笑った人が多いのでしょうかね。

Golden age41
過程
 いきなり入江が圧倒し始めると、まあ、先週演技だと発覚して終わったので、そりゃ圧倒するのだろうとは思いましたけど、テニスの王子様で偶にある「5?0から逆転させる」をまさか跡部でやろうとするとは思わなかったなあ。
 アオリの通りコケにされた王様と、これは跡部は最高に屈辱だったと思います。昔切原戦で負傷した越前が無我覚醒したように、跡部も無我覚醒するのではないかと思ってしまいましたからね。許斐先生だからここで跡部を逆転負けさせる姿が思いつかず、そんな事ばかり考えてしまいました。

 跡部は本能でこのゲームで決めないと勝機は無いと感じ、見極めようとして打球を返し、入江はそんな跡部の姿を見て「進化はまだ終わっていない…!?」と喋りだすと、演技をして逆転しようとしたら普通に負けるって、もしここで負けたら入江は最高にダサいなあと思ってしまいました。
 入江は人はこれ程までに進化をするのか!?と思い、跡部が『慟哭への舞曲』と前の跳ねない打球で叩き込むトーガを進化させて終わらせようとすると、跳ねない打球から進化をさせるのは難しいと思うので、舞曲は単純にテニスボールを相手選手に叩き込む打撃テニス技なのかもしれません。

入江「なーんてね」
 負けていたのは演技で、圧倒していたら対応され負けそうになったのが演技で見開きを使うのは許斐先生らしいなあと思ってしまいました。しかし、進化をするのか!?って頭で思っていながら、演技なのですか、進化をしていたのは本当で、それに対しては少し驚いていたとかなのでしょうかね。

 この41話は先月とほぼ同じなので特に何も思いませんでしたけど、今月はラストが凄まじいので、前座だと思えば普通に面白かったです。

Golden age42
打ち砕かれた自尊心
 種子島が入江とは当りとー無いわなと言い、徳川が賛同して始まると、徳川ですら当りたくは無いと思っているので、普通に1番コートクラスの実力者なのでしょうか。だとしたら、1番コートは越前ですら負けるレベルなので、跡部がここで負けてもおかしくは無いのではないかと思ってしまいます。でも、今月のラストを見ると勝ちそうなんだよなあ。2番上位レベルとかなのでしょうかね。

選手データ
 跡部は持久戦主体なのでスタミナは5なのは納得ですけどグラフで見ると跡部は普通ですね。まあ、無我は持っていませんし、眼力が怖いぐらいだからなあ。
 そして入江はグラフを突き抜ける6と7と、これは3番コートのデータだから6と7というグラフ以上の数値が出ているという事なのでしょうか。パワーが低いので、ラケットを弾かれたのは普通に弾かれたのではないかと思ってしまいます。

 入江がどんどん点数を取り、ゲーム5?3と追い詰められていき、鬼さんが「黙ってたが……入江は3番コートじゃねぇ実力はもっと上」と、それは言っておいてあげても良かったんじゃないかと思ってしまいます。磔のクラウザーに耐久力のある外道を当てたり、鬼さんの考えている事が良くわかりません。
 鬼も各コート底上げの為に配置されていると、鬼も1番コートレベルなのでしょうかね。金太郎が負けていましたし、2番コートぐらいまでなら金太郎、越前でも勝利する事ができるのかもしれません。

 切原が応援すると、跡部はウルセーと言い放ち(いつも王様コールを受けているというのに)入江は今キミはとても恥ずかし…と精神攻撃をかけていたのに笑いました。
 跡部がその隙を突いて氷の世界を発動するも、跡部のコートに氷柱が突き刺さり、何故だ!?と思うと、本当にどうしてなのでしょうかね。隙を突いたと思いながら打球を打った時に、自分が隙だらけで氷柱が見えてしまったとかなのでしょうか。

 入江は対戦相手の気持ちを理解できることと、読心能力者なのでしょうかね。ここまでくると跡部が負けるのではないかと思うしかない終わり方でした、この話も前座で面白かったです。

Golden age43
跡部王国
 もうタイトルの時点で笑うしかない。いきなり何をトチ狂ったんだと思いましたからね。
 跡部は自尊心は関係ないと思い、このチームを…!!と思えば倒れると、いきなりで笑いました。ページ飛ばしたかと思いましたよ。

跡部回想
 跡部は勝てなかったから相手の弱点を見つけ、そこを容赦なく狙うことと、もし手塚が万全なら何処を打ってもゾーンで持っていかれるので、どうしようもないのではないかと思ってしまいました。いや、前の越前戦の時がそうだったような記憶があります。最後はスタミナ切れでダブルKOしていましたが。
 入江が死角を探し、氷柱を発射するも、砕けて死角が見えないと、入江は気持ちを読んで死角を突くっぽいので、気持ちが読めなくなったから氷柱が砕けたのでしょうか。

スケルトン入江
 爆笑。どうして眼力を極めたら骨が見えるのか、もうそれはテニスの眼力じゃないですよ。氷柱放つのもどうかと思いましたけど、骨まで透けて見えるってのも凄まじいですね。氷柱を飛ばすよりも、視るなので視力的には正しいのではないかと思ってしまうほどでした。後ろの選手の骨も見えているのが凄まじいですね。テニスを極めるとこんな景色が見えるのだとしたら、テニスから逃げ出したくなるのではないかと思ってしまいます。

跡部王国
 今月のSQで最も笑ったコマ、笑いすぎて涙が出ました。スケルトンから打球を一発入れたら見開きで跡部王国、特に技も使わず、骨まで見えるようになって1ポイント入れたら、いきなり見開きで跡部帝国ですよ。これは笑うしかなかった。動けなかった!?って思い、それから跡部に雪が降っていたので、技名言って終わりかと思えば、跡部王国ですよ。雪が降っているのも面白いですね。許斐先生は本当に天才だ。
 その後の皆の表情も「ああ、遂に言っちゃったか」みたいな感じで面白かったです。跡部の高笑いも跡部王国を作り上げたからだと思うと笑うしかありません。
 
アオリ『跡部王国建国祭の花火が上がる!!』
 最後の最後まで笑うしかありませんでした。建国祭の花火が上がる!!ですよ。もうなんて書いたらいいのか解りませんけど、凄く面白い、最後の最後まで面白くて、アオリまで面白くて非常に素晴らしかったです。
 
 これは跡部が勝ちそうですね。王国作ったからなあ。これでどうやって負けるのかと言いたくなります。もしかしたら入江が対抗策で入江帝国を作るのかもしれません。
 今月は跡部王国だけで満足できました。とても素晴らしかったです。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

ジョージ

Author:ジョージ
アニメ・ジャンプ等の感想を書いていました。

トータルアクセス
アクセス
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ツイッター
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる