FC2ブログ

今年のジャンプ感想

 今年はワンピースが新章いったり、ブリーチで5、6年ぐらいかかった破面篇が遂に終わったり、ゴンが半端無い覚醒を見せたりと、思い返せば色々ありましたね。
 今年の初めの記事を見ているとリボーンは白蘭戦ですし、めだかボックスは異常編の十三組戦の序盤ぐらいと、どの作品も懐かしいなあと思ってしまいます。

 去年と同じく新連載、連載漫画の順に書いていきます。新連載ってSWOTぐらいしか覚えていません。
新連載
 保健室の死神は去年でしたっけ? 1話完結が増えたのは今年だったような気がするのですけど、病魔が関わって異常になる日常1話完結話がとても面白かったです。
 新連載で記憶に残っているのは四ツ谷先輩とSWOTですね。他はあんまり覚えていませんけど、後半は狂人ばかり登場した四ツ谷先輩は印象に残っていて、SWOTは私が個人的に杉田先生のファンなので覚えています。SWOTは本当に少年漫画していたと思うのですが、普通に順位落ちて打ち切られましたからね。ただ能力使ってピンチを解決するエグニマがアンケート順位高いのを見ると、殴りあったりするバトルよりも、能力者バトルの方がアンケートが取れるのではないかと思ってしまいました。でも、それだとべるぜバブの掲載順が理解できなくなるなあ。

連載漫画
 ワンピースは新世界編で今年のラストに魚人島に到着すると、新世界編は少し展開が遅いように感じてしまいましたが、戦争編がとても良かったです。
 今年驚いたのは、ブリーチの破面篇が終わった事ですね。いや、去年の時点で十刃は全員倒されていたような記憶がありますけど、5、6年はやったからなあ。本当に長かった。ザエルアポロ戦が半年ぐらいかかっていたので、終わる気がしませんでしたよ。新章はブリーチらしい展開の遅さを見せていますけど、楽しんでいます。

 今年は新年早々ハンターの再開があり、20週もあると、素晴らしかったです。ピトーもユピーも死に、ププも王に体を差し出した為戦力になりそうもなく、王は記憶喪失ですがコムギの事を思い出しそうになっていると、戦う前はどうしようもないと思っていた護衛軍戦ですが、終わりが見えてきたのがとても良かったです。ゴンの覚醒が一番驚きましたね。色々ビジュアル的な意味でヤバかったです

 リボーンは白蘭戦が終わり、シモン編の中盤ぐらいになっていますね。白蘭はパラレルワールドの自分を引っ張ってきて廃人みたいにしたのが鬼畜だとしか思えなかったのが印象に残っています。逆に自分がやられたらたまったものではないと思うべきですよ。
 シモン戦は、ヴァリアー戦というか、いつものリボーンの1対1だったので、特に何も思わなかったのですけど、シモンが転入してきて暫くしていたギャグが面白かったです。リボーンは初期の方が好きなんだよなあ。

 めだかボックスは今年は確か宗像戦からだったのですけど、今はもう過去回想で出ていた球磨川がボスをやっている過負荷編ですからね。その過負荷編も書記戦と中盤に差し掛かっていますし、かなり話が進んだなあと思うしかありませんでした。十三組の半分が特に戦闘もせずに終わったのは非常に西尾先生らしかったです。

完結作品
 最も楽しみにしていたPSYRENが終わりました。後半の駆け足っぷりが非常に残念でしたけど、世界を繋げたテレホンカードを作った07号に会いに行く終り方を見せると、綺麗に終わらせたのがとても素晴らしかったです。
 サイレンの今年の初めは遊坂戦と、スカージと戦い、皆を助ける為に本拠地に乗り込み、最終決戦をして、現代で最終決戦をしたのですか、単行本でウラヌスが初登場した回が出た時にはジャンプではウラヌスは死んでいましたからね。本当に速かったと思うしかありません。

 今年は最後の方になってアニメ決定が多かったですね。レベルEのアニメが一番楽しみです。 
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

ジョージ

Author:ジョージ
アニメ・ジャンプ等の感想を書いていました。

トータルアクセス
アクセス
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ツイッター
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる