FC2ブログ

ジャンプ49号 感想 後半

 BLEACHの映画、もう来月なのですね。前売り券を買ったのに無くしてしまいました。何故かポスターは普通にあります。

めだかボックス
 蛾々丸が凄く正しい事を言っているというのに、いきなりテトリスの話をされたらたまったもんじゃねえよなあと思いました。 
 蛾々丸は例外的に理性的な過負荷と、蛾々丸だけは考えて行動するとかなのでしょうか、志布志さんも名瀬を潰そうとしていましたし、江迎ちゃんは善吉時ヤバかったですし、蛾々丸だけが考えて行動するのでしょうかね。まあ、過負荷なのでいきなりキレて理性的もクソもななくなってしまうのかもしれません。

手錠で繋がれるめだかと球磨川
 多分内心長者原くんはピキっていたんじゃないかと思いました。しかし、相手は過負荷なので全員に何らかの対処をしないと甘いのではないかと思ってしまいます。まあ、何かやった人限定なので、やってから対処法を取るのでしょうかね。

 書記戦は服の脱がし合いと、少年漫画的には無理なんじゃないかと思うしかない内容で、球磨川が文句を言ったら妄想たくましくされているところとか言われていて笑いました。妄想たくましくされているって、「何を考えているんだこのエロ男は」と軽く侮辱しているんじゃないかなあと思ってしまいます。

 冷凍庫で戦うことになっていて、ギブアップは認められず、どちらかを全裸に剥くまで戦いは継続されると、全裸になるまでは終わらせないという意味では、長者原くんは妄想たくましくしているんじゃないかと思ってしまいます。

 球磨川は飛沫が負けたら箱庭学園から手を引くと、なんだか西尾先生なので普通に飛沫が負けて戦挙戦ガン無視で暴れ始めるのではないかと思ってしまいました。志布志が負けても球磨川がそのまま消えるとは思えないからなあ。
 
 バトルが始まり、いきなり名瀬が切り刻まれるも、自分のパンツを見せて顔面に蹴りを叩き込む名瀬が凄く面白かったです。名瀬ちゃんはストッキングの上にパンツを履いているので、いきなりパンツを脱いだ恥女ではなく、ただ靴下を脱いだような感覚でパンツを外せるのですね。しかし、志布志さんはそれを知る事は無いので自分のパンツが獲られたと思い、蹴りが入ったのでしょう。なんだか正しく一撃を当てたみたいで笑ってしまいました。

 最後に志布志さんは刃を持って終わると、時間差で攻撃を飛ばすことができるとか、そんな感じの過負荷だったりするのでしょうかね。斬撃を飛ばす事ができるのかわからず、どうするのかが楽しみです。

バクマン。
 本編の内容は恋愛がどうたらなのであまり書く事が無かったのですが、作家が同じジャンルで順位を決めるというのは面白そうだと思いました。今のジャンプ漫画はバトル展開になるとバトルができないヒロインは空気になるしかないので、恋愛描写をあまり見る事ができず、どんな恋愛漫画を描くのだろうかと思ってしまいます。

ぬらりひょんの孫
 羽衣狐の元はリクオの姉になるのでしょうかね。相当人気だったので性格は無理だとしても残して起きたかったんじゃないかなあと思ってしまいます。

 裸体で晴明が現れ、ドキッとした羽衣狐本体がなんか知りませんけど面白かったです。今週は真面目にボス登場場面をやったと思うのですが、ラストの裸で背後から光を浴びて、カッコつけた晴明がギャグに見えて笑ってしまいました。

保健室の死神
 今週が凄く面白かったです。安田登場からは笑いっぱなしでした。短気は損気のコマが一番面白かったです。

PSYREN―サイレン―
 アゲハの俺の話を…聞けッ…!!が悪人にしか見えなくて笑いました。まるで洗脳でもするかのようだ。
 
 サイレンのテレホンカードをアゲハが体内から出し、思念体だったから巻き込んで取り込んだと、思念体を記憶を渡す手段にしたのがとても良く、旅をしてきたのは弥勒を止める為になったというのもとても良かったです。
 弥勒が精神世界か知りませんけど07号と再会すると、これで改心かワイズを終わらせるのだろうと思うしかなく、前のみえるひとのような終わり方になるのではないかと思ってしまいました。前のみえるひとは夢で終わってしまいましたけど、今回は普通に終われそうで何よりです。

 最後にミスラが約束の涙を奪って終わると、アゲハ達がミスラと戦い、弥勒も協力するのでしょうかね。もう後2週か3週で終わってしまうのではないかと思い、どうするのかがとても楽しみです。

SWOT
 杉田先生のバトルは本当に素晴らしいですね。いきなり背後に移動しているという点だけを除けば最高に面白いです。
 いきなり蓮野さんが突っ込んだので死ぬかと思い、案の定顔面が真っ二つになりそうになると、学崎の目のアップで次のページに続いたのが良かったです。流石に顔面真っ二つは少年誌的にできないとしても、顔にダメージは出るんじゃないかと思いました。

 倒堂が助太刀に入り、集落を圧倒すると、包丁を二本とも一撃で粉砕する場面が非常にカッコよく、奈落重拳・極!!!も非常にカッコよかった。これで普通に終わったんじゃないかと思いました。
 最後に集落がカクゴを纏い、目玉を操作すると、首に注射が入っているのであのカクゴ薬を自分に使ったというのでしょうか、倒堂が倒されて学崎が裏カクゴを発動するんじゃないかと思うしかないのですが、どうしていくのかが楽しみです。

 巻末コメントの杉田先生の所で笑いました。殴田とかのようにやっているのでしょうかね。
スポンサーサイト



テーマ : 週刊少年ジャンプ全般
ジャンル : アニメ・コミック

コメント

非公開コメント

プロフィール

ジョージ

Author:ジョージ
アニメ・ジャンプ等の感想を書いていました。

トータルアクセス
アクセス
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ツイッター
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる