FC2ブログ

ジャンプSQ12月号 機巧童子ULTIMO 第二十二幕 感想

 前にマチとヒロシが大泉のおっちゃんにビビッて言い合いを止めた場面があったのですが、今月号を読むとセルヴィスのスペックにビビったんじゃなくて、大泉のおっちゃんのスペックのせいでビビったんじゃないかと思うしかありませんでした。

第二十二幕
色欲兎 超紐理論
 扉絵が凄く面白くて笑いました。スマ子さんの表情のせいでそういうプレイをしている場面にしか見えないよ。というか、マジでこういうプレイをしている場面なのでしょうかね。

 大和は再会したダルマのパトカーに乗り、デジルから逃げる事を考えていましたけど、デジルカーの値段が半端無くて笑いました。家が買えますよ。スマ子さんは年々ローンで買ったのだろうとか、そんな事しか考えられませんでした。

 ダルマは妙な高級外車はそうそういなく、バリアの類の「能」と推測すると、ダルマの前世の記憶が戻ったから解説と現状説明をするのがスムーズで良かったです。
 行き先を聞くのは盗聴の可能性を考慮して聞かず、大和は覚醒したので話も大詰め、ヤベエことの大行列だと、締めに一直線で向うという事なのでしょうか、この覚醒で狭山愛はどうなったのだろうかと思ってしまいます。

ルネの責任をどうとるか悩む大和
 イキオイで男に向って「抱けねぇだろうが」って言い放った大和がイケメンだった事が判明して笑いました。大和がひでえ事をしやがるぜとか、そういう事を考えると大和は本当に可哀想ですね。なんで来世では男になっているのだろうと思うしかありませんよ。男同士でもOKだと早々に決心するしか道が無いですもの。

 ルネはもういいんだよと言い、エコさんのおかげで記憶が戻ったと言って、エコさんと出会った理由がウルティモに殺された月光の君を弔う為に訪ねた坊主と、やはりウルティモが殺していたのですね。嫉妬ってレベルじゃない善の大将です。しかし、このウルティモは凄く悪人に見えてしまうので、ウルティモは本当にタイトルキャラクラターなのだろうかと思ってしまいました。

 ウルティモが月光の君を殺したとなると、この世界でも大和は男とはいえ再び月光の君と再会したわけですし、またウルティモが隠れて殺しに入ったりするんじゃないだろうかと思ってしまいます。幼き「善」は「悪」に等しいのがウルティモの恐ろしさなので、今後そのウルティモを大和がどうするのかが楽しみです。

 デジルはデジルで現状の説明を始めると、六波羅密と七つの大罪の状態説明はとても解りやすくて良かったです。善側の壊滅っぷりが人目で解るのが良いですね。しかし、本格的に再起不能になっているのがレグラだけなので、立て直す事はできそうだと思いますけど、リミットが残り1日だった気がするので、どうするのだろうと思ってしまいます。

 七つの大罪はKで笑いました。Kが一番平和的にやっているんじゃないかと思えてしまいます。フサ太郎は名前で覚えていましたけど、MIZHOと戒造はこの場面で思い出すことができました。こんな顔をしていましたね。
 デジルはスマ子につついてみろよと言い、スマ子は相手は警察だから躊躇うと、国家権力があると躊躇うものがあるのでしょうかね。

デジル「それともお前、自分が夜な夜な僕にしていることをさしおいて今さら法が怖いと言うのか?」
 爆笑しました。まず注意マークがあるにも関わらず、ページの間だったので気付かなく、「SQでも説明できない事をするスマ子さんマジ半端ねえ」とか思っていたのですけど、読み終わって二度目の時に何をしているのか書いている所に気付いて更に笑いました。スマ子さんは自分の性癖の為だけに小学校教師になったんじゃないかと思うしかありませんよ。ランドセルは小学生しかしませんし、性癖の為だけに小学校教師になったのだとしたら、流石は色欲の殿だと思うしかありません。

 動揺するスマ子さんが可愛く、デジルが自分の能の説明を始めると「色欲」だから「悩殺」というのが良かったです。半径3M以内では敵味方関係なく一切の「能」を無効化しする能を持ち、勝てるのは無能のバイスさんぐらいと思っていると、無能はやはり無能なので単純にスペックが半端無いという事になるのでしょうかね。

 デジルがスマ子に命令して迫り、ダルマは速度を上げて逃亡するも、赤いクルマで値段が3倍とシャアネタのように見えて実際は値段自慢に笑い、機巧変化兎角で潰しに入るも、ダルマは直角ドリフトで回避と、なんだかレース漫画みたいになっていて笑い、ドアをぶちぬいて車を持ったまま飛翔するデジルに笑いました。スマ子さんはどういう気持ちだったのでしょうかね。

 童子合体!!鬼兎を発動しようとするも発動せず、セルヴィスが登場し、能力操作と自分の能力を言って悪側は自分勝手だから横の連携がとれていないと、チームでそれは致命的だなあと思うしかありませんでした。
 セルヴィスは設定したエリア内で、自在に敵の能を操れると、同じ能操作でもセルヴィスの方が使いやすそうで、悪のデジルと比べると善らしいと思えてよかったです。

 大泉さんがチャリでパトカーを先導していた事に笑いました。半端無い身体能力、童子と共に戦う童子ファイターだと言われても驚かないレベルでスペックが半端無かったです。
 大和はヒョットコの場所に向っていると判明し、マチとヒロシも連れてむかったと言い、合流しようとすると、来月は普通に再会から入ったりするのでしょうかね。

 デジルは悩殺だから能力操作は無効化されるはずだと言うも、セルヴィスが「能」勝負の要因を説明すると、童子は童子スペックが羅密と大罪の1体辺りを力を数値化すると、善7で悪が6なので悪側が不利なのですね。能の使用条件と常時発動の悩殺よりも場所と時間を限定する方が強いとなり、殿からもらう愛憎エネルギーでも差があると、あの大泉さんのおっちゃんの愛は相当凄いという事なのでしょうかね。

 スマ子は自分もろともでもいいから敵を潰すように言い、デジルが兎杵大玩月!!!を発動するも、愛と欲は違うとセルヴィスが言い、デジルを粉砕して終わると、これで悪側であるデジルは再起不能になるのでしょうかね。暫くはセルヴィスが戦っていくのではないかと思え、どうしていくのかが楽しみです。

 今月はエコさんと会った理由はデジルを粉砕したりと、かなり進展があってとても面白かったです。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

兎は年がら年中発情しまくってる生き物だそうです。

話も大詰めという台詞と掲載順位が頭の中でぐるぐる回って不安ですが、もちっと続いてほしいところです。善悪殿と童子の現在を見る限りでは、未だ活躍してない者もいますから。

ダルマと再会してデジルと戦う今回ですが、互いに見所がありましたね。直角ドリフトやシャア、はてはショタコンと皆濃いなぁ。

愛と欲の違いって何ですかね?相手ありきか自分ありきってところでしょうか。ホストとそれに貢ぐ女、いずれにしろ法律をオーバーランしないでもらいたいですな。

Re: No title

> 兎は年がら年中発情しまくってる生き物だそうです。
マジですか、では色欲のデジルの兎は当然なのですね。しかし、それだと寂しくて死ぬとかいうのは、欲求不満過ぎて死んでるんじゃないかと思ってしまいました。

> 話も大詰めという台詞と掲載順位が頭の中でぐるぐる回って不安ですが、もちっと続いてほしいところです。善悪殿と童子の現在を見る限りでは、未だ活躍してない者もいますから。
悪側はまだ2組も百機回向の時に登場しただけの奴等が居ますものね。ウルティモもまだ稼動していませんし、暫くはするのではないかと思いたいのですけど、順位が不安です。

> ダルマと再会してデジルと戦う今回ですが、互いに見所がありましたね。直角ドリフトやシャア、はてはショタコンと皆濃いなぁ。
スマ子さんがぶっちぎりだったと思います。まさかあそこまでヤバイとは思っていませんでした。善側なら相当強い愛だったのではないかと思ってしまいます。

> 愛と欲の違いって何ですかね?相手ありきか自分ありきってところでしょうか。ホストとそれに貢ぐ女、いずれにしろ法律をオーバーランしないでもらいたいですな。
自分を出してきたら愛なのでしょうかね。今月のスマ子さんを見るとよくわからないのですが欲と愛が違うと言われて余裕で納得できたのですけど、来月に説明があるのかが気になります。
来月のスマ子さんの行動が楽しみです。

ウォッチャーさんコメントありがとうございます。
プロフィール

ジョージ

Author:ジョージ
アニメ・ジャンプ等の感想を書いていました。

トータルアクセス
アクセス
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ツイッター
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる