FC2ブログ

ジャンプ44号 感想 後半

 ワンピースとトリコの3D映画、ワンピースは今週号を見る限りだと麦わら帽子を探すだけに見え、ショートになるのではないかと思いました。でも、トリコをメインにしてワンピースをショートにするのは考えられません。

保健室の死神
 いきなりナンパをかます高校生にも笑いましたけど、凄い表情で問答無用で殴り飛ばす経一が面白かったです。
 顔がハデス先生だったのは病魔の影響かと思ったのですが、斉賀みどりちゃんで納得してしまいました。彼等はそっくりさんですけど、今後出てくるのでしょうかね。

 経一がカッコよく病魔をぶち抜いたのは良かったですけど、不審者で笑いました。確かにサングラスに銃だと怪しい人にしか見えませんね。

PSYREN―サイレン―
 展開が速過ぎてこの掲載順だと不安になってきます。
 暴王アゲハが流星を放つと、大量に黒い玉を出して狙撃に入るのがとてもカッコよかったです。そして相手が防いでいる間に特攻をかけ、防御を破りに入る所も素晴らしい。

 ディスクが渦のようになり、弥勒が太陽と月とか言い出すと、敵が生命を使うのはまだ解りますけど、主人公が破壊の力で死の化身というのも凄いと思いました。太陽でオレと言って、月でオマエという弥勒は色んな意味でヤバイと思え、生命の門を開門すると、覚醒したアゲハに対し、今までボスキャラであった弥勒が全力でぶつかるという展開がとても熱く、それでもアゲハは平然としていると、暴王は凄まじいですね。あの生命門は作中でも最強クラスの攻撃だと思うのに、それでも平然と受けているので、主人公なのに敵はどう戦うのだろうと思ってしまいます。 

 アゲハが殺しに入るも、弥勒はその前に体が崩れ落ち、イルミナでもなく他者の生命エネルギーを吸い続け形を成していたと、弥勒は生命エネルギー操作なので、現代の方が強いとかなのでしょうか。
 弥勒が最期にコレを止めることは出来ないと言っていたのですが、まさか戦闘が始まって3週でボスキャラの弥勒が倒されるというのは考えていませんでした。2週目で暴王状態という覚醒展開がありましたけど、考えていなかったなあ。

 弥勒は新しい生命が誕生すると言い、最期にミスラが登場すると、何をしたのかがとても楽しみです。新しい生命が誕生と言っているので、タヴーを超えた何かが出るのか、新しいボスが出るのかが解らず、どうするのかが楽しみです。

めだかボックス
 球磨川の姿は見えなくても声で恐怖するだろ?というのは最もだと思い、その声がした方を攻撃すればいいというのも普通だと思うのですが、肌で感じるというのがよく解らなかったです。攻撃したら当った気持ち悪さで何処に飛んだか解り、連続で蹴れたということなのでしょうか。

 降参するなら今のうちだと球磨川禊!と善吉が言ったので、前に日之影に泣いて謝罪した球磨川を見ると降参するのではないかと思え、普通に降参してきたのは考えていたのですが本当にやるとは思っていませんでした。
 その後の『来なければならかなった理由を!』→『親が高校くらい出とけってうるさいんだよ』が凄く面白かったです。なにが『今こそ語るよ』なのだろうか、言い辛かったのでしょうかね。

 『スポーツでもしてるつもりだったのかい?』もとても良かったです。そりゃそうですね。めだかちゃんが焦って善吉を助けに行こうとするも、瞳先生が止め、めだかちゃんが落下したら金網が沈み、動物避けを持っているめだかしか助からないと、一発で善吉の所に飛びさえすれば、動物避けで善吉もハブから避けられるのではないかと思いましたけど、球磨川が妨害すると思ったのでしょうか。

 解説役と化した雲仙はオレ達にいくら痛めつけられても平気の平左で瞬時に治して立ち上がってきたと、流石に球磨川が出たら皆で協力したのですか。
 遠距離で会話していたらそれを聞かれて返答され、鍋島先輩が声が向こうからもこっちからもと驚いていたのが良かったです。球磨川が聞こえるのはマイナスだからでいけるかもしれませんけど、鍋島先輩が聞こえたら焦るしかありませんか。これは距離をなかったことにされたのでしょうか。

 球磨川の大嘘憑きは『現実を虚構にする』と言い、善吉は視力をなかったことにされて失明すると、これだとなんでもできそうで、どうするのだろうと思うしかありませんでした。心臓の鼓動をなかったことにされたら死にますからね。しかし、失明になっただけで凄い絶望感を与えられたのですが、テニスの王子様はこれをテニスでやったんだよなあと思い、凄いなあと思いました。

 来週は球磨川の善吉潰しが始まるのでしょうか。最終的に格好良く死ねばいいと言っているので、死ぬのではないかと思え、どうするのか楽しみです。

SWOT
 後斬りによって手数の差で武刀が優勢になっているというのが良かったです。いきなり何もない所から斬ってくるようなものですものね。

 木刀を投げてから後斬りを回避し、絶山ブレードを出してきて笑いました。長い剣によってダメージを与えても距離を取るという、絶山さんらしい剣でした。
 灼熱の剣と、武刀はよく立っていられると思います。傷口を斬って焼かれたようなものだと思いますよ。

 武刀が突撃するも、悪鬼の頭が登場と、なんだか鰯田が悪鬼の頭!?って思っているだけだと、頭って名前の人なのではないかと思ってしまいました。
 学崎が喧嘩を売ろうとするも、それを阻止する闇暗が完全に仲間だとしか思えなくて笑いました。

 10階から飛び降りる闇暗は色んな意味で大丈夫なのかと思い、最後に学崎と蓮野が二人きりになると、ここからどうしていくのかが楽しみです。
 SWOT、凄いスピードですね。まだ13話で驚きました。でも掲載順が低いのが本当に残念です。とても楽しんでいるだけに、この掲載順だと不安になるしかありません。

 明日はサンデー感想とウルティモとトラブル感想を書こうと思っています。SQのトラブルが初っ端から飛ばしていてとても面白かったです。
スポンサーサイト



テーマ : 週刊少年ジャンプ全般
ジャンル : アニメ・コミック

コメント

非公開コメント

プロフィール

ジョージ

Author:ジョージ
アニメ・ジャンプ等の感想を書いていました。

トータルアクセス
アクセス
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ツイッター
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる