FC2ブログ

ジャンプ39号 感想 後半

 バクマン。のアニメって10月なのですか、現在の完成率50%とか書かれていたので冬アニメかと思ってしまいました。

PSYREN―サイレン―
 シャイナさんはなんでこんなに自信満々なのだろう。
 シャイナは雨宮が担当すると言い、シャイナが「やだなあ…前に僕に負けたのをあなた覚えていないんですか? それとも頭でも打ちましたか」とか、そっくりそのまま返したい台詞を言っていたのに笑いました。シャイナは前に腕折られたことを覚えてないのだろうか、頭でも打ったのだろうか。

 雨宮さんが抜刀し、霧を作り出すも、シャイナはヴァン達を潰そうとして、それを読んで斬りに入ればシャイナが背後に移動していると、テレポートは強いなあと思うも、思念体で攻撃を与えても消え、背後から刃が刺さるというのが素晴らしかった。一切容赦が無い。

 雨宮さんとアビスが別々になると、アビスは急に現れて急に消えたなあと思っていたのですが、ノヴァの為だというのが素晴らしかったです。
 アビスが夜科が大スキーとか叫んでいたのですが、いきなりイチャイチャされてたらシャイナさんは精神的に溜まったもんじゃねえよなあと思うしかありませんでした。その後お前達なんかに…僕が負けると思ってるのか…!!とか言っちゃっていましたけど、負けるとしか思えませんよ。

 シャイナの奥の手が周囲の空間を破壊して全員を次元の狭間に取り込むと、無茶苦茶強そうで星将の格は保たれたと思います。弱点は時間がかかるという事でしょうかね。準備に入ってる間に攻撃を受けたらキャンセルされるというのもとても辛そうです。
 シャイナがアビスに蹴り飛ばされた後に斬られて消滅と、一週で終わらせてくるのが素晴らしかったと思いました。第四星将なのですが、ノヴァを覚えれば一週で倒せるというスピードが素晴らしいです。

 今週は雨宮さんのノヴァ紹介でしたけど、どうやって倒すのでしょうかね。ジュナスとか発動されたら詰むしかないんじゃないかなあ。グラナは全部吹き飛ばすとかするかもしれませんけど、雨宮さんのノヴァが相当強いと思っています。
 来週はアゲハがジュナスかグラナと戦うのでしょうか? どうするのかが楽しみです。

黒子のバスケ
 誠凛が圧勝していると、キセキの世代同士の戦いになるまでは省略していく感じなのでしょうかね。火神がレーンアップを決めたからキセキの世代の扉が開いたのを直感すると、レーンアップをしたらようやくキセキの世代の扉が開くというのは凄まじいと思いました。
 まあ、緑間少年がコートのどこからでもシュートが決まりましたし、ダンクだとレーンアップぐらいでないとキセキの世代クラスにはならないのでしょう。

めだかボックス
 球磨川君のたい焼きの食べ方はなんなのだろうか。あの鯛は餡子を入れる器だとでも思っているのでしょうかね。
 球磨川少年のたい焼きの食べ方の後に蛾ヶ丸と志布志さんが「球磨川のマイナスは桁が違う、自分より下種な人間がそばにいてくれるという事実ほどやすらぐことはない――」とか思われていると、二人が「その食べ方はバカだろ」と見下していると思うしかなくて笑いました。

 学校廃校にしまくってる球磨川が学校はとても楽しいところなんだから!とか言っちゃってて笑い、不知火がいきなり登場するも、志布志さんが即蹴りを叩き込んでいたのが良かったと思います。その後蛾ヶ丸も踏みに入るも、不知火は平然としていると、球磨川が助けたと推測していたのですが、不知火の過負荷だったりするのでしょうか。

 日之影さんが善吉、阿久根、喜界島さんに不合格と言っていた理由が精神の強さだと、まあ実際に善吉は江迎ちゃんに攻撃を加えるも、その後平然と立ち上がって接近してきた江迎ちゃんには何もできてなかったと思いますし、最初の過負荷であろう江迎ちゃんでアレなので不合格と言って戦わせない方がマシなのでしょうね。
 過負荷は裏の六人とあまり変わらないなあと思っていたら、裏の六人はマイナス十三組の叩き台だったと、瞬殺されていましたが、意味があったのが良かったと思います。

 日之影さんは凶化合宿を始まると言ってくると、凄く少年漫画だなあと思いました。メンタルトレーニングと、皆が平然と一般人を踏みにじる人間になっていたりしないかが不安です。
 球磨川は不知火の方法を見て明日にでも終了すると、明日にでも始めるのでしょうか? どうするのかが楽しみです。

SWOT
 なんだこの掲載順は、クソッたれ。
 学崎が助留沌に入った元凶が校長と、学崎はそんなに有名だったのでしょうかね。騒いでいたら「勉強の邪魔をした」と言ってきて校舎をぶっ壊された。とか、なんかそんな感じで数々の伝説でも作っているのかもしれません。後、あのチラシで騙せると思っている校長は結果として騙せましたけど、頭がおかしいと思います。

 学崎と斬島が戦い、斬島がバットを振り下ろし、それを学崎が飛んで回避すれば、野球ボールを投げて破龍砲!!!と、やっぱり野球ボール形の砲弾なのでしょうかね。ボールを投げているだけなのに地面が割れている演出がとても好きです。

 倒堂が蓮野さんと戦って余裕をみせ、トドメをさそうとしたら鰯田が守ると、頑丈過ぎるよなあと思いました。鰯田が破龍砲を喰らったら確実に死ぬだろうと思っているので、倒堂の一撃を防御できると倒堂が弱いんじゃないかと思うしかありませんでした。格下に威圧ぐらいしかしてないからなあ。

 頂点取ったら裏社会を牛耳るというスケールのでか過ぎる設定は、大量の不良集団の力を使うと、ギリギリ納得できるレベルになったのではないかと思います。校舎とか見てると本当に強大だというのが解ります。
 バットで殴るのがフェイントで拳で殴るというのも良く、破龍砲全開!!!と本気で放ちますが、学崎は蹴り飛ばし、それを斬島がバットで打とうとすると、急に野球漫画みたいになっていたのに笑ってしまいました。

 直球は見切りやすいから変化して斬島に直撃させ、斬島を撃破すると、考えていて一週で終わるというのが速く、とても素晴らしい戦闘でした。
 その頃、無壊は梟の所に居て、梟が奈落ごと学崎も潰せと、別の勢力が現れようとしている引きもとても良かったです。闇暗少年が梟と聞いて去っていたので、梟は闇暗少年が潰しに来るのではないかと思ってしまいます。どうするのかが楽しみです。

 今週末にはサイレンのノベルと、どんな出来になっているのかがとても楽しみです。  
スポンサーサイト



テーマ : 週刊少年ジャンプ全般
ジャンル : アニメ・コミック

コメント

非公開コメント

プロフィール

ジョージ

Author:ジョージ
アニメ・ジャンプ等の感想を書いていました。

トータルアクセス
アクセス
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ツイッター
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる