FC2ブログ

刀語 第六話 双刀・鎚 感想

 一週間前なのであんまり覚えていませんけど感想書きます。

 今月は真庭忍軍が珍しく活躍していたのではないかと思います。七花倒したこなゆきちゃんの肉体を入手したからなあ。まあ、そのせいでこなゆきちゃんから鎚を入手できたのもだと思ってしまいます。
 最初は七花達が猛吹雪の中に居て、七花が倒れてしまうと、普通にこれで終わってしまったら予想外すぎて凄いのではないかと思いましたけど、流石にそんな事はありませんでした。

 七花は新キャラのこなゆきちゃんが助けていて、鎚を持って来ていたのですが、その鎚は非常に重く、七花は持てなかったのですが、こなゆきちゃんだけは普通に持てていたので、先月の怪力だから七花に持ち上げられて叩きつけられて倒れた鎧の人が可哀想だなあと思うしかありませんでした。普通に七花よりも力の強い女の子が現れてしまいましたよ。とりあえず鎚なら鎧はぶっ壊せるのだろうかと思ってしまいました。まあ、これは鎧が後から作られている場合は、衝撃で鎧の中の人がグチャるかもしれませんけど、鎧は壊れないのでしょうね。

まにわに会議
 爺さんみたいなのと子供みたいな奴は使い物にならないだろ……。この二人は平然とかませにならず殺されるか、最後まで生き延びるのではないかと思ってしまいます。

 七花がこなゆきちゃんと戦い、その怪力の前に一撃で骨が折れて終わると、圧倒的な力の前にはどうしようもなかったというのが良かったです。後、とりあえず動きが読めればなんとかなるけど、こなゆきちゃんは素人で不規則だからだというのも良かった。なんだか他のこなゆきの一族なら勝てそうなのですが、一番弱いこなゆきちゃんだから負けたというのが良かったと思います。他の一族の人と戦っても、力は強いけど動きが読めるから勝てたなら、なんとも思わなかったのではないかと思いますので、一度敗北していたのが良かったと思います。

 真庭狂犬が現れ、こなゆきちゃんの意識を奪うと、PVだと普通にこなゆきちゃんが凄くて意識奪いに失敗して蒸発するんだろうなあと思っていただけに、普通に成功していたのが凄く予想外でした。説明して説明通りの事が起こっただけなのに唖然としたからなあ。
 これで刀を入手したものですし、もう逃げておけば良かったのではないかと思いますけど、真庭忍軍的には七花と関らないと言っていたのに、それを無視して行きましたし、逃げるという選択権はありませんね。戦って動きが解るから対処でき、普通に消滅して終わると、この普通に消滅したところは「ああ、まにわにだったなあ」と思ってしかなかった。

 真庭鳳凰達が現れるも終わっていて、川獺が死ぬと、先々月に殺しまくったから先月は死なず、数調整をするのだろうとばかり思っていたので、今月二人殺すという行為を行なうとは思っていませんでした。先月誰も死ななかったのは今月二人殺すからだったのかと思ってしまう。
 これで鳳凰含む4人になると、どうするのでしょうか?真真庭忍軍とか言って2人ぐらい補充するのではないかと思ってしまいます。

 来月は姉殺しとナレーターが言って次回では姉である七実がいると、先々月にチートっぷりを拝見していただけに、どうするのだろうと思うしかありません。倒すのは無理だと思うなあ。でも、七実は刀を使いそうですし、勝機があるとすればそこなのではないかと思います。来月が非常に楽しみです。

 放送が半分終わりましたね。世界最強の錆白兵とか、刀とは思えない変態刀の一つ、鎧も終わって、来月は姉との対決と、再来月以降はどうするのだとろうと思っています。まあ、姫とかが居ますし、普通になんとかなりますかね。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

ジョージ

Author:ジョージ
アニメ・ジャンプ等の感想を書いていました。

トータルアクセス
アクセス
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ツイッター
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる