FC2ブログ

ジャンプSQ7月号 新テニスの王子様 Golden age29・30 感想

 先月は休載で久しぶりのテニスの王子様でしたが、今月の話は凄かったと私は思っています。普通にクラウザーさんの技が拝めるとは思ってなかったからなあ。

Golden age29
総入れ替え戦
最初の亜久津と鬼
 マジで闇討ちに入るんじゃないかと思ってしまった……。亜久津は前に敵学園に乗り込んでテニスラケットで相手プレイヤーを潰すという行為を行っていたと思いますし、普通に鬼の後頭部でもラケットでカチ割るんじゃないかと不安になりましたよ。まあ、この場合生死を心配するのは攻撃に入るであろう亜久津になりますが、鬼は金太郎の大車輪を対処できたんだからなあ。普通に拳で岩を砕けそうだ。

 ブランク埋めてこいやと理由があったのも良かったと思います。しかし、お前にはもっといい死に場所って何なのでしょうかね?3番に上がって2番の入れ替えの時に起用しようとか未来の事を考えたりしているのではないかと思いました。
 
蔵兎座を知らない木手とジロー
 こいつ等はこの合宿の危険人物を知らないというのか……何も知らずに練習試合を申し込めば死が待っているであろうメンバーの一人だというのに(他は幸村、石田銀、金太郎)まあ、今ここで実力が見れるのは良い事なのではないかと思いました。

切原「全国大会準決勝で俺を貼り付けにしやがった」
 これ、初見の人が見たら何を言っているのか全く解らないであろうコマだろうなあと思います。私が初見の読者だった場合、このコマ見て正気か疑うと思いますからね。磔にされる選手。ラケットが無く血が流れているのでテニスの試合中に起こった現象なのかすら解らないと思います。しかし、切原はこんな状態から逆に蔵兎座を血祭りにしましたし、やはり一撃で完全に抹殺できないと逆転される可能性が高いのだろうなあと思いました。

中河内外道
 次回の生贄です。みたいな感じにしか見えない。遂に上位クラス高校生の実力が見れるのかとワクワクしました。

Golden age30
墓標
 タイトルの段階で凄くページをめくるのが楽しみになっていましたよ。

 外道は左右を300球近く走らせると普通のテニスの戦法ですが、全く疲れずに300球打ったというのが恐ろしい所でしょうかね。ロボットばいの次ページの動き方に笑ってしまいました。カクンカクンじゃないよなあ。どうせならカクンカクンさせてボールを打って欲しかったと思います。
 顔が出ている場面、恐らく股の間から顔を出してすぐバテると忠告しているのでしょうね。高校生もテニスプレイヤーだから結局は変態なんだなあというのが解って良かったです。

 切原が無様なクラウザーを見て叫び、跡部が何かに気付くと、本当に眼力は強スキルだと思います。未来予測に近いと思いますから。
 クラウザーが地面すれすれでホップする打球を放ち、外道が回避してボールがアウトになりフェンスに突き刺さって笑いました。普通にアウトになる球だから避けただけだというのに、威力的に攻撃が受けきれないと悟って、回避して対処したようにしか見えません。
 
切原「よ…避けられちまった……」
 当てる事前提に考えていて笑いました。昔は切原ではないのですが、ボールが当ったら心配している場面があったと思います。でも、今では当てないと駄目という次元に突入しました。凄い事になっていると思うしかなかった。
 体力の限界に来ているクラウザーさんがラケットを杖のようにしていましたが、完成したと言い、外道の背後に墓標が映って爆笑。もうテニスとかそういう領域ではない、儀式だ。

 クラウザーがホッピングボールを打ち、避けりゃアウトに…………と考えるも、十字に移動をして回避が出来ず、直撃して外道が思いっきり吹っ飛んでいたのが非常に笑えました。十字に移動って段階でおかしいですからね。縦移動した後に横移動って何がどうなっているのかが解らないと思います。でも、全国クラスなのだからそれぐらいはできてもおかしくないと思ってしまう。
 避けられないと考え、外道が手を十字にしたのはクラウザーの能力なのかもしれませんね。強制的に十字架状態にして回避不可にするという能力。もしそうなら怖すぎる。吹っ飛んでいる所も非常に面白かったです。もうパワー選手は人を飛ばすレベルか腕を折るレベルではないと着いていけないのでしょう。

クラウザー「Bear the cross and suffer(十字架を背負って生きろ…)」
 凄くカッコよくてとても素晴らしかった。テニスで発せられる台詞とは思えませんけどね。この台詞と一緒に吹っ飛んでいる外道が面白過ぎます。墓標は念で言う誓約みたいなものなのでしょうかね。十字の墓標を作れば強化系のオーラを150%使えるとか、そんな事を言ってきてもおかしくないと思いますよ。

だ 大逆転勝利だぁーーっ!!
 テニスの王子様のテニス勝利条件の一つ、KOが来ました。どんだけポイントを取られようが、殺せば勝ちなんですよ。そう考えるとクラウザーの磔テニスは恐ろしい。基本的に磔にしたら勝てるからなあ。不安点は生き延びられた場合は瀕死なので覚醒される恐れがあるという事です。

『磔御免』
 何に対して御免なのか考えてみる事に。
1・キリスト教
2・フェンス
3・テニスのルール
4・相手プレイヤー
 1は宗教的象徴をテニスで使用したから御免という感じで、私の中では本命です。2は、亜久津も破いたのでまあフェンスダメージとかはOKなのかもしれませんけど、一応フェンスは道具ですから可能性もあると思いました。3はテニスの本来のルールと外れた勝利方だからですね。6ゲーム先取するものであり、磔にして再起不能にしてKO勝ちにするものでは断じてありませんので。4は大穴です。ボールで相手を攻撃する段階で御免もクソもないからなあ。

蘇る外道
 来週即倒れるかクラウザーを普通に倒すかのどちらかでしょうね。まあ、クラウザーさんが新技の新磔でも見せてきたら新技の披露役になってしまうと思いますが、このテニスロボットがどう行動するのかがとても楽しみです。しかし、二発目の磔御免を受けたら死にそうな気もしてきます。

 今週はクラウザーがどう相手を磔にしているのかが判明してとても良かったと思いました。普通に背を向けることで衝撃波を発生させ、相手を吹き飛ばして殺すかと思ったのですが、石田銀と同じでパワーで吹っ飛ばしていたという感じなのですね。テニスの技で磔を行う方法を考えることのできる許斐先生はやはり素晴らしいと思うしかない内容でした。

 今月は短かったと思うのですが、とても満足でき、素晴らしかったです。来月で外道対クラウザー戦は終了でしょうかね。試合が速いのもとても良いと思い、来月はどうなるのかがとても楽しみです。 

 眠いので色々飛んでいる所があるかもしれないと思い、もしかしたら追記を書くかもしれません。
スポンサーサイト



テーマ : テニスの王子様
ジャンル : アニメ・コミック

コメント

非公開コメント

プロフィール

ジョージ

Author:ジョージ
アニメ・ジャンプ等の感想を書いていました。

トータルアクセス
アクセス
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ツイッター
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる