FC2ブログ

ジャンプ20号 感想 後半

 裏表紙のギャルゲーみたいなやつを見て、モバゲーは何処に向かっているのだろうと思ってしまいました。

保健室の死神
 この掲載順だと安心できます。 
 ハデス先生が病魔にやられ、その為に校長先生の元に向かう話だったのですが、普通にキャラクターが出まくっていたのが良かったです。全員自然に出ていたのが素晴らしかった。後、刀哉少年が普通に頑張ろうとしていた所も好感が持てました。成長していると普通に思ってしまう。

 新キャラが登場すると、ハデス先生の病魔がどうなるのかが楽しみです。

PSYREN―サイレン―
 ヴィーゴは両手両足の骨を抜くと本気を出していたのですが、とりあえずは行動不能を企んで行動し、バーストで対処しようとしたら埋めてくると、即死攻撃に入ったのも良かったと思います。埋めたら確実に死ぬだろうからなあ、殺しに入ったのがとても良かった。

 力を把握しないと使えないという条件のアンチサイキック陰陽心羅で対処して、残滓で周囲全体がヴィーゴと考え、ヴィーゴを出した後に締めて潰しに入ったのもとても良かったです。これは死んだと思うしかない。でも、核を破壊しないと粉々にはならないので、来週辺り核を破壊したりするのでしょうかね。
 待て…!!という命乞いに対し、8年半も待ったという返し方も良く、最後にカイルが苦戦してそうな場面で終わると、これは敵が何らかの能力で時間を稼ぎ、他のメンバーを別の所に向かわせる事に成功したのではないかと思いました。他メンバーが見えないからなのですが。

 次はカイル戦になるのでしょうか?戦争と言っていましたし、別の戦闘が入るのかと思い、どうなるのかが楽しみです。

PSI人気投票
 ドルキさんに負けた8位のヒリューに笑ってしまいました。でも、ボスキャラ弥勒の生命の樹が低いのはどういう事なのでしょうか?
 ドルキさんが予想外に高かったのですが、爆発系だから強いと読者が思ったのだろうか?お情けで入れたりしたのでしょうか。

詭弁学派、四ツ谷先輩の会談。
 今週は初めて普通に読めたので感想を書きます。一話の時点で半分ぐらいで読むのを放棄して、二話以降もずっと放棄していたというのに、今週だけ普通に読む事ができました。

 これは初期ネウロみたいな楽しみ方をしたら良いのでしょうかね。キチガイを見て笑う感じの、来週辺り顔が狐にでも変わってくれないかなあと思ってしまいます。ネウロは絵でも笑いましたからね。

黒子のバスケ
 黄瀬では俊敏性と技術が負け、弱点が黄瀬だけの武器が無いと、キセキの世代同士の戦いならば、コピーだと黄瀬自体は凄まじい能力持ちじゃないから弱点になってしまうというのは、凄いレベルだと思うしかありませんでした。コピーとか充分だと思うのに、奇跡の世代同士だと彼だけの武器がないと言われるのですね。
 まあ、これはテニプリの樺地VSジロー戦みたいな感じなのでしょうかね?今までどんなキャラだろうが、コピー能力で互角に戦った最強コピー戦士樺地に対し、手首が天性のものだからという理由だけで普通に勝利した無我も使えないジローを思い出してしまいました。そんなジローは今の所あまり出番が無いです。まあ、黒子のバスケの場合、ジローは作中最強のジローになってしまいますか。

 しかし、普通に武器が無いワケではなく、成長すると言っていましたので、黄瀬は素で強い選手になるのでしょうか?でも、青峰のデタラメっぷりを見てしまうと、普通にバスケが上手いだけで勝てるのかが解らず、どうなるのかが楽しみです。

HUNTER×HUNTER
 ピトーが自分の腕を治す為に念を出したのを見て、何だ…助けて…くれるのかなと少し期待していたゴンがリアルで凄く良かった。絶望している状態で治療する念を見せてこられたら、期待するしかないよなあと思うしかなかった。
 キルアが向かっていたのですけど、キルアがどう動くのかが解らないのが非常に楽しみです。ゴンを元に戻すのか、ゴンを連れてピトーから逃げるのか、無いと思いますけどピトーと戦うのか、全く解らず非常に楽しみです。

ゴンの覚醒
 これでゴンが思った終わっても良いというのは、制約の類で念が強化されたりしたのでしょうかね?でも、覚醒してもピトーに勝てるのかが解りません。ピトーのオーラは解りませんけど、ユピーがナックル数値で最低でも70万でしたっけ?それぐらいあったと思いますので、最低でも70万ぐらいあるのかと思い、ゴンが覚醒しても無理なのではないかと思ってしまいます。覚醒したゴンがどう動くのか、どう戦うのかが非常に楽しみです。

賢い犬リリエンタール
 うちゅうねこがとても良かった。これはサングラス組が助けに来て欲しいなあと思うしかありません。
 エリート組が裏切ったとかではなく、普通に指令通りに動いていたというのが素晴らしかったです。エリート組は裏切ってもおかしくないと思われる二人で、その二人が裏切ったと思われる行動を取ったら裏切ったと思うしかなかった。これはとても良かったです。

 最後にライトニングイナズマが発動し、ライトニングが助太刀して終わると、来週もとても楽しみです。このタイミングだとごむぞうも来ているのではないかと思ってしまいます。

 来週は黒子のバスケが2本立てと、ストーリースポーツ漫画なのに凄く頑張ってるなあと思うしかありません。まあ、ワンピースもしていましたけど、特別編と楽しみです。 
スポンサーサイト



テーマ : 週刊少年ジャンプ全般
ジャンル : アニメ・コミック

コメント

非公開コメント

プロフィール

ジョージ

Author:ジョージ
アニメ・ジャンプ等の感想を書いていました。

トータルアクセス
アクセス
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ツイッター
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる