FC2ブログ

ジャンプ10号 感想

 今週は三つも記事を書いたので、まとめます。
 
銀魂
 本当に一話で終る話はとても面白いです。どうして長編なんて書いてしまうのだろう?
先週の年賀状展開が今週の為の布石だったのが面白く、ツッキーの所がとても面白かった。なんで2人居るのに1人しか食べられないウィスキーボンボンを出しているのだろう?明らかに暴走させて楽しもうと思っているとしか思えない。

 クレオパトラの作戦は昔TVで見たので知っているのですが、アレは最初知ったとき純粋なるキチガイだなぁと思いました。考えても実行とかできないだろうと思ってしまうのに、やってのけたクレオパトラには痺れるしかありません。

 オチも非常に良かったです。本当に一話完結は面白いなぁ、二話以上続く話は何か知りませんが、長い台詞の話を連続して読むのが駄目なのか知りませんが、読む気が起きません。

ONE PIECE
 エースのキャラ的には全く問題ないと思うのですが、この状況で助けられたエースが挑発に乗って、それで赤犬と戦おうとしたらルフィが殺されかけて、庇って貫かれていたのはどうかと思いました。これは多分、覚悟が…!!とルフィが言ってエースが納得したのに、赤犬の挑発にのって貫かれたからだと思います。

 まあ、赤犬が立ち止まって!となり、敗北者……?とエースが言っていたら?となっていましたので、本心で言ったけど挑発として意味を成したというのが予想外だったのでしょうね。 
 マグマ>火とか言ってた上下関係も?となってしまいましたが、まあこれは単純に2人の実力が違うので勝っていた赤犬が、何となく言っていたのではないかと思っています。

 ルフィがドーピングのし過ぎで限界になり、そこを潰そうとしていたのは良かったです。最後にエースが貫かれていたのですが、これは流石に死んでいて欲しいよなぁ、時々死んでいて欲しいよなぁって書いているのですが、そう書いた次の週で死んだ記憶がありませんからね。でも、ここでは流石に死んで欲しいと思いました。主人公を庇って貫かれるって、どんな漫画でも確実に死亡確定ですからね。

 来週エースが死んでいるのかどうかが楽しみです。しかし、エースが死んだら白ひげ海賊団は白ひげが死んでしまうも何も得ていませんね。ここで完全に白ひげ海賊団達が負け覚悟で海軍を潰そうと戦っていくのかもしれません。普通に逃げるのもアリだと思い、どうなるのかが楽しみです。

NARUTO
サスケ「香燐…人質に取られるようじゃ足手まといだ」
 ですよねー。香燐が弱点を把握している頃には自分で相手の能力の弱点を把握していましたし、単なる感知と回復役程度の存在だったのではないかと思います。まあ使えると思いますが、香燐を捨てればタンゾウを殺せるのならば、香燐は普通に殺すことができるのでしょう。タンゾウの回想は良かったです。 

眠らせようとしたらサイに即止められるサクラ
 笑いました。サクラが思い通りに事が進んだ事ってあんまり無いんじゃないかと思います。サイと戦おうとしていたのですが、来週辺り気絶していても全くおかしくありません。

 最後にタンゾウは道連れ封印術を発動したとマダラが言っていたのですが、死に物狂いでサスケかマダラを道連れにしようと頑張って欲しかったなぁと思いました。

ぬらりひょんの孫
 羽衣狐様のティータイム!!最高じゃあないか!!
 かなり昔になりますがブリーチの敵が攻め込んでいるのに、茶を振舞って飲ませた藍染さんは笑うしかなく、この羽衣狐さまのティータイムも恐らくはブリーチと同じだと思うのですが、なんと優雅なことよ!!敵が来ているのに羽衣狐様と幼女が茶を飲んでいるシーンは非常に素晴らしいと思いました。

千手観音「ハッ……羽衣狐様ァァァ??」
 死に際の言葉が羽衣狐様なのは流石だと思い、観音が見た目女子高生の名前を言って滅されるって凄まじいなぁと思いました。

 最後の見開き土蜘蛛は非常に良かったと思います。この見せ方はとても良く、土蜘蛛が一体どういう行動を見せてくれるのかが非常に楽しみです。  

BLEACH
 今週のブリーチは非常に良かった。これで終っているなんて考えていませんが、この戦い方は非常に良かったと思います。できる事なら藍染戦は、今週の日番谷のトドメで終っていて欲しい。

 背後からの氷攻撃で藍染の意識を別の所にやり、砕蜂の一撃が入って二撃目を入れようとするも、藍染に腕を掴まれると、これは普通に攻撃が当る前に止まったのでしょうか?霊圧で全て押さえ込んで見せようとか言っているので、二撃目が当るも霊圧の差で無効化されているのでしょうか?前者は良いと思うのですが、後者だと即死技から格下限定即死技にランクが下がってしまうので、普通に刺す前に腕を掴まれて止められていたを希望します。

 氷に影が出来ているから京楽の影からの攻撃を可能とし、後ろから刺したのは非常に良く、かませに定評のある日番谷が突撃したのはどうかと思いましたが、平子の逆撫で逆にしていたので刺す事に成功していたのは素晴らしかった。平子は一対一じゃあ雑魚過ぎると思いましたが、多人数戦では非常に使える能力なのでしょう。

 これで終ったら藍染戦は良かったと思いますが、まだ藍染には卍解があると思い、ここで藍染が倒れたら一護は本当に見ていただけになってしまいますので、藍染が倒されているというのは無いのだろうなぁと思いました。刺したのが日番谷なのもありますね。日番谷は本当にかませになりまくっていますので、次週平然と藍染が生きていたとしても驚きません。

 来週がどうなるのかが楽しみです。平然と「催眠でした」とかやってきそうな気がしますが、終るのではないかと非常に小さな希望を持てる事ができました。 

黒子のバスケ
 黒子のバスケが人任せだからチームの実力で強くも弱くもなるというのは良かったです。そしてそのスタイルを捨てることだと鉄平は考えていましたので、捨ててどういう黒子のバスケを創り出すのかが気になります。しかし、基本パスオンリーだった黒子をどう変えるのでしょうか?

 最後に黒子が火神の元に向かって終ると、これは普通に火神が元の火神に戻りそうだと思いました。まあ、どうなるのかが楽しみです。 

HACO
 能力を攻撃ではなく移動手段として使うことにより、戦闘を最小限の力で回避できていたのは良く、ヒロインの胸も良かったと思いましたが、色々と微妙でした。

 ヒロインの病気とか言う設定が放置されていたのが非常に駄目でした。最初の段階で不治の病なのかが全く解らず、いきなり治って復活したのもなんだかなぁと思いました。せめてどう治ったのかとか説明を入れて欲しかったです。

 未来世界が何でこんな事になっているのかが解らなかったのも微妙だなぁ、読切という短いページだから仕方が無いのかもしれませんが、いきなり過ぎました。
 
 読切の中では良かったと思いましたが、連載してまで見たいとは思いませんでした。
 なんだか今連載したらサイレンと被りそう、そしてサイレンはもう未来世界がどうして荒廃したのか理由が明かされていますので、明かしていくであろうこの漫画が今連載しても不利なんじゃないかと思いました。

トリコ
 王道的な展開は良かったと思いますが、火山が噴火したコマでは笑うしかなかった。
 まあ、マグマがどうとか言っているので火山が噴火したのも解ります。解りますけど、やっぱり火山が噴火と言う以上光景を見せられてしまうと、笑うしかありませんでした。
 
 バリーガモンは一撃でグルメヤクザの人を倒す力は有りそうだと思ったのに、何度も攻撃していた所を見ると強いのか弱いのかが解らなくなり、まあ普通に倒されても普通に倒されたなぁと思うしかありませんでした。支部長はロボを使えば何とか戦えるレベルなのでしょうけど、無かったらこの程度なのでしょう。

HUNTER×HUNTER
 ププが即暴露して、ユピーに感じた変化の真意をナックルから探るという理由があったのが良かったです。しかし、ピトーの力は必要なくて1人で王国を作れるとか、ユピーを理由次第で倒そうと考えていますので、護衛軍の中ではリーダー的存在で一番強いのでしょうかね?普通に基本的な力だとユピーの方が強いだろうと思ってしまうのですが、これは王に頼んで消してもらうとかなのでしょうか?

 ゴンが冷静にププが殺そうとした事を言い、分身だという証拠がどこにあると?聞いていたので厄介だと思い、動けないことを歓迎すべきと言っていたのですが、護衛軍からしたら単なる意志が強いけど、能力的には雑魚だと思いますので、今の状態をどうして歓迎しているのかが解りません。意志が強ければ念が爆発的に強くなるとか思っているのでしょうか?

 ププは平然と破裂して正面玄関に行き、ユピーは待ってくれ!!と非常に焦っていましたが、これはピトーは災難だなぁと思ってしまう。王の為に治療しているというのに、ゴンが現われてコムギを殺されかけたので言う事を聞くと言って約束し、その後ププが現われて動くなとゴンに言われたのに動いて消えるとか、ストレスが溜まりまくっていそうだと思いました。

ゴン「10分…予定より10分早く、治せ」
 これは恐らくゴン的には、コムギとか正直どうでも良いから速くカイトを治しに行けと思い、ペナルティのつもりで時間を早めようとしたのでしょう。そしてピトーはピトーで10分速く治せるかもと思ったときに言われたので動揺して畏れたというのは良かったです。ププが10分待つといっていたから10分にしたのかもしれないと考えていたのも良く、ゴンの牙は王の喉元にも届き得るかも知れない!!と驚異的存在として扱われていたのは主人公的に良かったのではないかと思いました。まあ、少年漫画の主人公とは思えません。

 ゴンはナックルに王の居場所は南だと告げ、知ってたのは現場にいたからだけど、何も知らないピトー的にはププに教えた南でバレてしまったのかと思って脅威だと確信したのも良かったです。これはピトー的には凄い奴だと思うしかないのでしょう。
 ピトーは何時コムギを殺すのかを考えていたのですが、これはどうするのでしょうかね?治したら即カイトの元に連れて行かれるだろうと思いますし、コムギを王の元に連れて行かせてくれ!!とか頼んでも、今の状態のゴンは「嫌だ、待てない」とか平然と言いそうです。

ウェルフィン「動くな、動けば攻撃する」
 動いたら動いたで焦ってな…!?やめろ!!とか言い出すウェルフィンさんはウェルフィンさんだなぁと思って笑いました。タコが相打ちだ!!と言ってウェルフィンと戦うと、ウェルフィンが普通に勝ちそうだと思うのですが、ガードしていたので普通にダメージを与えられるのでしょうか?どうなるのかが楽しみです。

保健室の死神
 最近の保健室の死神は凄く面白いですね。単行本を購入するか悩むぐらいです。藍本先生は一話完結のギャグをずっとやっていて欲しい。

 バレンタインデーなんて消えてなくなればいいのに……で病魔というのがまず面白かった。確かにそりゃ病魔は生まれるかもしれません。最近は病魔が生まれるのは普通みたいな事になっていますね。最初の頃は見ていないので覚えていないのですが、阿修羅になった少年とか映画館で夢を見させている病魔以外は、普通に産み出した人からしたら有効利用できているのではないかと思いました。新聞部とかカンニングとか、非常に本人からしたら楽しく使えているのでしょう。

 みのり先生がエロ可愛かったです。病魔の気配がしたチョコを食べたら太るというのも良かった。目の前で食べられて太ってしまったのを見た女子は、一対何を思うのでしょうかね?恐らくは唖然として恐怖するしかないのでしょう。
 藤の半端無い愛されっぷりには笑うしかなかった。祝とか何を祝っているんだwwwこういうバカみたいなスケールは大好きです。

 鏑木さんの石炭と、チョコと言われたのににぎりしめても全然溶けないと考えていたのも面白かった。確かに握り締めても溶けないのならば、精製したとしか思えないのでしょう。そこまでの物体だと多分チョコ以外の物質も入っているんだろうなぁ。

 エンヴィーと天使っぽい見た目のクセに悪っぽい感じがする病魔が現われ、瞬殺したと思うも実際は無数の病魔の集合体で、呼んだのはチョコをもらえないガキ共さ!!と言っていたのが何だか量が多そうで強そうだと思い、エンヴィーのバレンタインデーについての語りも非常に良かった。オレたちのバレンタインなんだよ!!!って断言している辺りが非常に良い。

 オチのチョコレートを貰うも、ハデス的には石炭にしか見えなくて飾ろうとしていたのも非常に良かった。本当に最近の保健室の死神は素晴らしいです。

バクマン。
 岩瀬は新妻エイジを見て何を思ったのでしょうかね? 
 エイジが袋から飛び出るというアブノーマルな行動をかましましたが、それを平然と英語で対応していましたので解りません。しかもゴミ袋から出ているのか、これはキチガイと思うしかないだろうなぁ。

編集の人「じゃあ僕は尾田先生に作画を頼もう」
 尾田先生を何だと思っているんだwww尾田先生は映画の原案でしたっけ?確か映画に関わっていた時に数回休載してしまったと思いますし、尾田先生が2本連載は厳しいと思われます。やはり新妻エイジという漫画世界の異常者だからこそできるのでしょう。昔の人は凄かったという事ですね。

 吉田さんの行動は全てが怪しいなぁ、もしこれがマジなら凄く良い人で素晴らしいと思ってしまうのですが、なんだか本心とは思えなくなってしまっている。後、平丸さん的には新妻エイジは化物の類なのではないかと思います。今は逃げていませんが、精神的に無理で逃げ出していた平丸さん的には、内容は原作の岩瀬が書くとはいえ、ネームと作画と言う二倍ぐらいの仕事をするエイジは本当に信じられなかったと思います。

 最後の引きはどうでも良かったです。本当にこういうのはどうでも良いなぁ、私的にはどうでも良いので最大でも一話、できれば3ページぐらいで終らせて欲しいです。

PSYREN―サイレン―
 アビスとかいきなり言い出した祭先生には笑うしかなかった。何処かの文であったみたいな事を言っていましたが、暴王の月って命名したのも祭先生ですし、今のメンバー内ではマトモだけど結構異常っぽいと思ってしまう。

祭「桜子はどんなに辛くても弱音を吐かない健気な子だ」
 この言葉と絵のあってなさっぷりには笑うしかなかった。地球外生物と日本刀でやりあっている所で「どんなに辛くても」とか入れられたら、そりゃこんなのと戦っても弱音を吐かないのならば、どんな時にも弱音は吐かないのだろうなぁと思うのでしょう。
 後、この場面って初見の人や巻頭カラーの能力バトルで見ようと思った人にとっては、いきなり地球外生物と戦っている場面は全く意味が解らないのではないかと思いました。

心を半分捨てた雨宮さん
 置かれている武器のレパートリーが凄すぎる……メリケンとか素手用の武器もあり、本当に殺意の塊なのではないかと思ってしまう。
 祭先生がアビスについて語っていたら、平然と遊坂が殴りに来ていたのは素晴らしかった。このバール攻撃は非常に良いなぁ、叫んでいたのも遊坂さんという狂人だからで説明がつき、非常に良いと思いました。

 岩代先生の書く肉弾戦はとても良いなぁと思いながら見ていて、雨宮さんが遊坂に攻撃しにいって防御した遊坂さんがなんだかアゲハに見えてしまって笑いました。掴みにいったら即アゲハが遊坂を殴っている所のスピード感もとても良かったです。

いきなり告白する黒雨宮さんことアビス
 アゲハが唖然としていましたが、そりゃ唖然としますね。遊坂さんが狂人の顔で冷静に、アゲハのPSIが乱戦では使えない事に気付いていたのも良かったです。
 アゲハは元の雨宮に戻って欲しいと言ったら、アビスはなんで…とこのコマを見ていると可哀想だと思ってしまい、アゲハに死ねばいいんだ!!!と言うのも負の感情らしくてとても良かったと思います。しかし、これでアビスの出番が終ったら可哀想だなぁと思い、バーストが得意みたいなので入れ替われるぐらいに雨宮さんが成長して欲しいと思いました。

 アゲハがアビスを抱きしめて渦で守り、渦はPSIの消費が激しい…と祭先生が考えていたのですが、まあ全体完全防御に近いのでそうなりますね。遊坂がガスを放とうとしたのでアゲハが突撃し、それでも極上の猛毒を注入してやると遊坂が考えていると、良い感じに狂っている顔になっていたのは良く、これはどう決着を着けるのかが非常に楽しみです。

 今週のサイレンも戦闘が素晴らしく、非常に良かったと思います。撃つ前に潰すと、撃つ前に潰されそうだから直接注入して潰すというのは非常に良いです。

めだかボックス
 殺す方法に精通しているから殺さない方法にも精通していると言っていましたが、銃はギリギリ生きる所に当てるのだろうと思ってしまうのですが、手榴弾とロケット砲に関しては殺さない方法もクソもないんじゃないかと思いました。 善吉が防ぐと信じたのか、殺人衝動が抑えきれず本能で使ってしまったとかなのでしょうか?

 宗像くんが殺したいけど殺したら死ぬから我慢していたというのは良かったと思い、仲良く遊べる友達が欲しいからフラスコ計画に参加したと、殺したくないけど友達が欲しいからと言う理由があったのは良かったと思います。少年漫画的にも非常に良いんじゃないでしょうか?

 命がけで戦ったから友達と言っていた善吉は、本当に普通で良いのかと思ってしまいました。これは普通だから誰とでも友達になれるという事なのでしょうか?これで宗像くんは仲間になるのではないかと思います。でも、宗像くんは殺人衝動があるからなぁ、後ろに居させたら本能的に刺そうとしてくるのかもしれません。

 めだかちゃんが真黒にカムフラージュとしての暗器を伝授したのですね!と言っていましたが、真黒的には違うみたいでした。真黒は性格とかは見ずに、能力だけで人格とか全てを把握したつもりでいて、そこから強くする為に鍛えたりしたのでしょうか?手榴弾とロケット砲は宗像くん的には持ちたくなかったんじゃないかなぁ?と思ってしまいます。

 突然半袖が理事長の元を去ったのですが、ここで去るとやはり行橋フラグにしか見えないなぁ、髪の色とか全く違いますけど、なんか行橋フラグなのではないかと思ってしまいます。
 動物園で感極まっていためだかちゃんが可愛く、どーぶつきらいと冷静に言い放った喜界島さんもとても良かったと思います。初期のキャラだ…という善吉の思考に笑いました。

 動物避けが通じない異常な動物と十三組の動物園らしく、阿久根が名瀬に気付いていたのですが、名瀬は女だったのですか、いきなり女生徒の服装になっていると驚くしかありません。
 阿久根に取引と言っていて、日本語が通じそうなのはお前ぐらいだからなと言っていましたが、まあそうだろうなぁと思ってしまいました。今週まで見たら破壊神とか言われてた阿久根ですが、普通に一番常識人に見えてしまいます。

 取引内容は学園から出て行ってくれよと言っていて、それを阿久根が断るといたみちゃんが逆さでワイヤー攻撃をしてきて、ブツンッと鳴った音のコマで終ると、これは死んだのではないかと思いました。阿久根辺りだと西尾先生は殺しそう。まあ、いたみちゃんの験体名画骨折り指切りなので、普通に首切断とは別の事をしているのかもしれません。西尾先生がワイヤー使いを出したら本当に殺す時は殺すと思いますので、阿久根はマジで死んだのではないかと思い、次週が楽しみです。

 いきなり2人がかりになっていたのもとても良かった。そりゃ最強の高千穂と7階クラスの宗像さんが倒されたのならば、もう複数で戦うしかないのではないかと思います。個人的にはいたみちゃん出てきたので満足しました。
 ここから下は出ていない謎の6人になるのでしょうか?平然と王土が居たりしたら笑うしかありません。どうなるのかが楽しみです。

ピューと吹くジャガー
 非常に面白かった。動きの線を掴んだら動き出して消えていった所が今週のジャンプで一番面白かったと思います。
 
 来週は巻頭カラーがブリーチで、絶体絶命!!倒れゆく仲間を眼前に一護は…!?と思っているのですが、今週の展開を見ると仲間を藍染にして、一護をギンにするのが普通なのではないかと思いました。『絶体絶命!!倒れゆく藍染を眼前に市丸は…!?』非常に今週の展開から想像できそうな次週だと思います。
 こんな予告で、しかも巻頭カラーだと藍染が倒されているとは思えなくなってしまう。本当にここで藍染戦を終らせるのが一番素晴らしい破面編の終わり方なのではないかと思います。

スポンサーサイト



テーマ : 週刊少年ジャンプ全般
ジャンル : アニメ・コミック

コメント

非公開コメント

プロフィール

ジョージ

Author:ジョージ
アニメ・ジャンプ等の感想を書いていました。

トータルアクセス
アクセス
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ツイッター
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる