FC2ブログ

今年の金剛番長感想

去年の自分の記事みて知ったのですが
去年のラストって真マシン番長なんですね
最初見た瞬間唖然としました、この一年間の
金剛番長の密度は相当だと思います。

そあらから始まり猛の日本番長襲名
白学ランの登場、破壊番長と金剛類の説明
猛に敗れるオヤジ、そして猛との最終決戦と
本当に密度がありますね、凄い漫画だ。
他漫画引き合いに出したくないので
某漫画と書かせていただくのですが
去年に決戦に入ろうとしていて
今年の最後でやっと大将が動き始め
未だに戦闘はしていないという凄まじいぐらいの
襲い展開を見たので凄く速く感じます。

白学ランという都道府県番長が登場したり
人工的に作り出した金剛類、破壊番長
敵のレベルも上がったのは良かったです。
だけどマシン番長の方が強そうだと思い
去年のボスだけど相当強いなぁと思いました。
それが自己修復で回復して参戦したのだから
マシンはとても強いなぁと思うしかなかった。

金剛類の説明も細胞がスジを通すという
金剛番長らしい説明で納得でき
オヤジとかで明らかに人外の類だと思われた
説明も人類じゃないからで余裕で納得できます。
あの説明はぶっ飛んでて素晴らしかったです。

白学ランと暗黒四天王
今年の敵キャラにして正直
憲兵と文学と噛噛ぐらいしか強そうなのは
居なかったなぁと思わざるを得ない集団
憲兵とか多分自分が耐えれたから
同じレベルだと思っている暗黒四天王なら
耐えれるだろうなぁぐらいにしか考えて無さそう
互角とか言いながら暗黒四天王の一人である
王様番長が荒殴零でボコボコだったので
噛噛は強いけど金剛以下レベルだったので
実は暗黒四天王でしたとかは止めて欲しいです。
まあ恐らくはしてこないとは思っていますが
してくるとしても進化しているのでしょう。

今年は編と書くとするならば
破壊番長編と改造番長編と最終決戦でしょうか?
そあらとかメイド喫茶回とかありましたが
大きく三つの編に分けるとこんな感じな気がします。
破壊番長編は海原番長の戦闘終了のスピードとか
明らか人外の文学番長とか金剛が仲間の力を借りて
戦ったらたいした事無かったように見えるけど
実際にはかなり強かったボスキャラ破壊番長等
非常に素晴らしいものだと思っています。

改造番長編は確か一月程で終った気もしますが
まあ結構やっていたのではないでしょうか?
卑怯番長が何とか勝利していたとおもいますし
編にするには短過ぎるのかもしれません。
でも金剛番長だと一月でも結構やってますね

最後の最終決戦は貫かれるオヤジ等
色々あり、今年最後の展開で
金剛番長が注射されて倒れるという
恐らくはドーピングだと思う行為をされて
敵なのに主人公強化するのは珍しいと思い
実力差が埋まり、納得できる理由もあったので
非常に良い強化方法だったと思います。

来年辺りは終ってしまいそうな気もしますが
この速さなら終わるのも仕方が無いかと思い
終って欲しくないのですがどうなるか楽しみです。

私のブログの事になってしまうのですが
最近、4月から毎週コメントを下さった
ユーリさんからコメントが来なくなりました。
凄く寂しいのですが、まあ仕方が無いのでしょう。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

ジョージ

Author:ジョージ
アニメ・ジャンプ等の感想を書いていました。

トータルアクセス
アクセス
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ツイッター
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる