FC2ブログ

遊戯王5D's 第88話 勝利の先にある罠 感想

一週間遅れてしまいましたが
この88話が素晴らし過ぎたので書きます。
クラッシュタウン編、非常に面白いです。
私が好きな鬼柳が出ているのもありますが
デュエル&西部劇みたいなのが非常に良い
本当に何でもデュエルにできてるなぁと思いました。

最初は先週の遊星対鬼柳で
鬼柳が残りライフ900になっていて
もう少し……後少しで俺は葬られると
完全に死にに行こうとしていました。
しかし、ダークシグナーでの狂人鬼柳や
サティスファクションの満足鬼柳を見ると
この変化の違いには笑ってしまいます。
ダークシグナーの狂人っぷりは凄かった。
地縛神を回収したらあぁ?とか言って
余裕ありまくりで見せつけてきたり
満足時代では倒した相手に向かって
生半可な気持ちで入ってくるなよ……
デュエルの世界によォ!!と叫んだ後に
殴ろうとするという異常行動を見せたからか
この鬼柳は全てを悟ったように見えます。

鬼柳「俺は満足だ」
変わったと思いましたが本質である
満足思考は変わっていなかったのに安心し
相変わらずの満足っぷりだと思い笑いました。
次回予告の満足を忘れた発言に驚きましたが
やはり鬼柳が満足を忘れる事はありませんか。

葬られるなら満足と言っていたので
ラモンが自殺志願かと思い、全員がディスクを構え
殺しに入ろうとしているとデュエルだというのに
部外者の遠距離攻撃が入ろうとする辺り
流石はクラッシュタウンだと思っていました。

ラモン「先生の腕ごとディスクは吹っ飛ぶ」
クラッシュタウンと言えどそれはやりすぎでしょう。
でも無法地帯だからデュエルで敗北思考ならば
腕を吹っ飛ばすぐらいはするのかもしれません。
これはデュエルギャングだからこその芸当ですね
デュエリストに必要な腕を飛ばそうとするとは
まだ精神操作して殺すとかよりはマシなのでしょうか?

ラモンが鬼柳に大丈夫なのかを聞けば
鬼柳はカードにとりついてるから手は抜かないと
それでイカレているからラモンがOKしましたが
まあとりつかれていて負けたいのに勝つとか
そんな事を言っていたらOKしますね。
今までの鬼柳の負けたいのに勝つ行動が
常に行われていると知れば止める必要ありませんね。
単純に狂っててヤバイと思ったのかもしれません。

デュエルが再開され鬼柳はインフェルリニテイドワーフと
インフェルニティリベンジャーを召還し
インフェルニティ・デス・ドラゴンが光臨する事で
効果は戦闘を放棄すれば相手モンスターを破壊して
その攻撃力半分のダメージを与えると強いと思いますが
3000もあるから微妙かなぁと思ってしまいますが
まあ3000以上なんて普通に最近は出ていそうで
モンスター破壊と言う効果が結構強そうだと思いました。
問答無用で破壊してダメージを与えるのでしょう。
守備モンスターでも破壊したらダメージを与えれますし
まあ普通に強そうな効果だと思います。

遊星は罠であるリミッターブレイクを破壊して
手札からカードブレイカーを特殊召還し
リミッターブレイクの破壊された効果で
スピードウォリアーを特殊召還し、即生贄に
ターレットウォリアーが召還されていましたが
本当にスピードウォリアーの使い捨て感が凄い
使い捨てられるのに定評があると思います。
遊星のカードの中で意識を持つカードが出たら
スピードウォリアーは真っ先に遊星を蹴りそう。

出したモンスター達をシンクロ召還に使い
スターダストを出した事でマルコム側が
こんなスゲェカードを持っているんだ!と言って
ラモンが攻撃力は鬼柳先生の方が上だ、と言うと
何だか子供達の中のリーダー同士が戦っていて
それをみている子供達が出てきたカードに対して
驚いている感じに言ってるみたいで笑いました。
いや、普通に考えるとこの対決自体は
リーダー同士の対決だと思いますが
ギャングみたいなのが言っているのに笑えます。

鬼柳がデスドラゴンで攻撃をしようとしたら
遊星はパワーフレームを発動させ
戦闘を無効にして攻撃力の差分
自分のモンスターを一体強化すると
完全に互角の戦いをする感じのカードですか
これは強いのか弱いのかが解りませんが
今の時代は炸裂装甲でしたっけ?とりあえず
攻撃したら破壊する系のカードがありますので
微妙かなぁと思いましたが、4000ルールなので
モンスターの攻撃を上げれば短気決着で終らせれるので
4000ルールだからこちらのカードの方が
有利だと遊星が思ったりしたのでしょうかね?
まあ、多分新カード紹介な気がしてきますが

遊星ターンになり、セカンドブースターを召還して
スターダストで攻撃とこれはデスドラゴンを破壊後
直接攻撃で締めようと考えているとラモンが思い
鬼柳はインフェルニティ・ブレイクを発動して
インフェルニティを除外する事で相手カードを破壊と
インフェルニティなら普通に手札を使わない
サンダーブレイク感覚で使えそうで強そうだと思い
遊星のパワーフレームを破壊して2500にしますが
セカンドブースターが効果で1500ポイント増加と
4000になったのでラモン側が驚き、鬼柳が
遊星…と(説明してくれよ…)みたいな感じに
聞こえてしまったので笑ってしました。

鬼柳がデュエルから解放される……と満足していて
送り人が現れたら遊星が先週の作戦である
爆弾を投げて何とか救助する作戦の説明がありますが
ダイナマイトの威力が予想以上で笑いました。
いや、まあ爆弾だからこれぐらいだとは思いますが
まるで鬼柳が爆風に恐怖したように見えます。

しかし、鬼柳が捕まり、バーバラは作戦通りに動かず
電気の球の銃を遊星に向かって撃ち、遊星を倒して
いきなりバーバラが笑って前半終了で笑いました。
いきなりのクラッシュタウンだから
普通に助けられて終るのかと思っていたので
普通にこの裏切り行為が予想外で笑ってしまいました。

遊星が倒れていたらいきなり巨大バイクが
イヤッハアアアッ!!!と叫びながら登場し
止まった後、いきなり銃が出る謎Dホイールに笑い
遊星がこいつは……一体?と思っていて更に笑いました。
本当にこいつは……一体?と思うしかありませんね

謎の男がラモンに銃ディスクを投げる事で装備させ
マルコムの弟のモットンと先週言っていた
モットンが現れますがこの段階ではマルコムだから
その弟も普通ぐらいの実力者なのではないかと思った。
だからこそモットンのデュエルが素晴らしかったのでしょう。

モットンはラモンにデュエルを申し込み
1ターンもあれば充分と言い出していましたが
後攻1ターン目でモンスターを大量に出したりして
殺す戦法でもしてくるのか?と思っていましたが
1ターン目の先行を取ってくると、2ターン目の
1ターンで潰してくるのか?と思ってしまいました。

それなのに、ラモンが普通に一ターン目は
先行は攻撃できないから終らせるのは無理とか
明らかにフラグ的な言葉を発していたので
何らかの形で殺すのだろうなぁと思っていたら
効果で魔法・罠ゾーンのカードを墓地に送る事で
1枚につき800ポイントのダメージを与えると
この圧倒的かつ、最強な行動には笑ってしまい
しばらくは笑ってしまったと思います。

モットンは歴代デュエリスト最強ではないだろうか?
多分来月の映画のボスキャラであろう
パラドクスでも普通にやられてしまうと思います。
来月の映画のボスキャラだと思われるパラドクスも
流石にこのモットンみたいな最強だとしか
思えない行動はできないのだろうなぁと思います。

これは本当にエグゾディアが初手に5枚あり
即勝利みたいなものだと思ってしまいますから
まあ効果を封じればギリギリ何とかできるので
エグゾディア初手5枚よりは少し劣ると思いますが
やはり4000ルールで手札を6枚使えれば
4000ダメージ与えられるのは反則だと思いました。
この圧倒的な行動には笑うしかなくて
本当にこの回のデュエルは素晴らしいと思います。

これで奴隷行きとかラモンが可哀想過ぎて
本当にモットンのデュエルは狩る為のデュエルだと思い
今までのは全部マルコム側の計画で
鬼柳は邪魔だったからサティスなんたらの遊星を読んだと
満足の形をしていない満足集団の呼び方に笑い
鬼柳はサティスファクションの話でもここら辺の皆に
話したりしているのか?と思って更に笑いました。

バーバラが力のある男が好きなのとクソだなぁと思うも
現実的で嫌な女だなぁと思ったりしていて
遊星に奴隷になるならマルコムにかけあっても良いけど?と
本当に性格が腐っていたのには笑うしかなく
即断った遊星をはたいていたのにも笑うしかなかった。
普通に考えたら当たり前だと思うのにはたいてくるとは
バーバラは何だか爆死とかそんな感じで終りそうです。
何も無しで終わりとかは勘弁して欲しい所。

デュエルに負けていない遊星が棺桶行きになっていたもの
理不尽すぎて怒りとかが起きずに笑いまくっていました。
セキュリティの時はまあシティに向かっていましたし
まだ解りましたがクラッシュタウンは理不尽すぎます。
その後、いきなり叫んでいたマルコムにも笑いました。
コイツは何にもしてなかったのに叫んでくるとはwww

遊星は連れて来られていて、首輪をされ
ラモンが鬼柳に怒り、それをマルコム側が抑えている間
釘を冷静に手に入れていた遊星は流石でした。
仕事はダインを掘って掘って掘りまくれ!と言われ
始まろうとするとこういう敗北した場合に起きる現象が
主人公である遊星自体は負けていないのに行われるのは
普通の勝負系とは違ってて良かったと思います。
でも子供達はこの奴隷作業をどう思ったのでしょうか?
結構精神的にきたのではないだろうか?と思います。

交代のブザーが鳴り、マルコム側の
交代中の会話を見計らって作業を止め、地形を見渡し
脱出する方法を考え、鬼柳に首輪も外せて
脱出もできると伝えますが、ここに残ると言われ
満足されてたまるか!と満足させる気なのでしょうね
ここまで満足という言葉が出ましたので
流石は鬼柳回と思うしかありません。

鬼柳に好感がありそうな子供達が
遊星のDホイールを持って何処かに行き
モットンがDホイールが無い事に気付いて
潰しておくかと考えると中々冷静で
遊星が死んでもお前を連れて帰ると言って終ると
色々この88話は素晴らしい回だったと思います。
まさか奴隷行動を入れてくるとは思ってなかった。
普通にドラクエ5みたいだなーと思いました。

89話も見ましたが面白かったです。
両方の場面で緊張感がありました。
これは来週の水曜までには書きたいなぁと思います。
スポンサーサイト



テーマ : 遊★戯★王
ジャンル : アニメ・コミック

コメント

非公開コメント

プロフィール

ジョージ

Author:ジョージ
アニメ・ジャンプ等の感想を書いていました。

トータルアクセス
アクセス
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ツイッター
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる