FC2ブログ

ジャンプ2号 感想 後半

ドラゴンボール改クリーチャーズ
第三形態フリーザーなのが良いですね
最終形態はシンプルで強い感じでしたが
第三形態の方が凶暴性はありますし
第三形態なのは良いなぁと思います。

PSYRENーサイレンー
自衛隊が出ていたのが良く
そしてアッサリ倒されてたのも良かった。
これで弥勒たちを潰すのならば
近代兵器を使ってくるのだと思います。
とりあえず最初のステージの敵1みたいな
そんな感じで大量虐殺されてて良かったです。

やはり、PSI能力者対自衛隊だと
弥勒とグラナという最強クラスである
PSI能力者というのもありますが
普通に死んでしまうのは当然かと思います。
生命の樹で大量に殺し運よく生延びたのか
枝の数的に数人余ったのか知りませんが
軍服着て普通に射殺に入ったのも良かったです。

これで国もPSI能力者か兵器を使うのでしょう。
戦車では勝てないだろうしミサイル辺りで
戦闘して欲しいのですがそれでも多分負けますね
太陽の光を捻じ曲げて一点集中のレーザー攻撃と
その攻撃を受けても辺りに人間が居れば
生延びれるPSI能力者に勝てるとは思えない。

射場がグリゴリで一番下っ端と言っていて
子供達の世話で話を聞くのが仕事と言いましたが
それで殺されないと最後の弥勒を解放したのも
あると思いますが、弥勒を改心させる為の
キーキャラクターにでもなるのでしょうか?
まあ説得に行ったら一週で殺されそうですが。

実験体は04号から09号までの6人と言い
05?07号が重要実験体として絞られると
残りの04と08と09がサイ世界での
ワイズメンバーだったりするのでしょうか?
ドルキがグリゴリに居たとは思えませんので
08と09がカプリコかシャイナで
04がまだ不明の強PSI使いなのかもしれません。
弥勒のTV放送時にシャイナは学生でしたし
普通にグリゴリでないのでしょうかね?
まあ残りも今後明かされると思い、楽しみです。

05号は敵視していて07号は心を閉ざし
06号である弥勒は実験に進んで協力していて
従順なのには理由があり
姉さんと外に出て家族みんなで暮らしたいなあと
弥勒はまだ普通の子供で、これだけ見ても
改心ENDになるとはあんまり思えないのですが
前作のみえるひとが敵がこんな感じの
実験みたいな事をされていて、最終的には
主人公側に居て、主人公の行動を観察し
どうするか決めるみたいな事になっていましたし
完全に倒して終るか改心させるかが気になります。

弥勒はいつしか瞳からも希望の灯が消えて
射場以外とは会話をしなくなったと
まだ射場とは会話が出来ていたのですか
まあこの段階で感情が他の研究者よりもある
射場を利用して脱出しようとかを
考えていたのかもしれませんが
普通に人間味がある人だったからなのでしょうかね?

弥勒は本を積み重ねた上に乗っていて
宙と話をと言うとこれは狂いだしたとしか思えない。
ウロボロスが友達になったりしたのでしょうか?
これは単に狂ってしまったとは思えないのですが
ウロボロスが動く隕石以外はサッパリ不明なので
単純に気が狂っているのかもと思ってしまう。

射場さんを騙す弥勒の渾身の演技
彼はDV兄の攻撃を受ける弟としても
壮絶な演技力を見せていたと思いますし
これぐらいは普通に行えるのでしょうね
ちょうど誕生日の所を狙い、射場を説得できると
タイミングを見計らっていたと思いますし
長かったの狂気の塊みたいな顔がとても良かった。
そりゃこのタイミングで渾身の演技が成功し
ずっと動けなかったのに動けたらこんな顔になります。

射場以外の人間を殺し自分達にまつわる
全てのデータを破壊してどこかへ消えたと
とりあえず射場には弥勒的には
唯一正常だと思える人間で、居なければ
一生実験体だったので恩は少なからずあるのでしょう。
それで改心ENDに向かうのかが解りませんが。

射場が弥勒を止める方法はあると言い
弥勒の行動は止めなくてはならないと決意して
ナノマシンチップを頭に埋め込んでいて
チップを破壊すればその異常でPSIが使えなくなると
弱点を持ってきていたのは非常に良かった。
修行編よりも弱点を入手する為に
行動して行く方が面白そうだと思いますので。

破壊・起動コードは封鎖された研究所の
ロッカーの裏に隠したままだと言っていますが
そんな物が本当に残っているのでしょうかね?
多分残ってなさそう、又は、残っていたとしても
頭の中のナノマシンチップを消滅させたとか
そんな展開になりそうな気もしてきますが
とりあえずは弱点入手に向かうのでしょう。

マツリ先生が取りに行くみたいで
雨宮さんが通信係、アゲハはサポートと
まあ何もしらなければマツリ先生がPSIを解除して
アゲハが暴王を放てば大抵のPSI能力者を倒せ
戦闘能力も普通にありますので何とかなりますか。
国家を相手にしそうな展開で楽しみです。
発覚されないように進んでいく感じだと思います。

めだかボックス
今、戯言シリーズの最終巻を半分まで読みましたが
案外高千穂が最強なんじゃないかと思いました。
まあボス軍団だと思われた敵の13人組で
戦闘を行ったのが最終章では確か
二人一組の一つだけだったので
戦闘能力に関してはだと思いますが
まあジャンプでの連載ですので今週の高速突撃で
倒された高千穂が最強では無いのでしょうかね?

最初の敵である高千穂に右腕を折られると
もう高千穂戦で一旦帰るのではないかと思います。
これで三週ぐらいで治ってたら金剛類ですよ
そしてめだかちゃんは反射神経がないんだと
それで今までのめだかちゃんの超人能力が
全て説明されてしまうとは思っていませんでしたが
案外単純なもので良かったとも思っています。

実験体になってるというめだかちゃん
凄くエロイですね、研究者みたいな人が
囲んでいたり、どっか触ってみようとしたり
カメラで股間を隠していたのがとてもエロかった。

高千穂「ないよりある方がいいに決まってる!
ない方がいいのは女の胸ぐらいなもんだぜ!!」
何をいきなりカミングアウトしちゃってるんだ?
高千穂は巨乳であるめだかちゃんが巨乳である
喜界島さんを連れてきた事に若干のストレスでも
感じてしまいぶっちゃけてしまったのかもしれません。

めだかちゃんに足りないパーツを集めているみたいなと
ここら辺は非常に西尾先生らしいなぁと思ってしまった。
いや、戯言シリーズしか今の所見ていませんが
何かそんな感じだったような気がしましたので。
めだかちゃんの為に集めた集団なのでしょうか?
逆な所が丁度めだかちゃんの弱点とかで
対めだかちゃん用の人でも居るのかもしれません。
その人が出たら多分車で轢かれて終ると思いますが。

めだかちゃんは黒神ファントムと
特攻してデータを破壊し高千穂をぶっ飛ばし
勝ちと言っていましたが相打ちにしか見えません。
治療系の13組13人でも居て治すのでしょうか?
善吉達が頑張って十三組十三人を倒していく
展開でも良いと思い、どちらでも良いと思います。

最後に高千穂が立ち上がってくると
結構しぶといなぁと思ってしまいました。
しかも予告を見るに来週回想でも入りそうで
更に長くなるのではないかと思っています。

来週からは善吉が高千穂を倒すとか
そんな展開になるのではないかと思い
どうなるのかが楽しみです。

ぬらりひょんの孫
白蔵主が愛らしくなってきました。
凄く強くて潔くて死ぬ瞬間に
辞世の句が閃き、それでバカと判明するとか
羽衣狐様の次に好きになれそうです。

辞世の句とか言いながら
遺言語っていたのがとても面白かった。
とりあえず辞世の句はやっておきたいですね。
そりゃリクオも気に入ると思いました。
これで本当に仲間になって欲しいのですが
羽衣狐様の忠誠心は読者である私からでも
相当であり絶対であると思っていますので
白蔵主が仲間になるとは思えません。

太陽が昇っても姿が変わらず
京都が魔界にでもなっていると
羽衣狐編では常に妖怪状態なのでしょう。
そろそろ羽衣狐様が出て来て欲しいです。
せめて来週……今年最後の羽衣狐様を……

賢い犬リリエンタール
さくらがてつこと二人乗りで来た所で
カップルと間違われるだろと思っていたら
いきなり新キャラが現れて予想通り
カップルと間違えられていて笑いました。

新キャラである宇佐美が現れて
リリエンタールにぶさかわいいと言い放つと
案外この子は酷いなぁと思っていたら
精神攻撃をしてくると珍しく酷いキャラですね
今の所、組織より酷いのではないかと思ってしまう。
いや、最初のサングラス組の行動より遥かにマシですが

弱気になってるてつこは可愛いと思えました。
これはギャップと言うやつなのでしょうか?
しかし、変の一言で精神ダメージを受けていて
学校にも着てないと変と言うのを聞くだけで
てつこには何らかのトラウマでもあるのでしょうか?
肉弾戦最強だから普通に大丈夫だと思いますが
女の子ですし精神的にキツイのかもしれません。

さくらは相変わらず良いキャラで良く
宇佐美が何かを思っててつこの元に
あんこくまじんが接近していると
これは結構ヤバいのではないかと思います。
恐らく宇佐美はてつこに殺意を持っていそうで
最悪殺し合いに発展するかと思っていますので
これはどうなっていくのかがとても楽しみです。

あねどきっ
滞在ではなく寄生している……だと……!?
今までのこのクレイジーかつ最悪な行動
それをこうたが許せたのは恐らくは
性欲と金銭的な問題だと思っていました。
だってなつきは金持ちなんだもん。
自分の事は自分の金でしていると思いますよ。
少なくとも私はそう思っていました。
なのでギリギリ許せていたような気がします。

ですが、今週、こうたが貰うべき金である
仕送りを使用されているというのが判明されました。
この姉妹は突然乗り込んで、勝手に人の金を使い
生活をしているのが判明するだけで
これはかなり酷い話だと思ってしまった。
メリットが美人と可愛い子と同棲だけですか
美人で可愛ければOKという事を表したのだろうか?
ある意味これがジャンプで連載されているのは
凄まじい事なのではないかと思ってしまいました。

この回想で完全に忘れていた第一話を
ほんの少しだけ思い出したんですけど
確かいきなり会っていきなり同棲になって
何だか知らないけど勢いみたいな感じで
同棲した一話だったなぁと思い出しました。
ある意味一話の段階で酷かったんですね。

最後に親父が帰ってきて終ると
流石にこれで終了だと思いました。
まさか……親父OKとかはないでしょう。
仕送りを勝手に3人で使って
生活しているという事が判明すれば
流石に追い出して終るだろうと思いましたが
それだとこの物語が終るのでどうなるのでしょうか?

しかし、あねどきっの狂気っぷりは凄いですね
河下先生はある意味貴重な漫画家なのかもしれません。

ジャンプSQセカンドの宮下先生の読切が
俺が魔法使いになるまでの経緯と
俺と言う事は野郎主人公なのでしょうかね?
一応百合漫画書いてた宮下先生だとは思えないので
俺女という人なのではないかと思っています。
でもジャンプなので野郎主人公で
一度書いてみる感じだったりするのでしょうか?

今週の感想はこれで終ります。
遊戯王感想は明日放送されてしまいますが
先週の鬼柳戦闘回は木曜か金曜辺りには
書きたいなぁとか思っています。
まあ明日の話が面白過ぎて放置して
明日の話を書いていかもしれません。
スポンサーサイト



テーマ : 週刊少年ジャンプ全般
ジャンル : アニメ・コミック

コメント

非公開コメント

プロフィール

ジョージ

Author:ジョージ
アニメ・ジャンプ等の感想を書いていました。

トータルアクセス
アクセス
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ツイッター
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる