2014年のアニメを振り返ってみる

 毎年最後に書いている今年最後の記事です。このサイトも8年ぐらいやっていると、月日の速さに驚くしかありません。最終話まで視聴したアニメを、上から記憶に残った順で毎期ごとに感想を書いていきます。

冬アニメ
凪のあすから(2クール目)
とある飛空士への恋歌
桜Trick
ガンダムビルドファイターズ(2クール目)
キルラキル(2クール目)
未確認で進行形
ログホライズン(2クール目)
ハピネスチャージプリキュア
中二病でも恋がしたい二期
黒子のバスケ(2クール目)
弱虫ペダル(2クール目)
ノラガミ


 凪のあすからが二クール目で大化けしました。1クール目から年月経たせたこともあってか非常に楽しめました。2クール目は凄く記憶に残っているのですが、1クール目で何をやったのかがあんまり思い出せません。

 飛空士は原作を購入していたので非常に楽しみにしていたのですが、特に何も思うことがないぐらいに普通だったなあ。でもこれは原作通りで、1クールでやったから1巻2話ペースだったせいなのかが解りませんが、楽しめたのですがこれは原作読んでいたから楽しめているのかとも思ってしまいました。

 桜トリックは何か色々とぶっ飛んでいました。毎週毎週非常に楽しめた。ここまで一線を越えてくるアニメは滅多にないですよ。
 ノラガミはヒロインが可愛く、安定して楽しめました。ひよりが可愛かったのが全てだったような気もします。

 キルラキルも最終決戦が熱く、未確認で進行形は安定して楽しめました。未確認で進行形は声優のニコ生番組も楽しめていましたよ。黒子のバスケや咲の二期等々、色々と安定して楽しめる作品が多かったです。

春アニメ
ラブライブ二期
ハイキュー!!
ウィクロス
健全ロボダイミダラー
ノーゲーム・ノーライフ
遊戯王ARCーV
ジョジョの奇妙な冒険
弱虫ペダル(3クール目)

 春アニメはメカクシとか劣等生とかアニメ化前の時点で大人気作品がありましたけれど、メカクシは原作読んでいないと辛そうな序盤。劣等生は精神力が持たずに3話ぐらいで視聴を止めたので最終話まで視聴することができませんでした。ディスクは売れているので、原作購入者には楽しめる内容なのでしょう。

 春だから長期アニメが多いですね。ラブライブ二期は遂にラブライブ本戦が始まって倒すべき相手であったアライズも歌って踊ると、色々と楽しむ事ができました。相変わらず海未ちゃんが可愛くて満足できた。
 卒業式で完全に終わらせてきましたし、後は映画で完結となってしまうのでしょうかね、二期は優勝して卒業式と普通に締めてきたのが素晴しかっただけに、映画はどうなってしまうのだろうかと思わずにはいられません。

 ハイキュー、ジョジョはジャンプ作品で原作を読んでいたので内容は解っていましたけれど、両方素晴しいアニメとなっていました。ハイキューは動きが素晴しかった。

 ダイミダラーは一話一話の密度が素晴しく、1クールで綺麗に締めてきたのも好感が持てます。ノーゲームノーライフはゲームが異能絡みでしたけれど、安定して楽しめました。OPは今年一番ですよ。終わってから原作を購入していましたけれど、6巻出てから結構経っていますね。

 ゼアルは全く視聴していなかったのですが、新しくなったので遊戯王をまた視聴していると、今の遊戯王はアクションデュエルというカードゲームの本来のルール外からカードを入手する行為はまあアニメらしくて良いと思うのですが、そのせいで二話で一戦が基本という長さの序盤が辛いも、色々な世界が関わってきている今の展開は非常に楽しめています。

夏アニメ
Free!2期
月間少女野崎くん
ろこどる
ハイキュー(2クール目)
ペルソナ4G
ジョジョの奇妙な冒険(2クール目)
アルドノア・ゼロ

 原作アニメで非常に楽しめた作品は原作を購入してしまうので、野崎くんとろこどるは原作を購入してしまいました。両方四コマが主な作品なので原作読んだ後でもアニメで動いているだけで非常に楽しめています。
 将来について決意し大会も全て終わらせて未来に向い綺麗に終わったフリー二期。安定して楽しめたハイキューとジョジョの2クール目、二週目でぶっ飛んでいたペルソナ4G等々、夏アニメも色々と楽しんでいたなあ。

 アルノドアゼロは期待していたのですが普通でした。全話視聴したので面白くない訳ではないのですが、特になにも書くことがない程に普通でした。二クール目は来年の最初ですけれど、あのラストから一体どうするのでしょうかね。

秋アニメ
グリザイアの果実
クロスアンジュ
ウィクロス(分割2クール目)
Fate
ワールドトリガー
ログホライズン二期
ガンダムビルドファイターズ(二期)
七つの大罪
天城ブリリアントパーク
サイコパス二期
弱虫ペダル二期

 相当多いですね。特に土曜から日曜日がヤバいです。ログホライズン、Fate、ワールドトリガー、プリキュア、七つの大罪、遊戯王。そして時間的には月曜朝になりますがグリザイアと、相当なアニメの量でしたよ。

 グリザイアの果実は原作であるゲーム三作を購入してしまいましたけれど、原作を購入した後だとあの長い原作の密度を頑張って1話や2話で収めようとしているのが非常に好感持てていいです。過去回想とかは省くしかないですからね。天音ルートのエンジェリックハウルは過去回想が主で姉の一姫のこともありますし長くやって正解なのではないでしょうか。それによって他が短くなってしまったのが残念ですが、仕方がないですか。
 そしてラストの迷宮と楽園決定は嬉しいのですが、2つ合わせて1クールなのでしょうかね。まあ結婚する前みたいなアフターは殆ど無理でしょうし、雄二のことで4話か5話ぐらい使い、後は楽園で1クールなのでしょうか。

 ストーリーはウィクロスとクロスアンジュとガンダムビルドファイターズのオリジナルアニメが非常に楽しめました。ガンダムビルドファイターズは相変わらず面白く、ウィクロスは先週感想を書きましたけれど締めが素晴しかった。
 クロスアンジュは一話一話の密度が凄いです。主人公のアンジュが主人公とは思えない行動をしながらも活躍しているというのが良いですね。サイコパスも普通に楽しめました。映画に続く的な感じでいくのかと思いましたけれど、話は終わらせてきましたね。

 Fateは前にディーン版がアニメや映画とかをやっていたので大体の設定は解っていますけれど、動きが非常に素晴しいです。展開も今は結構変わっていますし、どうなるのかが非常に楽しみです。
 天城ブリリアントパーク、七つの大罪は安定しているので特になにもありません。弱虫ペダルは今年ほとんど放送されていましたね、脱落していくと、来期で締めとなってしまうのでしょうか。

 ワールドトリガーはアニメ化したのが速いせいで色々とオリジナル展開が多いのですが、日常シーンとかも入ってきたので非常に楽しめています。ここからは戦闘となってきますけれど、どうなってしまうのでしょうか。
 ログホライズンも楽しめました。二期はちょっと微妙な部分もあるのですが、それでも大人数戦闘とかアカツキとか色々と楽しめています。

 来年は艦これのアニメが楽しみですが不安でもあります。一体どうアニメにするのだろうかと思うしかないですからね。二期、三期のアニメが多いのですが、新しく楽しめる作品が出てくるのでしょうか。まあ毎回そう思いながらも最低でも1、2作品はあるので、楽しみにしています。
 ミルキィホームズの4期は不安でしかたがないです。1期の時みたいにして欲しいのですが、どうなるのでしょうかね。ドッグデイズは年月結構空いていますけれど、毎週安定していた楽しめたので、今回も安定して楽しめるのでしょう。

 最後にこの一年間、このブログを見て下さった方々、コメント、拍手をくださった方々、へりょさん、ユーリさん、ありがとうございました。なんか十周年が迫っていて怖いのですが、また来年もよろしくお願いします。

 それでは、良いお年を
スポンサーサイト

今年のジャンプ感想

 去年と同じく、今年のテニスの王子様感想も最後に書いていきます。

 ニセコイ、ハイキュー、ワールドトリガーのアニメ化。長期連載漫画で看板漫画のNARUTO完結。黒子のバスケはネクストで続編があるも大会終了と同時に本誌完結と、今年も色々とありました。

新連載
 今年はヒーローアカデミアぐらいしか覚えていません。後はジュウドウズぐらいかなあ、成田先生の新連載もありましたね。看板漫画や長期連載漫画が終わってしまったので、今の新連載は非常に生き残りやすそうです。ヒーローアカデミアは非常に楽しく読んでいます。敵も退けましたし、今後どうするのかですね。

連載漫画
 NARUTOと黒子のバスケが完結すると、両方結構前から最終決戦でしたし終わってしまうのも当然ですか。NARUTOもまだ何かやるみたいですし、黒子はネクスト行きと、黒子は後日談を軽くするのかと思えば、一試合とはいえ化物決戦をしそうで楽しみです。

 ONE PIECEは去年の今頃はまだトーナメントだったのですね。そうなるとサボ登場や幹部戦やローの過去と色々やっていましたか、そして今は幹部戦が終わりつつあると、ドレスローザ編も終盤に来ていますね。幹部も決着が着いてきていますし、来年でドレスローザ編も終わりでしょうかね。
 ドフラミンゴを倒してしまうと七武海との戦いは終わりでしょうか。まだ新入りの七武海とかが居ますけれど、カイドウのこともありますし、遂に四皇戦に行くこととなるのでしょうか。

 ハイキューは合宿から大会が始まると、去年の時点ではまだ合宿でしたし、今が青城戦の最終決戦なのでかなり試合が速いですね。来年には全国大会が始まっていそうですけれど、その前に白鳥との決戦ですか。アニメも非常に楽しめました。変人速攻の見せ方が爽快で大変素晴しかった。
 
 BLEACHは敵の大将であるユーハバッハが動きましたけれど、まだ親衛隊とか石田とかが居ますし、仲間側も完現術組とかグリムジョーらしき人物とか、色々と明かされていない存在が多すぎるので、まだやりそうなことは色々とありそうですね。クインシー側の仲間がユーハバッハが大量処分してしまいましたが、ここからどうするのでしょうか。零番隊は恐らく今年で終了しましたし、後は霊王とかですね。締めに向っていますけれど、やりそうなことが色々とありそうです。

 ワールドトリガーは今年の殆どを大規模侵攻で使っていると、敵は黒トリガーが四人も居ましたし、そのどうしようもない黒トリガーに対して色々と対策を立てて戦うのが素晴しかったです。
 敵の目的は達成されたみたいですが、被害は何とか抑えることができ、ここから取り戻す為のランク戦と、仲間同士の戦いも非常に楽しめて今年も満足できました。来年ぐらいにはもうA級になっているのでしょうかね。捕らえたヒュースのこともありますし、来年も楽しみです。

 ソウルキャッチャーズはネクスト行きになってしまい残念ですが、ページ数多いのが良いですね。今年で金管パートは終わりつつありますし、来年には全国大会編が始まっていそうで楽しみです。

新テニスの王子様
 今年は遂に一軍戦が終了し、世界編が本格的に始まると、リョーマの動向とか非常に楽しみにしています。ここから先の相手は全員世界クラス、プロレベルの猛者ですし、何が起ったとしてもおかしくないですね。リョーマもこのままアメリカ代表となるのか、日本代表決定しているので日本へ行くのか、どうするのかが気になります。

 今年の試合は徳川戦が主でしたけれど、ブラックホールとかデストラクションとか、完全に殺し合いと化していましたね。徳川は防御が主であり、滅びよでお馴染みの闇討ちによるダメージで倒れてしまいましたけれど、そこからリョーマが攻撃に入って平等院を流血させましたし、兄との特訓でリョーマが更に強化されていることが解り良かったのではないでしょうか。平等院と戦うのならアメリカ代表の方が良いのですが、いきなり主人公のリョーマの仲間が大きく変わることになるのだろうかとも思ってしまう、いや、許斐先生なら平然とやりそうでもありますが。

 OVAはOPでは炎の舞いを見せる真田とか、覚醒した金太郎とか色々と楽しみなのですが、今は一軍下位戦なので暫く後でしょうか。結構速い速度で試合が終わっているのですが、OVAなのでそうなってしまいますか。

 今年のジャンプも非常に楽しめました。暗殺教室も展開的に来年ぐらいには終わってしまいそうなのですが、どうなってしまうのでしょうかね。来年のジャンプアニメは黒子のバスケから始まり、暗殺教室、ソーマはもう決まっていて、ニセコイ、ハイキューも続編があると、色々と楽しみです。

今年のサンデー感想

 これを書くのは今年が最後になるのではないでしょうか。といってもサンデー購入は4月に終わってしまいましたが、漫画喫茶で月に一度は読んでいますが。それでも絶チル、競女、コナン、そして福地先生の新連載であるサイケぐらいしか読んでいません。

 今年は6年間の連載をしていた神のみが遂に完結してしまいましたね。今年から最終決戦となっていましたし、終わってしまいますか。天理が非常に可愛くて出る度に満足していたものです。

 ケンイチも完結してしまいましたね。マスタークラスになるまでやるのかと思っていましたけれど、美羽の両親の伏線を回収して一度決着を着けて終わりと、終わらせる場面でもありましたか。色々とやり残しているようなこともある気がしましたけれど、もう別の連載は始まっているみたいですし続編はないのでしょうね。

 武勇伝、國崎出雲の完結も今年でしたか。特に楽しみにしていたものがここまで終わるとなると、そりゃサンデー購入を終わらせようと思うよなあと思ってしまいます。

 福地先生のサイケはループ能力を持った主人公のキャラ立ちから一部を初めて、そこから能力バトルになりましたけれど、これは最初の戦闘で池に行けるかどうかが全てなので、主人公の行動範囲はかなり狭くなるのではないかと思うしか無いです。最初の戦闘で池に行けるのならループできて対処は相当楽になりそうだからなあ。今の所はループできる以上勝てるだろうと思ってしまい、普通に楽しんでいます。

 絶対可憐チルドレンも最終章みたいですし、今後サンデーはどうなってしまうのでしょうかね。年末なのでまずはサンデーのことを書こうと思ったのですが、もう購入止めてから半年以上経っているのであんまり書くことがありませんでした。

ジャンプネクスト!! Vol.6 感想

 黒子のバスケが新連載されたので、ソウルキャッチャーズと一緒に感想を書きます。エクストラゲームは巻末コメント的にも2、3巻分ぐらいの内容で完結なのでしょうかね。それでも二年ぐらいはやりそうですが、どうするのかが楽しみです。

黒子のバスケ
 巻頭カラーでキセキの世代を全員同じチームにしてしまったので、この時点でどうしようもないと思うしかないです。今回はチームスターキーという前の三年生達が集結したチームがかませとなっていましたが、彼等じゃかませにすらならないよなあ。まあ、無冠は二年ですし、かませにするのなら三年生で前のキセキの学校の先輩方になるのでしょうけれど、この漫画はキセキとそれ以外の差が有りすぎますからね。
 メンバー集結のコマ、一番左の人が解らなかったのですが、ひぐっさんって言っているので洛山で偶に出ていた人で良いのでしょうか。

 圧倒して完全に見下したジャバウォックに対してキセキの世代を呼んでリベンジと、こうしてキセキの世代が集まりましたが、キセキの世代はどいつも凶悪だからなあ。ジャバウォックの連中も似たようなことができるのかどうかですけれど、全コート3Pとか、フォームレスシュート、ゴール破壊辺りはどうしようもないだろうと思うしか無いです。

 二年となったキセキの世代は緑間の変化が面白かったです。これは次号で何かしらツッコミが入るのでしょうかね。ベンチの選手は緑間と協力技がある高雄、無冠辺りは入ってくるのでしょうか。次回は一週間の練習回をしながらIHのことでも話すのでしょうかね。普通に試合になってもおかしくありませんが、ここからどうするのかが楽しみです。

SOULCATCHER(s)
 金管パートもやりながら黒条と伊調の会話も入ると、神峰を倒す者として話があるって、共感覚の説明でもしてしまうのでしょうかね。
 今回の演奏は刀がチェンソーに斬られた場面で笑いました。ここのシーンはドドドドドドという効果音も合わせて凄くバトル漫画できていますよ。

 川和は桜の音を求めることを危険だと思い、この現状を守ろうとしていると、そこから危険ばかりを選んできた神峰には理解できないと考えていれば、神峰が産まれて来た意味が欲しいと演奏中に叫ぶと、この展開が大変熱くて良かったです。
 それによって神峰が川和の望みを知り、今までに無かった演奏を引き起こす露t、ここで金井淵のみになってスプリングコンサートが開幕されると、このままいくとこのスプリングコンサートで完結してしまう程の勢いですけれど、ここで完成させるも負けて、全国で決着をつけるとかなのでしょうかね。今回の盛り上がるも素晴しかったです。

 次回は三月中旬と、結構経ってしまいますね。始まってもいないのに来期の1クールアニメが終わる頃に発売されてしまうのですか。黒子も連載されましたし、次回も非常に楽しみです。

selector spread WIXOSS 第12話 この選択は・・・ 感想

 分割2クールアニメであるウィクロスも遂に最終話ですか。2クールといえば半年ですけれど、このアニメは1クール目後半から面白くなり、2クール目は毎週非常に楽しく視聴することができていました。
 2クール目であるspreadは1クール目での黒幕的存在の正体説明が主で締めに向っていましたけれど、その中に狂気を見せつけるアキラブリーこと晶が大変素晴しかったです。カードゲーマーとしての能力は真ん中ぐらいなのかもしれませんが、戦闘力に関しては最強だったからなあ。

 今回はOPにSEがつきませんでしたけれど、入りが完璧でした。あの入り方は非常に綺麗で締めに相応しい。
 戦闘はタマがるうの元にやって来れたので、ユキと合わさることでマユになると、タマの時点で名前から繭にする感じだったのでしょうかね。合体戦士なので当然ですけれど、この見た目の変わりっぷりには唖然とするしかない。

 そしてマユを使うるうは全く負ける気がしなかった。というのも、前クールのボスであるウリスは一度倒しているので、プレイヤーが元凶である繭であり、強化されているとしても全く勝てる気がしません。繭も繭で対人戦はなく、予想外の行動をされたら動揺するとあんまり強そうに見えないからなあ。残念だった点はこのボスキャラ弱体化ぐらいです。
 というのも、この戦闘前のウリス&タマが凶悪過ぎたんだよなあ。精神攻撃最強のウリスに負け無しのタマですからね。あのコンビはマジで凶悪で、それと比べると弱体化していると思うしかなかったです。

 カードゲーム要素は殆ど省いてきたので全く解らないのですが、繭は次に使うカードをるうに当てさせると、全色使える効果はカードのパワー次第ですけれどあんまり強い印象がないです。そのカードが出ない限りは扱い辛いからなあ。
 そして、るうは無色と答えて勝利し、何かよく解りませんがウリスが裁かれると、まあ、彼女は好き勝手やってきましたし、こうして消させるのも仕方ないのではないでしょうか。何か理由が前に語られていたとしか思えない程の唐突っぷりでしたけれど、こうなった理由を思い返すことができません。

 るうの願いはルリグを人間にすると、全部選ぶというのは色々大丈夫なのかと思ってしまいますけれど、EDを見る限りは大丈夫なのでしょう。今までのルリグが人間になって姿を見せるラストは感動的でした。特に緑子が良いですね。負けてばっかりでしたけれど、元に戻れて仲良くなりそうなのが良かったです。
 そして人間となったタマで締めると、ここのタマも可愛く、綺麗に終わることができたのではないでしょうか。るうは色々と異質だった説明はお婆ちゃんの電話が全てだったのでしょうかね。

 最初はカードゲーム要素をほとんど排除したカードゲームアニメでどうなるのかと思ってしまいましたが、1クール目の後半から色々と酷い設定が明かされていき楽しめ、2クール目で解決に向うと、綺麗に終わる事ができて素晴しかったです。一番面白かったのは2クール目1話と2話でした。あの不穏なスタート、悲惨な目に会うしかなさそうなるう子とか、色々と期待することができましたけれど、繭の話を入れていかないといけませんし、普通に解決に向ってしまいますか、それでも楽しめました。

 まだカードの方は売れているみたいですし売るのでしょうけれど、繭が消失した今、続編はなさそうですし、やるとしても別世界にするしか続編はできなさそうでしょうか。また新たな繭みたいな存在を出せば三期も出来そうですが、蛇足となりそうな気しかしてきません。ここで締めなのか何かしら続編が来るのか、どちらにせよこの2クール間は非常に楽しめました。 

ハピネスチャージプリキュア! 第45話 敵は神様!?衝撃のクリスマス! 感想

 次回のプリキュアはプリンセスプリキュアと、何がどうプリンセスなのでしょうかね。全員王女とかなら話作り辛そうな気がするのですが、変身してプリンセスとなるとかなのでしょうか、背景に王宮とか出てくるのでしょうかね。

 今回はクリスマス回からの戦闘と、いおなが金券を有効利用する所を見て、そういえばこんなことを言っていたなあと思い返してしまいました。こんなことをしていたのはもう大分前ですね。今作のプリキュアは恋愛とかストーリーが多い印象だったので、いおなのこういう部分はあんまり見せることがなかったです。

 めぐみからプレゼントを貰ったので誠司がプレゼントを渡し、サイアークが襲来し、向って一人になった所でレッドが誠司の操作に入ると、なんかレッドの顔が前回の精神ぶっ潰していたような時に比べてマトモになっていますね。やっぱりクリスマスなので普通の姿にしようとか思ったりしたのでしょうか。
 
 サイアークとの戦闘は普通に終わらせましたが、その後ブルーが登場し、レッドに「やはりあなたでしたか」とか言い出して笑いました。朝はなんでもないとか言っておいてこれですよ。ブルーは最後までブルーだったなあ。非常に彼らしいといえば彼らしいです。

 そしてレッドは普通に名前もレッドであり、ブルーと同じ神という説明が入りましたけれど、ここまでいったのならブルーが分けた姿にして欲しかったものです。そうなるとほとんどブルーが元凶になって、一番インパクトのあるプリキュアシリーズとなりそうでしたからね。

 最後に敵と化した誠司が登場して終わると、この誠司はボスらしくて更にカッコ良いですね。ブルーが居るのならブルーに攻撃仕掛けるのではないかと思ってしまうのですが、レッドに操作されているのでしょうし、普通にプリキュアとの戦いになるのでしょうか。

 このレッド戦が最終決戦となりそうですが、レッドも同じ神と、レッドは何の神なのかの説明も入りそうですし、後4、5話ぐらいなら最終決戦もあるので誠司との戦いは次週で終わるのでしょうか。一端帰るのかもしれませんが、帰る理由も特になさそうですし、どうするのかが楽しみです。

ジャンプ4・5号 感想

 今年最後のジャンプですね。合併号のキャラはいつもならルフィ、トリコ、ナルトの三人だけが大きいので、ナルトが終わった今誰を大きくするのかと思いましたが、誰もなっていないので、とりあえずは二大看板みたいな感じでいくのでしょうか。

ONE PIECE
 人気投票の結果発表と、出番が多かったローは2位まで昇りましたか。あんまり出番がないのにハンコックが初ランク入りなのは、前の人気投票が相当前だったからなのでしょうか。

 本編は幹部戦二人と、ラオGとベビー5は結構昔からの関わりですけれど、便利な存在程度にしか思っていなかったのですね。まあ、ドフラミンゴといた年月はラオGの方が上でしょうし、出会った最初の時点でそう思っていたということなのでしょうか。

続きを読む

ジャンプ3号 感想

 遊戯王の映画化と、遊戯と海馬がメインでいきそうですが、一体どうするんだろうなあ。超融合みたいにする訳でもなさそうですけれど、公開が2016年ですし、アークファイブに合わせた感じで超融合みたいになるのかもしれません。今無印メンバーで何をするのかが全く解らない。

ONE PIECE
 ベビー5戦はこれで終了でしょうかね。今回の戦いは幹部が相当多いので、こんな形で決着がつく所もあって良いのではないかと思ってしまいます。

続きを読む

ハピネスチャージプリキュア! 第44話 新たなる脅威!?赤いサイアーク!! 感想

 ゲームばかりやっていて感想が書けず仕舞いになってしまいました。ハピネスチャージプリキュア、色々ありましたけれど、先週遂にミラージュとの戦いに決着が着くと、こうなるのが一ヶ月ぐらい速い気もしていますけれど、まだレッド(名前がレッドなのかは知りませんが、ブルーに似てる赤なので)が残っていますし、後二ヶ月はレッドとの戦いになるのでしょうか。

 色々解決してブルーとミラージュがお礼を言うも、めぐみは失恋から傷心してしまい、そこにヒメ達がパジャマパーティをすると、ここでのブルートークが非常に面白かったです。何やっても面白いなあブルーは、多分このアニメで一番記憶に残るのはブルーとなりそうですよ。
 アンラブリーも暫くは覚えているだろうなあ、でもファントムは妖精だったからなあ、変態度は下がってしまい少し残念です。

「ミラージュさんに好きって言っとけ」「なんで胸元開けてるんだ」「恋愛禁止とか言っておいて恋愛している」とか、今までの締めに相応しい会話で非常に面白かったです。今までのことを考えれば、言いたくもなる。言わない方が、おかしい。
 そして皆より先に目が覚めためぐみは誠司と一緒に遊び、めぐみとの会話で失恋したと誠司に言いましたけれど、ここでの励ましで俺と皆って言うのが誠司でしたね。凄い大事な所でしたけれど、ここなら皆と言うしかないですか。

 そして赤いサイアーク戦になり戦闘中を狙ってレッドの精神攻撃が入ると、レッドは精神がかなり荒んでいそうですけれど、ブルーに似ていますしピッコロと神様みたいな善悪分けた感じなのでしょうか。そうなると全部ブルーが元凶と化してしまうので凄くアリだと思うのですが、何かしらの理由で似てしまった神様とかだったりするのでしょうかね。神様は皆ブルーみたいな姿とかなのかもしれません。

 誠司のお陰でなんとか留まることができ、シャイニングメイクドレッサーの力で赤いサイアークも倒すと、この必殺技歌いながら敵破壊するので、一番最初は良かったのですが、二回目以降は長く感じてしまいます。歌も絵も素晴しいものですけれど、何度も見るものではないですね。まあ、暫くすると省略されるのかもしれませんが、歌の最中は敵棒立ちで聞いているのですかね。

 後二ヶ月ぐらいですが、レッドとの戦闘で全部行くのでしょうか。ブルーは何か知っていそうですし、次回のタイトル的にも説明がありそうで、どうするのかが楽しみです。

次回予告
 誠司が敵となるというのは良いですね。ここでめぐみが好きだということが誠司の意志に関係なく判明してしまう感じなのでしょうか。

 三幹部も消失しましたし、これからは敵はレッドだけになるのでしょうかね。誠司が敵と化してから一ヶ月ぐらい敵となるのかもしれませんが、どうするのかが楽しみです。

ジャンプ2号 感想

 ニセコイってもう三年もやっていたのですね、なんだか二年ぐらいな気がしていたのですが、アニメも今年放送されましたし、三年ぐらい経っているものですか。

ハイキュー!!
 今週も山口回と、このまま勝ってしまいそうな感じですけれど、青城が最終セットまで行かないとは思えず、でもここまでやったらここで勝つしかないんじゃないかとも思えてどうするのかが非常に楽しみです。

続きを読む

新世界樹の迷宮2をプレイ その2(第二階層クリアまで)

 今作は主人公のファフニールが超絶火力を持っているからか、敵のHPがかなり高いですね。まあ、それでも力溜めから入れば二階層の筈だというのに一発で1000ダメ叩き込めるファフニールが優秀過ぎます。

 当時の記憶が大分前なのであんまり覚えていないのですが、第二階層のFOEは炎を吐くカエルみたいなFOEが居て、その炎が他のFOEに直撃したら死ぬので誘導して燃やす必要があると、第一階層といい、今作はFOEの扱いが凄く酷く感じてしまいます。戦うという本来のことができずに落とし穴に落ちて重傷とか炎で焼死だからなあ。

 最初にも書きましたけれどファフニールが非常に強いです。雑魚戦なら属性攻撃を連射で十分強く、ボス、FOE戦では異常な強さを発揮します。とりあえず力溜め→変身してフルスラッシュ→メテオスマッシュ→レゾナンスソードで行っていますけれど、これだけでFOEなら倒せるレベルの強さでした。

 壁であるベルトラン、マスタリー効果で号令による回復ができ、通常時もリンクオーダーで十分な攻撃力を持つアリアンナ、回復役、免疫で状態異常にしてからの霊衰斬が強いクリエですが、今の所微妙なのはレンジャーフラヴィオだなあ。
 フラヴィオは雑魚戦ではドロップショットの後衛破壊時の火力が高く、一掃できる五月雨撃ちがあるも、トリックステップはグリモアを持たせてレベル17ぐらいの能力なのに効いているのかどうか解らないレベルであり、アザースステップはブーストを10にする必要があるのでまだ覚えられないと、なんだか微妙な存在です。ステップ二つのグリモアを入手したらハイランダー辺りに移動させたい。

 第二階層は普通に進めましたが、炎の魔人に苦戦しました。HPは非常に高く、攻撃は耐えられるので問題はないも、仲間を呼んでからの連続全体攻撃が非常に辛い、ガードできるのは一発だけであり、そこから来るキューブの爆発でベルトラン以外は防御していても半壊し、スキル選んでいるので防御できないベルトランはそのまま死にました。

 仕方がないのでクエストをやりながらレベルを上げて勝利しましたが、グリモアリサイクルが良いですね。高ランクグリモアを預けていれば高ランクグリモアに変わっていると、今の所欲しいのは術式系ですが、全く来ません。とりあえずクロエに炎以外の術式、できれば全体攻撃を持たせておきたい所です。

現在のメンバー
前衛
主人公LV24
 圧倒的攻撃力を持つ主人公、グリモア効果によってシールドを装備しているので、普通に硬く、属性攻撃も可能という優秀なアタッカー。

ベルトランLV24
 普通のパラディン。ダブルアタックのグリモアがLV1なのに結構発動します。とりあえず布団路ガードとバックガードを強化しようか考えていますが、先に属性防御を上げた方がいいかもしれませんね。

後衛
アリアンナLV24
 防御の号令LV7のグリモアがあるので17の防御の号令が使えるので、FOE、ボス戦ではブーストスキルで全体号令を使ってから防御の号令を使っています。銃を装備しているも、基本的にリンクオーダーでの攻撃がメイン。

フラヴィオLV24
 雑魚戦では結構活躍するも、ボス戦では地味です。とりあえずアザースステップを覚えさせたい。

クロエLV24
 回復役として重宝しているも、二回回復なので一回目の回復量が少なくなってきているので、後半からが辛そうな気もします。今の所回復技のスキルを上げています。攻撃術式グリモアが欲しい所です。

 その3は第三階層をクリアしてから書こうと思っているも、第三階層のボスは2だと今でも覚えているレベルで凶悪だからなあ。それがHP高くなっているとか、どうなっているのだろうかと思うしかないですよ。

ジャンプSQ1月号 新テニスの王子様 Golden age135 感想

 今年も終わってしまいますね。今年の新テニスは一軍戦が終わって世界大会編となりそうですけれど、今はその準備中ですし、大会が始まるのは来年の夏ぐらいなのでしょうか。リョーマがどうするかというのもありそうですし、結構話数を使いそうですね。

Golden age135
プロへの正しき道

続きを読む

ジャンプ1号 感想

 あらすじ見る限りだと黒子のバスケは30巻が最終巻なのでしょうかね、今のジャンプ人気漫画だと30巻で完結でも短いような気がしてきます。ジャンプネクストで何をやるのかは新巻で発表なのでしょうかね。

ONE PIECE
 ローの腕が飛びましたけれど、ローの能力的に普通に縫うとかするんじゃないかと思ってしまいます。しかしベラミーは裕福な町だけど退屈だから来たとか、ドフラミンゴ的には一番苛立つ人間なのではないでしょうかね。

続きを読む

プロフィール

ジョージ

Author:ジョージ
アニメ・ジャンプ等の感想を書いています。最近はあんまり暇じゃないのでブログ名変えようかと思っています。

トータルアクセス
アクセス
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ツイッター
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる