ジャンプ22・23号 感想

 ハンター再開イィィィッッ!! こんな下書きだけ見せておいて「立ちはだかるのは底なしの絶望」ってのは狙っているだろと思うしかありませんよ、蟻編で前科ありますからね。単行本で修正されていますし、もう7,8年ぐらい前のことだろうと思うので、どれ程酷いのかは覚えていませんけど、真っ白に台詞とかだった気がします。

ONE PIECE
 あの最高幹部2人が守ってくれるみたいですけど、1人はこうなった元凶で、もう1人はメラメラの実を敵に食わせていますね。トレーボルはもうドフラミンゴに合わす顔が無いレベルだろうと思うしかないのですけど、工場を守る辺り、ドフラミンゴが許してくれるとでも思っているのでしょうか。

続きを読む

スポンサーサイト

艦これをプレイ その10(1周年イベント海域)

 色々改二が出たり、遂に噂されていたケッコンカッコカリができるようになったりと、前に記事を書いた1月以来、色々ありましたね。へりょさんに良さげな演習構築を教えてもらったりして演習でコツコツ羽黒ちゃんとケッコンカッコカリを行う為に頑張ってきましたけど、Lv80ぐらいから辛くなってきました。今はLv92です。ま、まだもうちょっとだけかかりそうだな・・・。

 イベント海域までに入籍出来るだろうと思うも、結局できないのであった。そんな感じで、イベント海域、索敵機、発艦始めをやっていっています。

 今回から新たに零偵装備することで昼戦から連撃ができたり、カットインの弾着観測射撃が可能になると、これは本当に無茶苦茶な強さですね。私のメイン戦艦は伊勢、陸奥、霧島なのですけど、陸奥と霧島に関しては一撃目で仕留めて、仕留めているというのに隙を生じぬ二段構えの一撃でオーバーキルしています。他の艦にやってくれれば良いのにといつも思ってしまうのですけど、それだとただでさえ強いのが更に強くなってしまいますか。

 とりあえずE1は普通にクリアしました。これで勲章、烈風改、ダメコン、家具職人が手に入るのは有り難すぎます。今回は索敵値が高ければボスに行くというのが良いですね、E3までの時点で2回ぐらいしかボス以外の道に通ったことが有りませんし、ゲージも時間回復しないと、今の所は11月のイベント海域よりも楽です。

 ボスドロップは足柄ばかり出てキレそうになりました。まあ初風は持っていますし、持っていないのはまるゆと何故か未だに出てこない鳳翔ですけど、それはドロップ狙いは終わる間際ぐらいでいいですか。そろそろ4月も終わってしまいますし、道中ドロップらしい卯月はここで入手しておきたいものです。

 E2、南西海域ズンダ海峡はボス前の夜戦で精神力が削られるも、ここさえ進めればなんとかなるので普通に進んでいきます。道中主力の中の主力である霧島を二度大破進撃させた時は心が折れるかと思いましたけど、なんとか陣を複縦陣にして生き延びることができました。
 E2はポーキ入手に逸れる時も一度だけありましたけど、基本的には下に向っていき、ボスも普通に発見して進むことができるので、戦艦ル級改だろうがケッコンカッコカリの為に鍛え抜かれた羽黒メンバーで力押しできました。今回のE2はボス前夜戦が全てだったなあ。

 谷風、浜風、瑞鶴、長門は取っておきたいなあ。特に長門はボス前夜戦でも入手できるらしいみたいですし、流石にそろそろ入手しておきたいものです。大型建造やってたらついでに入手できそうな気もしなくもないのですけど、そんな理想を描く暇があるなら今このイベント海域で入手するべきですね。

 勲章と工作艦の明石さんを入手。この人も中破するのか・・・?

明石

 微々たるものみたいですが治してくれるみたいですけど、まだ試していません。こんな明らかにレアそうなお方がE2で手に入るというのも良いですね。まあ、E5で頑張って入手する程なのかどうかはプレイヤー次第な気もしますし、E2ぐらいで良かったのかもしれません。

 E2のゲージを半分ぐらい削った所でバケツの消費量が半端なくて焦りが生じてきました。中破ぐらいすると半日以上待たなくてはならず、そんな余裕はこの期間限られているイベント海域では存在しないので、溜めたバケツを解放しているのですけど、ちょっと減りが激しいなあ・・・。まあ、280が215なのでまだ余裕はあると言えばあるのですけど、E2時点でこの消費はマズい気もしてきます。

 そしてE3に、ここが私の目指すべき最低ラインであり、出来ればE4クリアを目的とし、E5は相当ハードで報酬も勲章三つと軽巡みたいなので今回は見送るべきだろうかと考えています。勲章は確かに魅力的ですけど、利根も筑摩も全く育成していなかったからなあ。イラストが良いのでLVを上げていきたいも、多分2ヶ月ぐらいはかかると思うのでその間に勲章が8個になっていそうな気もします。

 面子は船艦羽黒、霧島(改二)、陸奥、伊勢、赤城、加賀で行くことに、ルートは全部右に真っ直ぐ行って、下に降りてボス戦となりました。最初の潜水艦攻撃は避けることを祈り、二戦目三戦目は力で押し切りボス戦です。

 ボスの胸に目がいく港湾戦姫は三式弾を装着した霧島さんが連撃によるオーバーキルをかまして粉砕していました。夜戦まではいくも、夜戦になったら確実に潰していたからなあ。

 ゲージを破壊し、E3をクリア。E4は敵として出てくるのが潜水艦みたいですし、ゲージの時間回復もないみたいなので、のんびりやっていこうかと思っています。

E3までクリア

天津風

 天津風ちゃんが可愛いのでこの時点で満足です。

E3クリア時のメンバー

メンバー

羽黒
 レベルは正義と言わんばかりの強さを発揮していました。運10なのに夜戦はカットインを出しまくっていたのですけど、これは単に運が良かっただけなのでしょうかね。そろそろ入籍します。

霧島
 数値なら陸奥に負けているも、明らかにダメージ量では霧島が圧倒していたのですが、これは三式弾によるものなのでしょうかね。単に私が新しい物好きで霧島の威力に目がいっているだけなのかもしれませんが。

 普通に圧倒的攻撃力で押していましたけど、E3では港湾戦姫クラッシャーとしてその強さを見せつけていました。連撃ができるようになるも、大抵一撃で粉砕するので、完全にオーバーキルになっていたなあ。

伊勢
 潜水艦にダメージを与えられるというだけでE3においてかなり重宝しました。普通に強かった。

陸奥
 言うことは無いです。安定した強さを見せつけていました。そろそろ長門も欲しい。

赤城
加賀
 烈風改は赤城に持たせましたけど、あんまり数値の強さは解りません。索敵が高いのでボス発見の際に役立ったと思われます。多分。

支援

支援

 支援は適当に持っている空母を出しましたけど、あんまり空母を育成していなかったので、この面子で軽く駆逐艦ぐらいを潰してくれればオッケーな感じでした。まあ、あんまり潰してくれませんでしたが。

 E4までは挑戦していきますけど、E5は流石に躊躇いそうな気もしています。まあ、E5次第となりそうですし、E4をクリアしてからですね。へりょさんのツイート見るにダメコン無いと厳しそうなのが辛い所です。

ラブライブ! 第三話 ユメノトビラ 感想

 今回は海未ちゃんが終始可愛くて大変素晴しい回でした。EDですら可愛いですからね。アライズは登場するとは思っていましたけど、まさかライブ場面が入るとは考えていませんでした。

 アライズのライブって、前回優勝校のライブというわけですし、頂点の映像を見せなければならない訳で、最低でも上だという証明の為にミューズ以上の出来を見せなければ納得することは難しいという高いハードルでしたけど、あそこまでの密度のライブ場面を見せてくるとは、素晴しすぎて震えるしかありませんでした。三人だからか動きが凄いですね、髪が非常に良い。

 まあ、とにかく可愛いのは海未ちゃんなのですけどね。何が可愛いって、セクシードレスで考え得る限界点がチャイナドレスということですよ。普通の衣装の方が露出度は高いだろうと思うしか無いのですけど、やはりあのスリットが海未的には最高にセクシーなのでしょうかね。許容範囲を超えているとかなのだろうか。

海未

 しかし海未ちゃんはハートを撃ち抜くのが好きだなあ。弓道部に居たから故なのでしょうけれど、チャイナだろうが撃ち抜こうと考えているのですね。

 園田海未役をやっている園田海未等、今週は海未ちゃんの出番が多くて大変満足しました。一番良かったのは逃げようとして穗乃果に捕まっている場面かなあ。

海未と穗乃果

 本編は予選用の場所を探していたらA-RISEが挨拶に現れ、A-RISEと同じ場所でライブをすることでアライズのライブも見ることができると、アライズはウィンクしまくるツバサ、可愛い優木あんじゅが居ますけど、特出しているのは会話場面ではロボロボ言われていたのにライブで圧倒的歌唱力を見せつけた統堂英玲奈ですね。見た目も一番好きですけど、動きが非常にイカしています。

英玲奈

 そしてそこからのミューズのライブと、ユメノトビラは最初衣装を見た時は不安でしたけど、映像を見ると大変良くて不安になったのが馬鹿らしくなってしまいました。しかしこれで予選ですし、この後は別の曲で行くのでしょうかね、アライズ以上の出来を見せることができるのだろうかと思ってしまいますけど、ラブライブのことですし大丈夫そうだと思わずにはいられません。

 次回は宇宙ナンバー1アイドルと、どう考えてもギャグ回にしかならない気がするのですけど、どうなるのかタイトルだけでは解らないので楽しみです。

SQ19 Vol.13 感想

2ヶ月に1回って、3回出たら半年なんですよね。となりのランドセルとかトラブル番外編みたいな一話完結ならともかく、ウルティモとかストーリー物が二ヶ月に一度となると前回の内容をあまり覚えていなく辛くなる時があります。というか、次号が出たら今年もあと半分切っているということですか。

ToLOVEるダークネス番外編
 春菜回と、料理を教えるから裸エプロンを妄想した春菜ちゃんは本当にトラブルに毒されてしまって可哀相だなあと哀れみすら覚えてしまう程でした。もう脱ぐギリギリ程度なら普通にアリだという思考ですからね、本当に人格をトラブルに支配されていますよ。今まで股間に顔押しつけられたり体なで回されたりしているものなあ。

 乳首を見たら飛びつく習性のトラブルモンスターセリーヌが当然のように春菜に授乳プレイを申し込んでいた場面は解りきっていたのに笑うしかありませんでした。見ないでと言っているのがどちらなのかが解らないという巧みの技を見せつけると、本編が最終決戦だからこその回で良いですね。春菜が可愛くて良かったです。

 春菜の妄想のラスト、液体が飛び散っている所がマジでヤバくて漠然としたのですけど、流石にただ液体が飛び散っただけであんな想像をさせるように仕向けたのか、私が勝手に思っているのか、どっちなのか真剣に解らないので書かないことにしておきます。「やりがった!」と思ってしまいましたよ。

機巧童子ULTIMO
 ICONなしで戦闘というのは良いですね。とりあえずウルが電撃食らう所はただ書きたかっただけだろうと思うしか無くて笑いました。

 大和は悪の本部で看病すると、ここから大和が悪に勧誘という感じになるのでしょうかね。今回は戦闘自体は普通にウルティモが負けてしまったので特に書くことがありません。

となりのランドセルw
 なんだか何時もの感じですね。別に田舎でも無いだろうに遭難してかまくらで過ごすとかいう異常極まり無い展開が自然に行われているということに狂気と喜びを感じて笑いました。

 しかしアオリの文字を見ていると次回では普通に新学年迎えそうな気がするのですけど、新学年迎えたら迎えたでどうなるのだろうかと思ってしまいます。 

 あんまり最近でも無いきがしますが、最近のSQ19は狂気ある漫画が結構あるのですけど、テンション的に書けるのが三作品ぐらいになってしまいます。血界はページ数が多すぎて読むも書く気になれません。

ハピネスチャージプリキュア! 第13話 強敵登場!キュアフォーチュンVSプリキュアハンター! 感想

 前回は野球をやっていましたね。どうしようもない程に強いであろうキュアハニーをチアガールに変身させて応援に徹することでその戦力を披露することなく勝利してきたのは巧いなあと思いましたけど、一回だけなら意味ありませんか。今週も戦いませんでしたし、彼女をどう使っていくのかは次回になりそうですか、ハニーバトンとかいう最強技のせいで誰が相手でも負ける気がしてきませんよ。
 
 今週はプリキュアハンターのファントムとかいうもう存在だけでも犯罪者臭が漂いそうな存在がでてきましたけど、これはかなり危ない人ですね。イケメンだからと言っても限度があるだろうと思うしか無いも、本来の対象層である幼女様からすればイケメンがプリキュアをハントしてくるのも敵だから摂理だと考えることなのでしょうか。
 
 そして入ったミラージュの回想で笑いました。昔はブルーと仲が良さそうですけど、これは騙されて敵化しているだけとかなのでしょうかね、ブルーは神の力を見せているも普通に怪しいイケメンでしかないので、ブルーのせいだったとしてもおかしくはありません。騙されているのなら改心しそうですが。

 そしてミラージュはファントムにハピネスチャージプリキュアが一番厄介なプリキュアと、いつの間にかトップクラスになっていることに驚くと同時に、世界各地のプリキュア弱いなあと思うも、トリオとなったハピネスチャージプリキュアには一人だけレベルガンストしてそうな方が居ますし、驚異ではあります。

 そしてめぐみがブルーの元に行き、何処にでも行ける鏡の部屋の存在を知ると、スマイルで似たような図書館がありましたけど、結局アレは日常回で一回ぐらい使って終わった扱いだというのに、また似たような施設を出すのかと唖然とするしかありません。今回は使いこなすことができるのでしょうかね。

 それによって神社に行き、ファントムと戦うことになると、ファントムは中々に強キャラなのが良いですね。まあ、ドキドキ序盤ベールもこんな感じで、後々プリキュア達が強くなりまくって勝てなくなってきましたけど、ファントムは見た目的にもボスまでいけそうな気がします。

 フォーチュンの参戦も入り、ラブリーはビームを連射したり拳を具現化して飛ばしたり、シールドを張ると、ここまで万能型なプリキュアというのも珍しいのではないかと思うしか無いです。そしてフォーチュンはラブリーと協力することで何倍にも強くなっていると感じ取っていましたけど、プリンセスに敵意を持っていますし、その問題を解決しない限りは仲間にはならないのでしょうかね。今の所原因も説明がありませんし、結構後半にならないと仲間にならないのではないかと思うしか無いのですけど、一体どうするのでしょうか。

 ファントムは剣を抜くもブルーが相打ち狙いで潰しに入ると言ってきたので撤退すると、なんだかこのブルーの行為は後々マジでやるのではないかと思わずにはいられないのですけど、やったらやったでミラージュが改心するかどうかが解りませんし、どうするのかが楽しみです。

 次回でプリキュア500回と、10周年ですけど500回と聞くと物凄いですね。ゆうゆうが相変わらずのゆうゆうで笑いましたけど、とりあえず歌が効いてしまうオレスキーがハニーを相手にどうするのかが楽しみです。

サンデー21号 感想

 次号以降どうなるのかは来週考えます。

神のみぞ知るセカイ
 終わった・・・終わってしまった。

 まあ、女神が全員揃った駆け魂問題が解決すると言った時点で、揃ったら終わる以外無いのではないかと思っていましたし、6年間も連載できていた方が凄かったのでしょうかね。

 本編は普通に終わってしまったので特に書くことが無いんですよね。ずっと天理ちゃん可愛い可愛い書き続けてきましたけど、最後の最後まで可愛くて良かったです。

 個人的には最初期の彼女候補を攻略している所が一番面白かったです。女神編も良かったのですけど、楽しみ方としては最初期の攻略しまくっている頃が一番だったなあ。アルバトロスのせいかバトル要素は一切出してこなかったのも良かったですね。アルバトロスは普通に面白かったと思いますけど、ジャンル的にバトルをあまり入れる訳にもいきませんか。

 6年間と、本当にかなり長く連載しましたね。今年中に新連載もありそうですし、新連載が楽しみです。

 サンデー、新連載を55本始めるからか、色々な漫画が終わり、最終局面を迎えていますね。切り替えの時なのでしょうか。

ジャンプ21号 感想

 DBの記事、スカウターの玩具が出るみたいですけど、爆発はしない以上購入しようとは思えません。しかし何故改がブゥ編である今スカウターなのでしょうかね。

黒子のバスケ
 怜央を対処し、木吉が怪我の悪化を避けるために力をセーブし、それを外すことによって15点差にすると、もしもこれで根武谷が対処できるのなら、もう赤司以外全員対処できるということになりますし、この調子で普通に逆転していくのでしょうか。

続きを読む

サンデー20号 感想

 読んできた漫画が終わっているので、ここで区切るのが一番だよなあと思っていますけど、最初期からなので結構な年月やったからなあ、サンデー感想。

神のみぞ知るセカイ
 桂馬が解放され、最後にちひろに告白しに行くと、次回が最終話である以上、これが桂馬の本心なのでしょうけど、女神女子とか一体どうするのでしょうかね。
 
 ここからどうして締めるのかは解りませんけど、遂に次回で最終話ですか、まあ、女神が揃えば駆け魂が消滅するというゴールが見え、女神が揃った2年程前の時点でここからどうするのだろうかと思っていただけに、長く持った方だと思うべきなのでしょうかね。天理ちゃんが可愛かったです。

AREAD
 今まであまり読むことが無かったのですが、今週のバトルは非常に良いですね。相手が真面目にやっている中、異常な手段で倒すことができるというのも良いのですが、こうなった以上、やられるのだろうと思うしかありませんけど、まさか自分の能力がこんな下らない手で粉砕されるだ何て考えていないだろうなあ。
 もし次の戦闘とかで登場する場合、対策として俗物にでもなって現れるのでしょうか。

史上最強の弟子ケンイチ
 なんだか敵同士でやり合いそうな感じになってきましたけど、問題があるとすれば師匠側でしょうか、彼等は普通に数で押していますし、流石に梁山泊の面子でも厳しそうですね。

ジャンプ20号 感想

 袋とじシリアルコードって、持っていない人には何の価値もない付録ですけど、ドラクエ辺りは有名なので購入しようとする人は多いのでしょうか。

ONE PIECE
 結局バージェスってなんだったんだろうなあ。これから何かやるとも思えませんし、コロシアムにインパクトを出す為に出しただけの存在だったのでしょうか。この付近に黒ひげの幹部も居るということを見せておきたかったのでしょうかね。ただ波動エルボーしだだけでドレスローザ編では出番終わりそうだからなあ。

続きを読む

ハピネスチャージプリキュア! 第11話 謎のメッセージ!キュアハニーの秘密!! 感想

 遂にキュアハニーが出てくるようになりましたし、後はフォーチュンだけですけど、フォーチュンは仲間になりそうな感じが全くしてきませんので、EDが変わるようになるまでは仲間にならないのだろうかと思ってしまいます。

 最初からゆうこにキュアハニーについて聞くも、とりあえずヒメの家に行くことになっていましたけど、その際に出てきた買い物頼まれている神ブルーに笑いました。この人、自分が神だという自覚があるのだろうか。
 
「僕は、時々世界各地へおもむき、愛の結晶を飛ばしてる」

 何言ってるんだコイツwwキュアラブリーは戦闘方が狂気だとか、キュアハニーは洗脳してくるとか言っていましたけど、一番ヤバいのはこの神ですよ。選別とかじゃなくて、愛に反応しただけとか、ほとんど無差別じゃないですか。皆が皆戦いたくないだろうと思ってしまいますけど、世界の危機なのだから戦えということなのでしょうかね。

 キュアハニーの正体を教えてもらう為に朝からゆうこの田んぼを手伝うことになり、ナマケルダが登場していましたけど、今回は運良くナマケルダの行動地点にプリキュア達が居たから何とかなりましたけど、瞬間移動でやってくるのでしょうし、その場で対処できず悪事をされている事も多々あったりしていそうだなあと思ってしまいます。

 ラブリーとプリンセンスが苦戦し「勝負なんて、やめようよ」とか言ってくるゆうこが中々に怖くて良く、食べ物を粗末にし、友達を傷つけるナマケルダに対して戦うと、遂にキュアハニーの変身が入りましたが、変身に必要なのか理解することができなかったマントを駆使した大変あざとい変身でした。あまりに凄くてこの後に控えなければならないフォーチュンがやや不憫ですけど、フォーチュンはそれ以上の変身を見せてくれるのでしょうか。
 
 そしてそのキュアハニーによる広範囲停止歌唱攻撃だー!!こいつぁは凶悪だ。チョイアークはそろそろ耳栓なりしないと幹部辺りに鼓膜粉砕されてしまいそうで怖い所。
 そして食事はどうでもいいと言ったナマケルダはどうなったのかと思えば、歌が面倒だと思うナマケルダだから動け、作りだしたサイアークも普通に動けると、性格によって克服が可能でしたか、まあそうしないとハニーがどうしようもないですものね。でも、オレスキーは最後まで洗脳され続けるんじゃないかなあ。

 キュアラブリーは相変わらずのロケットパンチを放ち、キュアプリンセスは相変わらずのエネルギー弾を撃っている中、キュアハニーが何をするのかと思えば「バトンアタック。イェイ!」と、無難な名前だなあとか安直に考えていたのですけど、その実態は宇宙空間から次元を裂いて巨大四葉を落下させると、絶対的に違う規模を見せつけられて唖然とするしかありませんでした。まだ序盤だから皆がファイアとかサンダーとかでキャッキャしている中、平然とアルテマ撃っているようなものですよ、これ。

「命よ、天に帰れ!」
 
 怖ッ、ちょっと物騒過ぎでしょこの子。ラブリーさんは愛で濁してたってのに、ハニーはドストレードじゃねぇかww

広範囲爆撃を繰り出すキュアハニー

 なんかハニーバトンから生じた破壊力のスケールがでかすぎて田んぼもろとも逝きそうな破壊力なんですけど、サイアークの爆裂四散は当然として、これに全くドン引きしないナマケルダはスゲーな。こんなんお目にしたらもう幻影帝国辞めるか移動願い出すレベルですよ。  
 
 ゆうこが皆にプリキュアだったことを隠していた理由の告白場面はゆうこが可愛くて良かったのですけど、あの化物染みた戦闘力を見ていると、1人で余裕だろうと思わずにはいられません。

大森ゆうこ

次回予告
 ナマケルダさん、滅茶苦茶やる気じゃないですか、クビでもかかっているのでしょうかね。
 
 ラブリーがプリキュアでなくなるかもしれないと、まあキュアラブリーは技がプリティと呼べないからなあ。まあ、それは今週のキュアハニーが全部持っていった気がしますし、何かしら神様がプリキュアになれない条件とか言ってくるのでしょうか。何故野球になっているのかの説明はしていませんけど、どう結びつけるのかが楽しみです。

2014年 春アニメ 第1話の感想 後半

 後半は原作を全く知らないアニメの感想にします。五作品になりましたけど、まあこれは一話の時点での感想で、まだ視聴できていない作品もありますし、二話以降面白くなる作品もあるので、来週再来週ぐらいには感想を書くアニメが増えているかもしれません。
 まだ放送されていないメカクシティアクターズは内容を全く知らないのですが、相当人気あるみたいないので期待していますけど、どうなるのでしょうかね。

魔法学校の劣等生

 この作品も原作が人気みたいなので期待はしていたのですが・・・。

 キャラクターの容姿は良かったですし、今後の展開しだいな気もしますけど、これは人を選びそうな作品ですね。まあ、第一話なので設定の説明と道場のハゲを吹き飛ばして強いハゲにボコられたぐらいのような気もしてきますけど、今の所主人公が受けつけません。これから一体どうなるのだろうかと思ってしまいます。  

ソウルイーターノット
 昔やっていたソウルイーターの話であり、本編が始まる前の回想で別キャラが始まると、この作品は三話ぐらいまでガンガンで読んでいて、そこからガンガンの購入を止めたのでどうなったのかが解らず、今後の展開に期待しています。しかしソウルイーターって前のは放送されてからもう六年経つのですね。まどかが始まってから三年だと年月の短さを感じてしまうのですが、六年も前だと流石に長く感じてしまうなあ。

 とりあえず武器一人に職人二人という状況をどうするのかですけど、このアニメが終わるまでに決まるのでしょうか。原作がまだ決まっていないのならアニメで決まることは無さそうですけど、春鳥は決めることができるのでしょうかね。とりあえずアーニャが今の所この作品で一番好きです。 

一週間フレンズ

 この一話で大体の説明ができていたのは良かったのですけど、この作品、次回からどうするのでしょうかね。流石に同じ事を繰り返すのを毎週毎週やる訳が無いでしょうし、どうなるのかが楽しみなのですけど、こうなった理由を探すとかになるのでしょうか、まあ、次回予告を見る限りでは、そうなりそうな気はしませんが。

selector infected WIXOSS
 

 この作品は2話まで見ました。名前覚えづらいのでウィクロスと今後からは書きそうな気がしますけど、この作品、カードゲームアニメなのにカードゲームの説明をせず、しかも凄いプレイングとかではなく、ハンデスとロックを行っただけで非道扱いされ、強者という異常が発生しているのですが、まあ、女子中学生がいきなりカードゲームをやっている訳ですし、設定的に見ればおかしくはありませんか。今後強くなっていくのかもしれませんけど、カードのルールが不明である以上、何がどう強いのかがサッパリ解りません。

 三回負けたら終わりという設定はやや温い気がしますけど、三回負けたらどうなるか次第でしょうか。今の所本人には何の影響も無さそうですが、今まで会話していたルリグが眼の前で爆裂四散とかしたら緊張感とかが生まれるのですけど、流石にそこまでするだろうかとも思ってしまいます。まあ、消えるだけでも十分嫌なこととなるのでしょうかね。 

 初心者狩りを行う遊月とか精神攻撃を行う晶とか、今の所プレイヤーの4人中2人が酷い性格をしているのですけど(遊月は2話にしてもう改心していそうですが)今後どうするのでしょうかね。カードゲーム要素は酷かったのですが、話は期待しています。

ノーゲーム・ノーライフ
 
 この作品、キャラデザが良く、一話目も楽しめましたけど、今後の展開がどうなってしまうかでしょうか。主人公の空が強すぎる気がしますけど、彼等にも方法が理解できないイカサマが出ていましたし、それに対してどうしていくのかになるのでしょうか。

 今回のポーカー対決の空のイカサマは一泊する所までいきたかったので原作でやっているもカットしていたのかもしれませんけど、イカサマをするのであればどうやって行ったのかの説明は欲しい所です。流石にこのまま原理を説明せずに主人公は凄いからできるという理由ではないと思いますけど、不安なのはそれぐらいでしょうか。

 今期のアニメも一作品ごとに感想を書いていきたいのですが、前期は結局中二病とプリキュアぐらいしか感想が書けませんでしたし、どうなるのかが解りません。

2014年 春アニメ 第1話の感想 前半

 結構視聴したような気もしますけど、今期は1話目はあんまり楽しめた作品が少なかったような気がしてくるなあ。まあ半分以上視聴できていないのは何時ものことですけど、キャプテンアースはまだ視聴できていません。2話は視聴する予定ですが、内容解るのかは知りません。

ラブライブ!

 一期ではラブライブに出る事は無く終わりましたけど、この二期一話の内容を見る限りラブライブをやって締めになりそうな気がしますけど、3月というのが不穏ですね。続編があるとしても穗乃果三年生編をやるのだろうかとか、ここでラブライブという作品を折らせてしまうのだろうかとか、色々考えてしまいますけど、まあ、今を楽しめば良いですか。

 穗乃果が生徒会長になって歌い出すとか、一期の狂気を思い出す冒頭から始まり、ラブライブが再び始まると、今回は前回優勝のアライズと予選でやらなければならない訳ですし、アライズと決戦がラストで、そこから省力されて優勝とかでもおかしくはなさそうですけど、他のスクールアイドルを出してくるのだろうかと思わずにはいられません。

 海未ちゃんは安定して可愛かったのが良かったです。ED(多分OPとなるのでしょうけど)のエリチカとにこにーが非常に可愛かったのですが、私は海未ちゃんを応援します。

ジョジョの奇妙な冒険
 
 原作も知っていますし、私のアニメ記事の基本である今後の展開予想とかが知っている以上できないのであまり書くことはないのですけど、スタンドの動きが非常に良かったです。ジョジョのアニメは演出が凄いですね。
 三部は結構巻数ありますし、2クールでいくのでしょうけど尺的にどうなってしまうのだろうかと思わずにはいられませんけど、一部二部も問題無くできましたし、安心して視聴することができそうです。

ハイキュー!!

 同じく原作を知っているアニメですけど、バレーの動き、そして日向の異常性等々、演出が素晴しくて次回以降にも非常に期待できそうです。影山と日向の技の動きに期待していますけど、一話を見た感じだと原作であった何がなんだか解らない状態から決まったという感覚を拝むことができそうな気がしてきます。

 しかしこの時間帯のアニメは大体2クールですし、一体どこまでやるのだろうかと思わずにはいられません。一年ぐらいやって欲しいのですけど、どうなるのでしょうかね。

遊戯王ARCーV
 
 ゼアルは視聴していなくてベクターとかドロー創造のシャイニングドローとか色々楽しめそうなのを逃し後悔していましたけど、それは前のPCが毎週毎週録画設定しないと録画できないからであり、二年ぐらい前に購入した新PCは設定してしまえば毎週録画をしてくれるという高性能(いや、普通なのかもしれませんけど)なので、毎週視聴しようと思っています。

 本編は新デュエルとなるアクションデュエルと新召喚であるペンデュラム召喚の説明みたいなものでしたけど、これはペンデュラム召喚が見た感じ手札を召喚に使い切る召喚スタイルなので、手札調整の為にアクションデュエルで魔法カードを探して手に入れる感じとなるのでしょうかね。今の時点では動き回れる方が有利だと思うしかなく、毎ターン特殊な魔法カードが使えるようになるというのはスピードデュエルよりもデュエル要素が薄れてしまったのではないかと思ってしまうのですけど、今後に期待することにします。

 しかしペンデュラム召喚は説明次第な気もしますけど、アニメの通り大量召喚できるのなら1キルがやりやすそうな気もしてきますけど、一体遊戯王ゲームがどうなっているのかが解りませんし、それは今後の展開次第でしょうか。遊矢の親父は異世界にでも飛んでいそうですけど、それもどうするのでしょうかね。

 それにしても質量のある映像、アクションデュエルというのは物騒すぎる設定だなあ。これ、どう考えても悪用されて大惨事になる未来しか見えないのですけど、赤馬社長はどうなってしまうのだろうかと思わずにはいられない。元キング並に転落するのだろうかと思ってしまいますが、ジャックみたいに成り上がりとかではなく、元から社長なので無さそうでしょうか。

 原作知っている作品で結構長くなったので、後半に分けます。

2014年冬アニメ感想 後半

 今期は前期の二期が結構多かったからか、あんまり今期のアニメは視聴できていなかったような気もしてきます。金土日の週末に集結する時がありますけど、今期は毎日1,2本楽しめる作品があったのが良かったです。

ノラガミ

 キャラクター、ギャグ、ストーリーが安定して面白かった作品。バトルは夜トが強すぎるような気もしましたけど、改心する前の雪音が色々足を引っ張って緊張感は出ていましたか。OPでボスにでもなるのかと思っていた毘沙門は尺が足りないからかあんまり出番はありませんでしたね。

 とりあえずヒロインのひよりが非常に可愛かったのがとても良かったです。黒髪ロングは正義ですけど、性格もここまで良いとなると毎週ひよりが居るだけで楽しめましたよ。行動もヒロインしていてとても良かったです。

弱虫ペダル

 IH編が始まりましたけど、ちょっと変態多いですね。どいつもこいつも変態なのですけど、アブさんとか御堂筋とかイカれている敵キャラというのは非常に良いです。まだ御堂筋は動作がキモいだけですけど、何かしら人知を超越した動きを見せてくるだろうと思うしかありませんよ。

 三日間やるみたいですけど、このアニメは三クールなので一日だけやって終わりなのでしょうかね。アブと田所と鳴子で二話ぐらい使っていますし、結構時間かけてやりそうなのですけど、どこまでやってアニメは終わらせてくるのだろうかと思ってしまいます。

未確認で進行形

 安定して面白く特に書くことが無いのですけど、キャラクター物として非常に楽しめました。小紅がとても可愛かった。
 内容は無難で特に書くことが本当に有りませんでした。安定して面白いのが12話続くってのは素晴しいものがあります。こういう作品が毎期一作品は欲しい所。

キルラキル
 
 ぶっ飛んでいる展開を見せながら、遂には宇宙まで行って服との決着をつけると、最終決戦の総力戦は圧巻でした。

 この作品はストーリーの密度が凄かったですね。最初は生命戦維を着る本能寺学園との決戦でしたけど、そこからREVOCS社の原初生命戦維の決戦になると、大変素晴しかったのですけど、どの登場人物も耐久力が凄すぎて戦闘の緊張感はあんまり無かったような気もしてきます。最終回の蒲郡とか全く死んだように見えなかったからなあ。

 毎週毎週非常に楽しめました。ギャグ面ではヌーディストビーチが一番面白かった気もしますけど、アレをコスプレできる人とかこの世に存在するのでしょうかね。やったらやったでアウトな気がします。

凪のあすから

 一クール目は何となく恋愛面が酷くて楽しんでいましたけど、二クール目から爆発的に面白くなりました。二クール目から一部のキャラ以外年月が経って、ヒロインにするには幼すぎる美海やさゆがヒロインとなっていたのが良いですね、まあ、美海は結局光と結ばれることはありませんでしたが。

 最終話は未来に飛んで終わるのかと次回予告のせいで思ってしまいまいましたけど、そんなことはなく、綺麗に終わることができて良かったです。このアニメは2クール目が始まってからの4話ぐらいの間が1番面白かったなあ。やはり一部の人間以外が年月飛んでいるというのは何が起こるのか解らなくて楽しめました。

 普通に当然と言えますけど、2クールアニメって半年なんですよね。半年間も同じアニメを楽しめるということには喜びを感じるしかありませんけど、終わってしまうのには寂しさを覚えずにはいられません。今期のアニメも楽しみです。 

ジャンプSQ5月号 ToLOVEるダークネス 第42話 感想

 ダークネスさんってヤミちゃんに戻った際の記憶どうなるんだろうなあと、ここまでの行動をしている中で思ってしまいます。ちょっとやりたい放題やっていて大変素晴しいことですけど、戻った際に一隊どんな反応が来るのだろうかと期待すらしてしまう。

第42話「Escapr ~信じる事~」

続きを読む

サンデー19号 感想

 今週は神のみだけ、しかも短くなってしまいました。

神のみぞ知るセカイ
 こ、これは来週終ってしまうんじゃないかなあ……。

 女神は普通に勝利して、エルシィの正体が発覚し、桂馬が満足だと言って首輪が外れると、もうやることは大体終ってしまったのではないかと思うしかなく、次回もし続くのなら一隊どうやって続くのだろうと思わずにはいられません。

 もし終った場合、丁度良い区切りな気もしますしサンデーの購入を継続するのかどうかすら解りませんけど、今まで毎週書いていたサンデー感想は時々になるか、もう書かないかもしれません。
 元々はこの雑誌に連載されていたロストブレインとかいうサンデスノートとか呼ばれていた漫画の感想が書きたくなって始めたブログですが、今思えばよくここまで毎週感想を書くことができていたなあと思うしかありません。結局2、3週ぐらいで金剛番長の感想を主にしていたんじゃないかなあ。流石にその頃は思い出すことがあまりできませんが。

 こんなことを書いていますけど、神のみが普通に連載続くようであれば、普通にサンデー感想を書いていると思われます。 

ジャンプ19号 感想

 255円というのを見ていると、250円以上は超えたくなかったのだろうかと思ってしまいます。増税で3%しか上がらない筈なのに100円値上げしたりしている中、5円だけ上がるというのは好感持てますね。

ONE PIECE
 ドフラミンゴが完全に動揺していましたけど、それはシュガーの警備甘すぎるんじゃないかと思わずにはいられないなあ。これドフラミンゴが身近に置いておかないと正気を保てないレベルで、物凄く厳重に置いておかないといけないレベルの存在だと思うのですけど、トレーボルをそこまで信頼していたということなのでしょうかね。でもトレーボルもシュガーの警備から外れたからなあ。

続きを読む

ジャンプSQ5月号 新テニスの王子様 Golden age123・124 感想

 巻末の許斐先生のコメントを見る限り、合宿後は世界編に行きそうな気がしますけど、ここまで死闘をやってきておいて外国人の性能は一体どうするのだろうかと思わずにはいられません。一軍上位も半分ぐらい相手選手を滅ぼすプレイスタイルですし、死者に備えて補欠が結構居るのでは無いかと思ってしまいます。

Golden age123
強き者達

続きを読む

ハピネスチャージプリキュア! 第9話 空手でオッス!!プリキュアパワーアップ!? 感想

 9話にして遂にプリキュアが全員出てきましたね。強すぎるドキドキプリキュアの後なので、一体どうなるのだろうかと不安でしたけど、プリンセス以外は誰も凶悪そうな強さを持っていそうなのが良かったです。プリンセスはこれから成長していくのでしょう。

 今回は修行として空手道場に行くことになっていましたけど、その前にブルーがフォーチュンについては何も知らないとか言っていたのですけど、この人本当に神なのでしょうかね。いや、映画ではその神らしき性能を見せてはいましたけど、なんで神なのにプリキュアのことを知らないのだろうかと思ってしまいます。別に神が存在して、ブルーはあんまり扱いが良い神ではないとかなのでしょうかね。

 誠司に言われて空手道場に通うことになり、防御を教えられてつまらないとか言っていましたけど、その際にヒメが「敵をボッコボコにする為だよ」とか言い出して笑い、それに同意していためぐみで更に笑いました。欠片もプリティだとは感じさせませんけど、これぐらいストレートなのが良いですね。

 敵幹部は今回もオレスキーでしたけど、成長する前に叩くというのは行動としては非常に正しいですね。それができず敵に合わせて強化することになってしまうのが問題ですけど、ここまで言っていると今は全力でやっているのでしょうし、幹部達も後半になると強化されるイベントでも入るのでしょうか。

 戦闘はキュアラブリーがまたラブリービームというプリティとは到底いえない技を放っていただけで笑いましたけど、出力が高いと眼にダメージ入ることが判明しましたし、強くなるにつれて使われなくなってしまうのでしょうか。遠距離レーザーは強いとは思いますけど、強すぎる故に欠点が生じましたか。

ラブリービーム

 弾丸マシンガンとかいう9話にしてどうしようもないクソ技と化してしまった技をプリンセスが放つも普通に防がれてピンチに陥ると、弾丸マシンガンは連続エネルギー弾というのがまず大問題ですね。連続エネルギー弾がボスに効くとは全く思えないからなあ。
 そして遂にキュアハニーが登場しましたけど、この子は色んな意味で常軌を逸していました。急に歌うという行為にもありますし、その歌詞も頭がおかしいのですが、ギャグと見せかけてとんでもない凶悪な能力でした。

キュアハニー

 まず歌の効力で動きを止めて味方を回復、そして強化することでラブリーとプリンセスが苦戦していたサイアークを倒すことに成功しましたけど、その後の洗脳されたかのようなヒメとめぐみと誠司による歌唱シーンに狂気を感じるしかありませんよ。洗脳されている・・・!?

 キュアハニーの正体は恐らく大森ゆうこなのでしょうけど、戦いが終わったら空腹になるということは、そのまま弁当屋おおもりご飯に誘導することを考えているのでは無いかとも思ってしまう。あのアメも洗脳の為の道具であり、全ては弁当屋を繁盛させるものだと考えればあの能力も解ってしまうのですけど、ゆうゆうがそんなことをする訳がありませんか。

 感想書いても思うのですが、やはりキュアハニーは凶悪ですね。歌って敵味方の行動を止めながら回復と強化してくるのは強すぎる。これで普通に格闘できますし、キュアハニーが苦戦する様子が一切想像できないのですけど、次回はホッシーワがアイドルみたいなことをやりそうですし、どうしていくのかが楽しみです。

2014年冬アニメ感想 前半

 ちょっと今期は短くツイッターで感想を書いてはいましたけど、このブログ内だとアニメ感想が中二病とプリキュアぐらいしか書けていないので、纏めて書いていきます。
 鬼灯は時々見ていましたけど、5話ぐらいは見ることができていなかったなあ。安定して面白かったです。


桜Trick

 今まで女性ばかりで百合だとかキマシだとか言われていた百合アニメの一線を越えてきたアニメ。毎週必ずキスシーンが入るなどぶっ飛んでいる内容が凄まじかったです。あまりにも異常な場面でキスしたりと毎週笑っていましたよ。

 内容は入学から卒業までの一年間を一クールで行うと、区切りをつけて終わらせてくる辺りがとても良かったです。春香の優に対する攻撃的な姿勢は毎週楽しめました。
    
中二病でも恋がしたい
 
 毎週大体感想を書いていましたけど、安定してキャラクターアニメできていて面白かったのですが、話は新キャラの七宮出しただけで終わってしまいましたね。最後の前回で別れの言葉を言っていたので別れて終わるのかと思いましたけど、あれはただの気持ちの問題で最終話では何も無く普通に終わっていましたか。

 なんだか三期に続きそうな感じでしたけど、このアニメはやること本当に無さそうですからね。中二病問題をどう決着着けるのかも、もう中二病でいきそうな感じですし、それは将来どうするのだろうかと思ってしまいますけど、恐らく将来のことは書くつもりはないのでしょう。今回のラストも「どうなるのか解らない」とか言っちゃっていましたからね。

 しかしこの作品、売上が一期の半分になっているみたいなので、三期をやるのは結構リスキーだと思いますし、どうなってしまうのだろうかと思ってしまいます。私は六花が可愛くて楽しめました。七宮も後半は良かったです。  

黒子のバスケ

 ジャンプで原作読んでいますし特に感想書くこともないのですが、紫原戦で終わってしまうと三期やってもこの大会編が終わりそうに無さそうですね。完全に三期に行くような終わり方ですし、三期はあるのだとは思いますけど、これからライバル校の戦いとか過去回想とか色々あるからなあ。

 火神と青峰のゾーンバトルによる高速移動や紫原のトールハンマー等、色々動きがあって楽しめる場面が多かったです。結局赤司はハサミによる攻撃だけでしたけど、三期に期待ですかね。

とある飛空士への恋歌

 原作は読んでいて内容は知っていたのですが、これはアニメに向いていないのか、単にストーリー物の原作5巻分を13話でやるのが無理だったのかは私には解りませんけど、あんまり盛り上がりませんでしたね。原作小説読んでいる時にあった感情の高ぶりが完全に消えていて驚くしかありませんでした。

 普通に原作通りやっていますし、単に内容を知っていたからなのかもしれませんけど、色々カットされていた場面も多かったです。前作キャラとかがちょい役になっていたりしていましたけど、まあこれは仕方がありませんか。アリーメンをラストの場面で使わないのならアリーメン回は必要だったのかとか、色々思ったりもしてしまいます。

 こんなことを書いていますけど、毎週非常に楽しめました。やはりラノベ原作で知っている場面が絵と台詞つきで見られるというのは良いですね。原作読んでいたらどんな感想を抱いていたのか全く解らない。

ログ・ホライズン

 非常に面白かったです。ラノベ原作を夕方5時30分というのは最近では珍しいですね。

 戦闘面も普通に楽しめましたけど、戦闘外で色々やっていたのが一番面白かったなあ。円卓が出来てからはなんだか負ける気のしない面子になりましたけど、第二シーズンではどうするのかが楽しみです。
 とりあえずアカツキが可愛かったので良かったのですが、色々精神ダメージを受けていますし、これからどうするのでしょうか。まあ、第二シーズンが放送される前には原作を読んでいそうです。

 気になる点としてはギルドのログホライズンでしょうか、レベルMAX組とミノリ達のレベル差が有りすぎることでしょうか。これ今後出番的にはどうなるのだろうかと思うしか無いです。この戦いには着いてこられないとかになるんでしょうか。

ガンダムビルドファイターズ

 始まる前は全く期待していなかったのですが、始まってみると非常に楽しめるアニメとなっていました。各キャラに一人彼女キャラみたいなのが居るようになっていたのには驚きましたけど、まあ夕方アニメらしいといえばらしいですか。マオ少年は一年後どうなったのかが解りませんが。

 ラストで驚いたのは新OPでボスやっていたマシタ会長が普通にボスだったということでしょうか。あんなキャラ設定だから裏に何か潜んでいるのかと思わずにはいられませんでしたけど、普通にマシタ会長が全ての元凶で笑ってしまいましたよ。ベイカーちゃんがガノタじゃなくてロボット系全部好きだったらロボットバトルにでもなっていたのでしょうか。

 一週で日常とバトルの両方を普通に終わらせてくるストーリー展開がとても良かったです。セイとセイジ以外の戦いもちゃんと一話かけてやったのにも好感が持てました。
 世界大会をやってしまいましたし、続編があるとすれば別世界編ぐらいしかなさそうですけど、セイの成長を見せて綺麗に終わりましたし、この感じだと二期は無さそうでしょうか。こういう大会系だと世界大会終わらせるとやることが無くなってしまいますね。

 ノラガミ、弱虫ペダル、未確認で進行形、キルラキル、凪のあすから感想は凪のあすからの最終話が今日ですし後日書きます。

サンデー18号 感想

 増税だからか当然のように280円だなあ。いや、前から280円だったような気もしますけど、遂にジャンプも次号から250円を超えて255円になるみたいですし、サンデーは来週からどうなるのでしょうか。

史上最強の弟子ケンイチ
 この場面で鍛冶摩にケンイチが勝てる気がしないって、普通にどうしようもなさそうな気がしてきますけど、ここでの戦いは決着が着かず、後日やる感じになるのでしょうかね。そうでもしないと現時点での力の差はどうしようもない気がするのですけど、どうするのかが楽しみです。

神のみぞ知るセカイ
 ジャンルがバトルじゃないからか、この最終戦となりそうな戦いも女神が復活したらすぐに終わりそうな感じですね。

 ここからは桂馬がどう復活するのかになりそうですけど、女神の力で何とかなるんじゃ無いかとも思ってしまいます。流石に過去から戻って来られないとかになると女神でも無理なのでしょうかね。

 出雲が終わったのが辛いです。速いこと満田先生か福地先生の連載が始まって欲しいのですけど、もしもそれより先に神のみ終わったらサンデー購入が終わっていそうだ。まあ、感想は書かないも半分以上は読んでいるので、どうするのかは解りませんが。
プロフィール

ジョージ

Author:ジョージ
アニメ・ジャンプ等の感想を書いています。最近はあんまり暇じゃないのでブログ名変えようかと思っています。

トータルアクセス
アクセス
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ツイッター
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる