サンデー13号 感想

神のみぞ知るセカイ
 世界が消滅してどうするのかと思いましたけど、女神の力で機械を直せると、最近はマルスとかが出ていたので身体能力が高い程度だと思ってしまいましたけど、普通に考えれば女神なのですからそれぐらいはできますか。

 これで修復して何とかなりそうな気がしてきましたけど、色々問題でもあるのでしょうかね。

國崎出雲の事情
 昔の出雲を考えれば、暫く居ない間にこうなっていたら親父が何かしらしたのだと思うしかありませんか。この妄想の場面は出雲母の体験でも混ざっていそうな気がしてきます。

 最後に紗英と同行しましたけど、両思いになった今、これは大丈夫かよと思わずにはいられません。何が大丈夫なのかについては・・・まあ・・・。次回どうするんでしょうかね。

史上最強の弟子ケンイチ
 梁山泊側は集団戦の方が有利で、だからこそ闇連合軍が個別の対決にしようとしているのは良いですね。最初は集団戦の方が見てみたいと思いましたけど、こうして理由を出してくると一対一の戦いとなっていくのでしょうか。

「否!しかと討ち取ったね!!」
 まるで何処ぞのジャンプSQの漫画みたいな技法を見せてきて笑いました。

 次回は重大発表と、アニメ化なのでしょうかね。OVAの続編ぐらいでしょうか。
スポンサーサイト

ジャンプ13号 感想

DB改、ブウ編やるのですね。DB改の速度はかなり速かった気がしますけど、ブウ編は1年ぐらいかかるのでしょうか。界王神が出るまでに悟飯が色々学園生活とかグレートサイヤマンとかやっていましたけど、そこをちゃんとやるのかが気になるなあ。

ONE PIECE
 シュガーを普通に放置するトレーボルには驚くしかありませんでした、ドフラミンゴの最も重要な部分だと思っていたのですけど、ここまで警備していないとなれば玩具が解けても何かしらドフラミンゴには策があるとかなんでしょうかね。

続きを読む

ハピネスチャージプリキュア! 第3話 秘密がばれちゃった!?プリキュアの正体は絶対秘密!! 感想

 一週間ぐらい空いてしまったので短くなります。最初どうなるのかと思っていましたけど、ヒメのキャラクターは良いですね。ちょっと色々ヤバいのではないかと思いますけど、コミュ障最弱依存系中学生っていうのは凄いなあ。めぐみに対して友情を強調している場面も大丈夫か不安になってきますけど、良いものは良いですな。

 めぐみの幼馴染でである野郎キャラの誠司が現れたらめぐみの背に隠れてパニクるヒメが可愛かったです。これは成長しなくても良さそうな気がしますけど、成長しないと本来の層には受けないだろうからなあ、複雑ですよ。
 今回現れた敵幹部ホッシーワは前回出ていた幹部であるナマケルダのインパクトがデカ過ぎて今の所は普通な感じですね。ナマケルダは喋り方の時点で笑えてくるからなあ。アレは卑怯ですよ。

 誠司少年は雑魚兵ぐらいならビームを撃たれない限りは戦闘になると、これから参戦するのなら何かしらの強化アイテムが欲しい所ですね。とりあえず近接攻撃が主体であろう誠司にビームは辛いよなあ。
 バトルシーンが良かったです。こんな感じで必殺技を多用していく感じなのでしょうかね。映像的にはそちらの方が見応えありそうですが、まだ3話なのでどうなるのかが解りませんか。

 神様が正体を知った誠司とめぐみに対して付き合っているのかを聞くも、普通に違うと二人共言いましたし、その後恋愛禁止と言っているので、ここから恋愛的なことにはならないのでしょう。めぐみよりもヒメのが怪しい気もしてきますけど、ヒメが恋愛できるとは現時点では思えないよなあ。
 しかし誠司少年、仲間化しても全く使える気がしないぜ、普通に考えて前作のジョー岡田以下の戦闘力でしょうし、雑魚相手に時間稼ぎぐらいしかできないだろうからなあ。戦うなら戦うで何かしらの補強が欲しい所ですね。

 次回予告の「知らない人が怖いのですー」とか言っていたヒメが可愛かったです。本当に酷いことになりそうな気しかしてこないのですが、どうなるのかが楽しみです。

中二病でも恋がしたい!戀 Episode Ⅶ すれ違いの・・・心模様 感想

 7話と後半戦ですが、今週で大体やることやってしまったのではないかと思ってしまいます。やることといっても新キャラの七宮のことぐらいしか無かった訳ですけど、今週解決したようなものですね。ここから酷いことにはならないでしょうし、後残っているとしたら先週ぐらいから出ているモリサマーサイトのことぐらいでしょうか、七宮の発言についてはどうするのでしょうかね。

 凸守は髪を結んでいない方が圧倒的に可愛いのですが、これはいつもは結んでいるからくるものなのでしょうかね。2期になると結構な頻度で凸守第二形態を見かけるので、人気があったのでしょうか。

凸守

 勇太と六花が二人で歩いていたら七宮と遭遇し、七宮の鞄を探すことになって、鞄を発見したら猿が出てくると、あまりにも唐突で笑いましたけど、実際あの周辺は野生の猿が草むらから出てくるのかが知らないのでなんとも言えません。
 そして猿に追われたから勇太と七宮が逃亡して六花が一人になり、勇太と分かれた七宮が六花のメールを聞いて七宮と六花が二人で会い、七宮の過去話が始まりましたけど、DFM全盛期は本当に痛々しいですね。これを見て好きになりそうになるって七宮もちょっとどうかと思うのですが、DFMはまあ見た感じはカッコ良いですものね。惚れても仕方が無いレベルの中二力があります。
 恋人の契約を結んでいるのかを聞かれて動揺している六花ちゃんが可愛かったです。 

六花

 七宮は恋愛感情を持ってしまったので力が無くなっていき、魔法魔王少女であることがどうでもよくなっていくと考えてしまったので、ずっと魔法魔王少女でいようと思ったと、七宮はソフィアであることを貫こうとしていましたけど、本当に貫けるのかよと思ってしまうなあ。20代はともかく、30代以降になると辛いですね。まあ、それは野暮というものですか。

 七宮が「君はずっと邪王神眼でいるつもり?」と六花に聞いていましたけど、一期で放り投げたようなものに近い問題をここで出してきましたか。将来的にどうしようもないだろうと思ってしまいますけど、七宮みたいに生涯貫くという選択を取ることができるのでしょうか。恋愛感情で変わるのかどうかですね。七宮は魔法魔王少女がどうでもよくなりそうになっていましたけど、六花はそんなことは今の所一切無さそうだからなあ。

 六花の場合は家庭的な意味で貫くのは相当辛そうですけど、この二期までの何かしらの答えでも出してくるのでしょうかね。普通に「私達の中二病はまだ続く!」的な感じで終わりそうな気がしないでもないです。

 勇太が六花に誕生日プレゼントを渡して終わると、七宮が説明しましたし、もうこれで修羅場的展開は無いのでしょう。しかし後残っているとしたらモリサマーのサイトぐらいしか無いわけで、後は何をするのでしょうかね。また六花の両親絡みで何かするのでしょうか。やるとしたらそれぐらいしかなさそうなのですが、どうするのかが楽しみです。

サンデー12号 感想

 飛空士恋歌コミカライズがサンデーSで連載って遅すぎるよなあ、半年ぐらい前にやっておくべきだろと思うしか無いです。

神のみぞ知るセカイ
 今週はかのん100%と、本編あんなことしておいて、よくここで外伝できるなあと思わずにはいられませんけど、まあやるタイミングとしてはここぐらいしかないのでしょうかね。

 本編自体は特に書くことがありませんでした。鯖状態だと常に上向いて行動しているのだろうかとか、そんなことを思ったぐらいです。

史上最強の弟子ケンイチ
 最初の見開きの師匠連中が迫ろうとしている場面で「あーこれは武器があったとしてもどうしようもないなあ」とか思っていましたけど、こんな奴等の相手をしなければならないというのは相当辛いですね。

 次回からは達人対達人の集団戦になるのでしょうか。ここまでの破壊力だと1対1にバラけるよりも集団戦が見てみたいものですが、どうなるのでしょうかね。

國崎出雲の事情
 これは仕方ないですね。そりゃ母親としては外国まで連れて行きたくもなる。例え出雲が女形を受け入れていたとしても、そりゃ洗脳だと思うしか無いよなあ。あの父親ですからね。これは本当にどうしようもない。

 これだけでも母親としては動揺するか無いのでしょうけど、ここから一体どうするのでしょうかね。出雲の意志を尊重するにしても、洗脳だと思ったとしても仕方が無いですし、納得させることができるのだろうかと思わずにはいられません。 

ジャンプ12号 感想

 ジャンプ作品ゲーム、結構色々バトルキャラが出てきますね。アルティメットスターズを超える事は難しいだろうと思わずにはいられませんけど、評判がどうなるのかが楽しみです。

黒子のバスケ
 黒子は黛に上書きしたと、黛は普通に動揺していますし、これから何かしらの対策を打ってくるということは無いのでしょうかね。もう普通にベンチに移動させた方が良さそうな気もしてきますけど、それでも一度存在感が消えたので黒子は暫く消えていることができるのでしょうか。

続きを読む

ドラゴンクエストモンスターズ2をプレイ その1(氷の世界クリアまで)

 先週発売されましたドラクエモンスターズ2をプレイしているのですが、私、ドラクエモンスターズをプレイするのがジョーカ以来の7年ぶりなので、一体どうなっているのかと思いましたけど、無茶苦茶楽ですね。倍速戦闘でスムーズに進めますし、リメイクだから飽きそうだと思っていましたけど、10年以上前なので全く飽きる気がしてきません。楽しめています。

 現在プレイ時間は18時間で氷の世界をクリアする所まで行きました。中盤ぐらいですかね、とりあえずバイキルト、スクルト、ルカナンが欲しかったので、アッパーとダウナーを入手しました。昔はあんまり使わなかった気がしますけど、ステータス強化が当然強いですね。
 その後は入らないスキルにポイントを20付け、それを三つ以上遺伝させないことで悪魔の書という+値が同じモンスターを入手できることを知ったので、中盤からは悪魔の書シリーズをを作りまくっていました。これは軽くバランスブレイクな気がしますけど、無かったら無かったで面倒ですからね、あるやつは使っていきます。

 特性はやはりAI1~3回行動が強いです。何が強いって、スカウトもランダム連続攻撃な所するんですね、れんぞくもメタル狩りには使えますし、特性のお陰で随分と楽になっていると思うしかありません。

 スタンバイは回復のコツを所持したモンスター、氷の世界まではリーファでしたけど、今はエンゼルスライムを使っているのですが、これが一匹でも居ると非常に楽です。ホイミをMP2で使えるのは強い。

 序盤で手に入るみずけいで入手できるてっぽう水も高威力の全体技で役に立ち、氷の世界からはゆうきのスキルを所持したモンスターが出てくるので、そいつを配合にしてゆうきのスキルを上げていきます。グランドクロスは高MP技ですけど、雑魚戦では敵を瀕死か即死レベルの破壊力で全体攻撃ですし、まず負けません。

 イルルカは今の所あまりにも楽でストーリー面では特に書くことがありません。氷の世界は戦争を阻止したりしていましたけど、これって魔物側も結構頑張っていましたね。戦争寸前まで行けているって、王子がマルタのへそを粉砕していなければ終わっていたんだろうなあ。

使用しているモンスター

プロトキラー
 SサイズAI1~3回行動に連続というのは驚異的であり、攻撃力も高いのでエースとして活躍しています。特技はゆうきを伸ばしていますけど、普通に殴っているだけで倒せるのであんまり使用していません。

ゴールデンゴーレム
 悪魔の書を利用した4体配合で育成、ようがんまじんが海賊世界で出てくるというのが良いですね。攻防共に優秀です。

にじくじゃく
 これも悪魔の書を利用した配合ですけど、コイツだけはホークブリザードもひくいどりも配合で育成してたので+値が98もありまして(他は30~20ぐらい)こんな中盤でここまでやってしまって大丈夫かよと思ってしまっています。

ダークキング
 Sサイズで連続行動できるのなら1~2回でも十分ですね。

モントナー
 平均的な強さはあるも、あんまり強くないのでスタンバイ送りにされました。今後ストーリーに関わってくるのでしょうかね。モントナーの姿作成で30分ぐらいかかってしまいましたけど、まあ良い感じのができたんじゃないかあと思っています。

エンゼルススライム
 スタンバイの天使、別にルーラが何処でも使用可能であり、宿代が入らないのでスタンバイで回復する必要も無いのですが、戻るのが面倒なときには重宝しています。

 普通に楽々と進めているので、詰まることは無さそうだと思うしか無いのですが、とりあえず終盤に期待しています。

中二病でも恋がしたい!戀 Episode Ⅵ 躊躇いの・・・ 筑紫島周遊 感想

 全12話ならもう半分が終わってしまったのですか、早いものですね。今週は勇太と六花がイチャついていただけの回な気がしますけど、それだけで十分満足できますね。

六花


 2年生は修学旅行に行くと、このアニメは次回予告が無いので修学旅行にいきなり行くというのは予想外でした。しかも丁度六花の誕生日が重なっているみたいと、これは何かしらのイベントが起こるだろうと思うしかありませんけど、今週の回だけで結構ありましたか。

 クラスメイトや森夏に勇太と六花が付き合ってどこまで言ったのかを聞かれたりして、深夜に六花が勇太達が眠る寝室に向かい、見回りが来たから一緒の布団に入ると、なんか修学旅行の王道展開を見せてきましたね。
 そして最後に六花が勇太の頬にキスをして終わると、もう七宮とかどうするんだろうなあと思うしか無いのですけど、このまま新しい友達として終わるのでしょうかね。まあ、色々六花を嫉妬させましたし、まだ何かしらやるのでしょうけど、どうしていくのかが楽しみです。

サンデー11号 感想

神のみぞ知るセカイ
 何かしらの対策でも無いと終わるよなあと思っていましたけど、普通に終わってしまいましたね。全話読んでいる筈なのになんで世界が崩壊したのかが全く解らないんですけど、天理が残っているので単に天理の精神世界で、これから桂馬を助け出す感じなのでしょうか。

 桂馬が戻って来られないからヴィンテージ側の思惑通り進んで世界が崩壊したとかなのでしょうかね。まあ、次回以降で説明があるのでしょう。今週のメインは慌てている二階堂先生でした。
 しかし天理は次回どうするんだろうなあ、何も無い空間って精神がぶっ潰れてもおかしくないのですけど、ディアナは居るのでしょうか。

國崎出雲の事情
 いや、まあ、紗英が普通に受け入れる可能性は高そうだと思いましたけど、少年誌で本当にやってきたら驚きと戸惑いが来ますね。だ、大丈夫か・・・これ・・・。
 しかし、この際に出てきそうな跡継ぎ問題に関して即座に解決しそうな発言ができる紗英は凄いですね。合併ENDは色々問題が生じそうですけど、両者幸せに終われそうですよ。

 告白やってしまいましたし、今後は一体どうするのでしょうかね。まあ、出雲母のこととか、やることはありそうですけど、どうするのだろうかと思ってしまいます。

 サンデーの懸賞のページ、よくこんな物を販売しているなあ、本当に売れているのか?と思わせる物がでてきますね。納豆を最も美味しい状態に混ぜられるグルメトイとか、なんでそこまで機械に任せるのだと思わずにはいられません。

ジャンプ11号 感想

 バレンタインポスター、真面目にやっている女性側に対しての野郎側がとても良いですね。田中先輩は虚無りすぎて逆に拒絶しているかのようだ。

ONE PIECE
 ピーカはイシイシの実で石の王宮を支配していると、何だか強そうにも見えますが、あんまり速度は無さそうなので普通にルフィが潰しまくって終わりな気がしますけど、どうするのでしょうかね。
 それはピーカがダメージを受けるのかどうかになりそうですが、普通にダメージ受けるのなら大したことが無さそうなので、王宮そのものを破壊しないと倒せないぐらいで良いのではないかと思ってしまいます。そうなるとどうやって倒すのかが解りませんが。

続きを読む

ハピネスチャージプリキュア! 第2話 ひめとめぐみの友情!ハピネスチャージプリキュア結成!! 感想

 新プリキュア、始まりましたね。10周年だから最初のOP前に歴代プリキュアが挨拶する流れがとても良いのですが、二話見る限りキャラを順に出していく感じでは無さそうですね。最初は主人公格を出していく感じなのでしょうか。

 ちょっと色々と昔に戻ったかのような感じを受けてしまうのですが、これはスマイルとかドキドキとかを見ていたからなのでしょうか。
 二話は前回の続きなのでサイアークとの戦いになると、敵幹部であろうナマケルダが発言する度に論者思い出して笑ってしまいます。多分論者よりもムックの方が知名度は高そうな気はしますけど、論者思い出すしか無いなあ。「有り得ないww」とか言ってきたら間違いなく爆笑しています。

 敵が強いからとキュアプリンセスは相手の行動を止める技を発動し、これ使えば戦いになるだろうと思わせておいてからの逃亡と、キュアラブリーの「助けないと」という発言に対して「いいから!」と行ってくるキュアプリンセスはちょっとヤバいですね。まあ彼女は一話から友達を奴隷のように思っている発言をしていたりとヤバかった。キュアラブリーのめぐみはテンションが凄く狂っていますし、このコンビは大丈夫なのだろうかと思ってしまう。これは前作が完璧超人だったからに他なりませんね。単に前作と比べてしまっているだけなのかもしれません。彼女達は全員ハイスペックだったからなあ。

 そしてマオちゃんを放置してめぐみはひめの家に向い、地球を守る神様のブルーが登場すると、侵略されているのに守る神とか良く否定しないものだと思いましたけど、まあ一応は働きがあるのでしょう。そしてひめは勝てなかったからプリキュアは無理と言って逃げると、祖国の危機でも勝てないから逃げるというのはまあ解るので嫌いにはなれません。逃げ足がかなり速かったのには笑いましたが、走力に全振りして常に逃げることを考えているかのようなプリキュアというのも珍しいですね、ここから成長していくのでしょう。

 そしてめぐみはひめを追うために探偵に変身すると、今作はコスプレでやっていく感じなのでしょうかね。特殊能力が使えると考えれば中々に強くて良いんじゃ無いでしょうか。実際の戦闘には使えないのでしょうけど、毎回新コスチュームが出てくるのでしょうか。
 
「私が居ないとダメ?」
 見つけたひめの台詞は可愛かったのですが、ひめの将来が不安になってくる台詞だなあ。依存されたい女性というのはアリですが、今まで一人も友達が居なかったとかから考えると結構ヤバめな感じがしてきます。
 めぐみの褒めて伸ばす感じも良いですね。ここから三人目が入るとして、この二人から一体どうしていくのでしょうか。

 乗り込み戦闘になりますが、変身シーンのマントで隠すのは健全的で新しい気もしますけど、それは変身シーンと呼べるものなのでしょうかね、顔面にフルーツぶっ刺さるよりはマシですか。それを見て虚無ってるナマケルダでオチつけてきて笑いました。まあ、いきなり乗り込んできて眼の前で変身されたらこんな表情するよなあ。
 
 二人の協力もあってサイアークを倒すことに成功し、敵を倒したらカードを入手でき、ファイルが一杯になるとなんでも願いが叶うと、それならもうサイアークを消滅で良いんじゃ無いかと思うのですが、やはり神の力を超える願いは無理とかになるのでしょうかね。なんだか終盤ぐらいに使われそうな設定が出てきましたけど、なんでもと言われると本当になんでもできそうですし、その設定がある限り絶望的な状態になってもカードがある程度あればファイルを埋めるのだろうかと思ってしまいそうです。

次回予告
 去年のドキドキプリキュアも最初の辺りで六花にバレていましたけど、ハピネスチャージは仲間化で解決とかじゃなくて、普通にバレそうですね。まあ、プリキュアという存在が判明している世界ですし、めぐみがプリキュアだと解っても、「凄いな」の一言で終わるとかなのかもしれませんが、どうしていくのかが楽しみです。

 ハピネスチャージプリキュア、キャラデザは前作が素晴しすぎて不安になってしまいますけど、普通に楽しめています。これからひめがどう成長していくのかが楽しみですけど、今週で今後戦う気にはなっていて、これからは今週のように逃亡するということは無いのでしょうかね、まあ、それは次回になれば解りますか。

ジャンプSQ3月号 ToLOVEるダークネス 第39話 感想

 今月のトラブルは凄まじいですね。終始笑っていましたけど、今回って主要キャラが闇落ちする重大な場面なんだよなあ。

第39話「Release of darkness ~解放~」

続きを読む

サンデー10号 感想

 武勇伝と再開したのは最近でしたけどアナグルモールの終了が辛いなあ。毎週感想かいていましたからね。

神のみぞ知るセカイ
 二階堂は肉体は人間だから身体的には不利と、そうなるとここまでダメージ受けたのなら死にそうなのですが、魔力でなんとかなるのでしょうかね。

 二階堂が自分の作り出した結界を解除して不意を打つことに成功すると、リューネは明らかに致命傷なんですけど、悪魔だからまだ大丈夫なのでしょうか。行動はできないのでしょうかね。
 そして最後に船を破壊しに入ると、これはゲートが別の所にあったとかでないと終わりものな気がするのですが、ここからどうするのかが楽しみです。

國崎出雲の事情
 母親の問題は戻ってきた時に考えると、まあそうなりますか。気まぐれだから普通に無かったことにしてきそうな感じもしますけど、NYの生活がどれ程なのか解らないので何とも言えません。

 とりあえず今回はラストの場面ですね。これ本当にどうするんだろうなあ、紗英が受け入れることができるのか否か、微妙な所なんですよね。受け入れそうな気もしますし、常識的に考えたら精神崩壊起こすレベルでショッキングだと思うしか無いのですが、この作品は國崎出雲、普通に受け入れてくる可能性の方が高そうです。まあ色々ありましたし、ここで紗英がどうするのかが全く解りません。まず出雲はちゃんと言い切ることができるのかどうかだよなあ、これは尋常では無い程に勇気が入りますよ。どうするのかが楽しみです。

ジャンプSQ3月号 新テニスの王子様 Golden age118・119 感想

 先月許斐先生LADY COOL配信していたので、今月のテニスはページ少ないのではないのかと思っていましたけど、普通にあって驚きました。レディクールはジャンプLIVEを見ていないのでまだ単行本1巻の内容しか知りませんけど、今でも見られるのなら見ておきたいものです。

Golden age118
阿修羅の神道へ

続きを読む

中二病でも恋がしたい!戀 Episode Ⅴ 幻想の・・・ 昼寝迷宮 感想

 今回が5話、もうそろそろ半分が終わってしまうと思うと早いものですね。 

 中二病による家族の問題とかは一期の際にやってしまったので、二期はもう七宮のことしかやることないからか、ただの一話完結話となっていましたけど、まあこの調子で良いですね。2月中はこんな感じなのではないかと思ってしまいます。

 今週は部活存続の話になると、本当に何もやっていないからどうなるものかと思っていましたけど、昼寝の大会があるからという理由でくみん先輩回をやってきたのは良かったです。まあ中二病大会とか痛々しいことはできないでしょうし、やるとしたらまだ昼寝の方が有りそうな気はしますか、実際あるのかは知りませんけど、あったらあったでヤバいですよ。

 そして昼寝の練習試合を行うことで部が存続できることになり、挨拶に来た相手高校のシェスタ部大将、眠睡とかいうあからさまな名前が出てきて笑いました。くみん先輩が三年生になった時も思いましたけど、彼女達は将来的にちょっと大丈夫なんでしょうかね。

眠 睡


 この人が今後出てくる気は全くしないなあ、もう昼寝部としてやること無いですからね。

 六花が勢いで負けたら解散するとか言い出したので試合に備えることにすると、昼寝の練習って物凄く学生生活楽しんでいる気がするなあ。しかし一色の扱いは酷いも、こう毎週出てくるだけ優遇はされていますね。

 作戦として試合前夜は寝ないと、まあ正しいですね。しかしここの勇太のハーレムっぷりはヤバイですね。まあ好きなのは六花だけですし、普通に昼寝部関係ないのにいつの間にか入ってきていた七宮に嫉妬している六花が可愛かったです。しかし一緒に歌うのはともかくとして、いつの間にか寝ていたら勇太と七宮が密着していたというのは激怒してもおかしくないですね。よく平常保てたものですよ。

六花

六花2

 去る七宮を見て六花が「クァー塩撒け塩!!」とか今まで魔術とかだったのに急に日本的になって笑いました。結局寝ているというお約束をかましながら、練習試合が開催されると、とりあえずルールが微塵も解らなくて笑いました。この勢いでやった感は凄いですよ。これ一期なら挑戦的過ぎてできないと思われますし、二期物ならではですね。

 とりあえず起きたら失格ということなのでしょうか、物凄い長期戦になると思うしか無いんですけど、シールド貼ったりしているのが寝言による精神攻撃なのでしょうかね。全員眼を閉じているいるから意識が同調したとかなのでしょうか、精神力なら結社の土俵なので勝ってもおかしくはありませんか。

 今回はくみん回と普通に楽しめました。こうなると次回は凸守回なのではないかと思ってしまうのですが、前回がもう凸守回みたいなものなのでしょうかね。樟葉とかも一話使って何かしらできそうな気がしますけど、次回がどうなるのか解らないので、どうするのかが楽しみです。

テーマ : 中二病でも恋がしたい!
ジャンル : アニメ・コミック

ジャンプ10号 感想

 イルとルカ、今週出るのですね。結構楽しみですけど、流石に10年以上前の作品なので思い出しながらプレイできるのかが解りません。みなごろしとすてみいう技が尋常じゃ無い強さだった気がします。今はみなごろしとか物騒な名前の技あるんでしょうかね。

ONE PIECE
 「一体何が起きてる!!!」とドフラミンゴは怒っていましたけど、これまだ序の口なんだよなあ。こんな最初からここまで怒っていて、後に起こる出来事に対してどうするのだろうかと思うしかありません。 

続きを読む

メガシンカについて書きます。

 いやーポケモンXY、楽しいですねー。やはり孵化一時間、育成一時間ぐらいでできるというのは大きいです。孵化の時間はやっていく度にVの卵グループポケモンが増えていきますし、短くなっていきます。

 レートは前シーズンはメガギャラドスのお陰で1750まで行っていましたけど、今はメガギャラドスだとクレセリアとか、第五世代以前からやってきたポケモンが辛くなってきてあんまり勝てていません。1600~1500をうろうろしています。
 クレセリアは攻撃力はあんまり無いのですが、信じられない耐久力と、そんな耐久力の癖に回復技持っているのがどうしようもないですね、ギルガルドなら剣舞ができるのですが、電磁波撃ってくる奴とかもいます。

 そろそろ本題に入りますけど、今作の要素の一つであるメガシンカについて書きます。メガシンカ、無茶苦茶強いですね。戦闘中に能力値が上昇し、特性も強特性に変わるポケモン、トリック無効とやりたい放題です。

 とりあえずメガシンカのポケモンで敵として出てきて記憶に残っているポケモンと使っていたポケモンのみ書いていきます。メガヘルガーとか一度も見たことが無いなあ、本当に存在しているのでしょうかね。

メガフシギバナ
 そこそこ耐久力のあるフシギバナがメガシンカを行い、特性あついしぼうによって弱点だった炎、氷を半減すると、種族値強化に加えて倍狙えるのがエスパー、飛行のみとなり、信じがたい耐久力を持つようになりました。
 こいつは回復技のこうごうせいが使えるので確3程度だと敗北は確定であり、眠り粉も打ってくるので、決まるとそこから殴り飛ばされます。ギガドレイン、ヘドロばくだんを攻撃技でよく見ますけど、めざ炎が飛んできたりもしました。やどりぎのタネとかも発射したりしますし、非常に嫌なポケモンです。

 最近はあまり見かけませんけど、これはレート上位に居るのか、耐久ならクレセリアで十分なのかは解りませんけど、本当に見かけません。エスパーか飛行技が無いと相当辛いです。

メガクチート
 よく見ますけど、遅いので先手取って炎か地面技で終わっています。ふいうちで先制が来るも、不一致なので半分持っていく程度の威力です。調べてみたら剣舞使えるんですね、舞われたらどうしようもない気がするなあ。

メガゲンガー
 ダブルでよく見ました。本当に辛い、かげふみで逃亡孵化で滅びの歌を歌ってまもってきます。歌う際に隙が生じるのでその間にぶっ潰しておきたいのですが、ソーナンスに交代されたりもしました。ゲッコウガでゲンガーの速度よりも先に動いて潰そうと考えているのですが、新シーズンに入ってから一度も当りません。ゲッコウガが出てきたら速度的にまもるから進化してゲッコウガよりも速く歌ってくるのでしょうかね。挑発入れたいのですが、ダブルゲッコウガはたたみがえしを覚えさせておきたいので技数が辛いです。

使っていたメガシンカポケモン
メガプテラ
 最初に使ったメガシンカポケモン、素早さ150からのいわなだれとか異常な強さだろうと思っていましたけど、火力低いですね。いや、攻撃種族値135ってガブリアスよりも上な筈なんですけど、一撃で潰さないとこの耐久では返り討ちにあってしまいます。特性に合った強い技が無いのも辛かった。

メガバシャーモ
 攻撃種族値が160と尋常では無い力を入手するも、どんなに加速で速くしてもファイアローが特攻してきたら終わるという欠点が辛すぎました。とびひざげりが物凄い破壊力なのですが、1割で死にます。

メガルカリオ
 メガシンカによって物凄い強化をされたポケモン、素早さ112から繰り出される適応力攻撃種族値145インファイトは大抵のポケモンをあの世に送ります。膝は一割で死ぬのがリスクが高すぎて使えません。まあ、耐えられたらインファイトのせいもあって返り討ちにされてしまうのですが。

 私はパレッドパンチ、インファイト、じしん、ラスターカノンで使用していました。パレパンはしんそくに変えた方が良いと思いますし、ラスターカノンは物理耐久が高いポケモンに対して有利になりましたが、あんまり活躍はしませんでした。インファイトで暴れ回っていましたけど、ゴーストで無効化されてしまうのでかみくだくを遺伝させておけば良かったと少し後悔しています。

メガリザードンY
 特攻種族値が本来のリザードンよりも+29、タイプ一致で1.5倍、とくせいのひでりで更に1.5倍の炎技が放てると、正気では無い強さでした。相手パーティが素早さ100を超えるポケモンが居なければいまひとつだろうが力押しで粉砕することが可能です。バンギラスは流石にひでらせてもソーラービームで落とせるか微妙ですが、きあいだまならいけるのでしょうかね?

 弱点は素早さ100以上のポケモン、スカーフによる奇襲でぶっ潰されることですね。素早さ100以上のポケモンは見せ合いで解りますし、スカーフも相手ポケモンとか此方の面子を考えて何故入れているのかを考えれば解りそうなものですけど、私はその領域に達していないので毎回「狩れるぜー」と思ったらスカーフで返り討ちにされています。

メガガルーラ
 発売前、姿を公開されてから二回攻撃は強い強い言われていて、案の定クソ強かったポケモン、交代読みグロウパンチでクレセリアもそれからのおんがえしで粉砕することが可能という有り得ない攻撃力を持っています。二回攻撃なのでタスキも粉砕、カウンターの威力が弱まる、二回目の攻撃もあって実質攻撃力1.5倍というのはヤバ過ぎますね。

 素早さが100族なので、それを上回る格闘ポケモンなら殴り勝てますが、メガガルーラは耐久あるので不一致格闘ぐらいなら余裕で耐えてきて殴ってくるのが驚異です。ふいうちとかで先制攻撃とかもできますし、相手にしたくないですね。
 敵として出てきた場合はギルガルドを出して、弱点保険からのせいなるつるぎで対処していました。ギルガルドも半分以上削られますけど、まあメガガルーラを粉砕できたのならよしと思うべきなのでしょう。

メガギャラドス
 前シーズンの主力、たきのぼり、こおりのキバ、じしん、りゅうのまいで使っていますけど、コイツは色々出来るのが非常に良いですね。メガシンカ前はいかくで物理を弱体化させて竜舞から入れますし、舞ってしまえば殴るなり、さらに舞うなりできます。相手次第では冷静に戻す事も大事であり、いかくのことを考えると安易にメガシンカができないポケモンです。

 ギャラドスのメガシンカは非常に強力であり、最大の弱点であった電気4倍が消失します。更に特防種族値が130となるので、タイプ一致だろうがよっぽどの破壊力で無い限り電気技を耐え、そこから地震で粉砕することが可能です。まあ、先制技を使えないポケモンなら舞ってから叩きつぶす事ができますが。

 こおりのキバはメガフシギバナの特性を無視して弱点突けるのが強かったです。最近はクレセリアが舞っても普通に四発か三発ぐらい必要な耐久力を見せてきたのでメガリザードンの方を多用しています。

 もうそろそろシーズン2も終わりますね。XYは育成が楽なのでダブル、ローテーション、トリプルもやっていますけど、ローテーションバトルはスカーフポケモンをどう使用するのかで楽しんでいますけど、トリプルバトルは見せ合い6対6なので総力戦となっているのが面白いのですが、時間がかなりかかるのであまりやる気が起きません。
プロフィール

ジョージ

Author:ジョージ
アニメ・ジャンプ等の感想を書いています。最近はあんまり暇じゃないのでブログ名変えようかと思っています。

トータルアクセス
アクセス
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ツイッター
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる