2013年のアニメを振り返ってみる

 今年も例年通り冬から秋まで分けて感想を書いていきます。一年を思い返す為に書いているので、今年は視聴したアニメの名前も打ち込むことにします。記憶に残っている順。

冬アニメ
ラブライブ
ジョジョの奇妙な冒険(2クール目)
リトルバスターズ!(2クール目)
ドキドキプリキュア
サイコパス
ヴァンガード
イクシオンサーガDT(2クール目)
琴浦さん
みなみけ
僕は友達が少ない

 とにかくラブライブがぶっちぎっていました。他も安定して面白かったのですが、ラブライブの安定感は物凄かった。最後はシリーズ構成の方が前期やった中二病の一件のせいで不安になりましたけど、一話でなんとか解決して締めると、非常に満足できました。

 ジョジョ、はがない、みなみけは原作を読んでいるので安定して楽しめましたけど、ジョジョは非常に面白かったなあ。あそこまで原作愛を感じる原作作品も珍しい気がしてきます。
 プリキュアは新シリーズが始まると、前作のスマイルが神がかっていたので不安でしたけど、最初の頃は笑いまくりだったなあ、エレベーターにカニが突っ込んだり、敵の名前がジコチューだったりと、当初は笑うしか無かったというのに、今は普通にジコチューと呼べる辺り、一年あったら慣れるものなのですね。

春アニメ
マジェスティックプリンス
デビルサバイバー2
はたらく魔王さま
進撃の巨人
ヴァルヴレイヴ
ガルガンティア
とある科学の超電磁砲
俺の妹がこんなに可愛いわけがない

 原作ゲームが非常に好きだったデビルサバイバー2のアニメ化と、固有ペルソナのあるペルソナと違い、デビルサバイバーはアニメ化辛いだろうと思っていましたけど、原作好きなので毎週毎週楽しく視聴していました。1クールだからオリジナル展開で物凄く端折りまくっていましたし、ゲームやっていない人からしたら辛すぎると思うしかありません。

 そして今年の春アニメはマジェスティックプリンスことMJP、ヴァルヴレイヴ、ガルガンティアという三作のオリジナルアニメが放送されましたけど、戦闘で魅せるMJP、キャラクターと異常展開によるギャグに優れたヴァルヴレイヴ、異世界人の生活に重点を置いたガルガンティアと、どれも違った見せ方をしてきたのが好感持てました。
 中でもMJPは個人的に物凄く好きでしたね、あの高速戦闘の動きは見ているだけで感動するレベルです。ケレス大戦の所とか何度視聴したかもう覚えていません。

 進撃の巨人は動きが大変素晴しく、大人気漫画だけのことはあるなあと思いました。春アニメは電撃文庫アニメが多かった気がしますけど、単に視聴していたのが電撃文庫アニメだっただけなのでしょうかね。俺妹は完結までアニメにすると、あのENDをアニメ化してもなあと思ってしまいましたけど、小説原作アニメが原作通りで終わるというのも珍しいですね。

夏アニメ
シンフォギアG
マジェスティックプリンス(2クール目)
Free!
ファンタジスタドール
進撃の巨人(2クール目)
物語シリーズ、セカンドシーズン
とある科学の超電磁砲(2クール目)
私がモテないのはどう考えてもお前等が悪い
神のみぞ知るセカイ女神編
ローゼンメイデン
ダンガンロンパ

 今年最強期、今年と言うよりも2010年代でもトップなんじゃないかなあ、毎週毎週非常に楽しめた。
 キャラクターが出揃い、戦闘シーンが更に凄まじいことになったMJP、そして前期の勢いを衰えることなく突っ走りきったシンフォギアGの二作品がずば抜けて面白く。他アニメも非常に満足できる内容であり、毎週というよりも2日に1度は週1であれば満足できるアニメがきていました。

 Free!は全く期待していなかったのに普通に女性向けアニメにしか見えないも面白くて毎週楽しめ、イカれた展開を見せつけ続けたファンタジスタドール、巨人と電磁砲の2クール目、楽しみにしていた物語シリーズ、私モテは内容よりも声優である橘田いずみさんが面白く、ラジオもニコ生放送も非常に好きでした。内容も原作通りやってきましたけど、売上はあまり良くないみたいで、やはりあの内容を購入して何度も見ようとする精神力は普通に無いということなのでしょうかね。

 ダンガンロンパは普通にやっていたなあと思うしかありませんでした。特出して面白い部分は無いも、つまらなくもないので最後まで見ましたけど、キャラクターが良いだけで普通に楽しめるということを思い返せました。

秋アニメ
ガンダムビルドファイターズ
ログホライズン
夜桜四重奏
物語シリーズセカンドシーズン(2クール目)
凪のあすから
キルラキル
ヴァルヴレイヴ 
黒子のバスケ
弱虫ペダル
リトルバスターズ
東京レイヴンズ
サムライフラメンコ

 打ち込んでみたら結構視聴しているものですね、しかし満足度は前期の方が上だと思える辺り、前期のオリジナルアニメの密度は凄まじかったです。

 ガンダムビルドファイターズは夕方アニメでありますが、非常に面白いですね。普通に玩具バトルアニメとしても楽しめ、ガンプラが知っている機体なら動いているだけで満足してしまいます。GとW辺りが来ているとテンションが高くなりますよ。
 ログホライズンはへりょさんが視聴していて、EテレがNHKだと知って途中から視聴しましたけど、主人公シロエ達のレベルが最大値だから戦闘面以外での活躍が多く、普通に予想ができないので毎週毎週楽しめています。

 凪のあすから、キルラキルはオリジナルアニメとして楽しく視聴していますけど、どちらも2クールアニメですし、キルラキルはともかく、凪のあすからは一体ここからどうするのだろうかと思うしかありません。
 東京レイヴンズのOPは今年でもトップクラスにカッコ良いと思っています。基本的に普通の内容でしたけど、前々回ぐらいから急に面白くなってきました。2クール目ではOPが変わってしまうのが不安で仕方ないです。

 来年はアニメ化される前から原作を購入していた飛空士のアニメが非常に楽しみです。恐らく1クールなのでしょうけど、5巻分の内容をどうするのだろうかと思うしかありません。
 後は中二病二期や咲の全国編等々、色々楽しみです。

 最後にこの一年間、このブログを見て下さった方々、コメント、拍手をくださった方々、特にコメントをくださるへりょさん、ユーリさん、cycloiderさん、本当に有難う御座いました。また来年もよろしくお願いします。

 それでは、良いお年を
スポンサーサイト

今年のジャンプ感想

 去年と同じく、今年のテニスの王子様感想も最後に書いていきます。

 長期連載作品が二作品終わり、その一つは私が毎週感想を書いていためだかボックスと、終わってしまったことは寂しいことですが、ワールドトリガーとソウルキャッチャーズという毎週毎週非常に楽しめる作品が入ってきたりと、今年のジャンプも楽しむことができました。

新連載
 先程も書きましたけどワールドトリガーとSOULCATCHER(s)ですね。両方前作を楽しんでいるも打ち切られてしまった先生方なので、最初は打ち切りを危惧してしまいましたけど、まだ両作品共に安全そうでホッとしています。
 ワールドトリガーは最初は不良を蹴散らしているだけで大丈夫かと思ってしまいましたけど、主要キャラが出てきて面白くなってきましたね。最初に身内同士を戦わせて主要キャラの強さを見せ、そこから戦闘は王道的で良かったです。今年のラストでは遂に戦闘が始まりそうですし、遂にと言っても一年以内なので速い方なのでしょう、ここからが楽しみです。

 そしてライトウィングという素晴しすぎる前作から二年、遂に神海先生が吹奏楽漫画で連載を始めると、この吹奏楽漫画は非常に見せてくる吹奏楽漫画で、指揮棒からビームとか当然のように出てきますけど、それが普通に受け入れることができてしまう演出力。魅力的なキャラクター等々、大変素晴しい作品です。個人的には音羽回が解りやすく神峰の凄さを見せていて良かったです。演奏者をチェンジって、見えている神峰ならではですね。

 ライバルキャラ伊調との戦いも終え、パートリーダー攻略も後半に突入すると、これ来年で円満完結するんじゃないかと思える程の速度なんですけど、ここから果たして一体どうするのでしょうか。大会に入ると長くなるのでしょうかね。一演奏一話ぐらいで終わっているので、そんな気はしませんが。

連載漫画
 ワンピースは今年ドレスローザに突入していたのですね。来年にはドレスローザ編は終わっていそうな速度なのですけど、流石に戦闘が入るので、来年の今頃はルフィとドフラミンゴの戦いが始まっているぐらいなのでしょうか。まあ、藤虎も居ますし、ローの回想も入りそうです。
 ドレスローザ編はここでドフラミンゴが堕ちるのかどうかですね。とりあえずシュガーさえ倒してしまえば解決しそうですし、ここでドフラミンゴを倒すのだろうかとも思ってしまう。

 トリコは一年中決戦をやっていましたね。まあ今年の最後の方になって終了しましたし、決戦の中では速いこと決着がついたのではないかと思ってしまいます。いや、忍者漫画が長すぎるだけなのかもしれませんが。
 食戟のソーマ、暗殺教室、ハイキュー等、去年からの新連載も安定して面白かった。ハイキューは青葉戦が主でそこからはマネージャー加入と合宿回でしたけど、来年は春高編で白鳥ぐらいまで行っているのでしょうかね。ここまで烏野を強化してくると青葉と白鳥ぐらいしか勝てないのではないかと思ってしまいます。

 ブリーチは色々一護の説明があったり最終決戦が始まったりしましたけど、仮面の軍勢のかませっぷりが凄まじかったですね。平子、拳西、ローズと、隊長格だった連中が一週ぐらいで粉砕されてしまいましたよ。まあ、今年最後に零番隊の特訓を受けた恋次が圧倒しましたし、零番隊で鍛えた以上かませることはないのでしょうか。

 黒子のバスケは去年今年には洛山戦後半が始まっていそうだと思っていましたけど、実際は過去場面とかあったことによって前半部まででした。無冠の力や黛とか洛山の力は見せつけていますし、来年どうなるのかですね。試合は終わっていそうですけど、そこからどうするのでしょうか。この漫画のキャラで世界編は強すぎて無理があるのですが、二年目にでも行くのでしょうか。 

 めだかボックスは完結と、毎週楽しみにしていただけに残念でしたけど、球磨川と安心院のメッセージ的にこれは最初ぐらいから決めていそうですし、最後に全員のメッセージで締めるというのは綺麗な終わり方でした。個人的には過負荷編が面白かったなあ。エンカウンターとかどうしようもない能力が飛びましたけど、ルールで倒すとかは巧かったです。最後を球磨川で締めると、球磨川は登場してから終始人気でしたね。

新テニスの王子様
 今年は鬼回想という狂気から始まり、ラケット二刀流や能力無効化、ボール操作が入り、気を籠めたテニスボールで締めると、一軍上位戦後半だけのことはありました。次回からは死者が出たとしてもおかしくはなく、ここからどうしていくのかが非常に楽しみです。徳川は果たして原型を留めていることができるのでしょうかね。
 OVAも決定すると、普通に原作通りやってくれたら満足ですけど、河村・樺地ペアの戦いとか真面目にできるのだろうかと思ってしまいます。照明が落下して二人で支えた気がしますけど、アレをアニメで見たら驚愕するしかなさそうです。

 許斐先生、今年はムーンウォーカーの読切りやレディクール等、テニスの王子様以外でも書かれていましたね。レディークールは早い内に入手しておきたいものです。

 今年のジャンプも去年の新連載、今年の新連載が満足でき、他漫画も楽しく読むことができました。

今年のサンデー感想

 今年は銀の匙のアニメや神のみ三期等々、色々アニメ化が多かった印象があります。書くこと自体は少なそうですけど、アナグルモールの再開が一番大きいでしょうか、いや、次回終わるんですけどね。

 今年のサンデー感想もあまり書くことは無さそうです。新連載は競女が一番楽しめた気がしますけど、最近は普通になってしまって残念極まりありません。最初は一体これからどんなイカれたプレイを見せるんだ!?。と思わせておいて、無難な代物が出てきましたからね。

 神のみは過去編を一年かけてやっていましたね。二年ぐらいやっていたのではないかと思ってしまいましたけど、一年でしたか、幼女天理で非常に満足できましたけど、今は元に戻ってきましたし、ここから一体どうするのかになりますか。今まで名前しか出ていなかったエルシィの姉もこの件に関わっていそうな感じですし、締めに向っているのでしょうかね。

 史上最強の弟子は今年の初めはまだYOMIと戦っていたんですね。時雨が捕われたりしましたし、今年はまだYOMIとの戦いだったというのは予想でした。長老の戦いが非常にイカれていて良かったです。
 
 武勇伝って2年前にツェーマンが出ていたのですね。もう4年ぐらい経っているのではないかと思ってしまいましたけど、そこまでは経っていませんか、ここまで出番が無いのなら、もう出ないんだろうなあ。
 練習試合やったり、四天王が登場したりと、四天王は結構最近なのですね。最初四天王とか言い出して笑いまくっていましたけど、結構真面目に四天王やっていましたか。まあ、剣以外今後出番あるのだろうかとも思ってしまいますが、四天王なのに戦うのは実質二人っていうのも珍しい話ですね。

 出雲はトーナメント展開が面白かったです。結構普通に出雲負けると思っていたからなあ。

 そしてアナグルモールの再開と、最初にも書きましたけど、来週終わってしまうのが残念です。確かに急速で締めに向っていましたし、仕方がありませんか。一週一戦とかの速度は非常に良かったです。

 今年のサンデーも値段以外は普通に満足しました。 神のみがもし終わってしまったらどうしようかと本気で思っているのですけど、まあ、それについては終わってしまった時に考えることとします。

艦これをプレイ その8(コラボイベント海戦、大型建造)

 メリークリスマス!

今更感が凄い

 これは正月にも何かあるのでは無いかと期待してしまいますけど、新年にメンテナンスが入るとも思えませんし、微妙な所でしょうかね。木曾が「クリスマスケーキ甘ぇ!」とか言ってましたけど、長門は結局聞けず仕舞いだったなあ。仕方が無い。

 さて、そろそろ本題、今週新たにできるようになった新要素、大型建造とコラボ海域に入ります。

 大型建造と、バカ高い資材を生贄に捧げることでレアな艦娘を建造できるという、明らかにプレイして結構な月日が経つプレイヤーにのみ許された行為ができるようになりましたけど、これ最大量のオール7000で課金額なら14300円というべらぼうな価格であり、行う前に課金を行うことは避けるように注意書きがされている程の行為でありました。

 新しいことはやってみたい性分なのでやってみましたけど、へりょさんが隼鷹出していたから恐怖しながらやりましたよ。この資材量で「ヒャッハー」とか言われたらマウスぶん投げるだろうからなあ。とりあえず4000、2000、5000、7000、開発20だ……開発100とか絶対にできない、よくやろうと思えますよ。その結果三隈が出ました。三隈は結構なレアなので喜ばしいことですけど、資材量的に素直に喜べないなあ、だって

惨状

 こんな惨状ですからね。まだ一回できる!気を取り直してイベント海域をやります。

イオナ

 今回はアルペジオとのコラボと、私アルペジオ一話も見ていないのですが、それでも見たいと思えるぐらい、良いイベント海域となっています。強キャラ入手してぶん回せるというのが非常に良いですね。レーザーはやり過ぎな気がしますけど、そういうアニメなのなら納得してしまいます。タカオがレーザーぶっ放してきたときは唖然としたなあ。まあ、勝ちましたけど。

 それにしてもイオナのスペック、物凄いですね。どうもイベント後には消失してしまうみたいですけど、これで通常海域進めてしまっても良いかと思ってしまいますが、まあ、そこはプレイヤー次第でしょうかね。ここまでHP高い潜水艦だと進撃は非常に楽そうですよ。

 1-1を数回回してタカオを入手し、E2に、ボスがキッツいなあ。レーザーが辛すぎる。タカオも撃てますけど、相手の方が遙かに驚異ですよ。まあ、勝ち目のない相手でもないですし、三戦やって1度は勝利したので、時間かけて倒していきます。問題は1月8日までにE3まで行けるかですね。

 最後にオチとして

挑戦

 ポーキ的に大鳳は無理なので大和にチャレンジしてみます。鉄鋼がかなり厳しいも、まあ、イベント海域を楽しめるギリギリとなる程度で、2度目にして恐らく今年最後の大型建造となるでしょう。
 
 結果

本当にこの量はイカれてるなあ

ギギギギ・・・

 聞いていたとはいえ、この資材量で金剛型は本当に博打ですね。冷静に打ち込んでいますけど、内面物凄く動揺していますよ、ええ、これで終わります。

ドキドキ!プリキュア 第45話 宿命の対決!エースVSレジーナ! 感想

 今年最後のプリキュア回でしたけど、タイトルの通りエースとレジーナが主でしたが、岡田が物凄く目立っていましたね。今まで出られなかった分がここで来たのでしょうか。

 岡田はゴールデンクラウンを入手しいると、理由説明の回想が入りましたけど、これだけで一話使えそうな規模のような気がしますけど、当然のようにカットされましたね。まあ岡田だから仕方が無い。
 クラウンは亜久里に反応して倒れ、何者なのかと、運命を理解することができていると、完全に締めとなりましたね。前作と比べると非常に丁重に締めに向っています。前作は非常に面白かったのですが、終盤は同じパターンの回を5回ぐらい繰り返して覚醒させるというちょっとどうかと思う締めの向かい方をしていましたからね。

 ジョー岡田と真琴が亜久里に呼び出され、氷の王女はジコチューの時間稼ぎの為の偽者だと判明すると、ジョー岡田は何も知らずに守っていましたし、婚約者なのに中々に扱い酷くて笑いましたけど、バレたらアウトなのだから仕方がありませんか。
 
 亜久里がレジーナの元に向い、一騎打ちが始まると、ガチで潰し合っているのが非常に良かったです。普通に考えたら武器であるドラゴングレイブを所持しているレジーナに武がある筈ですが、アイの補正とクラウンによって時間制限が無くなっていたので普通に戦えていて、閃光の撃ち合いになると、年末に相応しい熱さでした。

 二人は相打ちとなり、そこを狙ってベールが潰しに入るも、マナ達の登場によって助かり、エースからレジーナと亜久里は王女の光と闇だということが判明すると、これはまあレジーナの姿と亜久里の姿的に可能性は高かったのですが、問題はここからどうするのかだよなあ。二人が合体しなければアン王女が戻らないのであれば、亜久里とレジーナの消失ですし、それをマナ達が受け入れることができるかどうかになりそうですけど、これはアイが急成長して王女になればなんとかなりそうな気もしてきます。ここから一体どうするのかが楽しみです。

 次回は一話使って回想となりそうですし、どうしていくのかが楽しみです。

サンデー4・5号 感想

 今年最後のサンデー感想です。来週には新年ですか、速いものです。

神のみぞ知るセカイ
 先週どうなるのかと思っていたかのんと結ですが、普通に連れて行くと、何の問題も無さそうでしたね、金と人脈こそが力なのでしょうか。アイドル攫うってよっぽどの手練れじゃないと無理だろうと思わずにはいられない。

 ドクロウの正体が二階堂で確定すると、あの後天理とドクロウが仲良くなっているのも考えたら当然なのでしょうか。まあ、あの過去があの後どうなったのかが不明ですが、この二人が普通に仲良さそうだったのは良かったです。

 次回は女神が揃いますし、ここから最終決戦になってしまうのでしょうか。明らかに終わるとしか思えませんけど、巻頭カラーの人気作品ですし、どうなるのでしょうかね。

名探偵コナン
 新一になっても当然のように殺人事件が起こる辺り、彼はもう外出しない方が世界は平和なのではないかと思ってしまう。でも名が売れたから相手がやってくるのですか。「あれから一年もたってないのに」で恐怖しました。ちょっと一年間で色々有り過ぎじゃないですかねぇ。

武勇伝
 東さん、合宿では全国区倒したのに普通に1回戦負けしたんですね、まあやり始めて日が浅いですし、チーム戦で奇跡的に勝利にならずに負ける時は負けるで良かったのではないでしょうか。

 そして豹真は優勝候補の田辺をかませにすることで強さを見せたかと思えば、普通に武のかませになりそうで笑ってしまいました。観客が発した「こりゃ大波乱だな!」の後で武が豹真を見ましたけど、これは「まあ豹真ならこれぐらいはできるな」という感じであり、全国大会じゃないから普通にこの辺の優勝候補は雑魚だったということなのでしょうか。

 しかし、先週の時点で強そうに見せていたキャラが今週主人公に攻撃されて引きというのも珍しいですね。豹真に勝てる未来が見えない、ここから一体豹真がどうするのかが楽しみです。まあ、今までの武の相手が全国区の四天王とか、最強キャラであろう剣とかですし、今週何か考えがあるとかではなく、殴られて唖然としていますし、下手したらこのままダウンで終わるんじゃないかと思ってしまいます。

アナグルモール
 ルチルの精神世界とか、キングの能力とか、人間についてとか、色々説明しなければ終われないと思われることがかなりあるのですが、次号最終回ですか……大丈夫なのかなあ、いや、地上に戻ってきたで終わることもできそうですけど、福地先生のことなので説明はするのでしょうかね。

 ボスキャラであるキングに地形破壊が効いたのは意外でしたけど、ルイードもエリート軍団普通に地形破壊で粉砕していましたし、まあ、地形破壊は強いですね。まあ、脱出はできたみたいですが、それをクワトロールの能力で動きを止めていたのが良いですね。まあ、笑みを浮かべていますし、普通に生存していそうな気もしますけど、ルチルとかも助けていて、キングが説明するのでしょうか。でもそれならルチルを両断する意味はありませんし、このまま生き埋めなのでしょうかね。次回どうするのかが楽しみです。 

SQ19 Vol.11 感想

 前回は発売してから二週間ぐらい経って販売されていることを知り、購入するも感想は書かずに終わってしまいました。2ヶ月にもなると内容を忘れてしまうので前回の記事を見て思い返すのですが、思い返すことができないなあ。ウルティモが休載なのかどうなったのかすら解っていません。次号あるんでしょうかね。

ToLOVEるダークネス番外編
 今回は番外編に相応しい回でしたね。何の変哲もなく、ただエロく、それで終わる。良いと思います。
 ルンがヌードもOKなのかどうなのかが解っていませんけど、普通に水着脱がされながら写真撮られても良いっていうのは凄まじい好感度だなあと思わずにはいられませんでした。今回はこれぐらいしか書くことが無いなあ。

となりのランドセルw
 この調子で行ったら次回辺りはバレンタインイベントで新学年突入とかになりそうなんですけど、時空歪んでいるかどうかですね。

 萌絵ちゃん以外のキャラが動き回っていて良かったのですが、きららとか音無が目立ってくるので最近萌絵の出番が少ないような気もしてきますね。彼女がメインキャラだった筈なのですが、今回は一番目立っていなかった気がします。

 今回のSQ19はあんまり書くことがありませんでした。ToLOVEるの狂気度合がその号のテンションに繋がるのかもしれません。

ジャンプ4・5号 感想

 今週号で今年のジャンプも終わりですか。来週ぐらいに一年を纏めた感想を書きますけど、今年は結構色々あったような気もしていきます。

ONE PIECE
 突入を開始して、敵幹部の名前と姿も判明すると、幹部は戦えるのが10人中6人になっていますし、幹部連中は大したことが無いのでしょうか、特殊能力チームは全員凶暴な能力を所持していますけど、トレーボルもイカレた能力を所持しているのでしょうかね。

続きを読む

革命機ヴァルヴレイヴ 第23話 モジュール77奪還作戦 感想

 エルエルフがぁ決めたぁぁーっ!

 このアニメは最初から最後までエルエルフで持っていましたね。最後の世界を暴いたのもエルエルフが特攻したからであり、内部に侵入して敵将まで味方二人で切り込めたのは、まあ、今までの一人旅団的に考えればおかしくはないのでしょうか。ここまでエルエルフが尋常じゃ無い強さなら警戒していないのは危機感なさ過ぎだと思われるのですが、やはりアードライとイクスアインがエルエルフ級の強さなのでしょうかね。

 今週は山田サンダーが亡き者になると、次回で危ないのはアキラでしょうか。サキは生存確定しているのでどうやっても生きるのでしょうけど、ハルトも記憶消失となりそうですし、ここから次回は最終回、二期か映画に投げない限り、次回であの時々あった未来編に続く流れを見せることとなるのでしょうけど、詰め込みまくりな回になる未来しか見えません。次回何が起こるのかは全く解りませんし、どうするのでしょうかね。まあ、カイン倒せばそれで終われそうな気もしますが。

 最後にショーコの「世界が・・・暴かれた・・・」でオチが決まると、私は無茶苦茶笑いました。本当に言わせたかっただけの台詞が飛んできたからなあ。世界中にあの画面を見せつけると、まあハルト達もこれによって敵意を持たれたわけですし、同じ事したら同じように敵意を持つのかも知れませんけど、ここから人類はどうするのでしょうか。次回は何が起こってもおかしくないですし、どんな終焉を迎えるのかが楽しみです。

キルラキル 第12話 悲しみにつばをかけろ 感想

 1クール目の締めに相応しい回でしたね。しかし針目縫、どうしようも無さそうな強さかと思いましたけど、流子父の断ち斬りハサミで眼を潰されていますし、案外脆い気がしてきました。いや、流子の親父が人知を超越していて、鮮血流子を上回る身体能力という可能性も否定できませんが、まあ、服のお陰だったのでしょうかね。
圧倒的強者

 今週は針目縫との戦いの最中流子が暴走し、それを止める為に黄長瀬が動き、倒すために皐月との戦闘と、見所は多かったのですが、暴走してもあんまり強く無さそうだったのは以外でした。見た目は禍々しかったのですけど、主人公の覚醒にしては微妙性能でしたね。まあ、これを自由に使い熟せるようになれば無茶苦茶強いのかも知れませんが、あの見た目から今後使われる気が一切しません。明らかに主人公形態じゃないからなあ。

 皐月の元に集まる負けたせいで服装が変わった四天王集結がとても面白かったです。ジャージになっているだけで笑えるのはこのアニメならではですな。
皐月と四天王

 後、今週のマコのせいで、多分これから何があってもマコが解決できるだろうと思うしか無くなりましたけど、これに関してはどうするのでしょうかね。いや、どうしようもないよなあ。今週では衝撃波を泳ぎましたし、多分宇宙にも行けますよ。何でもできるだろうと思うしか無い。

 次回は襲学旅行と、もうこれただの殴り込みですし、この化物軍団を相手にどうするのだと思うしかありませんけど、針目縫とか戦えそうな学外キャラも出ましたので、ここから三つ巴の戦いが始まるのか、流子が皐月と共闘する流れになるのかは解りませんが、どうしていくのかが楽しみです。

ジャンプ3号 感想

 遊戯王が遂に5作目に突入ですか、ゼアルは初っ端の初心者会話のせいであまり見なくなってしまいましたけど、ベクターの存在だけは知っています。後2年ぐらい為れば再放送されるのでしょうし、再放送になったら見るかも知れませんけど、流石に二年後のことは解りません。

黒子のバスケ
 今週は怜央と日向のシュート対決でしたけど、どう考えても怜央の方が強いだろうと思うしか無い辺り、無冠の格が出ていて良かったです。

続きを読む

ブシロードワールドグランプリ2013行ってきました

 先週ぐらいに今日が暇になることが判明しまして、先月なら飛空士のイベント予約できたのですが、流石に一週間前では無理だったので、偶然ヴァンガードのイベントをやるということを知ったため、急遽デッキを作成して行ってきました。ルールは3DSのゲーム版で大体解っていますし、新要素の呪縛(ロック)とかもアニメで知っているので、まあ大丈夫かなあという脳天気を見せつけながらも行ってきました。

 行きたいと思ったのは、昔を思い出したかったからに他なりません。当然別のカードですけど、10年ぐらい前にカードゲームをやっていたので、一度その感覚を思い出したいなあと思ってしまいましたけど、別のカードゲームだろうがあんまり変わりませんね。皆カードゲームやっている、以上。これだけで満足しました。

 昼ぐらいに到着したからか人は多いも混雑はしていませんでした。入場も一切並ぶこと無く、アッサリと入れました。販売コーナーも並んでいる様子がありませんでしたし、限定品はもう売れていたのでしょうか。駅出ても案内とか一切無くて若干困惑しましたけど、朝来ていたら着いていくだけで着いていたのかも知れませんね。

 フリースペースでやっていましたけど、9戦やって4勝5敗でした。対人カードゲームなのでルールをお互いが説明しながら進めていくというのがとても良かったです。いや「バインドってなんですか?」なんて聞いている私がおかしい気もしますが、相手も驚きながら説明して下さいました。アレ無印ぐらいでしか見たこと無かったからなあ。

使用デッキ 次元ロボ
グレード0
ファーストヴァンガード ゴーユーシャ
ダイクレーン4枚
ゴーレスキュー4枚
ダイバトルス4枚
ジャスティス・コバルト4枚

☆8、引4、治4

グレード1 15枚
コマンダーローレル3
ダイランダー4枚
ダイシールド3枚
ダイマリナー3枚
ダイタイガー2枚

グレード2 9枚
ダイドラゴン3枚
カイザード3枚
ダイファイター3枚

グレード3 9枚
ダイユーシャ3枚
グレードダイユーシャ2枚
ダイカイザー4枚

料金
皇帝デッキ×3 5040円 
amazonで1,680円していました。来ないんじゃ無いかと思っていましたけど、水曜に頼んで金曜ぐらいで来る辺り、流石Amazon。今は1200円というのはどういうことなのでしょうか。
だからこそやろうと思ったのですが、このデッキは大体この皇帝デッキで完成しています。ブレイクライドカードが入っているというのが良いですね。

ジャスティス・コバルト4枚、80円
久々にカードショップに行きましたけど、クラン別に分けられていたので相当楽に発見しました。次元ロボではありませんけど、このデッキに欲しいのはクリティカルです。いや、G3からは基本クリティカル2で殴っていきますが。

コマンダーローレル3枚 1500円
 ゲームで強かったから導入。対人だとローレル存在している場合、皆ヴァンガードの攻撃ガードしてくるんだろうなあと思っていましたけど、普通に通ってスタンドできました。ドロー回数増えるっていうのは強いですね。

ダイランダー4枚 400円
ダイユーシャのクリティカル増加の為に導入。6000ブーストというのも強みです。

ダイシールド3枚 1500円
ゴーユーシャの能力的に優先。完全ガードは本当に便利ですね。

グレードダイユーシャ2枚 2000円
 リミットブレイクは強いのですが、ゴーユーシャの効果を使っていないと下2枚なので即座にライドしてリミットブレイク発動できないという事態には陥りました。まあ11000アタッカーというだけで使えましたが。

ダイカイザー1枚 700円
 ブレイクライドは4枚欲しかったので、後一枚はもうシングル買いで良いかと思いましたけど、シングルでも高いなあこのカード。

 約12000円ぐらいですか。まあ次元ロボで強いカードが出たらシングル買いすれば良いかと考えているので、これ以上出費することは無さそうですし、日曜暇で丁度ヴァンガードの大会がある日ぐらいしか使う機会は無いでしょう。

 使用して思った事はマリガンの際にG3は手札に来てもブレイクライドのことを考えて山札に戻しましたけど、そのせいもあってかかライド事故は一度もありませんでした。G2が9枚なので事故りそうだと思いましたけど、先行なら2ドロー、後攻ならG1アタックも合わせて3枚ドローすることになりますし、普通に考えたら来ますか。
 G3は来なくてもゴーユーシャでなんとかなります。ゲームは9弾まででしたけど、現在は新しくトリガーで次元ロボが来ているというのが大きいですね。大体次元ロボなのでG3が来ていなければG2~G0ですし、普通に効果が使えました。

 「ダイカイザーのスキル発動してパワー+10000、クリティカル+1、グレードダイユーシャのリミットブレイクでパワー+2000クリティカル+1、ダイランダーのスキルでパワー+4000、ソウルのダイマリナーをドロップしてパワー+3000、ダイマリナーのブーストでアタック、パワー37000、クリティカル3です」って言ったことは記憶に残っています。相手ダメージ2でノーガードされて此方☆来なかったので普通に負けましたが。

 本当に思い付きの気の迷いとしか思えませんでしたけど、プレイしてみたら以外とできるもので、大変楽しむ事ができました。これも3DS版のゲームのお陰です。
 意外だったのは対象年齢が結構高かったと言うことですね。お子さんとか1、2割ぐらいしか居なかったんじゃないかなあ。まあ、小学生以下の大会を当日参加有りで行っていたみたいですし、そちらに行っていたのかもしれませんね。

参加賞みたいな感じで貰ったカード

パックと言いながらも1枚だけでした。まあプロモーションカードが勝ち負け関係なく貰えるというだけで有り難いものですね。私は使うことは無さそうですし強いのかすら解りませんが。

ダイブレイブ
こんなカード、私は6枚持っているよ…

別カードゲームの話をしますけど、ダイヤモンドドラゴンってあの程度の能力値でレアカードなんですよね。昔パックでウルトラレアとして出てきた時「これが、ウルトラレア……」と唖然として何か補助系のカードでも入っているのかと疑ってしまいましたよ。そら完全上位版の青眼持ってる海馬からしたら破きたくもなりますか。

この効果使うよりダイタイガーで殴った方が良いと思って抜きましたけど、多分ダイタイガーで良かったと思っています。

マレフィックドラゴン
10000で12000以上の相手だと+10000と、11000じゃないのが辛すぎますね。グランブルーは全く知りませんけど、R効果は良いのでは無いでしょうか。G2で似たようなのがどのクランにもありそうですが、グランブルーには無いのですか。

大鷹の解放者カドー
スペリオルコールは強そうですが、ゴールドパラディンだとどうなのでしょうかね。

 今後はもし大会開催日に用事が無くて、次元ロボが弱体化を受けていなければ行こうかと思っています。その際に次元ロボで強化されたカードを購入すれば良さそうですね。アニメで光定少年が抹消されない限りは大丈夫でしょう。

ドキドキ!プリキュア 第44話 ジコチューの罠!マナのいないクリスマス! 感想

 この回はレズレズじゃのぉと言うしかありませんよ。マジで。

 先週は感想を書くことを忘れてしまいました。亜久里回と、髪おろした亜久里はレジーナに似ている気がしていましたし、次回はレジーナとエースが戦うみたいですし、次回には亜久里の詳細が判明するのでしょうかね。一年前以降の記憶が無いと言っているも三種の神器とかは知っていた説明とかもされるのでしょうか。

 マナ達がクリスマスを楽しみにしていたらイーラとマーモがやってくると、イーラはまだただのモブみたいに見えますけど、マーモで笑いました。ちょっと無理しすぎですよ。これが生徒会長と名乗るって物凄いなあ。よく騙せると思った物ですよ。
マーモとイーラ

 マナがキングオブ生徒会長になろうとして、クリスマスイブにスピーチコンテストに行けばレジーナによって閉じ込められると、皆スピーチコンテストに関して何も思いませんでしたけど、あのプリントだけで納得したのでしょうか。皆疑問に思わなかったので、普通に実在していてそれをレジーナが利用したのでしょうかね。

 六花はマナが抜けた分頑張っていましたけど、愛し合っているとか、マナ、愛してるよとかには驚くしかありませんでした。ガチ百合じゃないっすか。レジーナルートだとばかり思っていましたけど、この調子だと六花とマナで終わってしまうのだろうかとも思ってしまいます。

 今週のジコチューはクリスマスなんて無くなれと、なんだか実際にありそうな欲望ですね。約2割ぐらいの人が思っているのでは無いでしょうか。しかしメリー苦しみますとは、懐かしい気がするも毎年聞いているかもしれないベタな台詞が飛んできて笑いました。

 ジコチューにジコチュートリオ、レジーナという現時点でも最大戦力がマナ抜きの所を狙うという、ジコチュー側が勝つにはここしかないという程の場面でしたけど、 普通に押されていましたね。レジーナとか神器持っててもダイヤモンドに押されますし、ベール以外はもうプリキュアに勝てなくなっているのですか、まあ、ベールもベールで押されていますし、完全に力の差が出ていますね。ドキドキプリキュアのプリキュアは終始強かったイメージがあります。

 六花がレジーナにマナが好きなのかを聞いていてレジーナがマナを好きだと言うも、それをジョー岡田に救出されたマナに聞かれて顔を赤くしているレジーナが可愛かったです。しかしここまで行くともはや女の子同士の友情というよりもレズって言った方が納得できる展開なのですが、幼女様はちゃんと女の子同士の友情だと感じているのでしょうかね。
レジーナ

 ジコチューは粉砕してレジーナ達は去り、最後にジョー岡田が久々に本物で登場すると、此処から最終決戦となりそうですね。このままだとキングジコチューは倒すのでは無く改心させるという方向になりそうな気もしますけど、トランプ王国以外の星も滅ぼしているのなら倒すしか無いのでしょうか。

 次回予告を見る限りだと最後の三種の神器、エターナルゴールデンクラウンをジョー岡田が入手していると、攻撃特化のドラゴングレイブ、補助重視のラブリーパットを考えればクラウンは資格を持つ者に全知を与える以外に何かあるのかとも思ってしまいますけど、それだけで終わってしまうのでしょうか。まあ流石に全知とはいかないとは思いますけど、真相が解ると言っていますし、これで亜久里の真相が判明するのでしょうかね、ここからどう説明していくのかが楽しみです。

キルラキル 第十一話 可愛い女と呼ばないで 感想

 良い感じに二クール目からのキャラ紹介が出来たのでは無いでしょうか。それにしても猿投山のかませっぷりは物凄かったですね。針目縫に攻撃を仕掛けた瞬間が最大風速で「や、やめろー!」と思ってしまいましたよ。これで攻撃決まって針目縫が倒れたら予想外すぎて漠然としましたけど、流石にそこまでのお約束崩しを見せてくることはありませんでした。まあ、それやったら意味不明になってしまいますか。
この場面のかませっぷりは凄まじい

 針目縫が飛び出した名前に腕を乗せている場面が個人的に好きです。こういう演出はかなり好き。
針目縫

 しかし今週現れた新キャラは声優補正もあってか大変素晴しいですね、田村ゆかりさんが僕っ子で強キャラというのはとてもボス格が出ています。
 針目縫と流子の戦いが始まりそうですけど、針目縫がハサミを所持していて仇だと言っていましたけど、流石にここで仇が出てくるとも思えませんし、実際は違うも試しで言っているのでしょうか。まあ、針目縫が今作のラスボスで、流子が完膚なきまでに次週破れるのかもしれませんが、どうしていくのかが楽しみです。

 犬牟田はもうデータ無いみたいですし、解説役にはなれず、他四天王と共に驚きに徹するのでしょうかね。四天王戦は結局風着委員長の蟇郡が一番強かった気がするなあ、変態でしたけど。
 蛇崩は針目縫のインパクトが有り過ぎてもはやあんまり覚えていません。ダカーポの姿は可愛かったと思いますけど、普通に対処されていましたね。

 次回は針目縫戦で学園破壊と、一クール終盤らしく第一章が終わりそうな感じがしてきましたが、どうするのかが楽しみです。今週の針目縫の戦い方が鮮血に効くのかどうかなのですが、神衣相手には服を一瞬で破壊では無く、流子の肉体にダメージを与えて勝利していくのでしょうか。

 

凪のあすから 弟十一話 変わりゆくとき 感想

 次回で海神問題は解決でしょうか、二クールですし、流石に解決せずに冬眠突入ということはないのでしょうけど、普通に来週終われそうな内容なので、二クール目どうするのでしょうかね。恋愛も今週見ていると光とまなかが引っ付きそうな感じに見えましたし、そうなると紡少年はどうするのでしょうか、どうもしないというのも紡らしい気がしてきます。

 陸の皆が危機感を抱いて光に頼んだ場面で苛立つも、あかりがちゃんと光に説明していたのが良かったです。しかし本当にあかりの言うとおりで笑ってしまったなあ。何の意味も無いと言われていて、先週の時点でおふねひき程度で無理だろうと思っていましたけど、今週になってあかりの結婚式も行うと、これで私は納得しそうなのですが、実際にこれが成功するとしてもあかりに何かしら起こりそうですね、二クールだと失敗して冬眠突入して新展開とかやっちゃっても構わない気がしますけど、ここまでやっておいて失敗するとも思えず、どうするのかが楽しみです。

サンデー2・3号 感想

 分厚いから案の定280円でした。300円とかやってこないだけマシというものですね。

神のみぞ知るセカイ
 女神を集結させなければならず、ヴィンテージが攻めてきているから捕まったら終わりと、結構危険な状況で半分行動不能に近い状態に陥っていると、今の所問題がありそうなのは結でしょうか、天理も来ると確信しているのなら誰も迎えをよんでいない場合は結構どうしようもなさそうな気がしますけど、ここからどうしていくのかが楽しみです。

 それにしても天理ちゃんは可愛いですね。もう書かないといけないという症状ですよ。24巻の表紙も大変素晴しかった。

國崎出雲の事情
 出雲が勝利した事に唖然としてしまいました。敵の格的に出雲に勝てそうなキャラでしたし、出雲負ける可能性が高そうだと思っていましたけど、花の回想で納得できました。このトーナメント編の締めが素晴しかったです。

 そしてその後は出雲の環境の変化と、杏李が女形と知って何か問題あるのでしょうかね。杏李なら大丈夫なんじゃ無いかと思ってしまいますけど、私が覚えていないだけで、何か問題があったのかもしれませんし、それは次回明かされるのでしょうか。

武勇伝
 豹真とか今更出てきてどうするんだよと思ってしまいましたけど、なんか今週の引き見る限りだと強者として武の前に立ちはだかりそうですね。
 東さんが1回戦負けしそうな程に疲労していますけど、個人戦ですから1回戦負けしても問題は無いんですよね。どうするのでしょうか。

アナグルモール
 クワトロールとか居たなあ、完全に存在を記憶から抹消していました。テトラポッドの方が記憶にありますよ。
 人間が本当は弱いと知っているから地上に持ち帰ると、彼にも家庭とか生活があると思われるのですが、それよりも小型化の方に惹かれているのでしょうかね。

 キングがルチル達の元にやってきて圧倒すると、完全に締めに向っているとしか思えないなあ。ここでなんとかできるとしたら人間が間人に対してミガルドを奪う以外の能力があったとかで逆転ぐらいですけど、どうするのかが楽しみです。  

 次回はコナン20周年記念で新一特別編と、20年もやってるんですねコナン。確かに昔からずっと記憶にあり続けましたけど、20年か……。唖然とするしかありません。

ジャンプ2号 感想

 銀魂10周年ですか。デスノートの陰に隠れて連載開始と、本当にデスノートの一号前か後ぐらいに連載されていたような気がします。約3年前にまどか放送と言われると年月の速さを思い知らされますけど、流石に10年だと物凄く長いですね。

ONE PIECE
 この国民、ドフラミンゴの言葉をすぐに信じますね。もしルフィ達がドフラミンゴを倒したとして、この国民達が納得できる理由を出すことができるのでしょうか。 

続きを読む

キルラキル 10話 あなたを·もっと·知りたくて 感想

 なんだか1クールで終わるかのような速度なんですけど、大丈夫なんですかね、少なからず四天王は1クール目で全員倒されそうな流れだなあ。13話ぐらいで流子と皐月が全力でやり合って学園が完全に爆散して皆離ればなれになり、真の黒幕とかが2クール目の敵として登場してもおかしくないと思ってしまいます。

 Aパートで粉砕された犬牟田の動作が非情に面白かったです。OPで肉体分解と人知超越していたというのに、ただのデータ野郎とかガッカリ極まりなく、当然の用に負けましたね。しかし負けたら無星となって生活環境が変わるだろうに、足掻かずに棄権を選べるメンタルは物凄いなあ。まあ、無星でもすぐに這い上がれる能力を身につけているからこそなのでしょうけど。

 Bパートは蛇崩の物凄くゲスい顔と幼稚園児皐月様に笑いました。幼稚園児なのに風格あるってヤバいよなあ。先生とかどう対応していたのだと思うしか無い。
蛇崩のゲス顔

 鮮血は進化して空を飛べるようになると、多分これ鮮血の意思次第でなんでもできそうですね。水中でも潜水モードとかになるんじゃないかなあ。まあ、この進化が皐月の計画通りでしょうし、宇宙まで行く力でも求めているのでしょうかね。

 今週の犬牟田のかませっぷりが四天王二番手らしくて良かったです。どっかの「ウーハー」を思い出してしまいましたよ。次回は新キャラも出ますし、猿が変身していると、下手したらOP入る前に蛇がやられてしまうのですが、どうなるのかが楽しみです。しかし新キャラ、ヌーディスト側なのかと思ってしまいますが、あの変態集団にこの子は浮きまくっているので、新勢力なのでしょうか。

凪のあすから 弟十話 ぬくみ雪ふるふる 感想

 今期アニメはあまり感想を書いていませんけど、視聴している作品は結構あります。大体原作アニメは原作読んでしまっているので、オリジナルなのか原作あるのかは解りませんけど、このアニメは次回どうなるのかが解らないので楽しく視聴している作品の一つです。

 今回、10話にしてなんだか地上の民が将来全員死ぬみたいな展開となってきましたけど、これおふねひき程度で解決する問題なのでしょうかね。おふねひきしなくてこうなったのなら、おふねひきさえしてしまえば解決なのでしょうか。海村も冬眠するレベルの問題ならおふねひきぐらい認めれば良いだろうと思わずにはいられませんけど、納得できる理由を出してくることができるのでしょうかね。大人同士で合っても反対して喧嘩となりましたし、どうしようもない気がするなあ。

 このアニメはまず恋愛面がとてつもなく酷いことになっているので、それをどうするかも楽しみだったんですけど、今週海村民達が最後の晩餐しちゃいましたし、後は寝るだけとなっているので、恋愛も何も無いような気がしてきます。おふねひきやって解決したとしても、ただ単にそれだけだと納得できないと思いますし、説得力のある理由が欲しいものですけど、本当にどうするのかが解らないなあ。まず海村がこの世界以外にもあるのかですね。あるのなら全世界でおふねひきとやらをしなければ無理なんじゃないかと思いそうですよ。
 
 このアニメは2クールみたいですし、このぬくみ雪問題が1クールで解決されるのか、2クール目で解決していくのかが解りませんけど、1クールならもう締めに向っていて、クライマックスに突入している部分ですね。まあ、次回どうしていくかになりますか、イケメンと呼ばれし要が遂にちさきに告白しましたし、さゆがどんな反応するかですね。このアニメ本当に恋愛面が酷いなあ、楽しみです。

ジャンプSQ1月号 ToLOVEるダークネス 番外編 感想

 ゲーム化!? これは女版ヘヴン状態が拝めるということなのでしょうか。Vitaって萌え系統ゲームの発売予定が多すぎて購入するか真剣に悩んでしまいますけど、ゲーム機は流石に高いのでゲームの評判次第ですね。

番外編「Clinic~素直になれなくて~」

続きを読む

サンデー1号 感想

 コナンVSルパン、明日公開なのですね。評判が物凄く良ければ観に行くかもしれませんけど、多分レンタルできるようになってからかなあ。そういえば今日TVでルパン対コナンをやっていますけど、これ多分三度目の放送ですよ。

神のみぞ知るセカイ
 そういえば女神は関係を知っていましたけど、女神を宿している攻略女子は知りませんでしたか。歩美は結も知りませんし、かのんとか知ったらどうするのでしょうかね。まあ、受け入れるしかないのでしょうけど、この問題はどう解決するのでしょうか。ハーレムルートと言っていましたけど、現時点では到達する気はしないなあ。

 最後に女神女子が襲われてしまうも、うららの爺さんが登場して助けてくれましたし、まだ逃げる余裕はありそうですね。次回は女神集結と、ディアナが楽しみです。このまま行くと戦闘自体は無さそうですね。

武勇伝
 萌花の容姿について何も言わない剣少年は非情に紳士ですね。いや、最近の萌花は太っているようには見えませんか、いつの間にか痩せてますね。ただ単に慣れすぎているだけなのか……?

 判定で武が負けているも、剣は謝罪し、全国大会で決着をつけようと言っていましたけど、この面子で全国に行けるのでしょうか……いや、ボクシングの試合は団体戦とかではなくて個人戦なんでしょうかね。武なら普通に全国に行けるでしょうけど、全国区をなんとか倒せた東はともかく、初心者から始めている他と、病気で倒れる可能性のある亘少年が厳しそうです。亘は試合して大丈夫なのかという領域ですけど、どうするんでしょうかね。

 次回は公式戦みたいですけど、誠堂館との戦いまでは短く終わらせるのでしょうか。メジャーの高校生の頃は王者海道戦までは1巻ぐらいで1試合ペースだった気がしますけど、野球より短いと思われますし、6話ぐらいで1試合ぐらいなのでしょうか。

アナグルモール
 バハムートとデンシャとか、存在を完全に忘れていましたよ。こんなん居たなあ。
 ストーカーは肉体がバラバラになる可能性だって余裕であるのに挟まることで門を開けていて、今まででも普通に背景として活躍していたと、ここまでの信念は凄まじい物がありますね、正に愛ッッ!ですよ。

 サイコドールは地上に一緒に帰れないだろうと思っていて、ストーカーとの仲の問題をどうするのかと思いましたけど、背景の役目は終わったと言っていますし、このまま間人世界に滞在するっぽいですね。追っ手を止めるのでストーカーの真髄を発揮すると言っていましたけど、多分サイコドール一人でなんとかなる気がします。

 今週の出雲はあまり書くことがありません。梅樹君がマトモだと違和感バリバリでしたけど、まあ歌舞伎役者なのだからマトモで当然ですね。
 松樹がここまで驚いていると勝ちそうですけど、ストーリー的に花が勝った方が今後のボスキャラとなれそうなんだよなあ。まあ、この審査的に互角みたいな感じなのでしょうかね。  

 次回は534ページと、別に書店員ではありませんが、書店は積みづらくなるんじゃないかと思ってしまいますけど、分厚い時のガンガンの半分ぐらいと考えればまだ積めるのでしょうか。

ジャンプSQ1月号 新テニスの王子様 Golden age112・113・114 感想

 今年最後となるテニス感想です。今年は君島遠野戦が始まったぐらいだろうかと思っていましたけど、コート外テニスバトルをやったり鬼の回想が入ったのが年始なのですか、あの回は年始に相応しい狂気回でしたけど、今月のラストを見ていると来月号もそうなってしまうのかもしれませんね。

Golden age112 二人の過去

続きを読む

艦これをプレイ その7(イベント海戦)

 秋イベントお疲れ様でした。終わってから二週間ぐらい経ってしまいますけど、今更ながら書いていきます。

 遂に始まったイベント海域、今回が武蔵が手に入ると、前回の大和のイベント海域が終わったと同時ぐらいにゲームを開始した私には初のイベント海域であり、非情に楽しみにしていました。
 まあ、その6以降はポケモンが発売され、今作のポケモンは12月まで互換性が無いからか育成が今までとは比べものにならない程に楽となっており、嵌ってしまってレベル上げが疎かになってしまいました。孵化中ならLをAボタンにすることで左手でポケモン、右手で艦これができるんですけど、集中力が持ちません。
 
 それでも遠征は飛ばしていたので資材は大体2万ぐらいでき、まあE4ぐらいまでは行けるんじゃ無いかなあと思って開始、E1は余裕でした。普通に直進して、普通に倒して、それを繰り返して終わり。

19ちゃん
 その巨乳っぷりをアピールし、名前はイクで「イクいくのー」とか言っちゃう子が仲間になりました。58をまだ入手できていないので二種類目の潜水艦で非情に嬉しい。

 まあゲージ回復するのはE3からみたいだし、E2までは余裕だなあと舐めてかかった結果、E2に非情に時間をくうことになりました。二週間ぐらいかかったんじゃないかなあ。夜戦から始まるというのが辛すぎて、中破撤退を基本とする私には非情に辛かった。羽黒ちゃんには応急付けて中破進軍をやり始めましたけど、結局誰一人轟沈しませんでしたし、疲労とかに気をつけていれば中破進撃しても問題は無いのでしょうかね。

 それでもボスまで行くも、ボスにダメージが通らず、昼戦になれば勝てるのに昼にならずで、へりょさんから4艦ぐらいで行った方がいいと言われてようやく突破しました。感謝感謝、ありがとうございます。

能代
 能代を入手、個人的には黒髪ロング軽巡阿賀野も欲しかった所ですけど、結局入手はできなかったなあ。

 E3、サンタクロース諸島海域はゲージでありましたけど、夜戦から始まることはないので、二隊で進撃したら一時間半ぐらいで終わりました。なんか凄い魚雷が手に入った。
後女神とかも手に入りました

 その際に初風も入手、入手しづらいみたいですし、ここで出たのは良かったです。まあ、他に欲しかった大井っち、阿賀野、鶴姉妹を入手することができなかったのは残念ですが。

 そしてここからが本当の地獄であろうE4、ここから相当時間がかかるみたいで、とりあえず最初にプレイしたら、なんかすんなりボスまで行けて、ボスにダメージを与える事ができるも、倒せるか微妙で辛すぎるなあと思わずにはいられなく、その後は数回挑戦するも撤退し、
圧倒的ゲージ

 凝視しないと解らないレベルしか削れていませんでしたので、諦めました。ありがとうイベント海域。
 資材は残っているので長門出すか尽き果てるかの勝負に出ようかと思いましたけど、なんか12月に色々あるらしいので、まだ置いておきます。長門様をそろそろ拝みたいものですよ。

E3突破面子
メンバー
 2ヶ月前のを見ると少ししかレベルが上がっていませんね。とりあえず12月25日にポケモン移動できるまではポケモン育成する予定なので、再稼働するのは1月ぐらいな気もしてきます。

 今は3-2のレベリングもできるようになったからか、安定期に入ったというか、あまり書くことがありません。ステージはクリアしていきたい所ですけど、まだ5-2までですし、焦る必要も無さそうですね。まあ、次のイベント海域までには70レベルは流石に無理としても、65レベルぐらいにはなっておきたい所です。

ジャンプ1号 感想

 ソーマのポスターを見て、やけに人相が悪い奴が居るなあ、こんな奴登場したっけ?と思ってしまいましたけど、アリスの付き人の人ですね。このポスターを見ているとトーナメントのボスにでもなりそうです。

暗殺教室
 鷹岡が考えた方法は生徒と共に対先生弾のバスタブに入れてセメントで生き埋めにすると、生徒思いの殺せんせーと言っていて多分これやったら死にそうな気もしますけど、期日が来たら実際にやるのかどうかは解りませんけど生徒含めて全人類終わるんだよなあ。人道的な方と言ったのは一人の犠牲で全人類を救うからかと思っていたら、普通に逆恨みでした。

続きを読む

ドキドキ!プリキュア 第42話 みんなで祝おう!はじめての誕生日! 感想

 先週は忙しくて感想が書けませんでした。何だか凄いことになっていた気もします。

 今週は星占いから亜久里の誕生日になると、王女様は星占いが好きとか、久々な王女様多趣味設定が飛び出しただけで笑いました。まあ、百人一首ほどではないですか。
 亜久里は養子だと判明しましたけど、そもそも彼女が何でプリキュアやっているのかも明かされていなかった気がしますし、神器を知っていたりしているので、トランプ王国と関係性でもあるのでしょうかね。

 真琴も両親を事故で亡くしていたと、終盤だからか重い過去が明かされていく中、だったらお祝いをする、日程が解らないからいつだってできるとか言い出したマナが相変わらずで笑うしか無かったです。
 レジーナは前回からの真琴とありすの言葉を思い返しながらも、スイーツを食べにイーラを連れて地球に向うと、イーラは結構出番ありますね。まあ、初っ端から出ていましたし、普通に戦闘員として扱い易いのかも知れません。

 プレゼントを探している皆に亜久里があって目が点になっていましたけど、セバスチャンギャグは本当に唖然としてああなってしまったんだろうなあと思うしかありません。完全に引いていますよ。
亜久里

 色々不可解なことが起きたので「何を企んでいるのか知りませんが」とか言いながら昔ながらの泥棒スタイルでマナの家に向った亜久里が非情に面白かったです。こんな姿、物凄く久々に見た。エビス丸以来なんじゃないだろうか。
 パーティが始まり、それを見た男からジコチューを生み出すと、人間を石化させるというのは中々に凶悪ですね。レジーナと並んでるイーラがボスっぽくてそれだけで笑ってしまう辺り、私は疲れているのでしょう。
レジーナとイーラ

 レジーナはキュアエースが登場した瞬間、誕生日おめでとうのチョコレートを粉砕してから怒ると、レジーナとエースは何かしらの関係がありそうだと思うしかありませんけど、確か前に攻撃食らっていたので、そのせいなのかもしれないと思ってしまいます。その後のレジーナの台詞的にレジーナと亜久里はトランプ王国の姉妹とかで、それを無意識に思い出しているとかなのかもしれないと思ってしまいましたが、まあ今週のレジーナの台詞だけでは微妙ですかね。

 普通にダイヤモンドの通常技で対処されるイーラwww
 もはやプリキュアと一幹部で力の差が生まれてしまっていますけど、最後に言ったやまじってなんなのでしょうかね。それにしてもこのプリキュア達は強すぎる。レジーナが神器所持してようやく互角って感じですよ。それでもレジーナは動揺しますし、プリキュアが負ける気がしてきません。

 今週は亜久里の誕生日回でしたけど、次回も亜久里回で、しかもプリキュアであることが判明すると、この終盤で亜久里回が続くとなれば亜久里の正体がそろそろ解ったりするのでしょうかね。後10話ぐらいでしょうし、亜久里とレジーナの正体も判明していくのでしょう、どうしていくのかが楽しみです。
プロフィール

ジョージ

Author:ジョージ
アニメ・ジャンプ等の感想を書いています。最近はあんまり暇じゃないのでブログ名変えようかと思っています。

トータルアクセス
アクセス
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ツイッター
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる