サンデー35号 感想

 声優生ボイス目覚まし時計は本当に豪華だと思うのですけど、当然と言えば当然ですが、その作品のキャラの台詞になってしまうのでしょうね。

神のみぞ知るセカイ

 天理ちゃんが可愛かったです。

 とりあえず最初に書いておかねばならないことはこれですね。何を置いても書いておかなければならない。一年ぐらいやってても良いんですけど、もうそろそろ締めに向かいそうだなあ。

 演技対決は羽衣も力があれば普通に勝てるんじゃ無いかと思ってしまいますけど、香織が信者の力でも見せてきそうですね。

 香織と桂馬がキスをして、それを天理が目撃すると、普通に考えれば香織の策であり、桂馬がとりあえずそれに乗っかったのでしょうけど、天理が桂馬にとって予想外の事態になりそうですし、どうするのかが楽しみです。まあ、エルシィが天理が目的したことを知っていますし、理由はすぐに解りそうですね。

競女
 結構真面目にやっているのが良かったのですが、インパクトはあんまりないなあ。二話にしてもう慣れてしまった感があります。アニメだけどベントーは二話目にしてカート戦車やってたからなあ。

 今後この二人は胸があまり無いというのが弱点になるのでしょうかね。そしてそれを長所とする為に必殺技を身につけるとか、そんな感じになりそうな気がしています。

史上最強の弟子ケンイチ
 この戦いは凄いな、物凄い次元の持久戦だ。
 
 食料調達レベルで敵が策をとり、それに対して長老が苦戦しているというのが非常に面白かったです。「ここ二日はこちらに魚をとらせぬ策に出ておるな!!」って、凄い真剣ですけど、実際に真剣なんでしょうけど、イカれてるなあ。
 余裕で人知を超越しちゃってるんですけど、この漫画のラスボスとなる存在は一体なっているのでしょうかね。それにしても戦闘時に魚を食わせてくれないから栄養的に辛いってのはスゲェな。

武勇伝
 ボクシングでかまいたちってなんなんでしょうかね。拳から発生した真空波で敵の脳を振動させたとかなのでしょうか。

 角が結構武のことを認めていたっぽいのが良かったです。まあ、互角に渡り合えましたし、認めて当然ですか。

 二回戦で誠堂館戦と、これは普通に二回戦負けか、メンバーの実力不足によって一回戦敗退なのか解りませんけど、二回戦に進めれば普通に武と剣以外はやられてしまうのでしょうかね。皆「少しは成長したようだな…」と思いながら勝利したりするのでしょうか。

國崎出雲の事情
 今週の出雲はあんまり感想を書くことが無かったのですが、「お前の豆なら食べてみた」が最高にヤバくて頭オカシイと思うしかありませんでした。ちょっとしかるべき場所に送り飛ばすべきですよこの人、何時送られてもおかしくないですよ。

 節分イベントをやるということは、進学も迫っているということなのでしょうかね。
スポンサーサイト

ファンタジスタドール 第4話 じめじめしめじ 残念王子の逆襲? 感想

 今週のファンタジスタドールは非常に面白かったです。

 Aパートはアロエが可愛かったというのが主で、まあそれだけでAパートは十分価値のあるものだったと思うのですが、Bパートのバトル展開がイカれていました。まずは今までタキシード仮面ポジかと思っていたラフレシアさんが実況を交えてカメラで解説を行なったのに爆笑、この笑わせ方はズルいよなあ。こんなあからさまな不審者がTV見ながら二人で実況&解説していたら笑うしかないですよ。

 捕縛され、しめじが電流を受け、うずめがそれを助けようとして電流を受ければしめじがキレて覚醒すると、拘束も、電流までも粉砕して敵を一人でなぎ倒すしめじには「コイツ一人でやればいいんじゃないかと」思わずにはいられませんでした。

 アロエが例え友達を破壊する一撃を放とうとしている自身のマスターでも尽くすと、ダメ女だと思うしか無くて、ここからどうするのだろうかと思ってしまったのですが、そのマスターが「ドールはデータ」だと発言したことによって三人が頭を下げ「暇をとらせていただきます」と発言したのを見て笑い、まあ当然だろうなあとか考えていたんですけど、実況と解説に移って「あれは! 伝説の不採用通知!!」「初めてみるなぁ」の追撃で爆笑しました。普通に店で会話してんじゃねーよwwww
伝説の不採用通知

 これは凄かった。あんなスカウター装着した不審者が実況を引き連れてカフェでドールバトルの解説ですからね。コイツ等は何を考えて生きているんだろうなあ。正体が全く解らない。不審者だと思うしか無い。何時か警察に職質されますよ。でもコイツ等は教師なのかー。

 ここからの展開もヤバかった。伝説の不採用通知を喰らったマスターである残念王子はアロエを自爆させようとしていて、他のドールも巻き込もうとするも、その拘束は普通に解除されたので全く危機感を感じることが無かったのですが、本当にアロエが爆発したことに驚き、そりゃ残念王子も蹴り飛ばされるわと思っていたらリカバリーカードで即座に修復すると、これには唖然としてしまいました。全く悲しむこともなく、普通に復活しましたからね。

 最後のアロエだけは残念王子の元に残ると、「きっとこの人は、私が居ないとダメだから」とか言い出したのには思わず「これはアカンやつや」と口に出してしまいましたよ。完全にDV男に洗脳されている。もうダメだー。
 とか思っていたら残念王子がなんか悟っていて爆笑するしかないんですよ。蹴り飛ばされて復活したら改心してそうな発言ですからね。なんだよ「自分の愛の未熟さ故の過ちだ」って、「愛とは罪深きもの」とか言って去ると、これは蹴り飛ばされて頭のネジが外れたとしか思えなくて非常に良い締めでした。本当に良かった。非常におかしかったです。

 一話の時点では無難で特になにも感想が無かったのですが、3話では病んでたマドレーヌが面白く、この4話は書きましたけどBパートが最高でした。この調子でいって欲しいものです。

アニメ感想(Free!4話と私モテ3話)

 今週の猫物語は新キャラが登場しまくりましたね。一人は傷物語で出ているはずですけど、全く上映される気配が無いからなあ、傷物語。

 ダンガンロンパの4話は色々面白かったのですが、これは解決編がどうなるのか解らないので4話は感想を書きません。OPはよくここまで出来たなあと思うしかありませんでした。

Free! 4話

 怜に泳ぎを教える回ですが水着披露会でもあると、今週はメンバーが全員揃ったのでギャグ回と化していましたけど、大会を待っている凜等、大会が近付いているというのも解ったのが良かったです。しかし怜は初期の時点では強キャラに見えたのに今では完全なギャグキャラだなあ。

 考えすぎて前に進むことを一切考えていないとか、そんな感じでやらないと解決しないだろうとか思っていましたけど、バタフライならできると、これは腕の力で沈む前に肉体を持ち上げているとか、そんな感じなのでしょうかね。肉体ごと上に上げれば落ちることはないだろうと思ってしまいますけど、水泳のことはあまり詳しく無いので解りません。

 夏と、時期が合っているからか、普通に面白いのか、継続して視聴を続けているので普通に面白いのでしょうけど、フリーは本当に楽しんでいます。そりゃ時々あるホモらしき台詞に抵抗は感じますけど、元からホモ水泳アニメとか言われているのだからこれぐらいは普通ですね。なんか前回の時も似たようなことを書いた気がするなあ。

私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い! 3話

 本編はガンガンオンラインで見ていますが、このアニメはとても良いですね。もこっちの橋田さんがとても素晴しい。コーデリアとかミサキさんを演じている人だとは思えなかったなあ。妄想の場面で解りますけど、普通だと私では気付くことができません。

 この3話でもこっちがクズだということが判明してきたのが良かったです。弟に対しては本当にゴミ屑だなあ。それでも弟がまだ優しいという辺り、この作品のキャラのほとんどが優しさでてきているのでしょう。
 もこっちのせいで風邪を引いているというのに学校休もうとしているからガチ切れしているもこっちが一番面白かった。本当に酷い話です。

 今期のアニメは結構な数の作品を楽しんでいますけど、大体は1クールアニメだというのがかなり悲しいですね。まだ何が2クールアニメになるのか把握できていませんけど、もう三分の一が終わってしまいましたか。

ジャンプ35号 感想

 COOLの復活に笑ってしまいましたけど、レディクールと女性主役なのでしょうか、許斐先生、全く女性は書いていませんでしたけど、どんな話になるのかが楽しみです。まず私はジャンプLIVEを見ることができるのかが解りませんが。

暗殺教室
 門スター戦で笑いました。彼等は一体何をやっているというのだ……。
 「この理科すっごく喜ぶんです」が何だか知りませんがとても面白かったです。本当に何を言っているのかが解りませんけどとても面白い。

続きを読む

ドキドキ!プリキュア 第26話 ホントの気持ちは?六花またまた悩む! 感想

 予告の時点で気が気でなかった回ですが、まあ初めの頃から出ていたキャラなので良いかと思ってしまう。スマイルは本当にいきなり転校生として登場してきましたからね。ドキドキが半年経っているってことは、もう半年以上昔の話なのにまだ記憶に残っているので文章として書いてしまう。多分新プリキュアになったとしても書き続けているのでしょう。

 最初に夢の話になり、六花は医者でも本当にそうなのか思い悩んでいると、当然のように割り込んでくるまどかでしたけど、白玉食っているので普通に偶然の出会いなのでしょうか、しかし通い詰めていたということは、普通に地球人なのでしょうかね。エースが登場してからは毎回序盤まどか登場、後半エースの流れになっていますね。

 イーラはアジトを追い出され、空を飛んでいたら雷に直撃すると、結構安直な記憶喪失方法に笑いましたけど、まあ記憶喪失になるのならこれぐらいはしなければダメですか、本当にいきなり直撃していたからなあ。しかし雷が直撃しても記憶喪失程度で済むっていうのは流石敵幹部。プリキュアも雷並の攻撃力があるということなのでしょうか。

 六花は両親と再開することができず海に行くと、自分がどうしたいのかを考えていれば記憶喪失のイーラを発見すると、敬語なイーラに笑いました。
 「優しいんですね」と言われた際の六花が可愛かったです。しかし敵と言えど正面から誠実に言われると六花でもこうなってしまいますか。
六花

 そして六花は家にイーラを迎えると、ちょっと気が動転しましたけど、その後の六花が転んでのイーラとの消灯はまるでトラブル現象のようでした。いや、トラブルならもっと酷いことになっていますけどね。しかし前半すら終わっていないのにこのイチャつきっぷりである。これには流石に驚いた。

 ラケルの前にシャルルとランスが登場し、イーラにオムライスを食べさせている六花を見ると、これは叫び声をあげますね。いつの間にか六花がジコチュー側についたと思われてもしかたがない程の仲の良さだからなあ。
 皆に発覚し、キュアエースが敵は敵で悪は悪だから記憶喪失中でも粉砕すると、これは結構キュアエースに好感が持てましたけど、実際は演技みたいですし、まあ幼女向けアニメだと考えれば当然ですね。でもこういう一人だけ他メンバーと違い、敵を殲滅する為に行動するキャラが居ても良いんじゃ無いかと思ってしまう。まあ、それをやったら他プリキュアメンバーからの信頼も無くしてしまいますか。

 キュアエースを見た際にイーラが「変身した!?」と驚いているのが良かったです。「急に年を取りましたよ、なんなんですかアレは?」というのが記憶喪失者的には正しいのではないかと思ってしまいますけど、イーラも気を遣ったのでしょうか。

 グーラが登場し、六花が攻撃を庇った際にイーラが地面に頭を打って元に戻りそうになると、グーラ戦はジコチューを出さずに肉弾戦になると、ここまで格闘戦を行なっているのは珍しそうだと思い、イーラにも攻撃を行なうも、それをイーラは弾き飛ばすと、
 
 イーラの記憶が戻り、六花が喜ぶと、その後イーラがプリキュアに対する攻撃を吹き飛ばすことで助けているというのが良いですね。この調子なら普通に仲間化しそうですけど、敵が改心しそうになるのはレジーナで一度やっていますし、仲間になるのかは微妙でしょうかね。

 エースは青唇になることで青レーザーを放つと、青唇に笑いました。これは幼女も引くレベルなんじゃないだろうか。「ときめきなさい」では赤になっているのが残念でした。この口紅もどきは口紅としての役割を果たしていないよなあ。
 エースショット青は水による拘束と、封神の混元珠でも思いましたけど、水系統はこうやって水で捕縛して呼吸させなければどうしようもなくなるので無茶苦茶強いですね。全力で破裂させるとか、飲むとか、それぐらいやらないと厳しいだろうと思わずにはいられません。今回も全身じゃ無くて顔だけあの量で捕縛していたら顔を出せずに死んでいたのでは無いでしょうかね、流石に殺す気ではやっていませんか。

 今週は普通にグーラを追い払うと、珍しくジコチューモンスターが登場しませんでしたね。最初はどうなるのかと思いましたけど、イーラが改心するのかそのまま敵を貫くのかが解らないラストも良かったです。

次回予告
 キュアエースの弱点と、変身時の見た目の変化とか、そんな感じのことではないのでしょうかね。時間制限とかアイが必要とか、そんな感じでしょうか。茶道での真琴がとても面白そうで楽しみです。

戦姫絶唱シンフォギアG EPISODE4 あたしの帰る場所 感想

 Gはクリスちゃんがとにかく可愛いですね。ここまでクリスプッシュだと消えるフラグにしか見えませんけど、流石にメインキャラを消してくるとは思えないのでどうしていくのかが楽しみだ。 

 最初にフィーネの存在に皆が驚くと、響が改心したと考えていましたけど、月一本背負いして地球に引き寄せた挙句消滅したので、あの際にフィーネが了子に肉体を返したとしか思えません。本当に凄い改心の仕方でしたからね。

 翼が水面に浮き、跳びながら蒼ノ一閃を発動すればマントで防御し、全力で戦っていると発してからの歌披露と、力強く歌っていたのがとても良いですね。一話の響の歌も勢いあって良く、これはシンフォギアにしか出せないだろうとすら思っています。
 Gは動きも素晴しいですね。逆羅刹の動きとかとても良かった。しかしカポエラ攻撃である逆羅刹に対して「ふざけるな!」とマリアは言い放ちましたけど、そりゃ言いたくもなるよなあ。その後「マイターン!」とか言いながら攻撃するマリアも面白かった。何か知らないけど監督が5D'sの人もあってか物凄いデュエル脳に聞こえてくる。

 そして切歌と調が登場すると、調の円盤をローラと化して加速する移動方がとてもカッコ良かった。切歌の歌は調の歌と似ているん部分があったような気がするんですけど、二刃同士だからなのでしょうかね、技量や心象が似ているとかなのでしょうか。

 マリアは時限式なので撤収すると、今週は活躍していましたけど、それも敵の策で弱体化して、それでいて一撃結構大きい攻撃を受けてこれなのでマリアが全く強そうには見えないなあ。仲間化してもかませポジとかになる気が仲間になる前からしていますよ。公式サイトでは普通に強キャラっぽいのに一番弱そうに見えるっていうのも凄いですね。

 敵が飛行船で逃亡を図ったら即座に撃ち落としに入るクリスがとてもカッコ良かった。唖然として見ているとかになりそうなのに、普通に狙撃に入れるというのは凄いですね。これで敵組織が壊滅したら予想外で面白そうだと考えてしまったのですが、それをやると話が終わるよなあ。

 ガチで墜落させる気満々だったのがとても面白かった。まあステルスで消えたので攻撃には出ませんでしたが。
クリス

 敵組織フィーネには神獣鏡から入手したステルス装置があると、これはかなり厄介で良いですね。不意打ちも逃亡も簡単に出来てしまいますよ。音も消せるのでしょうし、これで不意打ちしたら余裕のような気がしてきますけど、流石に何かしらの理由でもありそうですね。

 次官との会話になりましたけど、当然の如く蕎麦食ってる場面で笑いましたが、そのまま会話に入って爆笑しました。妖怪蕎麦爺さんとかいう蕎麦を食わないと生きていけない存在なのだろうか。なんだか解りませんけど凄く笑いましたよ。

 文化祭でアニメ子こと弓美達が歌を歌うと、「作詞かねこあきふみ・作曲上松 範康」が凄く面白かった。原作者やりたい放題だなwww

 文化祭に切歌と調が現われると、眼鏡調ちゃんがとても可愛かったです。
調
 
 ネフィリムは聖遺物の欠片が必要と、聖遺物なんて珍しいだろうと思っていましたけど、ウィル博士がその辺にゴロゴロ転がっているとか言っているので、案外珍しく無いのでしょうかね。まあ奪えば良いという考えなのかもしれませんが、シンフォギア奏者がノイズ無しでOTONAとエンカウントしたらそれだけで終わるからなあ。

 そして最後にクリスが歌ってエンディングと、転入時の回想を入れてきていたのもとても良かった。凄く可愛かったのですが、ここまで一話から全話クリスを推してきていると今後の展開が不安になってきます。まあ、フィーネ側もマリアの妹とかで何かしらの回想が入ると思われますし、序盤の内にしかできないので今のうちに盛大にやっておこうという考えなのかも知れません。
ヒロイン

 クリスがチャンプになり、勝ち抜きカラオケバトルに切歌と調が挑戦すると、恐らく何も考えずにクリスの歌と競い合いたいとか、クリスの歌を聴いた際の反応を見るとそんな気がしてくるのですが、これはかなり危険な行為ですね。ソロモンの杖を持ち歩いているとは思えませんし、ノイズ無きこの状況で偶々風鳴指令か緒川さんが居たら終了してしまいます。ちょっと調と切歌は大人を舐めているよなあと思ってしまうも、OTONAだということを知らなければそうなってしまいますか。

 今週も非常に面白かった。バトルが非常に良く、その後の文化祭でのクリスの歌による締めが素晴しかったのですが、この切歌と調の乗り込みによってどうなってしまうのかが解らず、次回がとても楽しみです。普通に来週調と切歌が歌って始まる可能性が高そうですけど、学園破壊に出たりする可能性もありますし、一体どうするのかが解りません。

 マリアは奇数週では強そうに見えますけど、偶数週だと風輪火斬で押されたり、今週も全力で戦っているというのに弱体化している翼の攻撃に負傷して時間切れになって撤退だからなあ。流石に4話なのでそうなってしまっているのでしょうけど、今の所マリアは強そうには見えないので、次回以降どうしていくのかが楽しみです。

サンデー 34号 感想

 新連載は冒頭で軽く書いて終わろうかと思っていましたけど、普通に一作品より長くなってしまいました。

神のみぞ知るセカイ

 天理ちゃんが可愛かったです。

 昨日はマジで忙しくて、帰宅して二時間ぐらいしたら眠らないといけない状況下だったんで、本当にこの一文だけで終わらせようかと思うも、サンデー感想書く余裕が無いのでこの一文だけ書いて終わると追記が書けず、本当にこの一文だけで終わらせてきやがったと思われそうだったので止めました。2、3回考えましたけど、まだ躊躇うあたり私はマトモなのでしょう。

 前置きが他作品の感想並になりましたけど、香織のスクール水着からの拘束プレイは今週の新連載競女への挑発行為かと思って笑ってしまいましたが、スケジュール的に考えて有り得ませんね。
 絶対殺してやる……!!と、完全に殺意に目覚めましたけど、これによって最後になると皆に本性が露わになるとかなのでしょうか、まあ天理が何を考えているか次第になりそうですけど、先週の香織の行動が巧く作用するのかが楽しみです。 

競女
 こんなアホみたいな競技で観客が歓喜して賭博になっている世界観がトチ狂っていて良いですね。これは物凄い世界ですよ、もしもボックス使用中とかなんじゃないだろうか。

 教師が真面目な顔して「主に胸や尻でな」とか言い出したコマがこの作品で一番面白かった。尻と尻が激突して衝撃飛んでいたことに関して特に何も思わなかったのはベン・トーというアニメのせいでしょう。アレはスーパーのカートが戦車みたいな扱いになったりカゴが攻撃吸収する攻防一体道具になっていたからなあ。ベン・トーも半額弁当の為に殴り合うと、世界観が狂っているのですが、多種多彩な技とか使用してくるので、この漫画もこの尻と胸だけの攻撃方法で多種多彩な攻撃をして欲しいですね。巨乳アメリカ人が「単純に乳がデカいから強い!」とかやってきそうな気がしています。

 とりあえず一話の感想は気が狂っていて面白いのですが、ここからどう見せるかですね。

武勇伝
 今週は剣の実力を見せた回でしたね。しかしプロのジムで2階級上でも倒すってやり過ぎな気もしてきますが、メジャーの眉村も高校生編ではイカれたスペックでしたし、ボスキャラとしてはこれぐらいの方が良いですね。

ジャンプ34号 感想

 エリザベスマスク、結構欲しいんですけど、これは絶対に一度被って反省することが確定しているので購入することは無さそうです。でもこんなグッズ今を逃したらもう入手できないような気がしてくるなあ。

暗殺教室
 浅野少年はここまでやってくると全く勝てる未来が見えなくなってくるなあ。これをやってA組が勝利すると新章としてE組奴隷編が始まってしまうのでA組は勝てるとは思えませんけど、どうするのでしょうか。

続きを読む

ドキドキ!プリキュア 第25話 華麗な変身!ニューヒロイン登場!? 感想

 今週は予告通りイカれていました。

 初っ端にジコチューが登場し、当然の如くロゼッタリフレクションで反射できず、エースが一撃で決めてくれると、もはや新キャラジコチューもただの雑魚と化してきましたね。エースが居れば余裕で解決できるので、もはやエースが到着するかどうかのような気がしてきます。

 キュアロゼッタに大してエースは何も言うことが無く、マナと真琴は覚醒したので自分も高めなければならないと、彼女はスペック的に考えれば最強なのですが、それでも愛を知ったスーパープリキュア状態ならありすを上回るのでしょう。

 ありすの修行中、明らかに高性能な喋る戦闘マシーンが出てきて笑いました。「拳が曇っておるわ」と言ってありすを吹き飛ばしましたけど、ここまでだと普通にジコチューと殴り合えるのでは無いかと思ってしまう。思いっきり吹っ飛ばしていたので危険物だとしか思えず、財閥の力でこんな物が出来るのなら光線銃とか余裕で作りそうだなあと思わずにはいられませんでした。

 そう考えていればセバスチャンが人工コミューンなるもので変身すると、ラブリンクと言っていたのに物凄く怪しい存在になっていたのには笑うしかありませんでした。でも非常にカッコ良いな、キュアセバスチャン。
 キュアセバスチャンは予告通りでしたけど、あんだけ弾け飛ぶとは考えていなくて暫く笑いました。完全にキチガイの笑いじゃねーかwww 
キュアセバスチャン

 お嬢様の為というのもありますけど、変身願望が満たされた笑みのようにも見えてしまう。それ程までの満喫っぷりですよ。
凄く満喫しているキュアセバスチャン

 セバスチャンアターックがちょっと洒落にならない威力だったのも面白かったです。これ普通に強いんじゃないだろうか、ベースが男性ですし、多分現時点での最強キャラだろうと思わずにはいられません。でも超疲れていたからなあ。まあこの一撃で勝負は着きそうな気がしますけど、それまでにセバスチャンの寿命が縮んでいるのではないかと思うしか無い。

 そして人工コミューンがマーモに渡ると、これで味方化すれば面白いと思うも、普通に六花やグーラには解っているのであった。変身しているのに正体が即座に発覚しているのなら、キュアセバスチャンもバレていたのだろうか、でもアレ完全に別物ヒーローだしなあ。
 マーモことキューティマダムは六花の「突っ込み所が多すぎて、何処から突っ込めばいいのかが解らない」は正にこの回を顕わしていますけど、結果的にプリキュア達を助けていると、普通に味方化するのかと思ってしまいました。味方化したらセバスチャンも人工コミューンも取り辛くなりそうですけど、ジコチュー側がキレるのではないかと考えていましたからね。

 とか考えていたらキューティマダム、完全なクソじゃねーかwww

 自作自演で人気者になっていたのには笑うしかありませんでしたけど、これはこのキューティマダムの行動を知らなければタイミングの良い登場をするヒーローと何ら変わり無いんだよなあ。そりゃ人気も出ますね。特に何の企みも無く、人気者になってチヤホヤされたいという理由なのがキューティマダムのタチの悪さ。

 キューティマダムは化粧品を無料で貰い、鎧を装着したセバスチャンが登場すると、今週はセバスチャンファン歓喜かいですね。予告のキュアセバスチャンだけではなく鎧セバスチャンも登場しましたよ。普通に兵士っぽくてカッコ良かったです。プリキュアなのにガンダムネタまでも入れてくる辺り、今週は完全に笑わせにきていますね。
鎧セバスチャン
 
 キューティマダムは調子乗ってヒーローショーでヒーローごと撃破すると、ジコチューらしい自爆で良かったです。
 それにしても、キューティマダムは普通にビースト化よりも強そうで、それを考えると四つ葉財力の方がジコチューよりも勝ることになりますけど、四つ葉財力なら勝ってもおかしくありませんね。

 セバスチャンの為に取り戻すことを決意し、愛に目覚めると、このギャグ回で覚醒してのには驚きましたけど、普通に毎回一人ずつならここで覚醒しますか。 
 久々にロゼッタリフレクションが決まると、パワーアップして返すというのが良く、人工コミューンを破壊すると、四つ葉家の財力なら一、二ヶ月ぐらいで作れそうですが、もう必要ないと言っていますし、普通にキュアセバスチャンの出番は終わりでしょうか、キュアセバスチャンはテスト走行で無茶苦茶楽しんで地面破壊しただけだったなあ。

 今週は非常に面白かった。普通に終始キュアセバスチャンで飛ばすのかと思いましたけど、前半だけで後半はマーモことキューティマダム回でしたね、タイトル的に考えればそうなるというのはすぐに解りますか。
 まあキュアセバスチャンを無双させると「キュアセバスチャン一人でいいんじゃないか」状態になりそうですし、戦闘を行なう前に変身アイテムが敵に渡るという展開は納得できて良かったです。

次回予告
 おいおいマジかよ……。
 しかし、ポッとでの外国人よりは、初期から出ているキャラなので許せるのであった。六花なのが少し辛いのですが、恐らくイーラは記憶喪失ですし、普通に元に戻るのでしょうかね。まあ後々改心するフラグなのかもしれません。
 
 来週は六花回ですし、非常に楽しみです。

戦姫絶唱シンフォギアG EPISODE3 終焉を望む者、終焉に臨む者 感想

 三話とは思えない展開だと思うも、そういやシンフォギア一期も三話の時点で風鳴指令が無双したりクリスが登場したりと急展開だった気がしますし、シンフォギアらしい速度なのかもしれませんね。

 天より落ちた巨人を目覚めさせたと、今回のボスは化物になりそうですけど、ノイズじゃなければ風鳴指令がなんとかできそうな気がするなあ。流石に八つ裂きにされる可能性を考慮すれば風鳴指令も出てくることができないのかもしれませんけど、このシンフォギアGでは風鳴指令が出てくるのか解らないなあ。

 情報収集をしていた緒川さんがクソ強くて笑いました。この世界の大人はOTONAって呼ばれている程ですけど、本当に大人は強いな。武器で囲まれたのに平然とボコって反社会的な方々って言っているのは相当ヤバいのですが、「忍法を使うぞ!?」「身体が動かないッ!?」がとても良いですね。風鳴指令とは違う強さを持っていそうですけど、今回省略されたから出てこないんだろうなあ。これでもし次切歌と調を発見したら緒川さんが平然と捕らえそうな気がしてきました。

 切歌と調は響の話になり、何も背負ってないのに世界を救った英雄だと認めたくないと、調も何かあって響が嫌いなのでしょうけど、これは普通にラスト付近になったら仲間化していそうな感じがしてきます。まあ、理由次第で絶唱とかしてきそうな気もしますけど、理由がどれ程なのかが気になります。

 三話のOPで変更としてウェル博士が隠れていたのが完全に見えていた時点で笑っていたのですが、平然と、当然のとうにウェル博士がフィーネに登場して笑いました。三話でこの展開、流石シンフォギアですよ。「人の身に杉田」のタイミングで杉田さんのウェル博士を出してきたのは確実に狙っているだろうとしか思えない、この一発ギャグはとても面白かった。

 寝間着の調が可愛かったです。ウェル博士は爆発してしまえばいい。
調とマリアと切歌
 
 制服姿のクリスが可愛くて良かったです。二期はとりあえずクリスが可愛いのですが、どんだけクリス推しなのでしょうかね。このままでいって欲しいものです。
 そして学祭の準備から逃げてきたと、普通にクラスでは仲が良さそうですね。クリスがクラスでどんな会話をしているのかが全く解りませんけど、見た目が可愛いし強いから人気は出ているのでしょうか。

 今回は学祭が絡んでくるみたいですけど、これは当日に最終決戦とか、ベタですがシンフォギアなら確実にやってくるだろうと思うしかありませんけど、シンフォギアだから5話とか6話目に学祭回をやってきてもおかしくはありません。

 物凄くやる気無さそうに作業するクリスが可愛かったです「なんでこんなことをせねばならんのだ、帰って寝たい」と言わんばかり。
クリスと翼

 そして情報収集のお陰で敵の場所が発覚したため、夜間に乗り込むと、勝手に響とクリスを防人認定している翼に笑いましたけど、防人言葉を話すのは翼だけだからなあ。同じく防人言葉を話すマリア辺りとなら仲良くなれるのではないかと思ってしまいます。
 
 今週はクリスの変身と「バーン」とか言い出していたのには笑うしかありませんでした。可愛いけど、ちょっと初期に比べて丸くなりまくっていますね。歌詞が酷かったのもとても面白かった。「スーパー懺悔タイム、地獄で閻魔様に土下座してこい」とか、今の丸くなっているクリスらしい歌詞なのがとても良いですね。思い付きで書かれたかのような歌詞だ。

 罠にそってシンフォギア奏者の能力が低下していき、ネフィリムが登場し、平然とウィル博士が三人の前に出てきて笑いました。まだ三話だというのにこの展開、了子フィーネは結構隠していまいしたけど、アレは明らかに了子が怪しかったからなあ。もしかしたら怪しいとおもったら本当に黒幕は前期でやったので、怪しいと思わせてすぐに黒幕だと明かすことにしたのでしょうかね。真の黒幕は別にいるとかで、と思いましたけどもうラスボスっぽいネフィリムが出ているからなあ。

 ネフィリムはノイズの協力もあって空を飛びながら逃亡し、それを翼が追うと、潜水艦本部をジャンプ台にして潰すというのがカッコ良かったです。凄い勢いでした。
 そして翼の前に妨害が入り、水上を槍に乗ったマリアが登場し、捕らわれたウィル博士はフィーネだと宣言して終わると、この締め方はとてもカッコイイのですが、マリアは前回翼の風輪火斬で追い込まれていたからなあ。全く強そうには見えませんけど、次回で強さを見せつけたりするのでしょうかね。普通に帰りそうな気がしてきます。

 とりあえず次回は捕らわれているウィル博士をどうするのかが楽しみですけど、ウィル博士は普通に本部送りになりそうな気もしてきます。マリア一人じゃ弱っているとはいえシンフォギア奏者三人を相手に勝てる未来が見えないからなあ。一体どうするのかが楽しみです。 

アニメ感想(ダンガンロンパ3話とFree!3話)

 ダンガンロンパって本当に1クールなのでしょうか? 丁度この3話で体験版製品版一章の内容が終わりましたけど、次回から1話で事件が起きて1話で解決なのでしょうか、本編でどれ程事件が起こるのか解りませんが、それでペース的には1クールで終わりそうでしょうか。

ダンガンロンパ3話
 体験版だけはプレイしていて、その後実況動画で一章を見ていたのですが、内容はゲーム通りだったなあ。「さくらちゃんとは?」「我だ」が面白く「模擬刀の先制攻撃だべ!」もあってとても良かったです。

サクラちゃん
彼女は凶器「素手」とかでも普通に納得してしまう程の狂気を持っているなあ。

 内容はどんどん犯行が明かされていく展開で面白く、霧切さんがとてもヒロインしていましたね。彼女がどうなるのかは解りませんけど、???と彼女だけ肩書きが隠されていますし、それが明かされるまでは死ぬことはないのでしょうか。
 次回からは一切知らないのでどうなっていくのかが楽しみです。

Free! 3話
 全く競技に出る気が無かった遙を動かす理由として、温水プールを使うための予算を手に入れる為というのはとても納得できる理由で良かったです。コイツは風呂でも水着で入りますし、そりゃプールに入れるのならそれぐらいはやりますか。

 そして今回は新キャラの怜を部員にすると、怜はOPの時点でかなり強キャラのような感じがしていましたけど、普通に泳げないというのは結構予想外で良かったです。遙は今は劣化しているのかも知れませんが、実力はトップクラスだと思われますし、試合では怜が足を引っ張りまくる展開になるのでしょうかね。でも普通に身体能力は高そうなので、泳げるようになったら速いとかなのでしょうか。

  男が男に対して「責任とってくれる?」みたいなことを言ってきたのは、流石ホモ水泳アニメと呼ばれていただけのことはあるぜと思っていましたけど、今の所本編の内容は楽しんでいます。今後試合をどうするかになりそうですけど、部作りとか部員集めの一話完結は面白いなあ。相手校の部長が結構良い人だったのが好感持てます。練習に来ておいて水着持ってきていないとか相手校からしたら正気で無くても水着を貸してくれますからね。
 
 明らかにフリがあった怜飛び込みが凄まじくて面白かったです。怜は賢そうに見えるけど行動はバカっぽいキャラになりそうですが、今後どうするのでしょうかね。

銀河機攻隊マジェスティックプリンス #015 ヴェスタ防衛 感想

 MJPは前半ギャグ、後半シリアスをこのまま最後まで貫きそうですね。11話のように終始ギャグ回もありますし、最終話になると全部戦闘になるのかもしれません。

 最初に久々に指令が登場し、アッシュとパイロットは同じ遺伝子があり、自我がある為、最悪パイロットの自我が失われる可能性があると、そこからイズルがイケメンモードになっているので、普通にイズルの自我が消失してレッド5に乗っ取られたのかと思いましたよ。いや、最初の状態は乗っ取られているのだと思いますが。

 ずっと心配しているケイが非常にヒロインで、目覚めたイズルがケイに謝罪をした際に赤くなっていたのがとても可愛かったです。完全に恋しちゃっていますね。とても良かった。
ケイ

 一人称が俺になり、潰シュースマイルをかましていたイズルでしたけど、漫画も面白くなっていると、これに大して皆が驚いていたのがとても良かったです。本当にイズル状態だと理解不能の領域だったのでしょうかね。
 スルガに「平気さ」と言った際のイズルがイケメンで笑い、スルガとアサギが落とされると、アサギの表情が凄く面白かったです。完全にデレデレじゃないっすかー。ケイが若干怒っているのが良いですね。
アサギ

 そしてAパートが終わると、もしかしたらこの状態が暫く続き、戦闘時に皆と孤立してしまうのでは無いかと思わせておいて、後半始まった矢先にケイのケーキを食して意識不明、呼吸停止の重体になり、心臓マッサージで元のイズルに戻ると、これはMJPならではでとても良かったです。今までギャグばっかやってきたから、ギャグで覚醒状態戻してもそれが普通のように見えてしまう。アレなんでしょうかね。イケメンイズルの為にケイが愛情込めたらケーキの殺傷力が前回よりも更に増したのでしょうかね。もはや兵器だ。
 
 そしてドーベルマンが救援を要求すると、彼等は三人で行くと死ぬとしか思えないのですが、死亡フラグ発言もあって彼等も動く死亡フラグだと自覚しているのではないかと思ってしまう。ここまでやると死にそうになくなりますけど、それでも彼等は死ぬ未来しか見えない。

 イズルは今回出る事ができず、皆がステルスに苦戦すると、その際にルメスが情報収集をしているというのが良かったです。ルメスは戦闘要員とかではなく、こういう情報収集が主なのでしょうかね。そりゃ敵幹部は多いので、そういう役割の人がいて当然ですか。

 ラダが出てきた時点でラダだからという理由でウルガル側が勝利する未来が見えず、レッド5がコアだけで出るとイズルが言い、レッド5が出撃すると、コアだけで他者を凌駕し、敵を撤退させると、レッド5状態になってかなり強化されていそうですね。このまま他の皆も強化されてもおかしくありませんけど、話的に全員はならないのでしょうかね、まあ1、2話に一人のペースでいけば全員行けますか。

 アマネが大佐に昇格していて笑いました。潰シューと同じとか、潰シューは今週出番有りませんでしたけど、今後出てくるのだろうかと思ってしまいます。
 そして最後にルメスが都市学園に目的を定めると、なんだか最終決戦が始まりそうな終わり方でとても良かったのですが、24話なら後9話ありますし、暫くは普通に戦闘となるのでしょうか、この敵が主人公側の情報を持って行動を起こそうとしているのはとても好きですけど、ここからどう動くのかが楽しみです。

次回予告
 アサギさんなに幼女落とそうとしてるんですかー。
 
 来週は一話丸ごとギャグのような気がしますけど、二クール目は前半ギャグ、後半戦闘の流れなので、この予告でもBパートからは戦闘になるのかもしれません。どうなるのかが楽しみです。

サンデー33号 感想

 最近は慣れたのか書いていませんでしたけど、大分前に「今週のサンデーは270円!!」「なんとなんと、今週のサンデーは280円!」みたいなことを書いていたような書いていなかったような気がする私としては、この200円という価格には驚くしかありませんでした。最初普通に300円かと思った。マジで。来週300円になったら落ちが決まるんですけど、それは流石に無いよなあ。

神のみぞ知るセカイ

 天理ちゃんが可愛かったです。

 もうアニメも天理が出てきて歓喜しましたし、今週のサンデー感想はこれで良いんじゃ無いかと、私の中では満足してしまっているのですが、それができないのが私という人間の底なのでしょう。

 香織さんが地を這っている姿に笑いました。こんな小学六年生嫌ですよ。これをカメラ撮影していたらそれだけで攻略が終了しそうなレベル。
 普通に天理を利用しての精神攻撃に出そうですけど、その程度じゃ桂馬のメンタルが揺らぐとは思えず、普通に天理を利用していると理解した上での行動を取りそうな気がしますけど、どうするのかが楽しみです。
 
 今週は天理ちゃんが可愛くて大変素晴しい回でした。

史上最強の弟子ケンイチ
 今週の内容は新防具の入手ぐらいでしたけど、次回から始まる長老回がとても楽しみです。この人は何をどうやっても殺せる気がしない存在だからなあ。もうこの導入の時点から敵が可哀相になる領域なんですけど、一体どうするのでしょうかね。

武勇伝
 角との戦いは引き分けでしたか、でも剣はなんだかその結果に納得していなさそうな感じなので、武が本来のスタイルで戦えば普通に角以上なのでしょうかね。
 
 武が好きじゃないボクシングを見せたので萌花にが怒れば武も怒り、武が謝るも萌花が勘違いしていたと武の望まない答えが返ってきて終わりましたけど、これは一体どうするのでしょうかね。まあ次の試合で武の本体のスタイルでも見せればなんとかなりそうな気がしますけど、後四日間でどうにかするのでしょうか。

 次回の新連載は中々に頭が悪そうで楽しみですけど、エロいことしたら芸術点的な感じでポイントが入るとかなのかなあ。銀魂のビッチ選手権を真面目にやる感じで、どうなるのかが楽しみです。    

ドキドキ!プリキュア 第24話 衝撃!まこぴーアイドル引退宣言! 感想

 今週は本編よりも次回予告の方が衝撃的でした。次回は凄いことになりそうだ。

初っ端のマコピーの「ふらーい!」で笑いました。とりあえずアイドルやる回があると真っ先にこれをやるのが定番ネタになるのではないかと思ってしまうも、こう何度もやってくると笑うしか無い。
 
キュアエースの変身前、まどかと名乗る小学四年生が登場すると、小学四年生ならあの化粧も仕方が無いのではないかと納得してしまいます。しかし変身前の方が遙かに可愛いというのはプリキュアとして大丈夫なのだろうかと思ってしまう。少なくともエース状態はプリティでは無い。

 セバスチャンの菓子を食べてまどかは歓喜し、それに驚いているマナ達が面白かったです。
マナとまどか
 
 まどかは真琴に対して歌に迷いがあると言い、キングジコチューには勝てないと言って去ると、キュアエースは実力はあるから言うだけ言って去ってきますね。修行とかそんな感じでは無く、アドバイスだけなのでしょうか。
 マコピーは次のコンサートで引退すると言い、マナはそれを阻止する為に王女の面を被って王女になると、これは完全に馬鹿にしているようにしか見えなくて笑いました。久々にマナの狂気を見ましたよ。

 アリスが財力を使うも真琴は歌わずに走り、その際に全身が揺れて悲鳴をあげるダビィがとても可愛かったです。今までの妖精の中でもトップクラスに入るレベル。
 そしてコンサート当日になり、リーヴァがマスコミからジコチューを創り出してコンサートに乗り込むと、ここまでやってきたのは珍しいですね。観客達とか普通に怪物の存在を目撃したことになりますけど、記憶消去が知らない間に行なわれているのでしょうか。

 今回のジコチューは質問をしながら攻撃し、拘束攻撃も可能と、普通に新キャラが創っただけあって強いですね。アリスの回答は予想通りでしたけど笑いました。完全にオチ担当だ。

 その頃、真琴はアイの力によって王女と話し合うことができると、アイは本当に万能ですね。最終的に念動力でジコチュー粉砕して、もうアイ一人で良いんじゃ無いか状態になりそうな気がしてきます。

 王女様に歌って下さいと言われ、皆真琴の歌が大好きだと言い、歌うことを決意したソードが登場すると、その際のジコチューの「プリキュアなのにぃ~どぉして歌ってるんですかぁ~?それでもプリキュアですかぁ?」がクッソウザくて笑いました。良い感じに精神攻撃していたなあ。

 ソードからオーラが出て、まどかが登場して解説が始まり、プリキュアは愛に目覚めると強くなれると、そこからキュアエースが活躍し、ソードがトドメを刺すと、それ自体は問題が無いのですが、前回もそうでしたけど、その回のメインとエース以外は完全にかませと化しているこの状況は大丈夫なのだろうかと思わずにはいられません。

 そして最後にソードが歌うことを決意して終わると、タイトル通り引退ということにならないのは普通でしたけど、今週見ているとやはりジコチュートリオは今後空気になりそうですね。彼等はどうなってしまうのかが気になります。

次回予告
 ちょっと待てやwww色々おかしいんですけど、こんなことをやってくると驚くしかない。
 
 遂にやりやがりましたね、キュアセバスチャン。もうキュアセバスチャンのインパクトが強すぎて恐らくキュア化しているであろうマーモのこととかどうでもよくなるレベルなんですけど、来週普通にセバスチャンの変身シーンを入れてきそうだなあ。もう予告見た時点で酷いことになる未来しか見えませんし、次回が非常に楽しみです。

ジャンプ33号 感想

 今回の付録のジャンプブックを見ていると、16年、13年、11年、15年、9年と、この次がトリコの5年年で、ナルトとBLEACHは今やっている編がラストだと思われますし、結構長期連載作品も締めに向かっていますね。あ、ハンターは知りません。ほぼ同期のワンピースと単行本数が倍差というのはある意味凄い。ワンピースとほぼ同時期に連載していたなんて全く覚えていないなあ。
 というか、べるぜバブですらもう4年なのですか、クロス・マネジがそろそろ一年経ちそうだと考えると本当に月日の速さを感じてしまいます。この付録は今のジャンプ作品の連載年が再確認できる良い付録でした。

銀河パトロール ジャコ
 そして鳥山先生の新連載からスタートと、今週はほとんど説明でしたけど、これは凶悪な宇宙人との戦いがメインといなるのでしょうかね。

続きを読む

戦姫絶唱シンフォギアG EPISODE2 胸に力と偽りと 感想

 企画原作の方のツイートで「台本が邪魔だァアアッッッ!!」と叫びながら台本を投げ捨てて演じた人が居るみたいなのですが、ネタなのかマジなのかが解らないと思い、ネタなのかマジなのか解らないって凄いなと思わずにはいられませんでした。
 
 歌いながら戦闘が始まって、歌による妨害に新カットインと、今回はシンフォギアバトルで非常に楽しめました。

 新OPからスタートと、公式サイトの絵的に考えて響とマリアが殴り合うとしか思えませんでしたけど、マリアの相手は翼で、響は調になりそうですね。しかしウェル博士は隠す気一切無いなあ。ちょっとだけしか出ていませんけど、今週のラストでも明らかにウェル博士らしき人が出てきましたけど、あんな黒幕的登場してきたら絶対に黒幕だろうと思うしかありません。ここまで行くと普通にウェル博士では無さそうで、ウェル博士だったら驚くってそれは去年の了子でやったからなあ。

 国土の割譲をマリアが要求すると、まあノイズ操れるんだから大体なんでも要求できそうですけど、凄い無茶言ってきていたのが良かったです。前回泣いてた人とかは普通に国民になりそうな気がするなあ。

 マリアはオーディエンスを解放すると、なんだか普通に人質を取らないとかやってくるとクリスの如く終盤になったら仲間化していそうですけど、今の所マリアが何したいのかが解らないので何とも言えませんね。フィーネ的な人とかが居ないからなあ。あのナスターシャ教授がシンフォギアを纏えるとは思えない、歌えるとも思えない。

 新キャラの中では調がとても可愛いです。マリアさんは防人系で若干翼とキャラ被っちゃってるからなあ。
調と切歌

 人質の観客を帰した以上、翼の保身以外の理由が無くなったかのでマリアが殴りかかってくると、ガングニールだから殴りかかってくるのかと思ってしまいましたけど、マントで攻撃してくると、マリアは基本的にマントを主体に戦うのでしょうかね。あんまり攻撃力は無さそうだなあ。

 翼が変身すると、逆羅刹で笑いました。この状態でカットインは流石の私もダサいと思わずにはいられない。蒼ノ一閃は良かったです。
 そして新技である風輪火斬。これは動作、演出、名前から全てカッコ良くて非常に良かったです。これはもう一撃必殺レベルの技だと思われるのですが、マリアはダメージは受けているも重傷とまではいかなさそうですし、マントの防御能力が高いと考えても良いのでしょうか。
翼

 そしてトドメを刺そうとする翼に対し、調が歌いながら攻撃に入ると、百輪廻α式に笑いました。円盤飛ばすのだろうと名前から推測できますが、α式が面白かったです。
 響とクリスも参戦し、三対三になると、初っ端から響が会話に入ると、これは唐突でしたけど敵だったクリスが仲間になってくれたことからくるものなのでしょうかね。

 それに対して調達は怒り、調が歌って攻撃を再開するも、教授は増殖ノイズを出して撤退を指示を出してマリア達はアームドギアでノイズを破壊し増殖させた後に撤退し、響達は絶唱を行なおうとすると、現時点では最強技であろう絶唱ですけど、2話という序盤で使ってしまうのですね。良い全力っぷりですけど、今後大丈夫なのだろうかと思ってしまう。この勢いこそがシンフォギアですね。

 響の絶唱拳が炸裂してノイズは消滅し、マリア達が化物だと認識していたのが良かったです。まああんなの直撃したら一発昇天でしょうし、敵としたら驚異過ぎますね。

 そして最後に響が調が発した偽善という言葉を思い返して涙を流し、何かしら過去にあったことが判明すると、次回は響の回想から入るのでしょうか。響は過去に何があったのか一切語られていませんでしたし、どうするのかが楽しみです。 

アニメ感想(ダンガンロンパ2話とFree!2話と神のみ1話)

 私の地方では金曜夜に私モテが放送されます。土曜に感想を書こうと思えば毎日感想を書かなければならないことになってしまうのですが、面白すぎたら普通に感想書くんだろうなあ。と思えば今週土曜はジャンプですか、月曜に回そう。

ダンガンロンパ2話
 体験版は相当前にプレイしていたのですが、結構覚えているものですね。全く覚えていませんでした。現時点では普通にゲーム通りなのですが、次回はゲーム通りになるとは思えませんし、どういう演出を見せてくるのかが楽しみです。

 前園さんが死んだのは残念でしたけど、ヒロインだと思わせておいて死亡はインパクトあって良いですね。その後の江ノ島死亡も初っ端の説明役としての死亡でしたけど、まあモノクマがガチで殺しにくるというのは皆に知らしめておいた方がモノクマの脅威になりますし、説明として一人ぐらいは殺してしまいますか。
 しかしEDで死亡者が増えるってのはデビサバの逆突いてきて笑ってしまいましたよ。こんなEDやってしまうと全滅ENDも有り得るような気がしてきます。2話でも体験版の内容が終わっていないとか、尺的にキツいだろうと思うしか無い。

 次回が裁判をどうするのかが楽しみで、次回以降は体験版以降の内容になりそうですし、私は全く知らないのでとても楽しみです。

Free!2話
 廃墟の後に他校侵入と、どんどん侵入時の迷惑度が上がっているとなると先生とすれば怒るしかありませんね。廃墟に凜がやってきた理由として江が関わっていたというのは良かったです。突然な登場でしたけど、まだ納得できる理由がありました。

 そして水泳部を作ると、なんだかアッサリ出来ましたね、水泳部。4人必要でプールも使えるようにしなければならないと、まあアッサリではありませんか。
 遙と凜の戦いは凜が勝利し、勝利時は喜んでいましたけど遙の発言に怒ると、そりゃ勝って喜んでいたのにあんな発言されたら怒りますか、凜、勝った時は普通に喜んでいたからなあ。

 中学一年の際に帰国した凜と遙が会っていたと、遙が勝利して凜がショックを受けると、現時点で遙は普通に全国上位レベルとかなのでしょうか。外国行った凜を倒せる程だからなあ。
 しかし怜は全く出てくる気配がないなあと思っていましたけど、次回予告で登場すると、こういう途中参加の新キャラ強いと相場は決まっていますが、現時点で真琴と渚がどれぐらいなのか解らないのでなんとも言えませんね。

神のみぞ知るセカイ女神編 1話
 一期だと1人に3、4週ぐらいかけていた女子攻略を放送開始5分ぐらいで3人分終わらせやがった……。

 せっかく三期だから天理とディアナを三話ぐらいでやろうとか前にサンデー感想の際に書きましたけど、本当にそんな余裕は無いんだろうなあ。OVAで攻略があっただけ良かったと考えるべきなのでしょう。

 鮎川天理ちゃんだー!
天理

 初っ端で出番があって凄く嬉しいです。そりゃ女神のことを話すのならディアナが必要ですし、これは暫く出るのでは無いでしょうかね。非常に楽しみです。
 今回は女神の説明と、そりゃ説明が無ければこの編は全く意味が解らないと思いますけど、一期と二期を見ていない完全初見の人にはかなりキツいですね。二期が二年前だからなあ。初見の人が居てもおかしくない気がしてきます。

 そしてかのんの中に女神が存在しているのかを桂馬が考え、かのんは桂馬に助けを求めるもアポロが桂馬から離れ、リューネに刺されて終わると、神のみはサンデーの際に感想を書いているので特に書くことが無いのですが、一話で結構話が進みましたね。次回も楽しみです。 

銀河機攻隊マジェスティックプリンス #014 アッシュの影 感想

 今週は戦闘場面が大変素晴しかった、震えるしかない。

 最初にアンジュが皆と訓練をする場面を入れてくると、普通にラビッツのメンバーを上回ると、胃が痛くなっていたスルガに笑いましたけど、ここまで優秀だと今後本当にどうしていくのかになりそうですね。幸いなのはあのキレた状態は長くは保たないということでしょうか、まあ、イズルとの模擬戦後はケイに叩かれるまであの状態でしたけど、戦闘中か戦闘後でない限りは大丈夫なのでしょうかね。

 アンジュは家庭科も得意だからおやつを作ることになり、ケイも作ると、危険物にしか見えない存在を笑顔で渡すケイがとても良かったです。青とか、彼女の眼には何が写っているのだろうか。
ケイ

 そして唐突にイズルの元にテオーリアが登場すると、自由に出歩けるようになったみたいですが、ケイが今まで積み重ねてきたヒロイン力を一発で凌駕するヒロイン力を見せてきましたね。これが正ヒロインの力だというのだろうか、しかし「昔のイズルはテオーリアさんを護りますと言っていました。イズルは私にとってのヒーローです」はイズルの能力値向上の為に発せられた言葉のようにも見えてしまう。一番イズルが言われて嬉しい言葉だろうからなあ。まあ、過去イズルがどんな人物なのかテオーリアの口以外では一切語られていないので解りませんけど、今後過去イズルの説明が入るのでしょうか。

 そしてドーベルマンの救助を行なうミッションを受けると、ここでドーベルマンが死ぬんじゃ無いかと思ってしまいましたよ。彼等はそろそろ死んでもおかしくないからなあ、本当に死にそうな三人ですよ。
 アンジュのスイッチが入らないか心配しているラビッツに笑いました。そりゃキレたら個人行動とって言うこと聞きませんし、仲間としては頼もしいのは頼もしいのでしょうけど嫌すぎるよなあ。

 ラビッツが向かえばジアートが待ち構えていると、今回は軽装備だと西園寺が言っていましたし、普通にそれが理由でジアートが見逃すのではないかと思ってしまいました。それぐらいしかないだろうと思わずにはいられなかった。
 タマキを見て可愛いと言っているパトリックに笑いました。しかしそれを見てドン引きしているランディとラケシュは笑いましたけど中々に酷いですね。タマキの性質を知っているとかなのかなあ。単に年下好みに驚いているだけなのかもしれませんが、乳かもしれませんけどね。

 ジアートとイズルの間にアンジュが立ちふさがり交戦するも蹴り飛ばされ、それだけでぶちギレ起こしていたアンジュに笑いました。クソ真面目なギャグを見せつけられましたよ。「はじまった……」って嫌そうに言っているイズルもポイント高いです。本当に嫌そうだ。

 ジアートは掌から気弾を放てるようになっていると、敵も強化されているというのが良いですね。しかしただでさえ速くて強いのに攻撃も多彩とかボスに相応しいスペックですね。
 そしてアンジュとジアートの間にイズルが入り、最初と同じ状態になると、それでもジアートが勝りましたが、テオーリアの台詞によってレッド5が変形を起こすと、ここの変形場面が非常に良かった。2クール目に入りましたし、主人公機が進化するというのは王道的でとても良いですね。
レッド5
 
 そして新たな武器チェンソーでジアートとの戦闘に入ると、主人公がチェンソーというのも珍しいよなあと思うしか無く、ここからの戦闘は物凄かった。この戦闘場面は尋常じゃない程に素晴しく、そりゃ総集編も入るよなあと思うしか無い程でした。いや、総集編が入ったからこうなったのかとか解りませんけど、総集編で一話消えても納得できるレベルでしたよ。

 ジアートも変形し、変形レッド5と互角の戦いを見せ、その際にドーベルマンが助かると「ありがとうタマキちゃん」とかパトリックがギャグ入れてきて笑いました。あそこで目を輝かせて背後でドン引きは笑うしかありませんよ。タマキは良かったねと思うしかありませんが、タマキは付き合ってからが問題のような気もしてくるなあ。あのビデオ見せてプロレスだと思ってしまう程ですからね。

 イズルが強くてレッド5に限界が起こり、ジアートがトドメを刺そうとすればドーベルマン達が妨害して去って行くと、今週は覚醒イズルに対し変形を起こすことでレッド5の限界を引き起こすジアートと、イズルが覚醒してジアートを追い詰めますが、そこからジアートも変形を起こしてレッド5を限界まで持っていくことで格を一切落とす事なく去ることができていた展開が素晴しかったです。

 今週は前半でアンジュの能力を見せ、テオーリアを登場させ、後半で戦闘と、新キャラは初回では無茶苦茶強いの法則通り前回は無茶苦茶強かったアンジュですが、ジアートには普通に負けてしまうレベルなのですね。こうなると他のウルガル幹部戦も辛くなるのではないかと思ってしまいますが、ジアートがボスだと考えれば負けてしまうのも仕方ないのかも知れません。ジアートはイズル以外だと勝ち目がない程に差がありそうですね。

次回予告
 アサギさん、遂に胃でも破裂したんですか、でも楽そうな表情だしなあ。

 タマキが頬を染めているのでパトリックが告白したのかと思ってしまいますけど、実際そうなったらどうなるのかが全く解りませんね。

 最後の意識が戻り、歯を光らせたイズルが凄く面白かった。ショックでバカになったとかでもおかしくありませんけど、一体イズルに何が起こったのでしょうかね。「僕はテオーリアさんのヒーローだからね!」とか言っていそうな表情ですよ。
 
 今週は動きが最高でした。次回も非常に楽しみです。 

ジャンプSQ8月号 ToLOVEるダークネス 第33話 感想

 今月は凜がエロかったのですが特出して狂った場面は無く、平常運転でしたね。これがもはや平常運転なのだから恐ろしいです。

第33話「Appreciation~進みゆく想い~」

続きを読む

サンデー32号 感想

 ピクミン3が出ますね。WiiUなので暫くは購入しませんけど、羽ピクミンはキモイなあ。評価が物凄く避ければWiiUの購入を考えていますけど、ピクミン3だけの為に購入するというのは躊躇ってしまう。

神のみぞ知るセカイ
 アニメが始まりましたね。アニメの感想は明日のアニメ感想で他アニメと纏めて書いていこうと思っていますけど、一期二期で一人を結構週かけて攻略してきたのに対し、女神のことをやりたいので一話で三人分ダイジェストで終えていたのには驚きました。これを考えれば天理OVAの天理は優遇されていたのでしょう。

 今週は香織との会話と、キレた場面が良かったのですが、小学六年生かよと思ってしまうも、小学六年生ぐらいなら言いそうですね。これを民衆の前でやって皆が失望するとかなのかなあ。

 次回からどんな攻撃が来るのかが楽しみですが、彼女のことだから精神的な攻撃じゃ無くて物理的な攻撃がきそうですね。

名探偵コナン
 今週のコナンは笑いっぱなしでした。(ちっ!かわしやがった!?)が非常に面白かった。明らかに殺す威力じゃねーかwww
 
 柱を折って天井を落とす京極にキッドが逃げようとするも京極は空を飛ぶと、これには流石のキッドもドン引きですね。余裕で人知超えてるからなあ。

武勇伝
 今週サブマリンアッパーを発動させましたけど、練習試合でここまで手札切って大丈夫なのかと思ってしまう。こんなビックリ技初撃は直撃するだろうけど、二撃目は対抗できそうだからなあ。まあ、角も馬鹿にされていたから勝たなければならないと考えていたのでしょう。

 ほぼ互角でしたけど角の得意なフィールドでやりましたし、勝敗はどちらでも普通に実力は四天王クラスだと皆が認める展開になりそうですね。 

 デュエルマスターズの漫画、終わりましたね。知っているカードが出た時は楽しめましたけど、知らないカードになるとあんまり楽しめないのは当然と言えますが、最初の場面は私が知っているカードが結構出ていて楽しめました。 

アニメ感想(ダンガンロンパ1話とローゼンメイデン1話)

 ファンタジスタドールは一話の時点では微妙だったなあ。タキシード仮面の如く先生が変装して登場した所は面白かったのですが、特になにも思うことが無い一話でした。まあ、これからに期待します。

ダンガンロンパ 1話
 ゲームは体験版だけプレイしました。購入しなかった理由を書けば2話ぐらいのネタバレになるから止めておきますけど、本編が面白ければ原作ゲームを購入するのも良いですね。

 初回はモノクマによる状況説明と、大山のぶ代さんの声を聞くだけでテンションが上がってしまうのは思い出補正というやつなのでしょう。しかし声優豪華ですね。
 隔離された空間で十五人が殺し合うと、とりあえず見た目的にヤバそうな大和田とさくらの行動次第のような気もしてきます。鉄は粉砕できないのでさくらも人の身なのですね。

 舞園さんがヒロインしていて可愛かったです。しかしラストは苗木のだけを見ていると椅子が粉砕されただけですし、これじゃああんまり動じることはないような気がしてきます。隔離空間で精神が不安定だったからでしょうか、体験版がどうだったのかはもう覚えていないなあ。

 一話は面白かったのですが、これは私が体験版で楽しんでいたからであり、実際初見だったら何を考えているのかが解らない。設定とか非常に好きなのですが、普通に原作通りなので次回も原作通りになりそうですね。あの場面をアニメでどう見せてくるのかが楽しみです。

ローゼンメイデン 1話
 バ、バーズコミック1巻~8巻までを、一話で終わらせやがった……。
 初見の人はこれを見てどう思ったのでしょうかね、原作知らなければ相当厳しそうです。

 前作が8,9年ぐらい前なので絵が非常に綺麗になっていますね。一期、二期と比べるとドールが小さいような気もしてきて違和感を感じるも、原作通りならこれぐらいだよなあ。

 とりあえず水銀燈が素晴しかった。
水銀燈

 そして他のドールも全体登場していき、翠星石が登場して蒼石星を助ける話になると、蒼星石がすぐにローザミスティカを出すことになってしまったのは残念でしたが、ローザミスティか奪い取った水銀燈が非常に可愛かったです。この一話はとりあえず水銀燈が可愛いな。
水銀燈2

 そして前作では薔薇水晶というオリジナルキャラによって出番がほとんど無かった雪華綺晶が登場すると、雛苺を平然と取り込み、真紅がローザミスティかを手に入れ、ジュンが扉を開けて終わると、物凄い速度の一話でしたけど、バーズコミックス版は全巻持っている私が楽しめました。ヤングジャンプ版が今連載されていますし、優先するのならそちらですし一話で総集編風にして終わらせてくるというのが良いですね。普通にヤンジャン版で始めたら何をするアニメなのか解らないだろうからなあ。

 予告を見ると次回からはまかなかった世界になりそうですし、とても楽しみです。

新・世界樹の迷宮 ミレニアムの少女をプレイ その4(コロトラングル撃破まで)

その1(体験版内容終了まで)
その2(体験版・全てを狩る影撃破まで)
その3(第二階層クリアまで)

 未だにボス戦含めて全滅0という私の中の世界樹では有り得ない状態になったのでExpertに変更しました。敵の一撃がクソ重いなあ。HPは図鑑通りなので変わらないと思うのですが、明らかに硬くなっている。
 
 とりあえず第三層前のグラズヘイム2面に、今回のは壁が消滅していくと、とりあえず扉アイコンを入れていましたけど、横の数字に合わせて数字アイコンぶち込んで開けて進んだ際に消していく方針の方が良いですね。1番の扉を解除した際に気付きました。

続きを読む

ジャンプ32号 感想

 銀魂の映画を観てきました。非常に面白かった。くじの未来エリザベスは広告記事で隠しているので、やはりアレはネタバレ防止の為に隠しているのでしょうかね。未来エリザベスはとても良かったです。

暗殺教室
 なんだか五英傑は今後も出てきそうな感じの紹介をしてきましたけど、小山はもうこの時点で変身後みたいな感じになっていますし、どうするのかが楽しみです。

続きを読む

ドキドキ!プリキュア 第23話 愛を取り戻せ!プリキュア5つの誓い! 感想

 普通に強いドキドキプリキュアメンバーですが、新キャラは強いの法則に従ったキュアエースは無茶苦茶な強さになっていて笑いました。瞬間移動みたいな回避方法をとりましたからね。これはキツい。

 口紅ビームwww
 なんだかよく解りませんが笑うしかありませんでした。まあ、普通に考えれば新商品として口紅を使いたいのも解りますし、口紅をただのビーム兵器にするのなら光線銃にでもしてしまえば良いので、口に塗らなければならないのも普通に解りますけど、完全に口に塗る行為が無駄な動作になってるよなあ。口が魔力源でそこから魔力を抽出して飛ばしているのかなあ。普通に考えればそれぐらいしか思いつかない。

 そしてレジーナが倒され、マナが駆け寄ろうとすればレジーナは拒絶してショックを受け、エースがプリキュア五つの誓いとか言い出し、強くなりなさいと言うもマナが拒否すればラビーズを奪って去ると、いきなり現われていきなり何も説明無しで帰ったのでこの時点での好感は相当低いなあ。これは幼女様的にはアリなのでしょうかね。

 ジコチュー側にリーバとグーラという新キャラが登場すると、世界三つ破壊してきたという実績説明は良いですね。他に幹部が出てきたら世界を五つ破壊とか十破壊とかになるのかなあ。

 マナはショックを受けていると、本当に珍しいというかこれが初ですね。そしてレジーナの回想が入りましたけど、もうこれは完全にヒロインだよなあ。六花は今後どうするのだろうか。
 そしてアイが登場すると、私は「ああ、またジョー岡田が放り投げたのか」と思っていたのですが、そこからの記憶改竄で妹と化していたのには恐怖を覚えました。アイちゃん怖すぎだろ……。記憶改竄で支配者となることもできるのでしょうかね。下手したらマナを消滅させて自身をマナにして愛されるようになってきてもおかしくないレベル。敵に回ったら絶対に勝てない。

 今回のジコチューはマコピーにサインを求めた客二人と、サインジコチューはもはやサインではなく人拓の領域で笑いました。まあ、サインよりもレアだな。キュア拓というのは良いですね。
 リーバとグーラはジコチューを出した後も直接攻撃に出ていたのがとても良かったです。そりゃ棒立ちしなくても良いですからね。

 マナは前を向くことを決意して変身すると、オーラを装着していたので負ける気がせず、エースも変身すると、アイからビーム出て笑いました。本当に何でもありだ。
 キュアエースは普通に強そうですが、変身前の方が遥かに良いプリキュアというのも珍しいですね。差が有りすぎる。

 ハートとエースが敵を圧倒すると、こうなると他三人も強化が必要になってきますけど、今の所一番強化すべきは最近全く役立たないロゼッタリフレクションのキュアロゼッタでしょうか、素だと最強なんですけど、反射盾で反射どころか防御すらあまりできていないというのは辛いよなあ。

 ハートに抱きついているダイヤモンドが幸せそうで可愛かったです。
4人

 今回は敵味方共に新キャラが登場すると、エースの変身前は若返った王女とかなのでしょうかね。変身させているアイがよく解らないのですが、今後説明があるのでしょうか。

次回予告
 マコピーが引退すると、マコピーがアイドルやっていたのって主には王女様を探すためだったような気がしますし、見付かった以上王女の復活を優先したいのでしょうね。ここから引退をどう取りやめるのかが解りませんが、王女の説明が入りそうな気もしますし、どうするのかが楽しみです。

ジャンプSQ8月号 新テニスの王子様 Golden age103・104・105 感想

 許斐先生は本当に私の思考を上回ってきます。今月のテニスも凄まじかった。
 ファンブックが9月に出ると、ファンブックは許斐先生のインタビューが非常に面白く、内容も今までのファンブック通りなら非常に楽しめるので楽しみです。

Golden age103 それぞれの因縁 

続きを読む

戦姫絶唱シンフォギアG EPISODE 1 ガングニールの少女 感想

 遂にシンフォギア二期が始まりましたね。一期では月を一本背負いして地球に落とすという最終手段を見せてきましたけど、Gではそれを超えるものを見せることができるのだろうかと思わずにはいられません。

 Gは一期から3ヶ月後の話と、普通に色々前期の説明をせずに本編に入りノイズ戦を見せてくるというのが良いですね。新規は一期から見なさいと言わんばかり、まあ、2、3話ぐらいでノイズとそれに対するシンフォギアの説明があるのかもしれませんが。

 風鳴指令が出てきただけで笑ってしまいました。この人、生身でラスボス追い詰める程の実力者だからなあ。今回を対シンフォギア戦にするのなら、風鳴指令をどうするかになりそうな気がします。常に対人類戦なら無敵のノイズを配置しておかないと風鳴指令が突撃してきて終わってもおかしくないからなあ。

 クリスが相変わらず可愛くて良かったです。響とは非常に仲良さそうですね。
クリス
 
 そしてノイズ戦と、本当に相変わらず歌は歌うわ技名カットインは入ると、二期ということもあり作画が明らかに良くなっていて素晴しい出来でした。列車を利用してノイズを固め、全力の一撃で潰すと響が考えて行動していたのも良いですね。

 博士は前の了子が敵だと思わせておいて本当に敵とかやっちゃったから普通に敵にしか見えませんけど、博士だから狂人とかなのでしょうかね。まあ今後も敵だと思わせる行動をしでかしてくれば敵で確定なのでしょう。

 そして一話のお決まりとかしたライブシーンと、前回は高山さんでしたけど今回は日笠さんと、歌が巧くて良かったのですが、やはり前期一話のインパクトの方が凄かったかなあと思ってしまう。まあ全く知らなくて見たのと前期を見ていたというのもありますけど、一期の一話は本当に凄まじかったなあ。

 そして一話のようにコンサートをノイズが襲来すると、今回はマリアが操作していますけど、マリアは前期のクリスのように感心するのでしょうかね。ラスボス突っ走って消滅も良いのでは無いかと思ってしまいますけど、それは次回以降次第でしょうか。

 そしてマリアは宣戦布告を全世界に行ない、ガングニールを纏うと、響はガングニールの破片をシンフォギアとしていましたけど、残りの部分なのでしょうかね。黒いガングニールというのは王道的でとても良かったのですが、形状も同じだから近距離戦だよなあ。響と殴り合いが行なわれるのかが楽しみです。
 そしてマリアはフィーネと組織名を名乗ると、問題はこのコンサート会場で何をするのかになりそうですけど、翼が変身するのか、マリアが去って行くのかが解らず楽しみです。

 戦闘場面を入れ、ライブ場面を入れ、敵の正体を明かすという相変わらずの密度で非常に面白かった。

アニメ感想(Free!1話とMJP13話)

 今期になっても相変わらず週末にかけてアニメが多い気がしてくるも、なんか基本的に週末にアニメが多いような気が今更してきました。毎日一本楽しめる作品があると気にしないのですが、楽しんでいる作品が木~日に集中しているとそう思ってしまうなあ。

Free! 1話
 京都アニメーションの新作であり、男子水泳アニメと、物凄い方向転回を見せてきて興味本位で見て見ましたが、明らかに女性を狙っているような場面は多々あるも普通に楽しめました。
 一話にして二度の不法侵入を行なったり、水泳対決をカッコるけながら行なおうとすれば当然水が無くて止める等(というか遙は何故潰れたスイミングクラブに行ったのか、そこまで水を求めていたのか)普通に面白かったのですが真琴と渚が明らかに狙っている感が強かったのはどうにかならなかったのかと思ってしまう。まあ、このアニメが何をするのかが今現在よく解っていないので、真琴と渚がどうなっていくのかが解りませんが。

 普通に仲間かと思っていた凜ですが、公式サイトを見るとライバルキャラみたいなので彼がラスボスなのでしょうかね。この一話はキャラクター紹介みたいな話でしたけど、露出狂としか思えない遙等、普通に良かったです。今後水泳部をやるみたいですけど、その話次第でしょうか、一話の時点では期待しています。

 明らかに狙っているとしか思えない水着エプロンがとても面白かった。ここまであからさまだと女性視聴者はどんな反応をしているのかが解らないなあ。

銀河機攻隊マジェスティックプリンス13話
 新OPに変わりましたけど、普通に全員生き残る事ができそうな雰囲気になってきましたね。前のOPEDは普通にイズル以外消えるとか、そんな風に考えてもおかしく無い程だったからなあ。

 今回は前々から出ているも本格的に現われた新キャラアンジュが登場しましたけど、それはとりあえず置いておいて、今週のケイのヒロインっぷりは素晴しかったですね。ここまでやってもテオーリアが居るからどうしようもないだろうと考えてしまう辺りがとても可哀相。しかし、アサギの反応を見ているとアサギはケイのことが好きそうで、この関係が後々に響きそうですね。テオーリア次第になりそうな気がしますが、小声でイズルの応援をしていた所とかヒロイン力が高かった。

 置いておいたアンジュとブラック6になりますが、クソ強かったです。新機体は初っ端が一番強そうに見えますけど、ブラック6はやり過ぎなぐらいの圧倒っぷりを見せつけ、ウルガル軍団長クレインを粉砕すると、これはもはや他メンバーが可哀相だとおもうしかない程の差なのですが、アッシュの力を最大限に引き出せば残念ファイブでも同じ事ができるとかなのでしょうかね。この強さは受け入れよことジアートがラマタを変える程なのでは無いかと思ってしまいます。

 ブラック6は攻撃的で結構好きです。攻撃開始前の剣叩く所とかとても良いですね。
ブラック6

 そのアンジュは二重人格者の用ですけど、男版と女版みたいな感じでしょうか。あの狂人と化した状態も戦闘中の男版なのでしょうかね。ビンタで元に戻りますし、普通に次回辺りスズカゼが叩いて元に戻り、理由説明とかなのでしょうか、じゃないとEDの絵みたいになる未来が見えません。

 次回はジアートも出そうですし、2クール目から本格的に戦闘に入っていくのでしょうかね。

サンデー31号 感想

 神のみ女神編、EDがユピテルの姉妹とかアニメから見る人は明らかにネタバレだろうと思うしか無いのですが、EDでこれだとOPの時点でネタバレしまくっているのかもしれませんね。

神のみぞ知るセカイ
 香織が今回の攻略対象になると、悪女ですが小学生だからという理由で許せますね。しかし股間に蹴り入れる小学生を正すというのは勿体ないのかもしれない。

 香織が勝負として時間制限ありで精神勝負と、この時点で桂馬には勝てないだろうと思ってしまうのですけど、この子は股間に蹴り入れてくるので何をしでかすのかが解らず楽しみです。

史上最強の弟子ケンイチ
 蜉蝣さんって何年前だ……この作品は単行本持っていないので何が何年前に行なわれたのかが全く解らない。
 
 全員に武器を持たせるというのは相手も殺す気でくるのならアリだと思ってしまうのですけど、ここでケンイチが考えていると無さそうですね。武器破壊の為に破壊する武器を作っているとかなのでしょうか、それなら普通にあるやつ使っても問題無いよなあ。

名探偵コナン
 展示されている京極さんがとても面白かった。この人確か有名ですし何らかの企画だとでも思われそうですね。
 
武勇伝
 完全に倒していないので角が覚醒して反撃してきそうな展開ですけど、普通にサブマリンフック攻略しちゃったので角の出番はこれで終了なのではないかと思ってしまう。
 角は明らかにサブマリンフックに自信を持っているので、次回からどうするのでしょうかね。

 次回は爆サンと書かれていましたけど、あんまり期待していません。ジャンプが凄すぎた。

今期の視聴予定アニメ

 もう七月なので今期のアニメと化しましたか、今期の2クールアニメ、物語シリーズとかが終わることには年末だと考えると一年というものは速いなあと思ってしまう。去年の今頃は確かSAOですからね。SAOの一話は素晴しすぎて原作を即座に買いに行く程でしたけど、それがもう一年前の出来事なのですか。
 
 とりあえず一話はほとんどのアニメを視聴しますけど、継続視聴することを始める前から決めている作品について少し書いていきます。いつもは書かないのですが今期は多いからなあ。

Free!

 京アニの男子水泳アニメ、京アニだからという理由で視聴するも、継続している未来が見えない。まだ一話のあらすじすら見ていないので内容次第ですけど、今までの京アニ作品を見ていると急に京アニはどうしたのだろうかと思ってしまいます。

ダンガンロンパ

 大山のぶ代さんのドラえもんって2005年までなんですね。もう八年経っているのか……。

 ゲーム内容は体験版の最初の部分しか知りませんけど、これをどうアニメにしていくのかが楽しみです。悪魔のバトルが主であるデビルサバイバーよりはアニメにし易そうです。

戦姫絶唱シンフォギアG
 
 非常に期待しているアニメ、あの一期一話の勢いを見せて欲しいも、流石に二期だと無理でしょうか。前期からどうやっていくのかと思ってしまいますけど、シンフォギア同士の戦いが主になるのでしょうかね。

ふたりはミルキィホームズ

 スリーカードどころがアルセールまでリストラ喰らっていそうなんですけど、とりあえず三期なので楽しみです。

物語シリーズセカンド
 
 楽しみですけど真宵の部分はやるのかなあ。アニメしか見ていない人はショックを受けるのでは無いでしょうか。

ファンタジスタドール
 
 谷口監督が関わっているとのことで、かなり期待しています。ドールというのはローゼンが放送される今期だと厳しいのではないかしれないと思ってしまう。

ローゼンメイデン

 無印、トロイメントは非常に面白く、原作もバーズコミックス版を薄い8巻含めて全巻持っています。

 ヤンジャンに移動したローゼンですけど、ヤンジャン版は単行本は一巻しか持っていないんですよね。完結したら纏めて読もうと思っていて、なのでアニメは一巻以降の内容が非常に楽しみです。蒼星石は出てくるのだろうか。

幻影ヲ駆ケル太陽
 オリジナルアニメだからという理由で見ようと考えていますけど、あんまり期待はしていません。最初期待していなくても急激に面白くなる作品があるからなあ。

銀の匙
 原作視聴しているので普通に期待していますけど、どこまでやるのでしょうかね。

プリズマ☆イリヤ

 Feteだからという理由で見るも、この作品については何も知りません。これはギャグ主体なのでしょうか。

神のみぞ知るセカイ 女神編

 とりあえず鮎川天理の出番があれば良いなと思っています。毎週出て欲しい。
 女神編と、本編通りやるのかどうかは解りませんけど、1クールだと厳しいのでは無いかと思ってしまいます。2クールなのかもしれませんけど、どうするのかが楽しみです。


私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!
 これガンガンオンオンラインの時は大丈夫でしたけど、アニメだと声とか入るから精神的に辛くなって見るの止めるかもしれません。楽しみにしているんですけどね、内容はとても面白いです。カードイカサマ回とかやるのかなあ。

 これに2クールアニメの電磁砲、巨人、MJPと、今期は結構多いです。まあ、これから増えたり減ったりしますけど、どれも期待しています。

ジャンプ30号 感想

 もう今週末に銀魂の映画ですか、完結編とついているだけにどう締めるのかが楽しみですけど、本当にどうするのでしょうかね。

ONE PIECE
 サンジとヴァイオレットは一話飛ばしたかのような省略っぷりでしたけど、ルフィのトーナメント以外のメンバーは速く終わらせていくとかだったりするのでしょうかね。

続きを読む

プロフィール

ジョージ

Author:ジョージ
アニメ・ジャンプ等の感想を書いています。最近はあんまり暇じゃないのでブログ名変えようかと思っています。

トータルアクセス
アクセス
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ツイッター
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる