FC2ブログ

ドキドキ!プリキュア 第22話 ピンチに登場!新たな戦士キュアエース! 感想

 タイトル通りでしたけど、エースの出番は本当にタイトルの通りの登場で一瞬だったなあ。

 クリスタルからどう王女様を救出するかになると、真っ先に私は「私にお任せ下さい」とかセバスチャンが言い出すのではないかと思うも、流石にそこまで万能では無いのであった。
 
 王女様の眠りを覚ますには王子様のキスだと六花がいいましたけど、ツバメの時といいそういう王子様系統の本ばかり読んでいるのだろうかと思ってしまう。この際の嫌そうな真琴とセバスチャンに目隠しをされていたアリスが良かったです。

 ジョー岡田は王女を隠すと言い、その場所はプリキュアメンバーにも明かさないと、まあレジーナが近くにいましたしそりゃ警戒しますか、真琴からしたら不愉快で仕方が無さそうですが。
 
 そしてレジーナはマナの家に泊まることとなり、レジーナがパパとの思い出が無いと言い、マナが「あまりお出かけしなかったの?」と聞いていましたけど、そりゃ体格的に厳しいよなあと思わざるを得ないなあ。まずキングジコチューって二足歩行で歩けるのでしょうかね。

 「キングジコチューに会いに行こう!」って当然のように発することができるマナはスゲーな。王女も救出しましたし、まあ話し合いで解決できるのならするべきだとは思いますけど、当然のように会いに行こう!と言えるマナは凄い精神だと思うしか無い。

 そして予告にもあったマナとレジーナが一緒に眠るシーンと、これは凄いな。最近の幼女向けアニメはここまでやるのか、私如きでは幼女様の心が解るわけありませんけど、これはレズレズじゃのうと言うしかあるまいて。
レジーナとマナ
 
 キングジコチューはレジーナを探してくるようにジコチュートリオに命じると、キングジコチューは普通に父親やりたいのかが解らないなあ。記憶も操作しているっぽいですし、何かしらの目的はあるにしても、普通にレジーナのことは好きそうですね。

 そして海回に突入すると、海回自体はほとんど次回予告の一枚絵みたいな感じでしたけど、そこからマナの父親とマナの仲が良い場面があり、レジーナもキングジコチューと仲良くなりたいと考えていればジコチュートリオが登場し、マナ父は一撃で岩に直撃して気を失うと、普通に考えて重傷だと思うのですが大丈夫なので大丈夫なのでしょう。このマナ父の退場方法は流石にどうかと思うも、マナ父は保護者なので都合良く離れていたという訳にはいきませんか。

 イーラとマーモが連携攻撃を行ない、ロゼッタリフレクションでガードして正面に集中している間に背後からベールが叩くと、ジコチューなのに連携とれていて笑いました。ここまで協力して戦うのって初めてなのではないでしょうか。
 そしてレジーナがマナ達の元に向かおうとすればキングジコチューの幻が登場し、愛を知ったから心が痛み苦しくなった。そんな感情は捨てて帰っておいでと、普通に優しそうに対応していて笑いました。やはり家出されて堪えるものでもあったのでしょうか。

 レジーナが怒ったらキングジコチューが謝ったwww
 あんだけ先週キレておいて今週になって謝るとか、本当に家出が堪えていたんだな。そしてそれでも悩んでいるレジーナにジャネジーをキングジコチューが渡してプリキュアに敵意を持つと、その際のレジーナの「私とパパが居れば良いの」で暫く笑いました。クソ真面目な場面で真剣な台詞だと思うのに、ジコチュートリオの名前が無いだけで私の中ではギャグになってしまう。

 声をかけても攻撃を仕掛けてくるレジーナに対し、ソードはフォースアローで浄化するしか無いと言ってアローを放とうとするもマナが打てないのは良かったです。現時点で最強技ですし、それがアッサリかませとなる末路を辿らず、マナなら打てないと思うしか無いので打てないというのが良いですね。

 そしてレジーナの攻撃に対し、キュアエースが防いで終わると、王女が若返ったのかアンが成長したのかは解りませんけど、やっぱり浮くよなあキュアエース。口紅とか、これ次回どう説明付けるのかが楽しみです。

次回予告
 明らかに新キャラ居たんですけど、今まで新プリキュアはレジーナとか王女だとかアンだとか考えておいて、新キャラだったらちょっと面白そうだと思っています。しかし男キャラが新たな敵とかだったらジコチュートリオはリストラだよなあ。今週はこのタイトルの癖にキュアエースの出番はラストだけでしたし、次回どうするのかが楽しみです。
プロフィール

ジョージ

Author:ジョージ
アニメ・ジャンプ等の感想を書いていました。

トータルアクセス
アクセス
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ツイッター
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる