サンデー26号 感想

神のみぞ知るセカイ

 天理ちゃんが可愛かったです。

 今週のサンデー記事で書きたかったことの9割が終わってしまいましたが、残りを書いていきます。

 神のみ、他なんか書くことあったかなあ、とこの記事書き始めてから読み返してみましたけど、特にありませんでした。水着披露と帰りたいと考えている場面がベスト。

銀の匙
 池田が可愛かったです。久々の銀の匙感想がこれですよ。それ程までに可愛かった。

 今週の十日一割は、多分一年後ぐらいになって地獄を見る伏線が張られた気がしなくもないのですが、これは回収されなければ回収されない程に金額が増していくので、どうなってしまうのかが楽しみです。

史上最強の弟子ケンイチ
 コナンは同じ日を何度も繰り返しているとしか思えないループ設定で物凄い巻数になりましたけど、ケンイチは話は常に進み、51巻も単行本が出ていますけど、一切終わる気がしてきませんね。最終的にケンイチが今週規模のバトルを見せるのだとすれば、100巻ぐらいになっても今週の領域に到達できていないのではないかと思ってしまいます。

 次回で決着がつくみたいですけど、普通に田中さんが死ぬとしか思えず、これは長老が来るレベルで無いと田中さんが生存できないと思われるのですが、どうするのかが楽しみです。

今際の国のアリス
 ブラックジャックゲームが、銃殺ゲームになった……。

 いや、イカサマしたから死ぬとは先週言っていましたし、こうなるのは理解できますけど、ブラックジャック要素を投げ始めて笑ってしまいましたが、ラストはブラックジャックのルール通りで戦ったというのは良かったです。普通にイカサマで勝てる状況でもゲーム勝負で締めることチシヤの狂気も見せましたし、良い読切りでした。

NOBELU
 オカンの先週の余裕はなんだったんだwww

 後は多重人格が病気であり治療といった引きでしたけど、実際そうですしどうするのでしょうかね。受ける気は無いとでも言うのでしょうか。

武勇伝
 サブマリンフックとか、ゼロレンジジャブとか、この名称付けは流石は四天王と名乗りし連中ですね。東の相手は百八式アッパーとかでリングアウトしてくるのでしょうか、どんだけリングアウトを期待しているんだ。

 丸が結構実力を晒しながら戦っていたのには好感が持てました。それせいで一切加減しているようには見えませんでしたけど、これでも加減しているとかなのでしょうかね。
 
 今週良かったのは東があのサンドバッグを見てもなお挑戦することができていたということですね。非常にカッコ良かった。理由も仇をとってやる!!と、かませになる未来しか見えませんけど、東は練習試合で勝利したりもしていますし、単にかませになるとかではなく、一撃耐えるとか、足掻くことはできるのかもしれません。次回は東がリングアウトするのかどうかが楽しみです。
スポンサーサイト

真・女神転生4をプレイ その5(リリム撃破まで)

 東京広いな……。迷ってしまう。
 その4はその5を書いている最中に書いたので、最初の部分だとその4の方が主人公のレベルが高いです。

 アプリのスキルハイコンバータ……。変異するスキルを良いものにするというアプリですが60ポイントは高すぎる……。メディアラハンとか、そんなレベルじゃないと釣り合わない気がするぞ。
 後半になると役立たないも、レベル的に恐らく中盤の今だと役立つよなあ……。トートのメギト入手を終えてからにしよう。

続きを読む

ジャンプ26号 感想

 銀魂の映画、成長した新八と神楽って、もうこの時点でロクでもないことにしかならないだろうと思ってしまうのですけど、未来新八で笑いました。今回はガチな模様って、見た目が大きく変わっている時点でガチもクソもないと思うんだけどなあ。

暗殺教室
 律で笑いました。この子は期待を裏切らないな。

続きを読む

真・女神転生4をプレイ その4(仲魔紹介、主人公Lv32)

 今日中に書こうと思っていたその4は文字数が短いので明日に回そうと思い、とりあえず今までの仲魔のことでも軽く書いていきます。

 主人公のパラメーターはその3で書いた状態からレベルアップの際に魔に振っている程度なので書きませんけど、とりあえず仲魔ですね。

続きを読む

アニメ感想(魔王7話とMJP8話とヴヴヴ7話)

 デビサバは結構死んでしまいどうなってしまうのかが解りませんね。まずセプテントリオンをどうするのかすら解らない。本当にどう締めるのだろうか、ゲームの内容知っているので、明らかに話数足りないと思うしか無いのですが、故にどう終わらせてくるのかが全く解りません。
 電磁砲はオリジナル展開と、まあこれからは御坂以外を関わらせることが出来なくなりそうですし、オリジナルを入れて今までの電磁砲キャラを出していくしかありませんね。最後にはあの集団も出てきましたし、次回がとても楽しみです。

はたらく魔王さま7話
 「触らないでよニートがうつる」が物凄く面白かったです。漆原は凄い扱いだなあ。

 青神のコジロウにしか見えない店長の不意打ちで笑いましたけど、香水とか、明らかに怪しいですね。次回芦屋が気付いたりするのでしょうか。芦屋も明らかに怪しいので一番警察に捕まりそうでもあります。

銀河機攻隊マジェスティックプリンス8話
 先週の予告の期待通りの素晴しい一話でした。特にアサギがカッコ良かった。イズルとジアートの一騎打ちかと思っていただけに、ドーベルマンの再登場、チームラビッツの活躍等、非常に良かったです。アサギは止まっていると指揮できるも、イズルは動きながら指揮できているとかなのでしょうかね。イズルとジアートの戦闘場面は予告の期待通りの出来でした。

ブルー1
 久々にブルー1の活躍を見ることができたのも良かったです。
 
 今回はラストでレッド5の武器が潰されて死にかけるも、ジアートがイズルに何か発してトドメを刺さずに帰ると、これはイズルを見て何かを知ったのか、単にまだ強くなるから見逃したからなのかが解らず、次回からどうするのかが楽しみですが、イズルの状態がどうなるかですね。

革命機ヴァルヴレイヴ 第7話
 今週もこのアニメは感想かなり書きたいのですが、時間が無いので短くなります。

 まず初っ端の200年経過しているサキ。これは今回何の関わりも見せていないので、別に今回出す必要が無いんですよね。ただ単にOP前に驚かせたいだけですけど、現に私は驚きましたし、それで良いのでは無いかと思ってしまいます。
 これでサキはクローンとか出さない限り本編で死ぬことは無くなったよなあ。しかし200年間も普通に戦えているサキのメンタルは凄まじいモノがありますね。アレが実際に200年経っているのかは解りませんが。

 今週はアードライのエルエルフへの執着がとても面白かったです。どんだけエルエルフ好きなんだよと思うしか無い。そして特攻してきたのがクーフィアだったのもとても面白かった。これ多分アードライ以外はエルエルフはもう殺すべきだと考えていて、「クーフィアに任せれば、アードライもエルエルフが殺されても仕方ないと思うだろう」程度の考えでクーフィアが送られたように見えてしまいます。

 アイナ死亡は私的にはダメでした。これは一話でショーコを殺していないのと前回イクスアインを殺していないからですね。こんな今週は会話していましたけど、先週までは名前あるモブ程度の存在が死んでもなんとも思いませんでした。まあ、これでキューマがキレそうですし、緊張感を出すというよりも、物語の為に殺されたのでしょう。これでキューマがヴァルヴレイヴに乗るのでしょうかね。

 エルエルフは録音とかルルーシュの影響を受けているとしか思えないキャラでしたけど、これは大河内先生だからなのでしょう。

 来週からは普通に戻ります。

真・女神転生4をプレイ その3(トウコツ撃破まで)

その1
その2

 黒きサムライがデモニカスーツで驚きました。あのスーツってだけで相当強そうに見えるなあ。

続きを読む

ドキドキ!プリキュア 第17話 ショック!奪われたクリスタル! 感想

 今週はレジーナだけでジコチュートリオが出てきませんでしたね。まあ最近は出番少ないですか。今にして思えばベール以外はあんまり強くなかったなあ。

 女王様は彫刻が好きだから皆が彫刻博物館に行くと、王女様は趣味多いですね。まあカルタとかやってるもんな、結構トランプ王国の王女様は結構暇なのかもしれない。

 そこにレジーナが登場し、真琴は王女とロイヤルクリスタルのことは話さないようにとマナに言いましたけど、それを考えるとレジーナと関わるのは危険ですね。そしてレジーナは反省の意味を分らずに反省したととりあえず言って、他の三人とも友達になるように頑張ると言ってくると、僅かですが成長しているのが解って良かったです。
 しかしレジーナ的にはマナと一緒が良いと言っていますし、これから仲良くなる気が一切してきません。今週の展開的にも誰かがレジーナの急変を説明しないと厳しいですね。

 そしてその場にジョー岡田が平然と登場すると、登場して真琴が彫刻について聞いたらアイを預けて即座に逃げだしたのには笑いました。もう怪しいことを隠そうともしない逃亡っぷりだ、ここまでくると清々しいですね。

 嘘つきは泥棒の始まりだとか言ってるレジーナが可愛かったです。普通に仲魔になりそうですし、赤目状態をどうするかになりそうですね。
レジーナ

 レジーナがクリスタル付きの石像をクリスタルの為に破壊すると、その後怒られていましたけど、なんてことってダイナマイトを持っているとかそんな領域なのですが、彫刻の作者の人が女の子の力で壊れるものじゃないし、元からヒビでも入っていたと、本当にこの怒っている人は大丈夫なのかと思うしか無かった。女子中学生四人が壊したと考えたら恐ろしいですからね。まあ触ったら壊れたとか言ってそれを受け取ったのでしょうけど。

 破壊した石像の掃除を四人が始め、友達だからやっていると六花達がレジーナに言い、レジーナはマナだけではなく皆と友達になりたいと本心で考えるも、クリスタルが光ると豹変して奪いに入り、彫刻の爺さんをジコチュー化と、今回はこの人が一番可哀想ですね。普通に常識人だったからなあ。レジーナ見て創作意欲が湧いたとか歓喜しているのでロリコンの血がありそうでした。

 彫刻ジコチューと、最近はジコチュートリオの一発芸が無くて寂しい。
 彫刻ジコチューは破壊を開始し、ソードの技は通じずハートを庇ってソードが彫刻化し、それは飾って名作誕生とか言い出して笑いました。この人はアレか、自分の作品以外はクソだと考えるも、自分の作品は神作品だとでも考えている人なのか。

 そして今週もロゼッタリフレクションが通じないのであった。これ普通にヤバいですね。盾役が盾できてないもんなあ。まあ盾状態で彫刻化せず、反射しなかっただけで防げるには防げていましたけど、レベル差が出てきていますね。これは2クール目後半ぐらいで技が進化するのだろうか。

 そしてマナの元にジョー岡田が騎士の姿で助けに入ると、タキシード仮面ポジかと思っていたら平然と正体バレていて笑いました。まあ明らかにジョー岡田でしたからね。
 彫刻ジコチューは四人のアローで終了し、ジョー岡田はジョナサンで王女様の婚約者と、だとしたらアイは王女様本人か王女様のジョー岡田の間に出来た娘ということになりますね。まあもう会社を理由に逃げることもできませんし、これは来週説明されるのでしょう。

 後半にならないと判明しなさそうなジョー岡田の正体、改心しそうで目の色が変わり豹変したレジーナ、そして次回予告の最後のクリスタルと、こんな明らかに締めに向かっている状態、来月ぐらいには終わりそうですね。本当にクリスタル集まってからはどうするんだろうなあ。まあスマイルプリキュアもピエーロを中盤で一度倒しましたし、敵幹部達がキングジコチューを復活させるために残りは一話完結をしながら戦っていくのでしょうか、でもそれやったらスマイルプリキュアとになりますからね。どうするのか次回が楽しみです。

真・女神転生4をプレイ その2(キチジョージの森、屍鬼撃破まで)

 その1
 敵の名前を書いたら序盤の序盤の人に対してネタバレになりそうなので、屍鬼だけにします。

 仲魔と主人公のスキルが似たり寄ったりになって、私はプレイスタイルをミスったかもしれないと思い始めました。主人公のスキルは全種類じゃなくて、1、2点を徐々に高めていた方が良いよなあ。そして後は補助、万能、回復辺りを入れるのがベストなのでしょう。欲張りすぎた。

 仲魔もとにかく主人公の為にスキルの入手、主人公のスキル強化を目的としてしまい、普通に使えるスキルでは無く、主人公が入手したスキルを強化する為に、主人公と同じスキルを持たせている。これだと主人公と同じような行動しかできない。今更になって気付いたので、どうにかして修正していきたいものです。

続きを読む

真・女神転生4をプレイ その1(ナラク第3層ナーガ撃破まで)

 女神転生シリーズはデビルサバイバーシリーズ以来かと思いましたけど、去年ペルソナ3をやっていたので一年ぶりぐらいになります。非常に楽しみにしていました。

 初っ端のジョージの小文字の際、ヨを押してから小文字押すのかと思ってジヨージになりそうになって焦りました。ジヨージはデビサバの時にもやったような気がするなあ。

続きを読む

サンデー25号 感想

 私はSNSゲームは一切やる気が起きないのですが、サンデーでも三作品がSNSゲームとして出ているので、最近の流行だったりするのでしょうかね。

神のみぞ知るセカイ
 あー天理ちゃん可愛い。毎回神のみで天理の出番が多いとこの文だけでサンデー感想終わらせようかと考えるも、他作品でも面白いのがあるので感想を書いていきます。

 天理は欲求が無いからスキマも出来ないと、駆け魂無効なのですね。これが理由なのか実際は違うのか解りませんが、とりあえず理由が語られていたのが良かったです。

 今週は天地ちゃんが可愛かったぐらいの感想で私的にはそれで十分だと思っているのですが、一気にコンテストで締めに向かわせたというのが良いですね。このままランキング展開にするよりも短期決戦でボロが出る前に終わらせてしまうのが一番でしょう、天理の出番があるから一年ぐらいやって欲しいんだけどなあ。そろそろこの編が終わりそうだぞ。

名探偵コナン
 世良が血の気多過ぎてとても面白かったです。物凄い力で掴まれたのでしょうかね。しかし、いきなり跳び蹴りは狂人だよなあ。

史上最強の弟子ケンイチ
 子供も一緒に死んでいたのは先週の時点で解っていましたけど、田中さんはやっぱり精神ぶっ壊れていたのですね。この調子だとこの編で死にそうなのですけど、どうするのでしょうか。

武勇伝
 先週の四天王発言のせいで剣以外は悪役的な存在になりそうだと思っていたら、今週だけであのサブマリンフック以外の誠堂館の連中が良い奴に見えてきました。多分四天王発言も強者と他校の面々に知らしめる為の手段であり、その四天王を参考にして向上するようにということなのでしょう。

 今週だけで誰がどの四天王と戦うのかが解りましたけど、流石に全員を倒すという展開にはならないのでしょう。というか先週の私はバカだな、クラスのこととか完全に忘れてて四天王は武が全員倒すとか小学生みたいな思考をしていました。

チャレンジスパーリング大会個人戦
 これはアレですね。初期DBで悟空が金入手したやつですね。武勇伝の場合は普通に強者で、四天王と呉が戦う機会を与えられると、賞品として10万円相当のボクシング用品を進呈し、それはおまけで四天王は力量に応じて加減して課題や弱点を見つける為のものだというのがとても良かった。普通なら四天王に挑むのを躊躇しそうですが、賞品を出しておけばやってみたいと思う人も出そうです。しかし四天王の人達はどんな気持ちで戦うのだろうか、トレーナーの人が優秀で、慕っているとかなのでしょうかね。とりあえずあのアッパーでサンドバック飛ばす四天王とは誰もやりたくないと思う、リングアウトするレベルですからね、アレ。

今際の国のアリス
 どいつもコイツもイカサマしていたのが面白かったです。そりゃ命懸けならそうなるわな、そん中でも命懸けという状況を利用しての脅しで潰すというだけでこのおっさんが前半だけで強者っぽくなって良かったです。

 この作品を知らないから適当に考えますけど、これは特にイカサマをしていなさそうなチシヤも何かしらのイカサマを仕込んでいて勝利するオチになるのでしょうかね。前半では一人だけですし、来週は冒頭で一人死んでいそうだ。それぐらいの速度じゃないと終わらない気がしてきます。
 
NOBELU
 オカンはラスボスとして幸せの最中で再登場するのかと思っていたら、結構序盤に再登場してきて笑いました。これで子役編が完結して地下ギャンブル編にでも行ったら単行本買います。しっかし売り渡されるとしか思えない引きだなあ。このオカンは一話のキャラ的に平然とやりますよ。

國崎出雲の事情
 もう明らかに八雲の怪我でトラブルになる未来しか見えないのですが、これで普通に終わったら逆に予想外で驚きます。
 今回は加賀斗居るから普通になんとかなりそうだなあと思ってしまう。私の中ではそれぐらい加賀斗は有能です。

 逆転裁判って2001年から出ていたのですか、まあ一作目はアドバンスだもんなあ。一度もやったことがありませんけど、異議ありだけは何故か記憶にあります。

アニメ感想(MJP7話と進撃の巨人7話)

 今期のアニメも半分が終わりましたね。三ヶ月だと結構な月日だと思うも、一月半で一クールの半分と考えれば短いものだなあと思ってしまう。それよりも来期2クールアニメが始まった場合、終わるのが年末だと考えると月日の速さを感じて怖くなります。

銀河機攻隊マジェスティックプリンス7話
 今週はウルガルの紹介とイズルピットクルーの紹介が主でしたけど、ウルガルはジアート以外普通に倒されそうな気もしてきますね。ジアートが「兄上の匂いがする、受け入れよ」とか言って性行為に走った場面で暫く笑ってしまいました。これは最低の理由だよな。こいつは更にヒロインであろうテオーリアを狙っているのであった。攫われたら色々な意味でピンチだよなあ。

 敵幹部はかなり今回の戦闘で出てきそうで、先手も打つことができ、潰れたシュークリームの人が反撃を指示したので暫くは撤退せずに戦闘になるのでしょう。これに関しては奇襲の際の作戦があったのかなかったのか次第になりそうですが、無かったら反撃するように言うのもまあ解る気もします。それよりも皆に伝えたのが問題だよなあ。それが奇襲されたのだからTV放送が原因だとしか思えない。

 今回でかなりの人数が死亡しそうで、一番危ういのがイズルのピットクルーだ、どうするのでしょうかね。次回予告を見るとジアートとイズルの決戦になりそうですし、この二人の戦闘は予告の時点でとても良かったので、本編がとても楽しみです。
 しかしジアートが狙うことでようやくテオーリアがヒロインとなりそうですが、現時点ではケイが一番ヒロインやっていますね。これケイが死ぬとしか思えないのですけど、一体どうするのでしょうか。

進撃の巨人7話
 ミカサの会話がとても面白かった。ジャンのツッコミも冴えていたなあ。

 そして今回重大な巨人と戦う巨人ですが、これは何を書いてもネタバレになりそうなので書きませんけど、動きがとてもカッコ良いですね。次回も楽しみです。
謎巨人

 巨人の感想はネタバレがあるので短くなってしまったのですが(アニ達が固まって会話をしている場面では原作知っているので思わず笑ってしまいました)MJPは一記事で感想書くのには短かったので、本当に短いのですが書きました。

 電磁砲は特に書くことが無くて次回はオリジナル回になりそうですけど、まあ御坂以外の出番がこの編では減ってしまいますし、ここで出しておくしか無いのでしょう。

ジャンプ25号 感想

 今週は時間が無いので短くなります。

ONE PIECE
 長くなりそうだと思っていましたけど、普通に今週で終わって良かったです。しかし今回倒された連中はこのトーナメント限定のキャラではなく、ドレスローザ編の登場人物にでもなりそうですね。何か色々語りそうな連中ばかりだからなあ。キングパンチの人達はこのトーナメントで終わるのでは無いかと思ってしまいます。


 

続きを読む

ドキドキ!プリキュア 第16話  レジーナ猛アタック!マナはあたしのモノ!! 感想

 16話ということは約三分の一が終わったぐらいでしょうか、新たな敵も現われましたし、初っ端でキングジコチューを出した時にはどうするのだろうかと思っていましたけど、普通に一年で終わることができそうです。

 初っ端から笑いました。強者の風格を持っていたベールがショートコントとかやる気の無い声で言ってきただけで笑ってしまったなあ。しかし、思いっきり元気良く言っていたらそれはそれで面白くて笑っていた気がします。

 レジーナが現われ、前回のことを謝るも六花が「ゴメンで済んだらプリキュアは要らないわ」と至極真っ当なことを言ってきて笑いました。謝っても許さないプリキュアって逆に珍しい気がするぞ。
 六花と真琴を無視してマナに「友達にしてあげる」という圧倒的上からなレジーナが発言し、その発言に真琴が怒ってプリキュア化と、真琴からしたら国滅ぼした娘ですし、そりゃキレるよなあ。プリキュアにもなる。

 しかし戦闘はマナが止め、六花も人が来ない内に変身を解除するように言ってくると、まあアイドルがこんなことやっていたらヤバいですものね。
 そしてマナは友達になると言い、それに対して真琴が怒るも、マナは本気だよと、ここのマナは可愛かったのですが、真琴からしたらキレるしかないよなあ。レジーナは何か違うと仲間フラグも立てそうですけど、ジコチュー産み出したりしていますし、普通に敵だとしか思えない。

 いきなりレジーナが学校に乗り込み、マナが注意したら消えると、言うこと聞いたのかと驚き、でも次の授業ぐらいに飽きてやってくるんだろうなあとか思っていたら、本当に待っていて驚いた。これ普通に仲間化するんじゃないかなあとこれだけで思ってしまう私のちょろ脳。

 その後は生徒会の用事でもう少し待つように言うと、レジーナは学校があるから遊んでくれないのなら学校を消すと、普通にボスでも張れそうな破壊理由を言ってきましたけど、それ程までの力があるのですね。ジコチューを使わずに素で戦ったら圧倒できるんだろうなあ。
 六花がレジーナに対して意見すると口にマスクを装着して会話をさせないと、まだ消さないだけ人道的だなあと思ってしまいますけど、物質消滅は可能でも人体消滅は厳しいとかなのでしょうかね。まあ、学校破壊もハッタリなのかもしれませんが。

 マナとレジーナが一緒に行動を始め、ゴミを拾っていたらレジーナが手伝うも、それに使用した能力のせいでゴミが増えると、レジーナ自体は悪気は無いというのが性質悪いですね。その後アリスと六花の元に現われ、紅茶を飲むと言って暫く待つようにアリスがレジーナに告げ、紅茶について色々話しているのにガン無視してアイの元に行くと、もしかしたらアイが目当てでマナに近寄ったのかと思って、それなら中々に策士だなと考えてしまったのですが、普通に可愛いと言ってきたので違いますか。
 マナに対して友達と言うことで接近し、そこから現時点で最も危険視すべき存在アイに対して行動したのなら「考えたな!」と思ったのですが、レジーナは何も考えていなさそうだ。

 アイを見て楽しんでいるレジーナを、アリスと六花が眺めていたらレジーナがアリスに「早く紅茶入れて」とか言い出して笑いました。「クソうぜぇえ~」って思わず呟くレベル。しかし可愛いから何をしても許されるのである。

 マナと六花が会話をしていたら「私のマナと馴れ馴れしく会話しないでくれる」とか、なんだんだよレジーナはwww
 僅か一週で彼女面していたのがとても面白かったです。それに対しての「私はマナの幼馴染で」は正妻アピールにしか見えない。プリキュアでこんな見方をしている私が悪いのでしょうけど、幼女様は一体この場面を見て何を思うのだろうか、幼女の気持ちになる程私の心は純粋では無いので解りません。

 そしてアリスの紅茶を放置してレジーナは去るのであった。一切不機嫌にならないアリスが中学生には見えない程にメンタル強くて驚きます。一番大人だ。
 
 マコピーとレジーナで板挟みになって泣いているマナが可愛かったです。
マナ

 そしてマコピーは六花とアリスに頼み、レジーナとアイスを食べてマナが他の皆の話題を出せば嫉妬してきて、「要らないものは消しちゃえば良いんだ」とこれはヤンデレと言っても良いのでは無いでしょうか、敵とはいえ、まさかプリキュアで見ることになるとは思わなんだ。これには流石のマナも引くのであった。幼女様(以下略)

 真琴の元にアリスと六花がやってきてマナのオムライスを渡せば、真琴は「作った本人はレジーナと一緒なのね」と言い、差し入れを持ってきた人にジコチュービームが直撃してジコチューを産み出すと、本当にこのビームは誰でもアリですね。問答無用なのが最強に近い能力だ。差し入れジコチューで笑いました、毒も入ってて行動停止にでもするつもりなのか。

 どうやら押しつけるから自己中みたいですけど、そんな奴はこの世に存在しない。でも世界は広いからなあ。飲み会ならともかく、差し入れでこんな人は存在しないだろうと思うも、居るのかも知れないと思ってしまう。
 ロゼッタリフレクションを破壊してくるというのは相当強いことが解るのですが、これがレジーナジコチューの素の力だとすると、今後ロゼッタは格闘しか戦闘方法が無くなってしまったのではないでしょうか。盾役が盾壊されたらどうしようもないからなあ。

 マナがレジーナに対して本音をぶつけ合うように言い、敵は四人のアローで倒すと、これが毎回のお決まりになりそうですね。そしてレジーナは本当の友達になろうという発言に対して意味解らないと言って去ると、それでもマナは根っからの悪い子だとは思えないと、レジーナもラストでは本当の友達に興味を持っていそうですし、普通に仲間化しそうな流れなのですが、レジーナはキングジコチューの娘ですし、どうしていくのでしょうかね。

 今週は皆嫉妬したりレジーナがヤンデレとしか思えなかったりと、色々凄い回でしたけど、レジーナ好きの人にはとても良い回だったのではないかと思われます。

次回予告
 ちょ……ちょっと展開速過ぎじゃないですかね。最初に一年ぐらいかけて終わりそうだと思っていたのに、この調子で行けば二クールでラスト迎えることができそうな速度のような気がします。クリスタル集めの回じゃ無くて、今回改心しそうだったレジーナが豹変してクリスタル奪ってくるだからなあ。下手したら再来週にはレジーナが仲間になっていてもおかしくない速度で、一体どうするのかがとても楽しみです。皆が石化したのもまだ17話だというのにとてもクライマックス感が出ていますね。どうするのかが楽しみです。

ジャンプSQ6月号 MoonWalkreLTD. ~天空の小さな勇者~ 感想

 かなり遅くなってしまいましたが、ようやく感想が書けます。ムーンウォーカーがSQに載るのは初ですね。しかし、もう前作から三年経ってるのか……マツコデラックスが強かったということは覚えていますけど、確かに内容を半分ぐらいしか思い出すことができないので、それ程までの年月が経っているのでしょう。ロイとか今までのストーリーを見るまで思い出すことができませんでした。

 内容はジャンプの出来事と同時期に起こった話と、そういえばジャンプでガイアは台詞だけだったのに驚きました。

続きを読む

革命機ヴァルヴレイヴ 第6話 サキ・カムバック 感想

 今週のヴヴヴはサキが異常だっただけで、ラスト以外は普通でしたね。ロボットの戦闘場面が良かったです。

 最初にサキが平然とロボットに乗っていましたけど、ロボでスペシャルと聞けばコーラサワーを思い出してしまう。ヴァルヴレイヴは破壊されるけど生存はする存在と化してしまうのでしょうか、本当に不安とか一切無さそうでしたけど、サキは特殊能力を欲していましたし、当然と言えますね。ハルトが止めきれなかったことに驚いた。まあキスされたし思考が止まってもおかしくありませんか。

 ヴァルヴレイヴを入手して歓喜し、マントを羽織らせた場面のサキはテンションがとても高くて良かったです。狂っているというのがよく解る。しかし噛みつきで入れ替わりは基本能力なのか、ギアスみたいに個別に分かれるものかと思っていましたけど、操作系をヴァルヴレイヴの数だけ所持できるというのは非常に強いと思うしか無い。まあ接近しないとダメだからそれが致命的な弱点ですね。洗脳という訳でも無いので情報入手もできないのでしょう。他者に聞いて情報を入手するのはできそうですが、そんなことしたら怪しまれるよなあ。

 今週のサキさんは本当に面白いな。妹として紹介させるとか、その際の映像による演技とか、視聴者の為ならここまでの演技が出来るのですね。先週の歌場面も「皆に見せるから!」とか言われて、それならやろうと決意したのかもしれません。でもあの歌場面はそれを抜いたとしても、独立したのにやっているということと、長いことと、寄付金集まったことが異常なんだよなあ。

サキ
 これって誰が撮ったのでしょうかね。

 ぶっちゃけ今週は終始サキさんが面白いだけなんですけど、それだけで十分満足できました。「随分乱暴なイントロね」とか、ロボ入手して中二満喫しているっぷりがよく解り、そこからの戦闘。しかしこれ普通に相手死んでいるんですよね? 平然と無双して楽しんでいたのですけど、そこまでサキは人間が嫌いなのでしょうか。
 しかしヴァルヴレイヴの性能はスゲーな。二体で敵と渡り合うんでしょ? ソレスタルビーングも中盤になると押され始めましたけど、このアニメは敵が強機体を使うような発言をしていなく、まだヴァルヴレイヴ側に機体があるから負ける気がしてこないのが問題な気がします。ハラキリとかになったら勝ちみたいなものですし、敵からしたら溜ったモノでは無いよなあ。

 ロボットを複数持っているのが簡単にバレて笑いました。これでもう皆にも言う必要がありそうですし、誰がどう乗るかですね。乗った際に人知を超えると言っても、ハルトを見ているとデメリットが無さそうにも見えるので、普通に乗りそうな気がしてきます。流石にサキみたいに人間嫌いだから余裕で殺せるメンタルを持っている人は少なそうですけどね。

 カーミラと呼ぶように言ってたのでカーミラと呼びますけど(来週普通にカーミラ呼びやめてるかもしれない)カーミラのあの武器は中距離っぽいですし、二体とも近距離とかではなくて良かったのでは無いでしょうか、これはもハラキリモードとかあるのでしょうかね。
4号機

 敵が弱いしヴァルヴレイヴも手に入れたかサキが調子に乗っていたら、そこそこ強い敵が対策を考えて遠距離攻撃してきたら焦ってて笑いました。そりゃ無双できると思っていて無双できなくなりそうなら焦りますね。ここはリアルだ。
 
 モーゼ議員が普通に殺されたのですが、これは普通に殺したのだから死んでいて欲しいですね。ここで生きていたらショーコの二の舞ですけど、このキャラはもう使い捨てても構わない筈ですし、普通に終了でしょうか。
 応援で強化というのはヴァルヴレイヴらしい展開で、今週はサキが普通に面白くて普通に面白いなと思っていただけに、このヴァルヴレイヴ展開は、ラストで台無しにしたなあと思うしかありませんでした。サトミを否定させておいてそれをタカヒが力でねじ伏せれば問題ないとか思っていそうだ。二週間前の独立も似たような流れでサトミが諦めていたからなあ。
 
 ロボット戦が良いだけに演出が微妙なのがとても残念ですね。今週はサキも良かっただけに更に残念でした。総合的には良かったと思います。ラスト以外は普通に楽しめましたからね。しかし二体で無双されるってだけでもキツいってのに、対策練ったらそれでも意志の力で押されるってのは敵からしたら無理ゲー臭が半端ない気がします。二体目が予想外なのかも知れませんけど、このペースで行けばまだ他の機体もありますし、勝てる気がしてきません。

アニメ感想(デビルサバイバー7話とはたらく魔王さま7話)

 デビルサバイバーもう半分切ってるのか……。

デビルサバイバー2 7話
 セプテントリオンはまだ半分以上残っているというのにどうするのだろうかと思わずにはいられません。俺達の戦いはゲームで見ようENDなのかなあ。シナリオは終了しているゲーム原作でそれをやったら異例だと思うのですが、来週二体のセプテントリオンが襲来してくるとか、そうでもしないと終わる気がしてこない。
 「ジプスが一丸となることで、残りのセプテントリオンは一体となった」とかカレンダー飛ばしでも再来週ぐらいにやりかねない速度です。カットされそうなのはミザールさんだなあ。

 今週はアルコルトークからの身体測定回と、ビフロンスは結構好きなので出てきて良かったです。この調子だと普通にボスやってきてくれそうですね。しかしボスやるとなるとあの場面をどうするかになりそうですが、流石に死に顔動画見ているからなあ。なんとかしてくれると思うしか無い。
ビフロンス

 巻き添えくらったのにアウトオブ眼中なアイリが面白く、可愛かったです。しかしこれはサービスでもなんでもないよなあ。怒っているイオは可愛かったのですが、露出は控えめですね。

 いや、常日頃から露出している人がいるからバランスは保てているのかも知れない。

 次回は最初に書いた通り、セプテントリオンが一気に二体襲来しないと間に合わない気がするのですが、どうするのかが楽しみです。どう終わらせるのでしょうかね。

はたらく魔王さま 7話
 今週は恵美と芦屋が面白く、貞夫が笑いながら漫画を読み、その笑った場面を見せて微笑んだ芦屋で暫く笑ってしまいました。これ昔リアルで母にやったことがある気がするぞ、このアニメで昔を思い出すことになるとは思わなかった。
ツボに入って暫く笑いました

 平然と地味にストーキングとか考えて狂っているとしか思えない恵美に笑い、コンビニで謎の敵襲を受けるも店員が撃退してくれると、なんかこのアニメのアルバイトは皆優秀ですね。でもちーちゃんはポテトばらまくのか、今回の敵は辺りを気にするのでしょうかね。人々が不安になれば魔力増幅ができるのが悪魔だったと思うのですが、人を警戒して逃亡するということは悪魔ではないということなのでしょうか。勇者を狙ったのでオルバ2みたいな存在なのでしょうかね。

 しかし先週から登場した着物美少女鈴乃はOPの時点でエンテイスラ人だというのが確定していて、今週の会話は視聴者騙す気ゼロだと思うのですが、これは勇者と魔王も知らないエンテイスラ人だということを表したのでしょうかね。流石に今週襲撃した奴だとあからさま過ぎるので、今週の襲撃者と敵対しているか、もしくは仲間なのかもしれません。OP見る限り人間側ですが、魔王狙っているらしいからなあ。襲撃者がオルバ2でルシフェル2が鈴乃なら(魔王は知らないのでどう仲間化するのかは解りませんが)仲間化しそうですが、前と同じことをするとも思えない。どうするのかが楽しみです。

サンデー24号 感想

 今週は、天理ちゃんが、かわいかった。

 上の文が今週のサンデーの全てなので、今週は上の文だけで終わらせようか考えましたけど、他作品も面白かったので感想を書いていきます。

神のみぞ知るセカイ
 しかし、いや、やはりと言うべきか、今週の天理ちゃんは非常に可愛かったな。

 ヴィンテージは10年後も存在しているから阻止はできないも変更を行なうと、有田さんはツッコミ所の塊みたいな存在なのですが、彼女が10位なのですね。9位以降どうするんだろうな。少なくともこの有田さん以上のオーラを持った人を出さないといけないんでしょ、出せるのかなあ。
 後、お供の雑魚臭漂う雑魚は一体何位なんだ。こんな服装の時点で女子力もクソもないんだけどな、上位者の部下だからそこそこあるのでしょうか。

 泣いている天理が最高に可愛かったです。今週はこれだけで270円の価値はあった。

 これからは上位ランカーを主に羽衣パワーで倒していくのでしょうかね。

史上最強の弟子ケンイチ
 バーサーカーの「すげえな!」で笑いました。バーサーカさん、こんな真面目な場面でギャグ入れないで下さいよ。私が勝手にギャグと認識して笑っているだけのような気がしますが。

 今週のラストを見ると、真結を中に居る子供ごと拳西が殺したとしか思えないのですが、田中は頭の中には真結は子供と一緒に遊園地に居ると考えていて、それでまだ殺意が拳西の期待通りになっていないのでしょうか。ラストのケンイチの驚いている表情と携帯からの声がとても良かったです。この台詞だけで田中が精神的に壊れているのがよく解るからなあ。ケンイチも表情から理解できていそうですし、来週どうするのかが楽しみです。

武勇伝
「誠堂館四天王の1人――」
 個人的に今週一番面白かった台詞、良い感じに中学生卒業したての高校一年生のキャラですね。今の所四天王発言はこの角しかしていないので、次週は「お前また俺等含めて四天王とか言ってるのかよ」「四天王とか呼んでんじゃねーぞ!」と言われて欲しい。

 亘はまたかませになると、かませ街道まっしぐらですね。とりあえず亘をかませにしていれば敵が強いというのが解るからなあ。 
 しかし今週の武勇伝は面白かった。四天王とか、必殺ショット「サブマリンフック」とか、いきなり角とかいうキャラの登場で少年スポーツ漫画らしくなってきましたね。四天王といっても全員勇に倒されそうですが。

 とりあえず今の所坊主の四天王は誰かのかませになりそうなので、左の奴がナンバー2ポジションで亘と戦うことになるのではないかと思ってしまいます。とりあえず亘が沈みましたし、次回の剣達の反応次第ですね。

國崎出雲の事情
 八雲が出られない理由は怪我と、まあ怪我してたら出られませんけど、それだと今回の歌舞伎は大丈夫なのだろうかと思ってしまう。まあ、練習は出来ていましたし、一回限りならいけるのでしょうか、でも無理だと言われているしなあ。これは出雲達が八雲を手助けする展開になるのでしょうか。

 巻末のゲッサン第一話、漫画版飛空士を書いていた先生なので、読もうと思うも時間が無いので明日以降になりそうです。

カードファイト!! ヴァンガード ライド トゥ ビクトリー!! プレイ記 その4

 最近はインターネット対戦を主にしています。

 とある出来事が、ライザーデッキを使うとCPUには普通に勝てるようになり、このデッキはかなり強そうだと感じたのでそのライザーデッキでインターネット対戦をした際に、起きた。

ちなみにそのライザーデッキ

ファーストヴァンガード
バトルライザー

グレード0
バトルライザー3枚
ウォールボーイ4枚
ミニマムライザー4枚
プロメテウス4枚

グレード1
ライザーカスタム2枚
バーストライザー4枚
ツインブレーダー4枚
シャウト3枚
タフボーイ2枚

グレード2
ジェノサイドジャック2枚
ハイパワードライザーカスタム2枚
トランスライザー4枚
キングオブソード3枚

グレード3
インビンシブル4枚
パーフェクトライザー4枚

 パーフェクトライザーのパワーが物凄く上昇していきます。二万は余裕で超えますが、出した際に場がガラガラになってしまうのが弱点です。
 このデッキで一番役立つのはトランスライザーですね。コスト0で5割ぐらいの確率でリアガード展開ができるというのは大きいです。

 このデッキはネット対戦では二連勝し、それから六連敗したので、単に私がパーフェクトを出したがる性格故の行動なのだろうかと思うも、グレード3出せるのなら出しますね。カード2枚引けるというのは大きい。
 
 そして七連敗になるかという勝負、相手は次元ロボデッキで、二ターン目でリアガードが埋まると、グレード1を前に出してきているし、なんか事故っているのかと思っていた際のことである。
 
 ヴァンガードが攻撃してきたので一枚引かれ、私はノーガード、一点受ける。
 相手のコマンダーローレルの効果発動、立ち上がれ僕のヴァンガードからの再攻撃、相手は再び一枚ドロー。

 これには驚きまして、効果を見て更に驚きました。グレード3でもできるやんけ。攻撃当たれば一ターンに四枚ドローとか、尋常じゃ無いことになりそうだなと思い、
 次元ロボデッキを作りました。四弾はシャドウパラディンデッキの為に購入しまくっていたのでコマンダーローレルは四枚入手していたので、後は三弾でダイユーシャ無印、そして八弾を購入するだけでしたね。複数の弾からではないので、凄くお手軽に歓声。

ロボ
ファーストヴァンガード
ゴーユーシャ

グレード0
ダイパトルス4枚
ジャスティスローズ4枚
アーミー・ペンギン4枚
ジャスティスコバルト4枚

グレード1
ダイマリナー4枚
ダイランダー4枚
コマンダーローレル4枚
ダイヤモンドエース3枚

グレード2
ダイドラゴン4枚
オペレーターガールミカ3枚
ダイレディ4枚

グレード3
ダイユーシャ3枚
グレードダイユーシャ4枚

 トリガーはクリティカル8枚、ドロー4枚、ヒール4枚が安定しますね。スタンドは全く使える気がしない。5000ブーストで復活が地味なんだよなあ。ドローは攻撃、防御でも腐ることがないというのが非常に良いですね。
 このデッキはとにかく強い、七連敗するも勝敗数が同じに戻りました。18勝18敗でBランクです。

 ゴーユーシャが案外決まりやすく、グレードダイユーシャは別にダイユーシャの上に乗せなくてもリミットブレイクが強いので、力で圧倒することができます。ゴーユーシャならソウルをドロップにおく強化も普通にできますし、パワーが増してクリティカル2を叩き込むことが可能です。

後は速攻デッキでも紹介して終わります。
 
ファーストヴァンガード
ライオネットヒート1枚

グレード0
クリティカル16枚

ネコ執事3枚

グレード1
ティアーナイトテオ4枚
ミノタウロス4枚
タアフボーイ4枚
レッドリバードラグーン2枚
ソニックノア4枚

グレード2
カンフーキッドプルタ2枚
カップボウラー2枚
ジェノサイドジャック4枚

グレード3
ジェノサイドジョーカー4枚

 とりあえずブーストして殴りかかるデッキ、ネコ執事は結構役立ちます。
 このデッキの長所は事故らないことで、本当に物凄く運が悪くなければ事故りません。グレード1だけでもOKですからね。ジョーカーまで行ければ運が良いと思いますが、ジョーカーを出す頃には相手のダメージが4か5ぐらいでないと逆にやられてしまいます。序盤で相手がトリガーを引いて防御力を高めてくるかになるデッキです。

 ストーリーはクリアしたのでもうデッキ紹介ぐらいしか書くことがありませんが、私はこのゲームに嵌っています。普通にカードゲームとして面白いですね。運要素は強いのですが、相手のグレード3に対し、10000ガードでドライブトリガーを2枚引けば通るという状況を楽しんでいます。最初にトリガーを引いた際、その相手と状況次第で相手の行動が変わるのが面白いですね。

 私がそういう状態になってツインドライブ一枚目でトリガーを引けば即座にヴァンガード強化に回しますけど、その際にダブルトリガーは成功させた記憶がありません。

ジャンプ24号 感想

 おかえり、僕らのジーニアス

SOULCATCHER(s)
 神海英雄先生の新連載が始まりました。前作が非常に面白かったので期待していましたが、期待通りの出来で非常に素晴しい一話でした。しかし、この一話を見ていると本格吹奏楽漫画になる気はしてこない、異能吹奏楽漫画になりそうで、私はそれを望んでいますけど、本格と書かれていると次回以降どうなるのかが解りません。 

続きを読む

テーマ : 週刊少年ジャンプ全般
ジャンル : アニメ・コミック

アニメ感想(MJP6話と進撃の巨人6話と電磁砲5話)

 ガルガンディアは水着でサービスから焼肉チェインバーとオカマに追われてチェインバアッーとか叫んでいたレドが面白かったです。しかし本当に働く異世界人だなあ。いや、まだ働いていませんけどね。

銀河機攻隊マジェスティックプリンス6話
 今週はラビッツの飛び級による卒業回と、別に学園では何も話をせず、一話の時点で実戦だったので特に何も思うことは無かったのですが、謝っていた生徒が良かったです。でも死にそうでもある。設定から死にそうだからなあ。このアニメはまだ誰一人として死んでいないのに誰かが死ぬ雰囲気が出まくっているのが凄く良いですね。

 今回は特に書くことが無かったのですが、気になる点と言えばラストの敵集団でしょうか、統一感が一切無かったのは一体何なのでしょうかね。次回からは普通にバトルになっていきそうですけど、普通に殺し合いとなってしまうのでしょうかね。今までが徐々に面白くなっていく展開だったので、これからどうなるのか少し不安でもありますが、楽しみです。
この子供は顔芸をしてきそうだ

進撃の巨人6話
 一方、このアニメは死にまくるのであった。

 アルミンが結局殺されなかったのは確か理由があった筈ですけど、これだけ見ていると何らかの補正があるように見えてしまう。いや、エレンは主人公なのに喰われましたけどね。
 今週はミカサ回と、そりゃこんなことになったら惚れるよなあと思わずにはいられない。というか、惚れるというよりも、もうミカサの中では彼氏彼女の関係だと思っているのでしょうかね。三話ぐらい前の発言から。

 そして来週はアルミンがエレンの死を話すみたいですし、アニメだとどう反応するのかが楽しみです。原作通りなのでしょうか。しかし今週は奇行種の異質っぷりもとても良かった。

とある科学の超電磁砲 5話
 そしてこの作品は約一万人死んでいるのであった。確か外実験の時点で一万ぐらい死んでいましたよね。
御坂妹

 今回遂に超電磁砲では上条に次いで二人目の男メインキャラ一方通行が出てきましたけど、もし禁書目録を読んでいなくて超電磁砲だけを視聴している人が居るのなら、物凄いゲスキャラが登場したと思うしかないのではないでしょうかね。いや、初登場時ではそうですけど、こんな引きで終わると次回バトルになるとしか思えません。

 しかしこの編はどうするのでしょうか、原作通り、本編通りやったらラストが超電磁砲のみのファンからしたら「なんだよこれ」と思わずにはいられないのでは無いかと思ってしまうのですけど、そこはスタッフが巧くやってくれるのでしょうかね。
 御坂妹が可愛く、そしてラストの突撃しての引きがとても良かったです。

ドキドキ!プリキュア 第15話  大いそがし!真琴のアイドルな日々! 感想

 恐らく先週ぐらいからラビィのキャラが変わっている気がするのですが、マネージャ時は人間になるから性格も変わるのでしょうかね。妖精の時に他の妖精と合わせているだけなのかもしれません。ノリツッコミが面白かったです。

 そして今週は映画界の若き女王と呼ばれている人が、クイーンだから王女様かもしれないと思うと、ここでクリスタルが出たら本当に女王と名が付いていればクリスタルが出そうだと思うしかありませんでした。本当に先週冗談で書いた大食いクイーンでクリスタル展開があるんじゃないだろうか。

 今回は真琴の仕事を見学しに行くと、これはアリスの財力ですね。アリスの財力は強い。しかしジョー岡田が話を聞いていたのが気になるなあ。いや、卵からアイを出してそのアイがラビーズ精製できるので絶対関係あるのですが、プリキュア達はそれ聞くとはぐらかされるので諦めたのでしょうか。
 有名人に挨拶を平然とできるマナは半端ないなあ。物凄い度胸。

 マナを見て頑張ると真琴が決意するも演技できず、タマキに「ガッカリだわ」と言われてしまうと、ラビィは意地悪だと言っていましたけど、普通に期待されていて、台本も綺麗だから注意されると、これも仕事として考えれば当然だからなあ。アリスも言っていますし、タマキが予想以上に常識人で、真琴が仕事やめるしかないんじゃないかと思っていたらラビィにも言われていたのには良かったです。視聴者が普通に思うことをキャラがちゃんと言っていると言うのが良いですね。しかしこの流れは真琴が身体を壊すフラグにしか見えなかった。

 真琴はファンも居るから仕事は投げ出せないと、真琴が成長しているというのが解って良かったです。女王捜しはマナ達がやると、全員が仲良いのがとても良い。クリスタルが反応すると、これを見ると真琴は色々な場所を走り回ってクリスタルが光るのを待っていそうですが、今までのことからクイーンと名がついているものを探した方が速そうですね。

 レジーナーの自己中っぷりに笑いましたけど、これを見ているとジコチュートリオは可哀相だなあ。戦ったら肉体負傷して、帰ったらレジーナのパシりとか、まあ、パシられているのはベールだけっぽいですけどね。ベールも嫌そうにやっていないからなあ。
 不満そうなレジーナが可愛かったです。
レジーナ

 真琴が最終日だから見に来てと言われ、その場にはジョー岡田も現われると、こんなあからさまな登場をしたら何かしらのラビーズ要素があるとしか思えなかったなあ。ただのラビーズ生産機となりつつありますね。いや、ジョー岡田は一話からそんな感じだった気がします。

 そして最終日の演技中にレジーナが登場すると、レジーナのこの動作は毎回使われそうですが、人間は誰もが自己中という理由で、レーザーを発射して強制的にジコチューを産み出すと、強制的にジコチューを発生させるというのが今までと比べてタチ悪いのが良いですね。何処でも戦闘になることが可能だもの。

 このレジーナのレーザーが本当に誰でも出来るのなら、私なら真っ先にセバスチャン狙うなあ。あの人から発生されるモンスターは物凄く強そうだ。

 鏡ジコチューとの戦闘になり、ソードがラブハートアロー撃って驚きました。ソードは万能っぽいですね。でもトドメは基本的にマナだから攻撃があまり決まらず、あんまり強そうに見えないのがソード。今週もレジーナに「カーット!」って叫ばれて止めましたからね。アレはレジーナには攻撃技キャンセルが存在するということで良いのでしょうか、アイドル故に効いた動作なのでしょうかね。突然でしたので、今後の伏線なのかと思ってしまいます。

 いつものダイヤモンドが凍らせる→ハートアローのコンボを止めたのが良かったです。これでレジーナが他三人の完全上位だということが判明しますからね。しかし自分の身体をジコチューと一体化してダメージを受けてしまうという状態になったというのに、レジーナがそれを上回ってくるとジコチュートリオが更に可哀相になってしまう。

 真琴が四人で一斉にやろうと提案し、アイが新しいラビーズと、本当にアイのパワーは凄まじいなあ。ドキドキはまずアイをどうにかしないと全く勝てる気がしてこないプリキュアです。
 四人アローで四人がウィンクするというのが良いですね。これがスマイルでいうペガサスになるのでしょうか。

 タマキの言葉を聞いて喜ぶ真琴が可愛かったです。しかし普通に台本がロイヤルクリスタルになりましたね。これはガッシュの術みたいに、プリキュア達の意志を籠めたアイテムがクリスタルになるんじゃないかと思ってしまう。本当にそうでもしないと偶然にしては出来すぎていると思わずにはいられませんからね。真琴がアイドルじゃなければ終わっていましたよ。真琴がアイドルをやっていたと知っていなければ出来なさそうなのですが、ジョー岡田が仕掛け人とかなのでしょうか。
真琴

 次回はレジーナ回と、マナに友達関係から始める敵というのが非常に良いですね。マナの性格から好意を向けてくる相手に敵意を向けることは難しいと思いますし、何かしら敵対する問題が出てくるのでしょうか、レジーナ、予告の時点でかなりの自己中っぷりを発揮していますからね。どうするのかがとても楽しみです。 

革命機ヴァルヴレイヴ 5話 歌う咲森学園 感想

 今週のヴァルヴレイヴは本当にイカれていましたね。このアニメは本当に何をしてくるのかが解らないなあ。この作品を真面目に見ている人が居るのでしょうかね。もし居るのなら、歌の場面で何を思ったのかが非常に気になります。

 初っ端からショーコが奇行で飛ばしてくると、この時点で微塵も好感が持てないのですけど、それから一週間もこの独立状態を維持したというのに驚いてしまいました。三日ぐらいでどうしようもないのではないかと思っていましたけど、食料とかどうしているのだろうか、説明無かったと思うのですが、貰っているのでしょうか、普通に一週間では無くならない程にあるのかなあ。

 しかし初っ端の自由っぷりは本当に気が狂ってるなあと思ってしまいました。この展開に関しては後に停電となるので問題ありませんけど、だれもこの状態を危惧している人が居なさそうですからね。ショーコは独立することは考えるも、その後のことは一切考えていなかったのかと思ってしまう。まあ、決めた時はそれぐらいしかないのかもしれませんけど、一週間経っても特に何も考えていなさそうだからなあ。

 子供だけって、重傷者が出たら車乗る奴が居ないから運ぶしか無く、どうしよもうないのではないかと思うも、この世界設定がよく解らないのでなんとも言えません。とりあえず凄くヤバイ状態だというのは明かですけど、どうするのでしょうかね。エルえもん、いやエルエルフに頼むしかないのではないでしょうか。あの人の一人旅団設定だと基本的に何でもできそうだからなあ。稚拙とか言われていましたけど、これは中の状態を知らないで言っていて、実際学園内で何が起こっているのかを見たら稚拙を上回る何かを目撃してしまうのではないでしょうか。

 停電し、その際のアキラの発狂がとても面白かったです。この子の発狂はとても良いなあ。
 冬モードになり、凍死する可能性が出てきたのでタカヒがキレると、この人ノリノリで挙手し、今週もお供と一緒に楽しんでいたというのに、普通に掌を返してきて笑ってしまいました。普通に最初の時点で反対していた人が多数決によって黙ることになって、その人が文句言ってたら普通に解るのですけどね。まあ、独立以外無さそうな気もしますけど、独立後が酷すぎた。

 そしてタカヒとサヒが言い争っている最中にショーコが突如歌を歌うと、この場面が今週のヴァルヴレイヴで二番目にイカれていた場面ですね。結局これ何の意味があったのだろうか、あのラストの歌場面の為だけなのかなあ。それにしても唐突すぎた。気が狂ったのかと思った。いや、ショーコだから気は狂ってるんだろうなあ。
 今回ボタン押して停電解決していましたけど、私の理解力が無いのでよく解らないのですが、普通にあの自由の暮らしを一年ぐらい行なっても大丈夫な程の環境だったりするのでしょうかね。普通に電力とか食料で問題出てくると思うしか無いんだけどなあ。

 いきなりサキがハルト達に「歌!」と言われて「え?」と呆れた声を出しておいて、歌場面と、この場面が今週のヴァルヴレイヴで最もイカれていて、唖然とするしかなかった場面。まず「え?」とか言っておいて、ノリノリなサキがギャグにしかなっていない。歌場面は本当に理解ができなくて、元気だということをアピールしたいだけなのかもしれませんけど、全部敵に回しているというこの状況下でこんなことをやっていると、現実逃避していますと言っているようにしか見えないのでは無いでしょうかね。今の所攻め込まれている訳でも無いからこそ出来るのでしょうけど、危機感無だもんなあ。

 それに対するドルシア軍の反応が無茶苦茶面白かった。そりゃ笑うかキレるよなあ。私も笑いましたけど、真面目に見ていた人はアードライみたいな気持ちになるのではないでしょうか、それ程までの衝撃。
ドルシア軍
 
 この歌場面のイカれている部分が無茶苦茶あるのですが、最もヤバイのは長いということなんですよ。4分ぐらいやってた。このアニメは一体何がしたいんだ。
 エルエルフも何故か一緒になって歌うか、呆れた表情を向けるとか、絶対にこの歌場面はエルエルフがオチを入れてくるものだと、何らかの壮大なオチによる前振りの歌なのだと思っていただけに、エルエルフがこの歌場面では出てこなかったのが非常に残念でした。エルエルフならオチを決めてくれると信じていたのになあ。

 感謝もしていると言っていたサキが可愛かったです。今の所サキが一番可愛いので、ショーコが正ヒロインにはならないで欲しいと思ってしまいます。ショーコ、今週カップ麺にラリアットと歌っただけでしたからね。
サキ
 
 サキがハルトとキスしたラストはとても良かったです。私はスクールデイズというアニメが凄く好きなので、そんな風になって欲しいと思うも、ハルトはショーコに告白しなかったしなあ。ならなさそうだ。

 今週は歌っている場面がイカれていて非常に感想書きたくなりましたけど、これだけ書けるのだから結構楽しんでいるんだなあということが解りました。
 、残念だった点はエルエルフの出番が少なかったことでしょうかね。このアニメの九割はエルエルフで持っているようなものですし、やはり歌場面でオチを決めて欲しかった。

アニメ感想(デビルサバイバー6話とはたらく魔王さま6話)

 デビサバのゲームは延期ですか、まあ発売日通りなら世界樹を二週間以内にクリアしなければなりませんでしたし、ピクミン3とかが出るので9月ぐらいには発売して欲しいかなと思ってしまいます。しかし丁度アニメ終了時期という絶妙なタイミングで出せそうだったのに延期って、なんか致命的な問題でも発生したのではないかと思ってしまう。

デビルサバイバー2 6話
フェクダ

 今週はフェクダ戦と、これで3体目ですけど、この調子だと2週で1体倒しても間に合わないんだよなあ。問題はセプテントリオン以外にもセプテントリオン以上の敵が存在するということで、こうなると纏めて飛びかかってくるとか、そんな急展開を見せないと終わることが出来なさそうです。

 フェクダの攻撃無効を普通にやってきたのが良かったです。分裂も弱点がゲームじゃないので分らない以上、ほとんど無敵に近い気がするのですが、普通にヤマトのケルベロスで粉砕しましたね。良かったのは吸魔がダメージを与えていたという部分で、これはゲームでもフェクダを倒すのが結構楽になるスキルなので、普通に使用して倒すのに貢献してきたというのが良かったです。

 そしてヤマトは失敗したら死んでいた転送装置を使ったことが判明し、アルコルも登場し、ヤマトがやってきた理由について話してくれると、これは次回どうするかになるのですが、ここで響希がヤマトの元に戻るというのはこの六話までの響希の性格からは考えられませんが、どうするのでしょうかね。しかし来週はセプテントリオンを出して終わらせないと間に合わない程に話数が足りないのですが、来週本当にどうするのかが楽しみです。メンバーもほとんど集結していますし、ロナウド側とヤマト側に別れるのでしょうか。ケイタが死んでいるので誰か死ぬのでは無いかと思ってしまいますし、オリジナル展開で次回がどうなるのか解らないのは良いですね。

はたらく魔王さま6話
 漆原ことルシフェルの勝ち組っぷりがヤバいですね。このアニメで誰よりも勝利者だ。家でパソコンしながらゲームしているだけとか、先週まで殺す気で戦っていた奴と同一人物だとは思えない。
漆原

 今回は漆原のゲーム機を取りに行っただけの回ですけど、これで漆原のキャラクターを見せて、新キャラ登場による引きと、この新キャラはOPとEDの時点で貞夫達と同じ異世界人だと思うしかありませんけど、彼女はどちら側なのでしょうかね。普通に魔王側と面識が無さそうなので勇者側なのでしょうか、勇者側でも有名なら魔王が知っていそうなので、魔王に賞金がつけられていてそれを狙っているとかなのでしょうか。

 今週凄まじかったのは大家の写真ですね。これは今週の話のオチに使われただけなのか、バトル時の伏線なのかが解らない。不安とかで魔力が溜まるとか先週言っていましたし、魔王達三人の反応から、ミキティの写真をコピーしてバラ撒けば魔力補充とか普通にできそうですからね。

サンデー23号 感想

神のみぞ知るセカイ
 今回は小学生攻略になりそうですけど、魔法戦士でマミとか言ってるとクビが飛ぶよなあ。飛ばしてくるのだろうか。

 今回の件は駆け魂の問題では無く、女神とか、悪魔が起こした事態なのでしょうかね。女神はまだ眠っているのなら悪魔が何かしらの行動をしているのでしょうか、この時代の悪魔がどういう思考なのか解らないのでなんともいえませんけど、今後この順位設定をどう使ってくるのかが楽しみです。

 そんなことよりも、今週はラストの天理ちゃんが大変素晴しかったですね。私としては速く天理ちゃんが出てくれれば良いのにと思っていたので、出てきてくれただけで非常に満足です。後一年ぐらいこの編やってても良いんじゃ無いでしょうか。これも一種のボディペイントだよなあ。感想では普通に書いていますけど、最初見た時「うおー! ボディペイントだー!」と歓喜の声を出したりもしてしまいましたね。

武勇伝
 萌花のサービスシーンが来るだけで笑ってしまう状況をなんとかしたいと思うも、デブキャラのサービスシーンなんてこの漫画ぐらいしかお目にかかることはなさそうだし、笑っておこうとも思ってしまう。
 しかし風呂場で瑠奈と並んでいる場面は太っているようには見えないなあ。どういうことなのだろうか。

 この合宿編は武が風邪になると、本当に何がしたいのか現時点ではサッパリ解らないのですが、剣の紹介をする為に武を休ませたのでしょうかね。相手は強豪ですし、亘ぐらいしか強い奴がいないけやき高校だと厳しすぎます。 

國崎出雲の事情
 この漫画は明らかに女性向けの漫画だとしか思えないのですが、少年サンデーで連載されていますし、男読者も普通に居るのでしょうかね。私みたいな人が居るのだろうか。購入者の男女比が知りたい漫画の一つです。

 親子で恋人同士の妄想場面で笑いました。これ、女子の妄想とかじゃ無くて、父親のガチ妄想なんだよな。よく一緒に居られるよな出雲は。
 普通に父親が結構巧いというのは良かったです。このラストの展開によって次回から真面目に話を進める展開になりそうだからなあ。

史上最強の弟子ケンイチ
 バーサーカーが「今のは一体!?」とか言い出して笑ってしまいました。本当にただの驚き役だなあ。ケンイチとちょっとバトルしただけで、後は見学しているだけですよこの人、多分YOMIの中で一番楽してる。

 普通に拳聖に余裕があるので田中が負けそうですが、暫くは田中の話になるのでしょうか。   

ドキドキ!プリキュア 第14話  夢か約束か!六花おおいに悩む! 感想

初っ端で幼女六花が入ると、とても可愛かったのですが、そこからテストで学年二位だったという事態にマナが驚くと、二位で物凄くショック受けている六花を見ていると、本当にドキドキは超人の集まりなんだなあと思わずにはいられない。

 そして六花は用事があると言って皆とは別行動を取り、六花母が登場して様子が変だと、ただの奇行にしか見えなくて笑いました。これは心配するレベル。
 そして妖精達はグレたと、妄想ですがここのグレた六花がとても可愛かったです。今まででもトップクラスの可愛さ。
不良六花

 そしてマナは一切何が起こっているのか調べる気は一切無く、一目散に六花が居る部屋に叫びながら特攻するのであった。相変わらずのイカれっぷりだ。ブレがない、安定してるなあ。
 しかし、別にプリキュアとかやってて勉強が疎かになったとかではなく、競技カルタがあったから二位なのですね。それは凄いなあ。

真琴「王女様もカルタが好きで、よく遊ばれていたわ」
 爆笑。この台詞は凄まじいな、なんで異世界人がカルタを知っているのだとか、もう真琴はとりあえずクイーンって名が付いてたら何でも女王様が好きだったと認識しているんじゃないのかと思ってしまう。これは前回のローズクイーンのせいですけど、次回辺りで「大食いクイーン」と書かれた文字をみて、「王女様は大食いが好きで、よく食べていたわ」とか言って欲しい、割とマジで。
 しかし王女様がカルタって一体何なんだ。本当に理解ができない。民衆集めてやったのか? 映像化して欲しい者です。

 六花が思っていた以上に凄まじく、本当に変身前の時点で凄まじいことになってるよなあと思うしかありません。人望あるマナ、武力はトップクラスのアリス、アイドルの真琴、そして知識の六花と、本当にこれを相手にする敵は可哀相だなあ。クビ宣言されて良かったのでは無いかと思ってしまう。

 レジーナがボスみたいになっとるwww
 ベールがとても面白かった。ただのお爺ちゃんや。
レジーナ

 そしてカルタでクイーンが登場すると、子供に容赦なかったのですが、まあクイーンとして来ていますし、そりゃそうですね。
 
 今週の一発芸は中々面白かったです。携帯ベールの次ぐらい。何故か浮遊属性持ってるのが私的に高ポイント。
今週のビースト

キュアハート「愛を無くした悲しいカルタさん」
 カルタは関係あるのか……? しかし、今回の原因は愛を欲したのが原因だから、愛は最初の時点で無だよなあ。

 カルタで勝負という展開が良かったです。こうやって真っ向から来ないのは良いですね。
 カルタを取ったらそれを投げつけて攻撃と、普通に砂にしても問題無いのでは無いかと思ってしまうのですが、普通にカルタ攻撃以外無効の空間になっていたのでしょうかね。でもハートアローは炸裂していたからなあ。

 イーラは今日は散々だと言って帰ると、帰ったら帰ったでレジーナが待っていると、彼等の今後はどうなってしまうのでしょうか。

 今週は六花がとても可愛くて満足しました。

 次回は真琴の回と、普通にマナ→ありす→六花→真琴の順番で一話完結の話になっていますね。まあ順番通り行くのか今後解りませんけど、レジーナも今の所はジコチュートリオをパシリにしているぐらいですし、行動を起こすのはまだ先になるのでしょうか。

アニメ感想(デビルサバイバー5話とはたらく魔王さま5話)

 今週のヴァルヴレイヴは何をどう感想書いていけばいいのか考えた結果、考えるのを止めました。ピースしたエルエルフは面白かったです。来週エルエルフも歌ってくれないかなあ。しかし、こんなことやっておいて、今後どう進めるのでしょうかね。ヴァルヴレイヴが常に圧倒でもするのだろうか。

デビルサバイバー2 5話
 恋人が既に死んでいるジョーさん……ジョーは最初響希達(ゲームなので響希ではありませんが)と共に行動し、そこから恋人が病院に居ることを話してくれてまだ生きていたのですが、アニメは一クールだから既に死んでしまいましたね。最初の東京にも居ませんでしたし、ただの名前あるモブみたいな扱いになってしまうのではないかと思ってしまう。オーカスと所持悪魔を言っていましたけど、LV22は辛いよなあ。乙女さんのサラスヴァティはもっと辛い。ゲーム的に考えればイオのキクリヒメより弱いからなあ。

オトメ
 ゲームでははイオとオトメがとても好きでした。

 乙女は今週の台詞を聞くとゲーム通りのキャラではなさそうですね。まず娘が存在しているのかも謎です。まあゲームやってから一年以上経過していますし、記憶から薄れているせいなのかもしれません。ヤマトはゲームキャラとして使えるのは後半ですが、普通に結構出張っていた記憶がありますけど、アニメ見る限りだと戦闘には参加しなさそうですし、実際どうだったのかあんまり覚えていないからなあ。五歳児ヤマトがとても面白かった。この頃からこんな性格で10年以上生きているってのはスゲーな。

 来週にはセプテントリオン戦になっていそうですね。しかし新田しゃんことイオは完全にヒロインですね。会いに行こうとしていましたけど、今週は会えていませんでしたし、セプテントリオン登場と同時に再会とかなのでしょうか。
 火曜のセプテントリオンはメラクと違って能力が攻撃型という訳でも無いので、それに苦戦することになるのでしょうか、ジュンボ達も向かっていますし、とても楽しみです。

 しかしこのアニメは一クールだからか、もう登場人物の会話とセプテントリオン戦のみになっていて、デビルサバイバーの面白さの一つである悪魔を所持した一般人達との戦闘がありませんね。まあ集団対集団のターン性バトルなので、アニメにし辛そうですし、ボス格との対戦に絞った方が良いのかも知れませんね。それでも尺が足りないと思うしか無いのも問題だよなあ。この調子だとデビルマスター響希になりますよ。文章で書いてみようかと思うも、本編のネタバレになるのでラストの方で覚えていたら書きます。

はたらく魔王さま5話
 普通にバトルになるかと思っていただけに、ギャグを挟み、バトルも真面目に行なって、人々を恐怖させて元の姿にもどることで圧倒すると、勝利した理由もちゃんとあったのが良かったです。今週特に面白かったのは芦屋が態々マントを取りに戻っていた所と、「魔の者の手を貸すというのか」とか言い出して「お前が言うなハゲ」と総ツッコミされていた場面と、勇者エミリアの睨みですね。勇者とは思えない。

勇者エミリア
 この顔は何度見ても笑ってしまうなあ。

 ちーちゃんが普通にあのムキムキ魔王貞夫を見ても好意を持っていると、その際の表情が可愛く、最後に貞夫は修復に魔力を使ったから帰れないと、普通に終わってしまったのですが、今後どうするのでしょうかね。大家の正体が問題な気がするのですが、それは次週ぐらいになるのでしょうか。
 次回予告で普通に現代を満喫していそうなルシフェルが無茶苦茶面白かったです。パソコンって、貞夫達よりも優雅な生活送れているよなあ。貞夫の金でやっているのでしょうか、ただでさえ金欠なのにもう一人は無理があると思うも、滞在するのなら魔王城だろうと思うしかありません。どうするのか、何故ルシフェルはパソコンを所持しているのか、非常に楽しみです。

銀河機攻隊マジェスティックプリンス 第5話 小惑星基地潜入作戦 感想

 今週チームドーベルマンが生き延びたことに驚きました。下手したら今週中に死ぬのでは無いかと思っていたからなあ。ランディとイズルの会話の辺りで、死にそうだと思うしか無かった。

 男だけで見ると良いと言われ、ランディから映像データを渡されて五人で見た場面で笑いましたけど、タマキは知らないのですね。キスしたら結婚とか思っていそうだ。
 アサギが「くだらん!」とか言って、即エロ動画見た場面はお約束で面白いなあ程度でしたけど「重大なことに気付いた」と観察していた所で笑いました。凄く面白かった。
イズルとアサギ

 その後徹夜で見てケイに睨まれていたのがとても良いですね。今の所ケイが一番ヒロインやってるよなあ。テオーリアが居るからヒロインでは無いのでしょうけど、今の所テオーリアがヒロイン要素皆無だからなあ。

 戦闘とは無関係な小惑星基地を破壊しようとしたら、予想を遙かに上回る敵が居ると、これはラビッツも驚いていましたけど、敵側も恐らくバレないように小惑星基地で行動していたらいきなり少数精鋭が破壊工作してくるとか、溜まったものでは無さそうですね。
 
 今週の戦闘場面もとても良かったです。ランディの言葉を聞いて仲間を信じ、今までなら撤退していたかもしれないイズルがスルガを信じ、その為の攪乱行動で生き延びることを決意したのでアッシュの性能が増すと、爆破装置を修復させて爆破するも相手のエネルギーが予想外で爆撃に巻き込まれそうになり、タマキが助けると、普通にチームプレイが出来ていたのが良かったです。助けた時のタマキが可愛かった。
タマキ

 アサギは……まあ近距離戦の機体みたいなので今回はタマキの護衛が最適でしょうかね。今の所見た目が一番好きなので活躍して欲しいのですが、まずアサギの胃をどうにかしないとダメなのではないでしょうか。次回は卒業なので年月飛びそうですけど、胃が悪化していたりするのでしょうかね。
 
 今週はギャグもバトルも非常に面白く、ドーベルマンもランディが良いキャラをしているも死にそうと、今後どうなるのかがとても楽しみです。

ジャンプSQ6月号 ToLOVEるダークネス 第31話 感想

 ダークネスは結構凜の出番が多いような気がしてきますけど、これは単に凜が出てくる回が印象に残っているだけで、普通ぐらいの頻度で登場しているのでしょうかね。

第31話「Cleaning~華麗に綺麗に♪~」

続きを読む

プロフィール

ジョージ

Author:ジョージ
アニメ・ジャンプ等の感想を書いています。最近はあんまり暇じゃないのでブログ名変えようかと思っています。

トータルアクセス
アクセス
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ツイッター
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる