2012年のアニメを振り返ってみる

 今年はジャンプアニメが結構あったんじゃないかと思ってしまいますけど、三作品なら普通ぐらいなのでしょうかね。黒子のバスケが物凄く売れていたなあ。
 今年も去年と同じく、冬から秋まで分けて感想を書いていきます。

冬アニメ
 前期のアニメの二クール目もありましたが、偽物語、新テニス、ミルキィ二期等々。色々楽しむことができましたが、シンフォギアが凄かったですね。一話は本当にイカれていて、何度も見てしまうぐらいでした。あの勢いは本当に好きでしたけど、制作決定している二期はどうするんだよと思わずにはいられません。
 
 新テニスはジャンプ感想の時にも書きましたが、原作通りやって欲しかったなあと思ってしまいます。原作通りやった(ディスク特典回ですが)幸村VS真田戦と跡部王国はとても良かったので、やはり原作通りやってほしかったと思ってしまいます。まあ、売ってる層である女性を優先していると思うので納得はできてしまいますが。
 ディスク特典の回で、千歳が手塚の着替えシーンを撮っていた時には「おいおい、それはやり過ぎだろ」と思っていたのですが、千歳妹の存在を完全に忘れていました。本当に妹の為という千歳の台詞が無かったら完全に思い出すことができていなかった。それ程までにこの漫画の女の子キャラの存在感はありません。

春アニメ
 黒子のバスケ、めだかボックス、アクセルワールド、さんかれあ等々、色々面白かったです。黒子のバスケは異常能力をアニメで見ると本当に異常だと解るのが素晴しかったなあ。緑間のオールコート3Pシュート、青峰のフォームレスシュート等、非常にイカれていてとても良かった。
 アクセルワールドはボス能美が普通に倒せる存在だったので、ボスとしては微妙でしたけど、設定とかは非常に好きでした。

 さんかれあも良かったです。ヒロインが黒髪ロングというのがとても良いですね。最初から最後までれあは好感が持てるヒロインでとても良かった。
 めだかボックスは普通に原作通りだったのですけど、アブノーマルの最終話の球磨川の回はオリジナルとしてとても良かったです。色を使う辺りがアニメならではで良かった。

夏アニメ
 SAOとゆるゆり二期とドッグデイズ二期が良かったです。そしてSAOの一話が非常に素晴しかった。一話だけなら今年のアニメでトップです。それ程までに魅力的な設定であり、思わずその日の内に原作を購入する程でした。二話以降は普通に主人公最強のハーレムでしたけど、楽しめました。しかし、一話の期待値は本当に凄かった。

 ドッグデイズ二期は服脱がして帰って終わりましたね。本当にそれぐらいしか書くことがないぐらい服を脱がして終わっていましたが、このアニメならそれで良いんじゃ無いでしょうか。二期は本当にサービスが多かったなあ。売上も安定していますし、普通に三期ありそうですね。
 ゆるゆりは普通に面白かったのですが、原作ほとんど使いましたし、三期は暫くしないと無さそうですね。原作の所は良かったのですが、オリジナルは微妙だったなあ。十一話はまだ良かったのですが十二話後半はキツかったと言ってしまうぐらいにキツかったです。

秋アニメ
 ひだまりスケッチ四期でゆのっちを再び見ることができただけで幸せでしたけど、今年の秋アニメはジョジョ、リトルバスターズ、サイコパス、イクシオンサーガDT等非常に楽しめる二クールアニメがあり、一クールアニメも中二病でも恋がしたい!と最初に書いているひだまりスケッチ×ハニカム、真面目にやっているかもしれないけどギャグが多いBTOOOM!と、ただ単にまだ覚えているだけだからで、夏アニメ以前にもこれぐらいアニメを見ているのかも知れませんが、今期のアニメはとても良かったです。

 ジョジョの奇妙な冒険は原作を知っていて、PVを見た限りではあまり期待していなかっただけに、期待以上のモノが出てきてとても良かったです。一部はスピードワゴンのテンションの高さがアニメだとギャグにしかなっていなかったなあ。ちゃんとツェペリさんを助けようとしたりしますし、ただ解説に来ているだけではないとうのが素晴しかった。
 二部もとても面白く、二クール目がとても楽しみです。

 リトルバスターズは原作プレイしていませんが、キャラクターが可愛いのが良いですね。イカれているキャラが多いのですけど、話数を重ねるにつれて好感が持てるようになってきました。
 これから個別ルートを一人ずつやっても無理だろうと思うので、重要になりそうな所だけをアニメでやっていくのでしょうか。小鞠の話も三話ぐらい使いましたし、全員何かルートがあるのなら、普通に終わりそうにないからなあ。

 イクシオンサーガDTはとりあえずエレク様がどうなるのかですね。カマになる未来しか見えませんけど、本当にEDの明日はどうなるのだろうか。
 サイコパスは普通に楽しんでいます。マキシマ先生は鴻上と出会った時点で肉弾戦で終了するだろうと思うしかありませんけど、精神攻撃で倒す事ができるのでしょうか。マキシマ今の所負ける気がしてこないボスですけど、倒そうと思えば倒せそうなボスだからなあ。

スマイルプリキュア
 今年一年間毎回毎回素晴しかったスマイルプリキュア。今年のアニメはこのアニメが放送されているだけで十分満足できていたかもしれません。青木れいかさんが非常に可愛かった。
 しかし、来月には終わってしまうのですね。一年間楽しかっただけに、これからどうすればいいのだと思ってしまう。とりあえず、ドキドキプリキュアに期待しておきます。

 来年はとりあえずみなみけ四期とはがない二期が楽しみですけど、他は一話を見てからですね。シンフォギアみたいなのが出てくればいいのですが、どうなるのでしょうか、シンフォギアの二期がいつ放送されるのか解りませんが、楽しみです。
 去年も良かったのですが、今年のアニメも非常に良かったです。

 最後にこの一年間、このブログを見て下さった方々、コメント、拍手を下さった方々、コメントをくださるユーリさん、へりょさん、本当に有難う御座いました。また来年もよろしくお願いします。

 それでは、良いお年を
スポンサーサイト

今年のジャンプ感想

 最後に今年のテニスの王子様感想も少し書きます。
 今年のジャンプは覚えている限りでも色々ありましたね。リボーンの終了が一番大きかったんじゃないかなあ。ハイキュー等新連載陣が良かったというのも良いですね。
とりあえず今年のジャンプ記事を読み返していたのですが、バクマンまだ連載していたのですね。もう去年ぐらいに終わったものだと勝手に思っていました。今年は長期連載が二作品も終わったのですね。まあ、バクマンは長期といっても3,4年ぐらいのものですか。

新連載
 今年はハイキュー、斉木、暗殺教室の三作品が良かったです。その中でもハイキュー!!が毎週面白くて、もしかしたら今のジャンプで一番楽しんでいるかも知れない漫画です。今週のラストとか、本当に素晴しかった。主人公側の長所で皆が驚いているだけでここまで面白いのは凄いというしかない。
 斉木は安定して面白いです。ギャグ漫画は特に感想書くことが無いなあ。

 暗殺教室は普通に面白いのですが、あそこまで売れるとは思っていなかったなあ。新連載で学園物だったから人気が出たのでしょうかね。人気が出ると打ち切られる心配をしなくて済むので嬉しいのですが、どうしてここまで売れているんだろうかとも思ってしまいます。今の所殺せんせーをどう倒すのかまったく解りませんけど、転入生とかが登場していますし、ダメージを与えるぐらいはできそうですね。殺す事ができるとは思えませんが。

連載漫画
 ONE PIECEはパンクハザード編ずっとやっていましたね。今年ぐらいから始まって、今年の最後の方でボスを倒して終わりそうなのは良い感じの速度なんじゃないでしょうか。まだ前のルーキー達が驚いていた新世界の脅威みたいなものを全く感じないので、次の島ぐらいから異常な島が出てくるのでしょうかね。今回は大体シーザーがやったものだと思っていると、普通の研究島だったんじゃないかと思ってしまいます。

 最終章が始まったブリーチは今年零番隊が遂に出てきたことが大きいのではないでしょうか。山本総隊長も死にましたし、締めに向かっていそうだと思いますけど、一護のことは何一つ説明していませんし、まだ2,3年ぐらいかかるんじゃないかなあと思ってしまいます。

 黒子のバスケは去年の時点で赤司の能力は見せてるんじゃ無いかと書いていましたけど、本当に見せましたね。決勝戦はまだ始まっていませんが、来年ぐらいには決勝戦の後半戦ぐらいにはなっていそうですね。黄瀬せんもそろそろ終わりそうな状況ですし、今年はアニメもあって売上も物凄く良いみたいですし、このウィンターカップ終わったらどうするのだろうかと思わずにはいられません。

 めだかボックスは安心院編が終わり、漆黒宴編が終わり、不知火編と、一年で見ると結構色々やっていますね。めだかボックス。仲間になった最強キャラ安心院も死にましたし、言彦倒したらその後どうするのだろうかと思ってしまいます。まあ、安心院が仲間になった時点でこの後どうするのだろうかと思ってしまいましたが。
 アニメは普通に原作通りで良かったとは思うのですが、ディスクの売り上げ的に三期は難しそうですね。過負荷編はやって欲しい所ですけど、無理なんだろうなあ。

 HUNTER×HUNTERはゴンの復活と蟻編が完全に終了し、ジンとの再開の後に外側の世界と、まだまだ続きそうだったのが良かったです。あの終わり方だと再開が楽しみですけど、三十週連続掲載しましたからね。まだ暫くは無いのでは無いかと思ってしまいます。でも単行本全部出した以上。来年には再開していそうですね。まあ、映画だから単行本出したって可能性の方が高そうですが。
 そして今年は休載後も映画のためにクラピカの番外編を連載すると、今年の冨樫先生は頑張っていました。単行本にオマケとして3コマ漫画を載せる程でしたからね、驚いてしまいましたよ。インタビューも気になりますし、映画は観に行きます。

完結漫画
 バクマンはラスト普通に結婚して終わりましたね。なんていうか、前作デスノートのラストが凄まじすぎて(最終話ではありません)バクマンは普通に終わったなあと思うしかありませんでした。結局この漫画のラスボスは声優オタク達という事だったのでしょうか、七峰第二形態は最初はどうしようもないぐらい強くてラスボスとしては良いんじゃ無いかと思っていたのに、七峰が出しゃばってきて勝手に弱体化して終わったという感じしかしてきませんでした。結構感想が書ける良い漫画でした。

 リボーンは遂に終わりましたね。八年間。小学生が大学生になれる年月という長期連載が終わってしまうと「終わったのか……」と思わずにはいられなくなってしまいます。リボーンはバトル展開よりも最初の頃のギャグ展開の方が好きでした。なんか無茶苦茶やっていましたからね。バトルはボス戦が非常に面白かった。白蘭の「僕はまだ八割の力しか出していないよ」みたいな台詞は今でも覚えているぐらい笑った台詞です。何を余裕を持ってギリギリだと言っているのだと思うしか無かったからなあ。ディモン戦もとても面白かった。ディモン戦は何から何までギャグとしてとても面白かった気がします。

新テニスの王子様
 アニメは原作をカットしてまでオリジナル展開をぶち込んでくるのが残念でした。本来売っている対処である女性の事を考えてのオリジナル展開なのでしょうけど、原作が好きだから原作通りやって欲しかったなあ。イカれている所ばかりカットしましたからね。せめて磔御免は見せてほしかった。
 今年は樺地が退場し、仁王も再起不能になると、コピー能力者を退場させ、更には幸村も外国に行ってしまいそうな感じになってしまうと、これは許斐先生が何か企んでいるのでは無いかと思ってしまうのですけど、許斐先生の考えている事なんて私には解りませんし、来年以降に期待します。

 今年はデュークホームランとネット炎上がとても面白かったなあ。木手の裏切りによる三対一も許斐先生が相変わらずぶっちぎっていて良かったです。デュークホームランは何をどう感想書けばいいのかよく解らないのですが、この一枚絵だけで笑えてしまう所は本当に素晴しいですね。
 ネット炎上も皆ドン引きしている所とかがとても良く、これ来月以降どうするのだと思うしか無いのですが、これから金太郎はネットを焼くプレイヤーにでもなるのでしょうかね。

 今年のジャンプは連載漫画が終わりましたけど、新連載が面白く、とても満足しました。

グッドルーザー球磨川 第マイナス十二槽 「生徒会を死刑執行する」 感想

 アニメ本編の感想だとジャンプの時に感想書いちゃったんで短くなってしまいますけど、オリジナルなら長くなりそうです。まあ、これは球磨川だからというものがありそうですが。
 今回のめだかボックス最終話。私的には良かったのですが、アニメだけ見ている人は絶対に何が起っているのか理解でき無さそうだと思ってしまいます。なんとなく解るかも知れませんが、咲に関しては誰なのか、そして何なのかが理解できない気がするなあ。
 
 初っ端は安心院を出してくると、ここで先週までのOPで出ていた謎ロボを出してきたのに笑ってしまいました。あのOPは安心院のスキルの一種であり、今までの出来事をOP風に映像化できるスキルで、それだけだとつまらないから近くにあったロボットを加えて別物に変えてみたとかだったのでしょうか。
謎ロボ
 
 OPまで変えてくると、完全に番外編としてやるという事がよく解り、最初に咲が金髪となって登場していると、グッドルーザー球磨川はジャンプネクストの作品で、単行本の際に入り、ノベルにもなりましたけど、ジャンプで読んでて単行本までは購入していない人なら、なんで球磨川と咲が一緒に居るのか解らないのでは無いかと思ってしまいます。

 咲の髪の色を変えたのは筆という男の仕業であり、カラーオブビューティという色を支配する能力を持っている為、ジャンプをオールカラーにすると、そこからの『ジャンプのカラーは、人気漫画と新連載と再生紙の色だけで十分だってね』がどうでも良いこと言っているのにカッコよくてとても良かったです。
 球磨川と筆の戦いになり、カラーオブビューティによって青色でダメージ食らって倒れると、何が起ってこうなっているのか説明があっても理解できませんが、まあめだかボックスの能力バトルはこんな感じなので、最近のめだかボックスらしくて良かったです。スキルだからでOKですね。しかし赤色が流血だとしても、それはただ血が増えているだけなのでは無いかと思いましたが、赤色の部分からイメージで血が噴き出してしまうとかなのでしょうか、まあ、結局赤色の説明はありませんでしたが。

 そこから球磨川は安心院との会話を終えて蘇生し、『女子のパンツを好きな色に変えられるって事だろ? それは許せない事だ』でカッコよく上着を着た所で笑い、『アイツの好みに決められてたまるか』で怒り籠もっていて更に笑いました。同じ表情をずっとしている咲さんも「ああ、いつものことだな」と言っているように見えて面白かったです。
球磨川

 筆との再戦は攻撃に使用する青色を封じるため、世界から青を無くし、そこから赤から他の色まで消して黒と白にすると、とりあえず大嘘憑きの出鱈目っぷりが解って、前回のボスとしての強さを見せる回としてはとても良かったのでは無いでしょうか。問題はそこからどうしたのかという事ですが、これに関しては最後に書きます。
 
 見渡す限り真っ白な世界で白星が見えなくなり白紙になったと言い、攻撃を受けた球磨川がまた勝てなかったと言って締めると、最後に黒を消し忘れたと言って白だけにしてしまったのは、番外編で全てを無かったことにしたから三期はありませんと言っているように見えてしまいました。球磨川は無かったことを無かったことにする事はできないと言っていますし、安心院の協力があればなんとかなりそうだと脳内補完する事はできますけど、こんな締めだとめだかボックスのアニメ自体を完全に終了させてきたのでは無いかと思ってしまうなあ。

 この最終話。色を使う敵と漫画や小説ではあまり解らなさそうな敵を出してきたのがとても良かったです。球磨川も相変わらず球磨川でしたし、安定して面白かった。
お決まりの『また勝てなかった』

テーマ : めだかボックス
ジャンル : アニメ・コミック

今年のサンデー感想

 今年のサンデー感想って書きましたけど、全く覚えていないなあ。武勇伝の萌花がデブになって笑ったことぐらいなんじゃないかと思うも、とりあえず今年のサンデー記事を読みながら書いていきます。
 今年の最初から短くなるって書いていましたけど、本当に今年の最後まで短かったなあ。サンデー記事。

 新連載はデュエルマスターズ・レボリューションしか覚えていないなあ。DMは6,7年前に結構やっていたので、覚えているカードが出てくると懐かしくなります。
 
 神のみは女神編が終了すると、結構長くやっていましたけど、女神候補が出てからは再び仲良くなって、最後に歩美の天使を出して終了すると、なんだか普通に終わったような気もしてきます。ヴィンテージが出てきていたような気もするのですが、結局女神が集結したら終了したのでしょうかね。

 そして過去に移動してドクロウの人間姿に出会うと、天使が一斉に集結したら駆け魂が消滅すると言っていて、その設定がある以上終わってしまうしか無いと思っていたのですが、この編でどうするかになりそうですね。
 今年の神のみで一番良かったのは天理編のOVAです。そういえば後編の感想は書いていないなあ。書くとしても来年になりそうですが、キスした後の天理ちゃんが素晴しく可愛かった。

 ケンイチは普通に面白かったです。美羽洗脳解除されたのって今年だったんだなあ。なんかもう二年ぐらい前のことかと思っていましたよ。
 
 武勇伝って今年まだツェーマン出ていたんですね。今年の感想読み返していて驚いてしまいました。もう2,3年前の存在だと思っていたからなあ。その頃はまだ連載していませんか。ツェーマンはインパクトが強すぎて出番が無いと本当に数年出ていないとか、そんな気になってしまいます。満田先生の事だからもう二度と出ないんだろうなあ。メジャーの時から年月経った後のキャラの切り捨てが凄いです。亘とかは普通に出てきましたが。

 昔の記事を読んでいるだけで感想書いたコマがどんなコマなのかを思い出させてくれるだけ、ブログ書いてて良かったなあと思ってしまいます。
 残念なのはアナグルモールの休載ですね。再開が楽しみですが、休載したのが七月ぐらいなので、もうそろそろ半年なのですね。再開しても内容を全く覚えていなさそうだ。「子分はキレた」の所が最後でしょうか。

  神のみが終わらない限り、多分来年も同じ言葉で締めるでしょう。今年のサンデーも値段以外は普通に満足しました。

サンデー4/5号 感想

 デュエルマスターズ記事、ボルシャックドラゴンを裏返す……? 一体何を言っているのだ、スリーブをつけるなと言っているのでしょうかね。遊戯王でいう融合カードみたいなのがデュエルマスターズにも出てきているとかなのでしょうか。

神のみぞ知るセカイ
 なんか久々にエルシィを見たような気がしますけど、確か前回も居ましたね。
 しかしビンは強いですね。当てたらどんな相手でも封印するとか、もうこれだけ使っていればいいんじゃないかってレベルで強いのですが、ビンが登場したのは最近とかなのでしょうか。当ったら終わりとか、持っているであろう駆け魂隊の存在を知っていたら真っ先に接近されるのを警戒するレベルですよ。

 今週は普通にヴィンテージと戦ったぐらいでしたけど、兵が普通に死んでいるのなら、うららのじいさんも普通に死んでいるだろうと思うしか無く、生きているのならどういう理由をつけてくるのかが楽しみです。特殊な血族だったりするのでしょうかね。

史上最強の弟子ケンイチ
 そういえばオーディーンは最初こんな感じでしたね。なんかもう車椅子で登場が多すぎて完全に忘れていましたよ。
 動の気を発動したリミが中々強くて良かったです。眼光っているだけで物凄く強そうに見えますね。全く可愛いとは思えませんが。

 どうやってもリミは美羽に勝てないだろうと思っていましたけど、今週見ると勝てそうな気がしてきて、次回がどうなるのか楽しみです。美羽もまだ何かあったような気がしますけど、このままだと動の気がある以上リミに負けるよなあ。

武勇伝
 前回何故か全く気付いていなかったけど、東の台詞見るまで気にもしていなかった事に驚いているけど、なんだこの不良の髪型www
 リーゼント&モヒカンとか、正に雑魚と言わんばかりの不良だったのですね。こりゃ東さん負ける気しないなあ。

「けやき台ボクシング部の東凉介にケンカ売るとは、いい根性だぜ」
 ここも面白かったです。なんでここまで全部ぶち込んだ自己紹介しているんだよと言うしか無い。前回の俺は問題を起こすわけにはいかないと考えていて、完全にボクシング部に所属している事まで言っちゃいましたよ。色々調べて迷惑起こすのなら、そんな事せずに来いという事なのでしょうかね。

 部室が荒らされていたので東は殴り込むと、なんか最近本当にボクシングらしい事していませんね。水風船割ったぐらいですよ。ずっと練習して試合するのはメジャーの時にやったので、別の事をやっているのだろうかと思ってしまいますけど、メジャーの中学生編もこんな感じだった気がするなあ。メジャーの中学生編は仲間になれば練習して試合していた気がしますけど、武勇伝はどうするのでしょうかね。

アニメ感想(めだかボックス11話とBTOOOM!12話)

 めだかは来週見ないとなんとも言えませんが、この二作品のアニメはめだかボックスは長いので打ち切り的な最終回となり、BTOOOMの原作がどうなっているのか解りませんが、BTOOOMも結局この後どうなるのかが解らず終わってしまうと、原作アニメは完結していなければ終わり方が厳しくなりますね。

めだかボックス11話
 ボスキャラ王土さんが一話で粉砕されると、結局あの謎ロボは一体なんだったんだろうなあ。来週出てくるとは思えないし、本当にただ単にインパクトを与えるための物だったのでしょうかね。
 王度の謝罪が壁にヒビ入れるほどの土下座になっていて笑いました。まあ、これぐらいはやっておいても問題は無いですね。一話で王土は新能力使えたというのに普通にめだかの新能力に破れ、土下座をして終了すると、本当にアニメだと速く終わったなあと思ってしまいました。

 そして最後に遂に球磨川が登場すると、遂に来ましたね。球磨川。そして次週は本当に今週でめだかボックスアブノーマルが終了していて、グッドルーザー球磨川が始まると、これは初見の人は何が起きているのか理解ができないと思うのですが、本当に球磨川オンリーで進むのかが楽しみです。グッドルーザーならOPの最初に出ていたあの人達も普通に出せそうですね。謎ロボは出番が無さそうですが。来週平然と『OPにあったロボは無かったことにさせてもらったよ』とか球磨川が言ってきてもおかしくないです。
球磨川 禊


BTOOOM!12話
 ヤンデレヒロインwwww平のおっさんヤンデレヒロインwwww
 最初の場面が無茶苦茶面白かったです。完全にヒロインのそれでした。そこから息子の幻覚見たりしたので元の平のおっさんに戻りましたけど、今週の平さんのヒロイン力は凄かった。

 平戦は最後にトカゲがやってきたので、死を悟り自爆した所は良かったのですが、ラストバトルとしては微妙だったなあ。しかし、どう考えても平のおっさんは足手まといになるしかないので、ここで死ぬしか無かったのでしょうかね。それにしても本当に平さんはヒロインやってたなあ。坂本の発言も完全にヒロインに向けて言うそれだったのもありますし、序盤から中盤にかけてのヒミコに好感持てないからだとは思いますけど、今作のヒロインは平のおっさんだと言っても過言では無い。

 清々しいぐらいに俺達のBTOOOMはこれからだ!ENDでしたね。このアニメはニート坂本の身体能力が高すぎてバトル展開に関しては何とかなるだろうと思うしかありませんでしたけど、ギャグはとても面白かったです。リピーター伊達が現れたところが物凄く面白くて暫く笑ってしまいましたからね。こんなゲームをやらされて、クリアしてもクズだからもう一回再挑戦とか、本当やってられないよなwww

 今週はアニメがほとんどありませんし、サンデー感想書いて、土曜に今年のサンデー感想、日曜に今年のジャンプ感想、そして月曜に今年のアニメ感想を書くのが今年の予定です。

スマイルプリキュア! 第44話 笑顔のひみつ!みゆきと本当のウルトラハッピー!! 感想

 今までの一ヶ月間。毎回プリキュア達一人一人の回をやってきて、最後に一番最初にプリキュアになったみゆきの回になっているのが良いですね。「ウルトラハッピーってなんなんだろう?」ってそれをみゆき自体が知らなければ何をやっているのか解らないんじゃ無いかと思うも、今週で答えが出たので良かったのでは無いでしょうか。

 ウルフルンは生きていると、三幹部が死んでいないのはウルフルンが何か過去回想があるからであって、そのウルフルンが出てくると他の三幹部二人が処刑されてもおかしくないと思ってしまいました。次回予告を見たら安心しましたけど、みゆき回でウルフルンなのも良いですね。

 みゆきの回想は幼女みゆきが可愛い以外特に書くことが無かったのですが、みゆきが一人の時に現れた謎の少女は明らかに妖怪の類なんだろうなあ。8月ぐらいなのであんまり覚えていませんけど、前天狗か河童か覚えていませんが、風飛ばしてくれたような気がするので、みゆきのお婆ちゃんの住んでいる所には妖怪が普通に住んでいそうですね。それが最終戦で使われるのかなあ。この終盤で出してくるとなると、何かしら最後の方で出てくるのだとは思ってしまうのですが、どうするのでしょうかね。

 「幸せな臭いがプンプンするぜー!」とウルフルンが登場してAパートが終わりましたけど、丁度クリスマスの時期に出してきたのが良いですね。これで精神を潰された時に出てくる声に「カップルとか滅べ」とかがあれば尚良かったのですが、幼女向けアニメでそんな事はできませんか。
 ウルフルンとみゆきが戦う事になり、ウルフルンは下手したらかませと化してしまう連続エネルギー弾を使った後に連続攻撃を叩き込むと、今回もガチで良かったです。まあ、ホントに本気なら黒っ鼻無しで出来そうだと思うも、前に一度サニーにやられていますし、アカンベ―の方が良いのでしょうかね。

 大好きな皆の優しい気持ちがウルトラハッピーにしてくれると、そこからの覚醒はまあ似たようなのを四連続で見てきたので何も思うことができませんでしたが、ハッピーシャワーシャイニングの破壊力が素晴しかったです。
DBのエネルギー弾発射場面のようだ

 そして当然のようにピンチになった瞬間に現れし残り四人のプリキュアと、サニー辺りが「なんか最近同じ事ばっか言っとる気がする」とか言ってしまえばギャグにする事ができますけど、流石にシリアスな場面が台無しになるのでありませんか。しかし、一ヶ月連続でピンチになったら残りプリキュアが登場って、流石の幼女も何をやっているんだと思ってしまうのでは無いかと思ってしまうのですが、私は幼女では無いので全く解りません。

 何時も通りフェニックスで終わらせ、皆笑顔でウルトラハッピーと、みゆき回も普通に良かったです。最後の方で赤眼になっているウルフルンが格好良かった。
ここのウルフルンがカッコよかったです


 次回予告がいきなり過ぎて笑ってしまいました。ピエーロの卵が地球に落ちてくると、まあ今週でリーチかかっていたので解りますけど、本当にいきなりだったなあ。

 来週は三幹部が強化されてプリキュア達と戦いそうですし、原型を留めていなかったアカオーニーがどうするのかが楽しみです。

テーマ : スマイルプリキュア!
ジャンル : アニメ・コミック

アニメ感想(ジョジョ12話とリトルバスターズ12話とイクシオンサーガDT11話)

 来週アニメあるんですかね? 去年は1月の3日ぐらいからアニメやってて新年って感じが全くしなかった事を思い出したのですが、私にとって新年ってアニメが放送されない週ぐらいなのかなあ。今年は多分猫物語見て一年を終えるのでしょう。ニコ生は人多いと私のPCは所々止まってしまうので不安なのですが、感想書けたら新年早々感想を書こう。

ジョジョの奇妙な冒険12話
 とりあえず「飲んどる場合かーッ」の場面が無茶苦茶面白くて暫く笑ってしまいました。原作でも面白かったのですが、アニメで動きと声が付くとヤバイなあ。本当にシュトロハイムの声優は素晴しいです。
飲んどる場合かーッ

 今週はジョセフ女装とサンタナ登場回でしたけど「客観的に自分をみれねーのか、バーカ」もとても面白かったなあ。これでキレるんだからジョセフはどんだけ自信あったのでしょうかね。その後の「タコス」も良かった。ここの軍人シュトロハイムが上官だからか凄いのが多いですね。

 サンタナが空気供給管に入った所の実況のテンションの高さも素晴しく、この回は本当に最高でした。「入っていった―!!」とか完全に実況していますからね。
 次回はジョセフVSサンタナですし、とりあえずあの台詞が楽しみです。予告見る限り普通に言いそうですからね。

リトルバスターズ12話
 真人は皆から電話してくれるとか勝ち組だよなあと思うも、電話自体は無いのだからかなり空しいですね。
 最初の一万円か五円の所が面白かったです。両替という普通の方法を取りましたけど、理樹が居なかったら一万が消えていたのでしょうかね。

 今回は美魚回でしたけど、美魚がマネージャーに入り、草野球だから8人でやると言ってメンバー完成と、これは野球自体はしなさそうですね。やっても勝てる気がしないからなあ。
 日傘の無い美魚を目撃すると、美魚の他にも美魚に似た人が居るのでしょうかね。二重人格で傘が無いと性格が変わるとかなのかとも思ってしまいますけど、これは次回以降じゃないと解りませんか。双子とかやりそうな気がしましたが、美魚が居ない時に日傘の無い美魚が登場するのなら、二重人格なのでしょうかね。
ここの美魚? が少し怖くて良かったです

イクシオンサーガDT11話
 思った以上に真面目でしたけど、インコクニートの連中は本当に操りやすそうだなあ。今週とかほとんどが紺の手の平で踊っていましたよ。
 マリアンがエレクに「私と同じ臭いがする」って言った所がとても面白かったです。ただでさえEDさんはEDでカマフラグ立ってるんだから、やめてやれよと思うしか無い。

 紺は反響して音が解らない場所で攻撃を食らうと、これ先週のジョジョ11話で似たようなの見ちゃっちゃんで、どう考えても鏡による仕掛けだと思ってしまうのですが、次回予告見る限りだとマジで死んでそうなのですが、流石にここまで紺の思い通りいっておいて殺されるとは思えませんし、来週のインコクニートがどうするのかが楽しみです。

ジャンプ4・5号 感想

 もう今年最後のジャンプなんですね。しかし、いつもなら年末年始の合併号は全キャラ集結して四コマ漫画掲載しているのに、今年は無いんだなあ。少し残念です。

ONE PIECE
 剣女は真っ先にひとくいサーベルを思い出させました。そこからのミサイルガールは魚雷ガールだったなあ。名前からして狙ってやっていそうな気もしますけど、魚雷ガールは結構昔だよなあ。5年ぐらい前でしょうか。
  

続きを読む

テーマ : 週刊少年ジャンプ全般
ジャンル : アニメ・コミック

SQ19 Vol.05 感想

 漫画は載せていないのに映画特集だけで表紙を青のエクソシストにしちゃったのは大丈夫なのでしょうかね。しかし、思いっきり年末ですね。こんな年末に上映して人来るのだろうかと思ってしまいます。

ToLOVEるダークネス番外編
 扉絵がノーブラの時点ではしゃぎすぎだろと思わずにはいられない。ヤミちゃんの気持ちって、ノーブラの事でも言っているのでしょうか、ヤミはブラしていたような気もしますが。

 今回は授業中だろうが体を触られてしまうティアーユと、こういうのを少年誌で平然とやってくる所が凄いですね。機械によるものだから股間に指入れても良いとか思考が異次元過ぎる。
 そこからはいつものトラブルですが、液体がかかり、汗のように見せていますけど、汗じゃねぇだろと思わせる所もとても良く、今回も相変わらず良い仕事したなあと思いました。

機巧童子ULTIMO
 大和の「百機なんちゃらも何ひとつ進んじゃねーし」がなんか面白かったです。バイスの新しい殿が出たりしていますけど、本当に何も進んでいませんね。この台詞見ていると1,2年ぐらい何も進んでいない気がしてきたなあ。
 そして裸の大和が女装しているウルティモの服を脱がそうとしている場面を女性陣が目撃すると、凄い光景ですね、これ。大和の裸とか誰も見たくないと思うのですが、それよりもウルティモにやっちゃっている行動の方が凄まじく、2つが合わさってどうしようもない状況を作り出しています。
 
 アバロの能力「鼠講」は強いとは思いますけど、いかんせん他の善童子が辛いですね。まあ、ウルティモは大将なので止めて当然だとは思いますけど、大した事無さそうだと思ってしまいます。
 バイスはセカンドに入ったとウルティモは言っているのに、時止めを発動し、普通に効かず盗能で盗まれ、一撃を叩き込まれて終わると、ウルティモが使えないのなら詰んでいますけど、どうなるのかが楽しみです。能力奪えるだけで有能ですけど、無能みたいなので無能なのでしょう。

となりのランドセルw
 とりあえずきららちゃんの将来が心配になってしまいます。この子は目的の為なら手段を選ばないなあ。怖ぇ。
 一人だけスク水で給食という新手のプレイを受けることになっている栞がとても面白かったです。こんなのが書けるのは宮下先生しか居ないんじゃ無いかなあと思えるぐらいの異常ですよ。

 スク水で狂気の目をした栞が食べさせようとする場面が素晴しすぎました。包丁が欲しい所ですね。
 オチも良く、今回も安定して面白かったです。

 半分以上読み飛ばしてしまう読切りなのですが、黒髪ロングが居た牢獄の話は真っ先に読んでしまいました。黒髪ロングには魔力があるなあ。

中二病でも恋がしたい! 第12話 終天の契約 感想

 このアニメで最強なのはDFMでも邪王神眼でもなく……凸守。
なんかいきなり変わりましたけど、可愛いからよし

 最初にいきなりストレートになっている凸守と、普通に可愛くて良かったです。これで頭が良いのだから本当に完璧な存在になりつつあるような気がしてきます。
 そしてくみん先輩は邪王神眼を受け継いでいると、いつも寝ていただけのくみん先輩が普通に立ち上がって喋っているだけでなんか知りませんけど面白かったです。しかし、いつも寝ていたせいで違和感バリバリだなあ。

 六花が引っ越しをして去っていて、勇太は昔の自分が未来に向けて送った手紙を読むことで、一色から自転車を借りて迎えに行くと、引っ越しをしているというのに、何をどう迎えに行くのだと思うしかありませんでした。この最終話はおかしい部分があり、おかしい所はおかしいと思うしか無いのですが、盛り上げるために勢いを重視したという事なのでしょうか。

 六花の元に勇太がやってきて、六花のお爺さんが勇太を不審者だと認識し、警察が登場するも、それは森夏と一色、くみんと凸守が対処してくれて、二人で逃亡しましたけど、凸守は財力もあるのですね。ただでさえ完璧だったのに更に財力も追加と、本当に作中最強キャラだったなあと思うしかありませんでした。
 そして勇太は六花に不可視境界線(何か仕掛けがあるのか幻覚なのか解りません)を見せることにより、六花が父に別れを告げると、色々放り投げることになったこの最終話ですが、中盤ぐらいの問題であった死んだ父親の問題をこの最終話で終わらせたのは良かったです。

 そして勇太と六花はパトカーから逃亡し、ナレーションが入り、勇太の元に中二病が完全に復活している六花が登場して、中二病はやっぱり恥ずかしいとなって締めると、二話ほど前からの問題であった中二病に恐怖を抱いている母親、中盤ぐらいで登場した中二病を嫌うお爺さん等、小鳥遊家の問題は父親の事以外完全に放り投げて終わりましたね。まずあのパトカーから逃亡をした後の事すら放り投げている。最後に六花が普通に引っ越しから戻ってきているのもよく解らないと、ここまでの放り投げっぷりは見事と言ってしまう程でした。まあ、転校している訳では無いので、実家からだと遠いから元に戻したのかも知れませんが、それだと小鳥遊家の知能が低すぎるので、普通に引っ越し時は転校させる予定だったのでしょうかね。態々転校させるとは思えないのですが、結構遠そうですし、学校から遠くに引っ越す意味が解らないからなあ。

 最終話は微妙でしたけど、このアニメのシリアスにはあんまり期待していなかったので、最後の六花も可愛くて良かったです。一話の感想の頃から六花が可愛ければそれでいいみたいな事を書いていたはずですし、最初から最後まで六花が可愛くて良かったのでは無いでしょうか。
 この作品。原作はただ六花と勇太がイチャイチャしているだけで、原作通りやっても良かったんじゃ無いかと思いますけど、売れる作品を作るのならキャラクターを増やし、一話完結の話しを入れ、中盤から終わりまでシリアスで締めた方が良いのかも知れませんね。

 とりあえず最初から最後まで六花が可愛かったのが良かったです。
最初から最後まで六花が可愛くて満足しました

テーマ : 中二病でも恋がしたい!
ジャンル : アニメ・コミック

ジャンプ3号 感想

 表紙のワンピースが何をやっているのか解らねぇ……映画を見たら解るのでしょうかね。しかし、左上はウソップで良いのだろうか、誰だか解らないけど、面子的にウソップしか考えられないよなあ。
 映画は人多そうだったので土日は行けませんでしたけど、今週中には行こうかと思っています。

ONE PIECE
 ボス戦だし長くなりそうだと思っていたシーザー戦ですが、今週の灰熊銃で終了っぽいですね。気体操作とどうしようもないぐらい強い能力がありましたけど、結局使わせず殴り飛ばして終了しましたね。
 ビッグマムの部下が報告すると言っていましたし、やはりドフラミンゴがスマイルを提供している四皇はビッグマムなのでしょうか、だとしたらルフィはどんどんビッグマムにケンカを売っている事になるなあ。本人が乗り込んできてもおかしくなさそうです。

続きを読む

テーマ : 週刊少年ジャンプ全般
ジャンル : アニメ・コミック

スマイルプリキュア 第43話 れいかの道! 私、留学します!! 感想

 一ヶ月後と言っていたので、本当に留学する事を決めて終わるのか、留学しない道を選ぶのかがジョーカーが登場するまで解らなかったのが良かったです。
 
 最初にれいかの留学が決まり、れいかは「プリキュアが……」と言っていると、みゆきは「なんとかなるよ」と言っていましたけど、今までの戦いを見ると厳しいだろうなあと思わずにはいられませんでした。頭脳系のことは全部れいかがやっていましたからね。れいかが居なければあの問題出すアカンベ―が再登場しただけで全滅してしまいますよ。

 その頃バッドエンド王国ではジョーカーガ一人だけになっていると、全員処分したのですね。まあ、何処かで封印しているとかなのかも知れませんが、こうなったらもうジョーカーも倒されるだろうと思うしかなく、頭脳であるビューティを倒せば他は何とかなると考えていると、非常に正しいですね。普通にマトモな思考ができているというのに、他のバッドエンド王国の皆には言わなかったんだなあ。言うことを聞かないと思ったのでしょうか、それとも、単にれいかを倒すのは多分無理だと思っていたのでしょうか。

 まあ、一番倒すべきなのはロイヤルクロックを使うハッピーなのかもしれませんけど、ハッピーが居なくなった場合、他の面子がロイヤルクロックを使えるのか解りませんし、使ってきたら問題無いのでしょうか、でも前にバッドエンド状態になってもみゆき一人で皆を元に戻せましたし、みゆきも危険視すべき存在ですね。まあ、今の時点だと戦闘になった際に辛いれいかを排除しようとしているのでしょうけど。

 みゆき達はれいかと別れることになるのを悲しみ、心が乱れているれいかの背後からジョーカーが登場すると、ここのジョーカーの不審者っぷりが物凄くて笑いました。人間みたいにみえるせいで物凄く怪しいですね。
 そしてジョーカーはれいかを自らの部屋に案内すると、これを三幹部の時に使ってあげれば邪魔される事が無く一対一で戦えただろうと思ってしまいましたけど、三幹部を下に見ていて使いたくなかったとかなのでしょうかね。

 そしてビューティの一人変身が素晴しく、ジョーカーは留学決定おめでとうございますと言い、それで動揺しているれいかさんが可愛くて良かったです。まあ、ジョーカーからしたら有り難いよなあ。放置して置いても問題無さそうですが、留学前にピエーロは復活しそうですし、ジョーカー的にはこの場で潰しておきたいのでしょうね。
 ジョーカーの留学を利用した精神攻撃がとても良かったです。ジョーカーの精神攻撃は普通に精神潰してきますね。「ついでに私も嬉しい」がとても良かったです。留学しなければ裏切りでジョーカーガ喜び、留学したらしたで消えるから嬉しいと、れいかかしたら相当キツいだろうからなあ。

 精神が安定しなくなってかプリキュアでなくなり、物凄く動揺しているれいかさんがとても良く、ジョーカーは絶望しているれいかの背後を刺そうとすると、ジョーカーは本気で殺しに来ていますね。殺さずに帰ったウルフルンとは大違いだ。普通に殺してもOKなら殺さなかったウルフルンには何かしらの過去がありそうですけど、ウルフルンまだ出てくるのかなあ。
動揺している所も可愛かったです
 
 みゆきの声が聞こえたので、全員殺せるチャンスと皆をジョーカーの部屋に入れましたけど、欲が出過ぎましたね。いや、出過ぎないとどうしようもないのでそうなるでしょうけど、唯一の勝機を逃したよなあと思わずにはいられません。
 みゆき達がれいかが留学して別れることに泣いてしまい、れいかも泣きながら嫌だと、ここで敬語じゃない所が素晴しい、感動しました。

 ジョーカーさんはそんな泣いている女子中学生達の姿を見て歓喜する変態であり、れいかさんは覚醒してライトまでもが味方をすると、ここでの演出に笑ってしまいました。アレなんでしょうかね。ジョーカの部屋は精神状態に応じて色々演出がされる部屋で、今回はジョーカーの精神攻撃をしていたからTVとかが出てきて、最初から戦う気ならこんな風に盛り上がってしまうとかなのでしょうか、だとしたら面白い部屋に住んでるなジョーカー。

 ジョーカーの「なんじゃそりゃああああ」はこの演出と挿入歌に言っているみたいで笑い、アカンベ―と合体することで武装してビューティと戦うも、ビューティは寄り道脇道回り道と、ここで道という文字だけが出てくる演出はカッコ良かったです。この演出は久々に見たなあ。その後のジョーカーと戦う場面も非常にカッコ良かった。相手がジョーカーだからなのかもしれませんが、挿入歌も入りましたし、ビューティだけ別格という感じがしてきますね。
まるで最終決戦のようです

 そしてジョーカーは分身するも、ビューティが弓を出し、ライトがジョーカーを示すと、ここのジョーカーが言った「何ィ!?」はライトに言っているようにしか見えず笑いました。
 ビューティブリザードアローが炸裂し、フェニックスを発動して終わるも、直撃はマリオでヨッシーを乗り捨てるかのように回避すると、回避出来る辺りジョーカーとしての格は保たれたと思います。まあ、ジョーカーが一番輝いていたのは最初の無双していた頃で間違いありませんが。

 そして最後に留学を取りやめると、多分プリキュアとしては留学する前にケリがつくとは思うのですが、プリキュア抜きに皆と一緒に居たいのでしょうし、れいかさんの道ならそれで問題ありませんね。今週のスマイルプリキュアも非常に面白かったです。ビューティのバトルシーンがとても良かった。

 そして次回はみゆき回と、みゆき回はソロで変身していたのでシンデレラ回だとばかり思っていましたが、別になにかあるのですね。見た感じ映画のような過去回想になりそうな気がするも、どうなるのかが楽しみです。しかし、敵は又ジョーカーなのでしょうかね。過労で潰れるんじゃ無いかと思ってしまいますが、追い出したのはジョーカーである以上。こうなっても仕方が無いですか。

テーマ : スマイルプリキュア!
ジャンル : アニメ・コミック

アニメ感想(ジョジョ11話とリトルバスターズ11話とイクシオンサーガDT10話)

 来期のアニメはあまり期待していないのですが、今期のアニメの2クール目だけで十分楽しめそうなので、来期のアニメは良いのが2,3作品あれば良いなあと思っています。来期になったらまどかが放送して2年経つのか……。今年もかなりアニメ映画を観に行きましたけど、来年も1月2月は映画館に行くのは決まっていますし、来年も決行アニメ映画を観に行くことになりそうだなあ。

ジョジョの奇妙な冒険11話
 とにかくまずはOPが物凄くカッコ良かったです。一番最初の笑みを浮かべるジョセフが素晴しかったなあ。そしてボス格ありまくりの謎の三人と、素晴しいOPでしたけど、初見の人でもジョセフと組み手をしていた謎の新キャラがどうなるのか推測できるんじゃ無いかなあと思える内容でしたね。

 今週はストレィツオ戦と、手榴弾はもう都会ってレベルじゃねぇだろと思わずにはいられませんけど、ジョセフの平然と兵器を使う所がとても良かったです。これは誰がどう見ても狂人だからなあ。実際の狂人はストレイツオですが、ジョセフは店目がけてトンプソンを放ち、手榴弾で爆撃ですからね。それでも着いてくるスモーキーは凄いなあと感心してしまう程にジョセフは凄まじいです。

 そしてスト様は波紋コップによって攻撃を対処され倒されると、波紋使いと普通の人間よりも強い肉体を持っているであろうストレイツオが石仮面を被るという最悪の状況でしたが、普通になんとかできるも、その先に新たな存在が待っているというのが良かったです。敵がどんどん強くなるのは少年漫画らしい展開だからなあ。
あーん!スト様が死んだ!

 そしてシュトロハイムが登場すると、世界一ィィィ!!の所が素晴しすぎてとても良かったです。このテンションの高さが良いですね。それにしても解説されたドイツが凄いことになっていて笑いました。オカルトとか、ここまで言ってくると波紋使いとか平然と居そうだ。
ここの台詞が最高でした

 そして柱の男を起動させようとしてジョセフがバイクで移動していると、次回予告でもありましたけど、遂に来週は二部の敵が出てきますし、とても楽しみです。来週はジョセフの台詞も楽しみだなあ。

リトルバスターズ11話
 小鞠とグドが可愛いからもうそれだけで満足できていたのに、後半になって美魚まで出てきて歓喜しました。
この二人は安定して可愛い
 
 今週は肝試しと、これはあのミッション関係無さそうですし、本当に関係の無い話でしたね。2クールで普通に終われるから余裕があるとかなのでしょうか。
 とりあえず小鞠がとても可愛かったです。今週の小鞠ちゃんの可愛さは今までとはレベルが違うような気がするぐらいの可愛さだったのですが、いつもとあまり変わらず、私のテンションが高くてそう見えただけなのでしょうかね。

 そして本物の霊と思われるモノが登場すると、急に霊とかぶち込んでくるのかと思えば普通に京介が昔知り合った鳥と、異常現象では無かったので良かったかと思うも、普通に鳥がやってくるって異常現象だよなあと思っていたら、オチで真人達が本物の霊とバトルしていた事が判明すると、このアニメ。霊とか普通に存在するのですね。あの未来を予知したかのようなミッションも霊的能力で解決できるようになったと思ってしまうのですが、どうするのだろうか。

 今週は普通に一話完結で面白かったです。葉留佳がいつもとはキャラが違うってだけで結構可愛かったのもとても良かった。しかし来ヶ谷は全く動じないなあ。作中最強キャラなんじゃないだろうか。
 来週は美魚回と非常に楽しみです。
美魚

イクシオンサーガDT10話
 1クールアニメならクライマックスとか書かれていましたけど、次回予告見る限り決戦ありそうですし、一応1クール目の締めに相応しい回をするのではないかと思うも、予告でマトモに見せておいて本編で台無しとか平然とやりそうだからなあ。このアニメはPVからそれをやってきた。

 今週は紺が狂っていましたけど、紺も何気に技術力あるなあ。ネトゲをプレイするタイプのインドア主人公だとしても、主人公だからある程度の能力値を求められるという事なのでしょうか。紺は卑怯な手も平然と使ってきますし、本当に主人公なのかよと思わずにはいられない。
このアニメの主人公紺

 ゲームがしたいと言ったのでギャンブルになるかと思えば、コロシアムに参加させられる事になる紺と、普通に金的で最初勝利していたのを見ると、紺の基本技は金的になりそうですね。インコクニート他3名(KTはオンナだと言うことにします。どうなのかは知りませんが)で後6個玉あるからなあ。まだ1クール以上残っているとなると、インコクニートの幹部連中は全員玉を潰されてもおかしくなさそうだ。

 紺は命がいくつあっても足りないから元に戻ると、賢明ですけど、普通に冒険していてもEDがDT狩りに来る以上。紺に安息は無いんだよなあ。エレクはどうやったら止まるのか解りませんからね。まず玉を復活させる必要があり、摘出したモノはどうやっても治せないだろうと思うしか無い。今後どんな展開があったとしてもエレクの玉が元に戻らなければハッピーエンドにはならないだろうとまで思ってしまっています。 

アニメ感想(BTOOOM!10・11話とめだかボックス10話)

 ひだまりスケッチが12月に突入してしまったので、三年生達が卒業して終了するのなら5期は無いんじゃ無いかと思ってしまうのですが、原作がどうなっているかになりそうですね。来週には新刊が発売しますし、楽しみです。

BTOOOM!10話
 伊達さん登場してから二週ぐらいでキレたー!!

 9話の説明は織田視点だったから坂本が荷物の近くに居るように見えたというのがとても良かったです。織田視点と名人が言って説明しているのが非常に解りやすい。
 織田と坂本の回想はまあこんな島に送られるのだからこんな事ぐらいはするのかと思ってしまったなあ。しかし坂本は普通に身体能力値が高いなあ。どうしてネトゲにいったのか解らないレベルのハイスペックだ。

 伊達がキレた所で笑いました。キレるの速いなあと思ってしまいましたけど、この島に二度も送られた人ですし、そんなに温厚ではありませんか。そして安定の平のおっさんヒロイン行動と、平のおっさんがヒロイン行動するだけで安定したギャグになってしまいます。しかしこの調子だと平は死にそうですね。助かる見込みが無さそうだし、敵襲でも来たら動けない以上終わってしまいます。

 伊達の「信じ合わないと生き残れませんよ」が面白かったです。ここに来ている奴は大体クズだっていうのに、何を信じろというのだろうか。でも皆最低でも二人一組ぐらいにはなっているので、誰かしらと組まないと危険だとは思っているのでしょうね。ソロだと寝るに寝られなさそうだからなあ。
 最後の伊達の爆破はどうしようもないだろうと思ってしまいますけど、坂本の事だから大丈夫なのでしょうか。ヒミコの声が聞こえていたとかなのでしょうかね。

11話
 まるでフィジカル・バーストでも使ったかのような坂本の移動速度に笑いました。どんだけ凄い身体したニートなんだコイツは。
 そして同じ手を二度も使う伊達に笑い、普通に爆弾を移動させられていて倒されると、経験者でも凄いのは演技力だけだったかなあと思ってしまいましたけど、彼は一度その演技力で紫を仲間にして脱出したんですね。演技力は重要。

 今週最大のギャグシーンは当然ヒミコのおっぱいがボムを弾いた所ですね。あのクソ真面目な爆弾を投げるシーンがあんなにくだらなくなるのは正におっぱいの力だと思うしか無い。
 結局伊達は殺しませんでしたけど、視聴者的にはあの心の声がありますし、普通にこの11話で本性晒しているので改心するとは全く思えませんけど、次週最終回ですし、なんか仲間みたいな行動をして締めるのかも知れません。

 そしてラストに平のおっさんがボスになりそうな終わり方と、イメージ映像の悪そうな顔が凄く面白く、あの人普通に動けないだろうから接近したら殴り勝てるだろうと思うしか無いので、どうするのかが楽しみです。
坂本のイメージですがラスボスに相応しいツラですね


 しかし、来週最終話ですか。なんかイカれていたクソガキとか11話の伊達を見る限り普通にラスボスやれそうなスペックを持っている織田とかはスルーなのでしょうかね。俺達のBTOOOM!はこれからだ!ENDになるのでしょうか。それぐらいしか思いつきませんけど、どうするのかが楽しみです。

めだかボックス10話
 12話が西尾先生書き下ろしの話みたいなので、来週で原作通りに行くのだとしたら、再来週辺りにあのロボが出てきそうですね。それ以外出す所ありませんし、どうするのかが楽しみです。
 今週はめだかちゃん(改)との戦闘でしたけど、回想による球磨川登場が一番インパクトあったなあ。悪そうなシンジ君ボイスがとても良かった。
球磨川

 来週は王土戦と、11話で締めるのなら結構な密度になりそうですし、どこまでやるのかが気になります。

中二病でも恋がしたい! 第11話 片翼の堕天使 感想

 今週は普通に中二病を卒業している六花から始まりましたけど、勇太が眼帯取るように言ったら解決したのですね。省略されただけで色々あったのかと思い、その説明でも始まるのかと思っていましたけど、普通に中二病卒業していたからなあ。

 そして中二病を卒業している六花は可愛かったのですが、やはり物足りなさはありますね。あの眼帯が無いとそれだけで寂しい。
可愛いけどやっぱり眼帯は欲しい

 そして凸森が登場すると、六花に早苗ちゃんって言われていた所が今週一番面白かったです。そして凸森の放つ中二空間は卒業したと言って無効化すると、これで中二病が凸森が一人になってしまいますけど、一人だと自然的に消滅しそうな気がするなあ。凸森だから消滅はしないのでしょうかね。

 六花はクラスメイトに友達になってくださいと頼み込むと、これを普通に言えるのは凄いですね。そして受け入れて皆が拍手すると、どんだけ良いクラスなのだと思うしかありませんでした。物凄く平和的です。こういう所は好きです。
 放課後凸森が六花に石を見せ、六花を元に戻そうとするも、六花は結社を解散すると、これで一番可哀想なのはくみん先輩だよなあ。彼女は一番自分がしたいことをやっていましたからね。昼寝部ぐらい残しても良いんじゃ無いかと思うも、それだと一色とくみんだけになるのか、昼寝部ごと残さず消滅して正解なのかもしれない。

 六花は勇太と一緒に中二アイテムの片付けをすると、まあ女子高生がこんなのを持っていたら母親は心配しますかね。まあ、母親に強制されていませんし、六花の意志なので止めることはできないのでしょうけど、六花的には嫌だけど捨てるなのでしょうね。
 六花は母親と一緒に父のお墓に行くと、これで父親の死を完全に受け入れることができますけど、六花がどうすればいいのかを聞いているのに、答えずに六花がどうするか聞くのはどうかと思ってしまうなあ。まあ、勇太も眼帯外す様に言った手前、何も言えないのかも知れませんが。

 墓参りに行く為に電車に乗ろうとしていて、まだ凸森は止めようと登場すると、今回は六花と勇太と凸森しか居ませんでしたけど、多分誰が居ようと凸森は普通にやるんだろうなあ。あの中二イメージが無い現実場面は中々痛々しかったです。
 凸森は勇太にDFMになって六花を喜ばせるように言うも、勇太は現実を凸森に突きつけると、男子高校生が女子中学生に向かって叫び、涙を流させるのはどうかと思ってしまうなあ。先程森夏が凸森を抱きしめてたのを見ているとよりそう思ってしまう。まあ、勇太も勇太で精神的にヤバイのかもしれませんが。

 次週最終回と、このまま中二病を卒業して終わるとBADENDな感じがしてきますけど、元に戻れば六花母が問題になりますし、安心して外国行った姉十花も可哀相だ(まあ十花さんは勇太に任せきりにしていましたけど)学園生活中は問題ありませんけど、その後はBADだろうと思ってしまい、どういう締め方をするのかが楽しみです。放課後だけ中二病になるとか、発動時間でもつけるのかなあ。それぐらいしか思いつかず、それだともう中二病と呼べるのか微妙ですし、どういう締め方をするのかが楽しみです。 

 これは勇太が何とかするしか無いのですが、今週あれだけ中二病に戻るようには一切言いませんでしたし、言うとは思えませんけど、中二病に戻ろうと問題が出る以上。どうやったらハッピー又はノーマルENDで終わるのかが解りません。

テーマ : 中二病でも恋がしたい!
ジャンル : アニメ・コミック

サンデー2・3号 感想

 神のみ3期あるのですね。売り上げ的に三期は微妙だなあと思っていたのですが、OVAが売れたのかなあ。しかし、3期はOVAで天理編をやっちゃったので、天理編はカットされるのでしょうかね。アニメ版でもう一回天理編やっても私的には問題無いのですが、流石に無いのでしょうか。

神のみぞ知るセカイ
 うららのじいさんが悪魔を防いだ場合の事を考えると、ここで未来を変えた際の事を考えていますけど、このじいさんが何らの人知の超えた力でも無い限り、桂馬が言うようにダメだと思うしか無いのですが、普通になんとかしようとしていますし、対抗策ぐらいは持っているのでしょうかね。

ムシブギョー
 才蔵は脱皮して人間になった瞬間ボスクラスになりましたね。月島達全員捕らえることに成功し、禁術使うみたいですし、火鉢が死ぬか生きるかの問題のような気がしてきますけど、他の皆が脱出して助けることができるのでしょうか。

デュエルマスターズ・レボリューション
 とりあえずルピアぐらい入れようぜ!(ルピア…どんなドラゴンのコストでも2下げられる3コスト獣)
 でも、最近は城とかいうやつがパワー1000下げる事ができるって聞いたので、パワー1000のルピアは使い物にならないとかなのでしょうかね。

 全てドラゴンって非常に使いづらそうなデッキなのですが、バルカゲイザーとジャガルザーがあればかなり強そうですね。問題はそれまでに自分自身の身が存在しているかですけど。

武勇伝
 萌花がサンタコスしてるだけで笑ってしまいました。本当にヒロインがデブっていうのはこの作品の取り柄だよなあ。でも、扉絵で見る限りだとあんまり太っていないように見えてしまう。

 東が普通に東にケンカをしそうな感じで終わりましたけど、俺は今問題を起こせないって自分の中で考える事ができていますし、普通に殴るかは微妙な所ですけど、東なら殴るのでしょうか。

史上最強の弟子ケンイチ
 武田さんこれ折られたんじゃ無いかなあ。無事で!!って、再来週からの武田の右腕が無事かどうかの問題ですよ。

 リミと美羽が互角に戦っているも、リミが勝利宣言して終わると、新技術が最近出来ることが判明したので、それを超える技を放つとしか思えませんけど、この時点でもリミが勝てるとは思えないので、再来週のリミの行動に期待します。

 来週急にうしおととらの読切りが来るって事は、うしおととらがアニメ化になるとかなのでしょうかね。月光条例なのかもしれませんが、このタイミングでうしおととらの読切りが来たらアニメ化なんじゃないかと思ってしまう。でも震災支援企画みたいなので、違うのでしょうか。うしおととらは全く知りませんけど、相当人気があるみたいなので、どんな作品なのかが楽しみです。   

ジャンプ2号 感想

 ハンター、今月には最新話が入った単行本が発売され、4号連続でおさらい企画記事と、来月映画公開された時ぐらいから連載再開するんじゃないかなあとワクワクしてしまいますけど、冨樫先生の事だからなあ。とりあえず32巻の帯が一番楽しみです。そこで何も書かれていなければ再開の見込みは薄くなってしまいそうです。

ONE PIECE
 ヴェルゴさんなんか余裕っぽいのですが、流石に動けず顔面も縦に両断されたらどうしようもなさそうですね。まあ、ローの能力が永続なのか、範囲外に出ると元に戻るのかよく解りませんが。

続きを読む

スマイルプリキュア 第42話 守りぬけ!なおと家族のたいせつな絆!!

 今週はなお回と、今回のマジョリーナはガチでしたね。ウルフルンとアカオーニとは比べものにならない程の悪でした。まあ、後が無いのならこうなるよなあ。

 なおに新しい家族ができる事になり、なお母となお父が病院に行ったので、なおが一人で面倒を見るため、皆が手伝いに行くと、次回予告でもおもいましたけど、なおの両親は盛んですね。中学生の娘がいようと普通に子作りに励む。あの大家族だといつバレてしまうかハラハラするんじゃないかなあ。

 そしてバッドエンド王国に移り、相変わらずジョーカーが言った「ピエーロ様がお怒りです」に笑いました。もうこれ言っておけばいいやって感覚で使っているように見えてしまう。
 最近見かけないウルフルンとアカオーニでその会話中に骨を出してくるとか、マジで死んでいそうですね。流石にこの時間帯のアニメで敵ボスが処刑されて始末されたなんてやるとは思えませんけど、今週のジョーカーを見ているとやってもおかしくないなあと思ってしまう。ウルフルンはまだ過去になにかあるみたいなのでその説明がありそうですけど、アカオーニは消滅してもおかしくないからなあ。

 回想の幼女だったれいかとなおが可愛かったです。リンゴが無いといっていたのでひなとゆうたがリンゴを買いに行くと、子供だから行ってもおかしくはないですし、そこをマジョリーナがリンゴを差し出してくるというのは良かったです。魔女で林檎と魔女らしさが出ていて良いですね。

 マジョリーナがひなとゆうたを捕らえ、なおは家族の前で変身してしまうと、なおなら変身しそうだとは思いましたけど、普通に変身してしまいましたね。まあ、最後で夢だと言われているのでセーフでしたけど、夢では無いと思われていたらどうなっていたのでしょうか。まあ、正体バレても蛙になったりはしないでしょうし、内緒という事で済むのでしょうかね。

 マジョリーナは二人を捕らえた林檎をハイパーアカンベーに変え、弱点だと言って他の兄弟に攻撃を仕掛けると、ここのマジョリーナは悪であり巧くて良かったです。攻撃を防御したら防御するしか無く、防御できなくて家族が潰されればマーチの精神が潰れてバットエナジーが溜まると、人質戦法は強いですね。ビューティみたいに属性攻撃を巧く使って戦うタイプでも無いですし、ここはどうするのだろうかと思わずにはいられませんでした。

 マーチがやられそうになるも、なおの兄妹達が壁になりなおを守ろうとして、それを助ける為に受け止めて覚醒すると、今回の皆の覚醒は最終戦で黒っ鼻の能力無効を無視した攻撃法を皆が会得する為の回だと思っても問題無さそうでした。ハッピーはプリンセスフォームになっただけで、覚醒自体はまだだったと思うのですが、最終戦で発動するのでしょうかね。

 マーチシュートインパクトはカッコ良かったです。ボールを作っていないので蹴りですけど、相手が球体に近かったから問題無いという事なのでしょうか。
 そしてマーチの家族にマジョリーナの攻撃が直撃しそうになると、もう他プリキュア達が間に合っているのは確定しているようなものだったので、まあ無事だろうと思ってしまいましたけど、ショックを受けているマーチが凄まじかった。家族が消えるのだから当然ですけど、あそこまで精神が崩壊するのを幼女に見せるとはなあ。しかし、ウルフルンはマーチを倒したら殺さずにハッピーを次の獲物にいしていましたが、マジョリーナはガチで殺しに来ていたのですね。マジョリーナは年なので後が無いと言われたら焦ってしまったのでしょうか。

 そしてフェニックスで終了すると、マジョリーナも消えてしまいましたか。来月には終わりそうですし、来週はジョーカーガ動きそうですけど、ジョーカが倒されたらどうするのでしょうかね。
 最後のなおがとても可愛く、このなお回も満足できました。家族に攻撃が飛んでいってショック受けていた時が一番インパクトあったなあ。解っていてもなおのあの表情でどんだけ辛いのかがよく解りますね。
なお

 そして次回はれいかさんが留学と、れいかさんが留学……。
 それにしてもジョーカーはノリノリですね。れいかとリベンジができるからなのでしょうか。最後のアイスソードを持ったれいかさんを見ていると負ける気がしてきませんけど、ジョーカーがどんな精神攻撃をかけてくるのかが楽しみです。

アニメ感想(ジョジョ10話とリトルバスターズ10話とイクシオンサーガDT9話)

 進撃の巨人のアニメ化が決定したり、猫物語が大晦日に放送決定したりしましたね。一番驚いたのは猫物語かなあ。大晦日とはいえ、年内にやるとは思わなかった。傷物語は本当にどうするのでしょうか。ニコ動で見ようとは思いますけど、大晦日は色々あってアニメ見られるか微妙だからなあ。タイムシフトがあると思いますし、元旦には見られるのでしょう。

ジョジョの奇妙な冒険10話
 ヒャッハー!! 2部だー!!
 とりあえずジョセフがカッコ良くて良かったです。スピードワゴンが死亡した事を教えてくれただけなのに吹っ飛ばされたマフィアの人は中々可哀相だと思いましたけど、部下がジョセフ攻撃しようとしていましたし、これぐらいはされても問題無いですか。

 スピードワゴンを殺害し、石仮面を付けて若返ったストレイツォで笑いました。格好つけているポーズとかスト様と言いたくなるぐらいで笑ってしまいましたよ。
カッコつけるスト様

 ストレイツォを相手に店があろうがトンプソンを放つジョセフのイカレっぷりがとても良かった。これでも波紋じゃないから死なないんだろうなあ。来週のストレイツォ戦がとても楽しみです。
 次回予告のあの台詞も非常にテンションが高くて素晴らしく、次回からのOPも楽しみです。期待しかしていませんけど、一体どんな出来になっているのでしょうかね。
 
リトルバスターズ10話
 可愛いと行っている来ヶ谷もとても可愛かったです。やはりあの二人はセットで攻撃力が増すなあ。
来ヶ谷

 そして今回は美魚回と、お尻にボールが当ったり樹力の蹴りが入ったりしていたので、お尻でも見せてくるのかと思ってしまいましたけど、流石にそんな事はありませんか。
美魚

 美魚はリトルバスターズには入らず、見学者として来ることになると、体育も見学みたいですし、普通に野球も出来なさそうだと思ってしまうので、一人を何とかしなければならないという問題点があるのですが、笹瀬川でも助っ人して加入してくれるのでしょうか。それぐらいしか考えられませんし、能力値もソフトボール部なら妥当でしょう。キャラクター紹介にも入っていますし、一番可能性が高そうだなあ。

 そして次回は前回のように一話完結っぽいのですが、普通に個人ルートの話は小鞠の所ぐらいなので、全キャラのルートをやろうとはせず、何人かのルートをやっていくのでしょうか。原作やった事が無いので、小鞠の所も共通ルートで今はまだ共通ルートの話なのかもしれませんが、ここまでだと小鞠ぐらいしかルートだったと思える回が無いので、個別ルートの話は2クール目からになり、1クール目ではとりあえず登場人物を出すという事になるのでしょうか。

イクシオンサーガDT9話
 このアニメのDVDが4話入りでコメンタリーが全話につくみたいなのでDVDを購入したのですが、無茶苦茶面白かったです。一話の馬が二話でこのアニメには合わないから乗り捨てたとか。色々言っていたからなあ。
 ペットの「ニョロリニョロリ」が凄く面白かったです。これ脚本の人が考えているのかなあ。声優に任せっきりとかこのアニメだとやりかねない。

 そして今週は大体インコクニートの幹部達の話なのであった。飲み会でのトークだけで一話使うのはこのアニメぐらいなんじゃないでしょうかね。
 聖剣カリボールもとても面白かった。借玉とか今のエレク様が装備すべき剣ですけど、紺が聞いたら笑い飛ばしそうだ。それぐらい紺が悪だと思ってしまいます。
 カリボールくれた人がまだ渡す物があると言って、その説明はされていないので、マジで借玉くれたのかもしれませんね。コメンタリーを聞いた後だと、この監督はアルマ金玉とか平然とやりそうだと思ってしまいます。

 インコクニートの4人は狩りをして最初に仕留めた者がエレクの右腕だと言うと、なんだか協力して獲物を狩ると急にネトゲらしい展開になって笑い、ラスボスを張れそうな強大竜が出てくると、あの巨体なら本当にラスボスにでもなれそうだなあと思ってしまいました。ハイペリオンじゃないと勝てる気しませんよ。

 復活したエレクが巨大竜を倒し、一人で倒さずに皆の力を借りて倒すと、これでエレク様の弱点であった人の話を聞いてしまう、隙が大きいが消滅してしまいますし、紺はどうしようもないのではないかと思ってしまいます。まあ、他のインコクニートの連中がどれ程強いのかよく解っていませんし、セングレンと互角程度だったりするのでしょうかね。レオンは鍛えているので相当強そうですが。
 
 DT討伐と、もう姫様の事なんか忘れてしまったのでは無いかと思ってしまうエレクの発言に笑い、次回は紺が発狂すると、むしろ今までよく発狂しませんでしたね。ネットゲーマーがゲームできないって相当だと思うのですけど、まだ別世界が斬新だと思っていたのでしょうか。

サンデー1号 感想

 やっぱりこびとづかんは怖ぇよと今週のゲーム記事を見て思いました。これのカレンダーが出て売れているらしいのだから、皆さんこの見た目が良いと思っているのでしょうし、私がおかしいのでしょうね。

神のみぞ知るセカイ
 今週もページ数少ねぇ……。
 3時間交替ってこれ睡眠時間どうなるのでしょうかね。寝てる間に入れ替わるのかなあ。子供桂馬からしたら寝て起きたら別の場所に移動しているって異常現象だと思うしか無いのですけど、普通にゲームがあれば良いという思考なのでしょうか。

 しかし、子供桂馬が一番居て楽しいのは結だろうなあ。彼女は財力面で完璧すぎる。

史上最強の弟子ケンイチ
 宇喜田はかませにすらなってないけど、棒立ちで見物するキャラじゃ無いから特攻させるしかないのか、彼はDBの餃子みたいに置いていかないといつか死にますよ。
 
 絶対に負けるだろうと思っていたフレイアですが、オーディンは話し合いを要求すると、それにしてもこの体制は卑猥っすねぇ! 手荒っていうか新手のプレイですよ。
 ラストのリミは物凄く可哀相でした。本気を出した所を美羽に見せ、技を発動したらガン無視で回避されているからなあ。来週リミがどんな行動をとってもおかしくなく、どうするのかが楽しみです。 

ムシブギョー
 今週から読み始めたのですが、蟲の姿のボスは昔は最強忍者と言われているみたいですし、元人間が蟲化して敵になると考えても良いのでしょうか。
 火鉢って人が作中でどんぐらい強いのか解りませんが、なんだか今週の月島を見て燃えていると考えている場面を見る限りだとかませになりそうな雰囲気がしますし、相手も第二形態になろうとしているので、来週辺りかませになってるんじゃないかなあと思ってしまいます。

武勇伝
 あ、ああ、呉くん……そう……ですか。
 ↑が今週の武勇伝を見て最後に思った事です。今までやる気が一切無かった呉の場面を見て毎回不快だなあと思っていましたけど、これはボクシングをやり始めたから親友で居たいので続けたいと思っていたという事でしょう。だけど、今までの描写を見ると、なんで急にこうなったんだと思ってしまう。

おすもじっ!
 あんな引きの後に急に過去話をやってくると、司の走馬燈なんじゃ無いかと思ってしまう。過去話終わったら刺されそうになっている司に場面が変わったとしてもおかしくないと思っていますからね。

 来週アニメが二作品発表されるみたいで、アタラがファン必見カラーと、アタラがアニメ化するのかと思ってしまうのですが、どうなのでしょうかね。

中二病でも恋がしたい! 第10話 聖母の…弁当箱 感想

来週辺り最終回を迎えてもおかしくないような終わり方でしたね。まあ、流石に勇太のあの行動だけで解決とは思えないので、来週辺りは六花視点で話が入ったりするのでしょうか。ラスト見る限り解決していますけど、それの説明は来週でしょうねか。

 最初に六花が瞑想をしていると、中学時代のDFMさんには敵いませんね。DFMは結界張ってたからなあ。
 そして凸守は六花の事が好きな百合だと判明すると、凸守がどうして中二病に目覚めたのかが解らななかったのですが、六花が好きだったから中二病になったのかもしれず、元から中二病で中二病で受け入れてくれる六花が好きになったのか、どっちなのでしょうかね。まあ、後2話だと思うので、明かされることはなさそうですね。

 凸守が巧くいくと六花に言い、勇太は一色と会話をしていると、最初は森夏に行為を抱いていましたけど、やはりモリサマー発言でどうでもよくなったのでしょうか。六花の好きになったのは泊りの時か先週の話ですかね。私はまだ勇太の方に好意が無いかと思っていまいしたけど、普通に好きになっていましたか。

 勇太と六花は一緒に帰ることになり、傘で照れ隠ししてる六花が可愛かったです。
 勇太が告白しようとしていたら、先に六花が告白して、勇太も告白すると、通行人のせいで中断したら続けてと言っている六花がとても可愛かったです。
六花1
 
 十花が勇太の元に登場し、イタリアに修行に来ないかと言われたと、ここは六花もイタリアに行くのでは無いかと思ってしまいましたよ。そうなったらどうしようもなくなりますし、どうするのだろうかと思いました。
 実際は六花の母と一緒に住むことになるので六花も一緒にイタリアに行くことにはならず、六花をマトモにしてほしいと頭を下げると、中二病を止めたら終わると言うも、父親は戻ってくるわけが無いから肯定はできないと、ちゃんと中二病問題を解決するみたいで良かったです。普通に付き合って終わるのも良いとは思うのですが、破滅ENDになりそうだと推測してしまうので、中二病問題は普通に解決なのでしょうか、解決したら2期ができませんけど、原作も2巻ですし、2期をする気が無いのなら、解決して終わるのも良いのでは無いでしょうか。

 そして文化祭当日になり、勇太と六花がコスプレをしていると、コスプレしている六花が可愛く、六花の指示に従ってポーズを撮ったところを撮る六花が可愛く、二人で一緒に写真を撮っているとコスプレカップルみたいで壁を殴りたくなりますね。いや、イチャイチャしていて結構ですが、そのままイチャイチャしていて下さい。
六花2

 その後六花母が勇太の前に現れ、勇太が六花に眼帯を取るように言うと、ここはいきなりでしたね。六花にノー説明で取れだったからなあ。まあ、この後に説明しながら強引に取りに行ったのかも知れませんけど、省略されたので何がなんだか解りませんでした。まあ、森夏があんな事言うなんてって言ったので、何か言ったのでしょう。
 そして文化祭は終わりを迎えようとしていると、一色がくみん先輩に告白するも、キャンプファイヤー前で平然と寝ていて、寝言で一色の告白を断ると、くみん先輩はもう家帰って寝ていた方が良いってレベルでしたね。あのくみん先輩の存在だけで芸になっている。
下手したら布団燃えますね

 そして最後に六花が芸を披露する舞台で歌を歌い、六花の父が好きだった歌だと言い、最後には蛇王神眼すらしていない六花の両目が出てきて終わりましたけど、これで中二病が終了したという事なのでしょうか、それならまず凸森がどうなるのかですね。普通に受け入れるのか、偽者だというのか、普通に前者になりそうですけど、どうするのかが楽しみです。
 最初にも書きましたけど、六花からしたらいきなり眼帯をとる様に言われて、強引に取ろうとしてきただけなのですが、弁当を持っていますし、六花の母とか十花の事とか色々言っているのでしょうか、六花母関連の話を来週やって再来週は一話完結をやって締めるのか、二話共六花家族関連の話をして終わるのか、どうなるのかが楽しみです。

テーマ : 中二病でも恋がしたい!
ジャンル : アニメ・コミック

ジャンプSQ1月号 ToLOVEるダークネス 第26話 感想

 ダークネスのアニメ、今月にはディスクが出るのですか、TV放送版よりもえっちぃのですか…?って書かれていましたけど、TV放送版はあまりえっちくないですし、ディスクでどうするのかが非常に楽しみです。しかしTV放送版の規制は露骨すぎてギャグになっています。パンツ脱いだ瞬間。お尻が発光して見えなくなりますからね。

第26話「Unconsciously~あたまふわふわ☆心どきどき~」

続きを読む

ジャンプSQ1月号 新テニスの王子様 Golden age91 感想

 新テニスになってから文字だけとはいえ初めてネタバレを食らってしまいましたけど、画像で見るとどうなるのか解っていても笑ってしまうのは流石テニスでした。
 この回は今年の締めに相応しい回だった気がします。しかし、今月の話は許斐先生アニメの影響を受けていそうだなあと思わずにはいられませんでした。平等院さんのエネルギー弾も映画の影響なのかなあ。

Golden age91 目覚めし野生

続きを読む

ジャンプ1号 感想

 映画特典のハンター0巻。冨樫先生が普通に読切を書いていて、インタビューも受けているというだけでもう映画に行こうと思ってしまいます。前後編と今までの映画商法の漫画の中では一番ページも多いですし、冨樫先生がここまでやっていると映画館に行くしか無いと思ってしまう。新アニメは色々酷い部分が多々あるので映画内容はあまり期待していませんけど、結構関わっていそうですし、予想を裏切ってくれる事を期待しています。

トリコ
 モルス油がランカー料理人も使っている品だから小松に挨拶に来るというのが良かったです。今までの功績の中で最も料理人に貢献しているのがモルス油でしょうし、名前だけしか知らなくても挨拶に来ますね。

続きを読む

アニメ感想(ジョジョ9話とリトルバスターズ9話とイクシオンサーガDT8話)

記事書いたと思ったら消えてまた書いたと思ったらまた消えました。三度目なのでかなり短くなります。

ジョジョの奇妙な冒険9話
第一部完
 
 第一部、終わりましたね。なんだか一部はスピードワゴンのテンションが仲間化してから最後まで高かったなあ。これで次回以降は見れないとなると寂しいものがありますね。

 次回の第二部はとりあえずジョセフが楽しみですが、OPをどうするかですね。一部のOPが素晴らしすぎたので、二部のOPはどんな代物になっているのかがとても楽しみです。

リトルバスターズ9話
 とりあえずエプロン姿のクドと小鞠が可愛かったです。
とても可愛い

 今週は学食を救う一話完結回と、理樹も思っていましたが、手紙のミッションを出している人は未来予知か過去から来ているかのどちらかになるのでしょうかね。最後の方でこのミッション回は重要な事になっていくのでしょうか。

 そして来週は美魚回と、とても楽しみです。しかしこれでEDのメンバーが全員揃うことになりますけど、美魚は普通に考えて運動能力が無さそうなのですが、試合とか本当にするのでしょうかね。野球部として部活動ができればそれでいいのでしょうか。

イクシオンサーガDT8話
 今回は紺神回であり、ゲーム解説回でしたね。まあゲーム解説といってもイクシオンサーガの解説ではないのがこのアニメの凄いところですが、フォロー入れている三人が面白かったです。
ここの姫様が可愛かったです

「どうオチを付けるんだ……」と思っていましたけど、気球で天に戻るというオチだったのが良かったです。気球なんか出しましたけど、紺のアルマエネルギーが無いと使えないのなら、今後は出ないのでしょうか。
 しかし、信者達は最後の方になって登場し、数の力でも見せつけてきそうな気がします。

 そして次回予告のエレク様の新剣カリボールが無茶苦茶面白かったです。仮玉ってエレクに相応しい剣ですけど、今度は剣のせいで負けるんじゃないでしょうかね。何かしらの理由が無いと普通にエレクが勝つので、とりあえず話ができれば紺が勝つような気がしてきました。問答無用でも話せば聞いてくれるのがエレク様の良いところでもあり弱点ですね。

スマイルプリキュア! 第41話 私がマンガ家!?やよいがえがく将来の夢!! 感想

 ドキドキプリキュアが今春スタートみたいですけど、前作のスイートプリキュアが48話で終わっていますし、来月一杯で終了でしょうか。後はなお回とれいか回で44話から最終決戦でしょうかね。本当に終わってしまうんだなあ……。

 今週はやよい回なのでやよいの回想から始まると、これは毎回自己紹介から始めそうですね。二回連続で似たような事をしてくると、他のキャラでもやりますと言っているように見えてしまいます。
 そしてやよいが描いた正義のスーパーヒロインの絵を皆が見て、男子連中が漫画コンクールに応募すればいいじゃんと、確かにそうですけど、漫画描いたことが無い人にいきなりコンクールに出せば良いってかなり無謀ですね。持ち込みの方が良い気がしますけど、持ち込みをやると最後で持ち込む場面を入れないとダメなので無理ですか。今回の応募の所に持ち込み歓迎って書いているからなあ。しかし少年漫画に送るのか、まあ、バトル漫画ですからね。

 とりあえず形から入る為に帽子を被るやよいちゃんが可愛かったです。ネーム、構想も特に無しの状態で漫画を描いていくと、それで描けたらそれだけで才能な気がしますが、今週は送っただけなので、どうなったのかは解りませんね。もし賞取れたら普通に先生になれますね。
 やよいは一晩で二ページ描上げ、これじゃあ無理だと言い、浮かれていたのかと思っていましたけど、普通の漫画家は一日中使えるのに対し、やよいは授業受けながら一日二ページはかなり凄いだろうと思うしかありませんでした。描き始めた中学生がこれとか、普通に才能だよなあ。

 バッドエンド王国に場面移動しましたけど、ジョーカのアカオーニに対する扱いが前回のウルフルンとは違いすぎてとても面白かったです。まあ、アカオーニは前に一度似たような事を言っているからなあ。効果があると思ったのでしょうね。
 やはりと言うべきかも知れませんが、今週ウルフルン出なかったなあ。本当に処刑されたのでしょうか、昔のようにって言っていますし、回想シーンが入るとは思うのですが、どんな目にあっているのでしょうかね。牢獄行きぐらいなのかなあ。

 やよいがいきなりミラクルピースの幻覚を見ているシーンは。遂に幻覚を見るようになったのかと思ってしまいましたが、普通に夢でした。
 やよいは無理だと思い逃亡し原稿を公園のゴミ箱に入れようとしていたらアカオーニが登場すると、ここのアカオーニの金棒の風で原稿を奪うアカオーニのテクニックに笑いました。恐らくウルフルンなら破っていますけど、破らない辺りまだアカオーニは優しいと思ってしまう。

 アカオーニの「自分が作った漫画に憧れるなんてどうかしてるオニ」は確かにそうだとは思いますけど、普通に精神潰してくる事を言ってきますね。
 やよいは自分の中にある強い心がミラクルピースだと言って覚醒すると、これは毎回覚醒しそうですね。みゆきがプリンセスフォームになっていたので皆も一人でプリンセスフォームになって戦う物かと思っていましたが、プリンセスフォームのソロはみゆき限定なのでしょうか。覚醒したピースは何か超化したサイヤ人みたいな感じがして格好良かったです。
覚醒ピース

 そして覚醒したピースはアカオーニを圧倒し、サンダーハリケーンを受けたアカオーニは普通に死ぬような顔をしていましたけど、流石に殺しはしませんか、まあ、帰ったら帰ったで何かしらは待っているので、もう覚醒した時点でアカオーニはどう足掻いても地獄なんだよなあ。
蒸発寸前みたいな顔をしています


 そして最後は皆がやってきてフェニックスで終わると、ここはパターンで、恐らく来週再来週のなお回とれいか回でもそうなのだとは思いますが、ここまで解りきっているのは大丈夫なのでしょうか。幼女的にアリなら普通に問題無さそうですが、私には幼女の気持ちが解らないからどうなのかが解りません。

 男はミラクルピースサンダーハリケーンやってて笑いました。最初ケンカ売ってるのかと思って笑いましたけど、この場面をやよい達がスルーしているのでどうしてこうなったのかが全く解らない所も面白いです。
 
次回予告
 なん……だと……!?
 ここでなおの母親が妊娠していて驚愕してしまいました。どんだけ盛んなんだ、マジで。
 
 マジョリーナがスーパー化しているので、普通にマジョリーナも解雇宣言受けていそうですし、これはジョーカはれいかと戦う事になるのでしょうかね。れいか単体でジョーカは厳しそうな気もしますけど、前に勝っていますし、まあ大丈夫でしょうか。

 今週は普通にやよい回でしたね。最初のOPでもあった原稿見られて驚いているやよいが今週一番可愛かったです。

アニメ感想(めだかボックス8話とBTOOOM!9話)

 明日は珍しく何も無いので起きられたらスマイルプリキュア見て感想書く予定ですけど、寝過ごす気がするなあ。

めだかボックス8話
 今週のめだかボックスは凄い密度だった気がします。多分週刊連載の四週分ぐらい一気にやったんじゃないかなあ。最初は一クールで終わるのだろうかと思ってしまった一三組編ですが、もう締めに向かっていますし、この調子ならOPの謎キャラやロボとかも出せそうですね。

 そして今週は十三組の十三人の残り、裏の六人が登場しましたけど、こいつ等のかませ臭は凄いなあ。刀語最終話のかませ集団程ではありませんけど、一気に出てきてこの一話でほぼ全員が能力見せる辺りがかませっぽかったです。
裏の六人

 めだかが浚われた善吉達の元にチーム負け犬が登場すると、この中で一番浮いているのは鬼瀬ですね。彼女だけは二期だけだと空気だったからなあ、雲仙の付き人Aでしたからね。しかし、喜界島が言っていましたけど、アニメで見ると3話ぐらい経ってから仲間になっているのですか、そりゃ速いなあ。

 効果音のせいかもしれませんが、上峰書子は原作の方がエロかったなあと思いました。
 来週は行橋戦ですし、普通に12話で終了でしょうか。

BTOOOM!9話
 先週リピーターで私を盛大に笑わせてくれた伊達さんですが、頭の中ではクソクソ言いまくっていますね。いや、気持ちは解ります。多分今回のゲーム参加で一番驚いているのは伊達だろうからなあ。飛行機に連行された瞬間に「え? なんでまた俺が?」って思ったに決まっている。明らかに他者とは違う驚き方をしているとしか思えない。
 まあ、可哀相なのかは別ですが。今週の時点で解りますけど、多分相当なクズだろうからなあ。しかし、前回も書きましたけど、この名前さえかかれたら勝利者だろうがプレイしなければならない設定はどうするのでしょうかね。坂本は送ったのがオカンなら「俺、真面目に働くよ」で助かりますけど、ヒミコ辺りは謝っても多分無理でしょうし、やはり本体を潰す展開になるのでしょうかね。

 伊達の思考場面は結構好きです。飛行機が来たらそれを奪って全員で脱出とか安易的な考えに呆れていた所とかが良かった。登場人物が呆れていると普通に不可能だろうと思えてしまうので、別の方法を探すのでしょうか、でも坂本の方法を誰一人拒んでいないので、ヘリ自体は一度呼びそうですね。
 
 今回は食料争奪になり、坂本は織田と食料の奪い合いをしますけど、ここの二人で並ぶ場面の爽やかさで笑ってしまいました。やってる事は命がけのバトルなのに、二人が並んで目的物取ろうとしている所はなんだか知りませんけど爽やかでした。
爽やかな一場面

 坂本と織田のバトルは普通に面白く、伊達も食料の入手の為にボムを使って活躍していたので良かったのですが、女性陣がなあ……。明らかに身体能力は相手の方が上回っていると推測できる相手が締めてきたのに、ヒミコは普通に力で対処しましたからね。ヒミコがそこまで身体高いって設定だったのかが解りませんが、スタンガン使っている時点で身体能力が高い方では無いと思うので、普通に力だけで絞めてきた相手を対処してきたのが残念でした。単にあの織田の女が弱いだけなのかも知れませんけど、最初の蹴りの吹っ飛ばし方を見てると弱いとは思えない。でも、坂本は一話でゲーム機のコントローラ投げて壁に突き刺したからなあ。どいつもこいつも身体能力がおかしいですよ。

 最後の坂本が行ったリモコン対処は元から遠くに離れていて、足音だけで織田が接近しているように見せかけ、織田が何か行動してくるのを待ったという事なのでしょうかね。荷物には近づいているような気もしますけど、あの織田から見れば確実に殺せる場所の爆破でノーダメージなので、何かしらはありそうですが、次週説明があるのでしょう。
プロフィール

ジョージ

Author:ジョージ
アニメ・ジャンプ等の感想を書いています。最近はあんまり暇じゃないのでブログ名変えようかと思っています。

トータルアクセス
アクセス
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ツイッター
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる