2016年のアニメを振り返ってみる

 今年最後の記事です。いつも通り最終話まで視聴したアニメを、上から記憶に残った順で毎期ごとに感想を書いていきますけれど、毎回確認の度に去年の振り返る記事を見て二年前のアニメに驚いてしまいます。
 ペルソナ3から始まってアキト最終章、ウィクロス、遊戯王、フィルムゴールド、君の名は、マジェスティックプリンスと、今年も結構アニメ映画を観に行った気がします。人気過ぎて気になったのでシンゴジラも見に来ました。

冬アニメ
この素晴らしい世界に祝福を
アクティヴレイド
オルフェンズ(2クール目)
おそ松さん(2クール目)
デュラララ結
ヘヴィーオブジェクト(2クール目)

 思ったよりあんまり視聴していないなあ。まあワールドトリガーとかドラゴンボールとか遊戯王とか、長期のアニメも視聴していますし、結構視聴していたような気がしてきます。
 このすばが非常に面白かったです。世界観もぶっ飛んでいますがキャラクターが非常に良いですね。3話ぐらい放送された頃には原作を爆炎含めて全部購入していたからなあ。全10話で終わってしまったのが残念でなりませんが、来期は二期が放送されますし、非常に楽しみです。

 アクティヴレイドは谷口監督に3DCGがオレンジというだけで非常に期待していて、とても楽しめました。話自体は1話完結が主でしたけれど、毎週楽しめるのが良かったなあ。

春アニメ
ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った?
ジョジョ4部
Reゼロから始まる異世界生活
坂本ですが?

 マヨイガとかヒーローアカデミアとかカバネリとかクロムクロとかビックオーダーとか、放送前は期待していたアニメは結構ありましたけれど、結局最後まで視聴していたのは少なかったなあ。遊戯王の映画観に行きまくっていたというのもありそうですが、週一ぐらいで行っていたからなあ。

 ネトゲの嫁はアニメ始まる前から原作を購入していた作品だったので、毎週非常に楽しめました。ヒロインが可愛いというだけで非常に楽しめますよ。
 Reゼロはなろうで半分ぐらい読んでいて、序盤が微妙でしたけれど、それ以降は非常に楽しめるので楽しめました。一話は視聴しましたけれど、そこから一章分ぐらいは見ていなかったような記憶もありますけれど、二章は見ていました。
 ジョジョは安定して面白く、坂本も原作が人気あるということは知っていたので視聴していましたけれど、良かったです。

秋アニメ
アクティヴレイド2
ラブライブサンシャイン
この美術部には問題がある!
ジョジョ4部(2クール目)
モブサイコ100
Reゼロから始まる異世界生活(2クール目)
ダンガンロンパ3未来編
ダンガンロンパ3絶望編
食戟のソーマ弐

 春アニメと比べると結構アニメを視聴していた気がします。ダンガンロンパは場面は違うとはいえ週に二話放送すると凄いことをしていましたね。原作を知っているモブサイコ、ソーマや2クールものと安定して楽しめる作品が多かったです。

 アクティヴレイドのラストが結構好きなのですが、続きやってもおかしくなさそうな感じで終わりましたけれど、敵は倒しましたしこれで完結となってしまうのでしょうかね。
 この美は宇佐見さんが可愛かったのが全てだった気もします。それだけで毎週楽しめ、漫画も全巻購入しました。

 ラブライブサンシャインは最後の場面はどうかと思いましたけれど、全体的に楽しめました。この美はヒロインが可愛いというのが非常に良くて原作を全巻購入してしまいましたよ。

冬アニメ
魔法少女育成計画
オルフェンズ二期
ドリフスターズ
ハイキュー白鳥沢戦
ジョジョ4部(3クール目)
競女
Lostorage incited WIXOSS

 原作を購入していた魔法少女育成計画のアニメは毎週非常に楽しかったのですが、原作1巻とエピソードの半分ぐらいだったのでアニメオリジナルが多かったですね。原作の魔法少女がアッサリ退場する感じがなくなってしまったのは残念ですが、アニメ的に考えてアッサリ退場になるのは受け入れられないという判断だったのでしょうか。

 原作を知っているドリフスターズとか秋アニメも色々と楽しめましたけれど、ウィクロスは前が良すぎただけに微妙だったなあ。里美は良かったとは思いますが男キャラ入れたのもどうかと思ってしまう。まだ続編やりそうな気がしますけれど、どうなるでしょうか。
 競女はあの内容に音と動きが入ったので非常に面白かったなあ、毎週笑っていた気がします。

 来期はとりあえずこのすば二期が非常に楽しみです。弱虫ペダルもありますし、銀魂もやるみたいで楽しみです。

 最後にこの一年、このブログを見て下さった方々、コメント、拍手をくださった方々、ありがとうございました。もう来年で十周目を迎えようとしていますよ。まさかここまでブログやってるとは考えていませんでしたが、もう最近はジャンプ感想、しかも2作品しか書いていませんし、流石に暇ではなくなってきたということなのでしょう。来年もよろしくお願いします。

 それでは、よいお年を  
スポンサーサイト

2015年のアニメを振り返ってみる

 毎年書いている今年のアニメ感想ですが、今年は短くなります。最終話まで視聴したアニメを、上から記憶に残った順で毎期ごとに感想を書いていくのですが、去年のアニメ感想を見ると去年が飛空士なのですね。もう三年ぐらい経っているのかと思ってしまいましたよ。

冬アニメ
クロスアンジュ(2クール目)
SHIROBAKO(2クール目)
ジョジョ
デュラララ承
アイドルマスターシンデレラガールズ
七つの大罪(2クール目)
ユリ熊嵐
艦これ
ログホライズン(2クール目)
DOG DAYS
黒子のバスケ
アルドノアゼロ

 本編は途中で切ってしまいましたが、アブソリュートのOPが素晴しかったです。
 ユリ熊嵐って今年だったのですね。もう二年ぐらい経っていると思っていましたよ。
 2クール目のオリジナルアニメが非常に面白かったです。クロスアンジュはボスであるエンブリヲがぶっ飛んでいましたし、SHIROBAKOは原作アニメ編になってスタジオタイタニックとか明らかにヤバいことになる状況ができてそうなり、どう解決していくのかと非常に楽しめました。

 後は原作知っているアニメは楽しめましたけれど、ほとんどアニメでオリジナル展開になるアイドルマスターは武内Pというプロデューサーに個性を出してアイドルが可愛く楽しめていましたけれど、艦これはちょっとどうかと思うしかなかったなあ。序盤はまだ艦娘が動いていただけでも満足できましたけれど、三話で唐突な轟沈見せてきたりと、色々どうかと思うしかなかった。それでも羽黒ちゃんが動いただけで私は満足ですよ。もう一年経ちますし、ここで内容について言わなくてもいいでしょう。

春アニメ
グリザイアの迷宮・楽園
Fate
血界戦線
ジョジョ(2クール目)
食戟のソーマ
ニンジャスレイヤー
黒子のバスケ(2クール目)
俺物語
ダンジョン
なのはViVid

 グリザイアは果実の時に原作三作購入して迷宮どうするのか、楽園はどうなってしまうのかと考えていたら迷宮内容を半分やって、楽園で色々どうかと思うしかなかった場面をアニメではカットして良い場面を主に見せてくるというのは本当に素晴しかったです。感動するしかなかった。

 Fateと血界は動きが素晴しく、他のアニメも非常に楽しめましたが、ニンジャスレイヤーは色んな意味でぶっ飛んでいましたね。

夏アニメ
戦姫絶唱シンフォギアGX
オーバーロード
シンデレラガールズ(2クール目)
監獄学園
デュラララ転
シャーロット
食隙のソーマ(2クール目)
干物妹うまるちゃん
ニンジャスレイヤー(2クール目)
俺物語(2クール目)

 ドラマデスノートとかニコニコ生放送で仮面ライダーの一挙とかがあったので時間に余裕がなかった気がするなあ。
 シンフォギアGXが相変わらず非常に楽しめましたけれど、展開は一期二期に比べると盛り上がらなかったかなあ。まあ、二期の始まりのバベルを越えることがかなり厳しいですし、同じように始まりのバベルとなってしまうのも仕方がない気がします。二期に比べるとであって、GXもGXで非常に楽しめました。一番盛り上がったのはウェル再登場の場面だなあ、キャロルも完全に思考の外みたいな反応をしていましたし、あの引きから次回どうするのかが楽しみで仕方なかったです。

 イグナイトモードとか新しい演出を見せ、奏者達の家族問題等々、色々と解決していき新たな敵を匂わせて終わりましたし、四期がありそうな感じなので次回のライブで発表があるのかどうかが楽しみです。
 後はアニメが始まる前から名前を知っている程の人気原作のアニメが楽しめ、シャーロットは序盤が一番面白かったですが、後もどうかと思う場面があるも楽しめていました。

秋アニメ
ワンパンマン
ガンダム鉄血のオルフェンズ
終物語
ゆるゆり三期
おそ松さん
うたわれるもの偽りの仮面
落第騎士の英雄譚
ノラガミ二期
ヘヴィーオブジェクト

 結構色々ありましたね。落第騎士はOPが久々の酒井ミキオさんで、OPの変更や最終戦の演出とかも非常に良かったです。
 ガンダムが非常に面白かったです。ワンパンマンやゆるゆりと原作を読んでいても楽しめるアニメ、終物語は下まではいきませんでしたが、続終物語と合わせてどこかで放送されたりするのでしょうか。
 
 最初はどうなるのかと思うしかなかったおそ松さんも非常に楽しめ、女性人気が凄く出ているというのは驚きました。あそこまで人気出るとか考えませんよ。

 後はワールドトリガーは二年目が決まったり、遊戯王はシンクロ次元編が主でしたけれど、今年の最後で遊矢シリーズが全員暴走してしまいましたし、来年一体どうなっているのでしょうか。
 映画はラブライブやガルパンと色々あり楽しめました。来年はウィクロスやペルソナ3の最後と来年も非常に楽しめそうです。

 来期はアクティヴレイドが楽しみですが、二期ものもあまりありませんし、どうなるのでしょうか。今期のアニメの2クール目が結構ありますし、三作品ぐらい楽しめる作品があれば満足できそうです。

 来年は魔法少女育成計画のアニメを期待しています。TVアニメかどうなのかが解りませんけれど、来年までには放送されていることでしょう。恐らく、多分。

 最後にこの一年、このブログを見て下さった方々、コメント、拍手をくださった方々、へりょさん、ユーリさん、ありがとうございました。なんか十周年が遂に見えてきて更新頻度も下がってきていますけれど、来年もよろしくお願いします。

 それでは、よいお年を  

ジャンプ2号 感想

 ソーマのアニメ、二期決定って原作のストック的にどうなのでしょうかね。選抜本戦、スタジエール、久我戦で2クールぐらいいけますか。

食戟のソーマ
 これ叡山一体どうするのでしょうかね。まだスペシャリテがありますし、十傑の座でも出してきて創真にリベンジする感じになるのでしょうか。今回の結果的にそれでも厳しそうですが。

続きを読む

戦姫絶唱シンフォギアGX 感想

 毎週非常に楽しんでいましたけれど、リアルがあまりにも忙しすぎて感想を書くことがあまりできませんでした。Gの二年前も同じぐらいな忙しさだった気がするのですが、二年前のこととか思い出せませんし、単純に若さが薄れていっているせいなのかもしれません。

 シンフォギアGXは毎週毎週満足できましたが、前作Gに比べると盛り上がりに欠けていたような気がします。まあ、これに関してはGの終盤の盛り上がりが完璧過ぎたからなのでしょう。未来にシンフォギアを纏わせて響と戦わせたり始まりのバベルを最後にぶち込んできたりと、アレを越える最終決戦の音楽は想像できないので今回のGXのラストでも同じように始まりのバベルを使ってきたのも解りますが、最終戦では新しい要素が欲しかったとも思ってしまいます。それでも全員がギアを出して響が殴る所の勢いは流石でした。

 今回も全キャラ歌う曲が変わり(マリアさんがガングニールを歌ったりもしましたが)後日発表のキャラソンは後半やってきたウェル博士の可能性もありましたが、無難に敵キャラのキャロルと、新要素として錬金術やオートスコアラにクリスと翼のデュエット、そしてイグナイトモードがありましたけれど、イグナイトモードは歌い方も禍々しくて非常に良かったです。クリスと翼の曲もGの二人の曲からきていそうで楽しめました。

 少し気になった所はオートスコアラの展開で、イグナイトモードが出た時点でこれから毎週各キャラの回になってオートスコアラを倒して終わりそうだと思ってしまい、結果的にその通りに進んでしまいました。ウェル博士の登場は予想外で素晴しかったのですが、敵側が倒されること前提だからかあまり本気を出している感じがしていなかったなあ。第二形態まで見せたミカぐらいなのではないでしょうか。
 
 最後にウェル博士が残したデータ。そして今回の件には黒幕が居そうな会話もあり、四期はもうほとんど決まったものなのではないかと思うしかありません。各キャラが家族や自分と向うこともできましたし、オートスコアラに倒されて倒した展開以外はGXも非常に楽しめることができました。OTONAの出番がなかったとか、少し残念なこともありましたけれど、主人公側の奏者が六人になりましたし仕方がないことなのでしょうかね。

 続編発表があるのならライブの時でしょうか。ライブは一度は行ってみたいのですが、余裕があるとも到底思えないので先行抽選は応募しなさそうです。ディスクになる時を楽しみにしているのですけれど、二日分やってくれるのかが不安です。

戦姫絶唱シンフォギアGX EPISODE10  夢の途中 感想

 遂に残り三話となってしまいましたけれど、未だにキャラクターソング8が誰なのかが公開されていませんね。候補は未来かキャロルかエルフナインかウェル博士だと思われますけれど、ウェル博士はこのタイミングで出てきたのでマジで歌ってCD化するのではないかと思わずにはいられません。美少女達の締めにウェル博士って決まり過ぎな気もしますけれど、流石にそこまで挑戦的ではないのでしょうかね。

 先週全てをかっさらったウェル博士の場面から始まると、嫌そうな顔をしていた切歌調がとても良かったです。相変わらずのトークを繰り広げて不憫の一等賞まで言われ、クリスが攻撃しようとしたらリンカーを作れるのはウェルだけとなり、ウェルが「僕に何かあったらリンカーは失われてしまうぞ!」とか言い出したたのが非常に面白い、このギリギリを生きている感じが凄く好きです。
 
 キャロルはウェルをスルーしてノイズを発生させ、クリスが撃てばウェルが高速で幼女キャロルを盾にすると、この語りから身に危機が迫った際の反応が相変わらずですね。まるで成長していない、OTONA風鳴司令の言葉が全く届いていませんけれど、人として裁くのができず、封印みたいな状態になっているとこうなっていてもおかしくはないですか。

 「英雄だ!」と先週はそんな発言を見せていなかったので(CMで友達以上英雄未満とかは言ってましたが)英雄にはなれないと自覚したのかと思いましたがそうではないと、これは三期でも何かしらやっちゃいそうですね。二期ラスボスが参戦してくるというのがとても良いです。OPの映像にも出ていませんでしたし、これは予想外でした。

 後輩ができてクリスがこのメンバーの中で一番先輩なので精神が不安定になっていると、二期の件もあって先輩という存在がクリスの中で非常に重要な存在となっているのでしょうかね。
 エルフナインの回想が入り、目覚めたキャロルがウェルの説明をすると、ウェルが結構ネフィリムを制御できている辺り、こういう部分は成長しているのですね。そして、キャロルとウェルが手を組むと、なんかシャトー完成のパーツに使われる未来しか見えませんが、ウェルもウェルで簡単になるとも思えませんし、ここから一体どうしていくのでしょうか。

 クリス達が追いかけるもキャロルがクリス側の位置を把握しているので追いつけず、エルフナインが疑われてキャロルによるネタばらしが始まると、ファラも語り始めましたが、イグナイト状態での旋律を受けることがオートスコアラの役目であり、それを通信されないように自爆して通信を妨害すると、明らかにやられる為にイグナイト待っていたりもしていましたし、倒されてしまう存在だったのでもう復活することはなさそうでしょうか。ミカは結構本気で倒しに来ていた気もしますけれど、そうでもしないと奏者二人分は厳しかったということでしょうかね。

 キャロルによるネタばらしを聞いてエルフナインはショックを受けるもOTONA達はエルフナインが悪い子でなくて良かったと、非常にOTONAで良かったです。この場面での不満そうなキャロルが可愛かったのですが、この感覚も伝わっているのでしょうかね。
 レイアがコインをトンファーにしてクリスを殴り飛ばしてくると、クリスは近距離非常に弱いので、近距離から殴るのは当然といえば当然ですか。

 切歌と調が倒されてショックを受けるも、切歌と調がクリスに向ったレイアの攻撃を防ぎ、二人の言葉によって立ち直ることができたクリスはイグナイトを発動してレイアと互角以上に戦えると、ライフルで殴ったり近距離戦に弱い弱点を補おうとしていたのが良く、最後にミサイルに乗っての爆撃を後輩達のサポートによって成功させて勝利すると、三人の協力で倒せたというのは良かったのですが、これも敵の思惑通りですし、ここでの変化が後三話で生かされるのでしょうか。

 レイアの妹が潜水艦に迫ってきたので浮上し、響が決戦の朝だと言えば超巨大妹のレイア妹によって潜水艦がチョップで爆破されてしまうと、もう浮上してしまいましたし、これはOTONAの餌食となってしまうのではないでしょうかね。風鳴司令なら普通に投げ飛ばしてもおかしくなさそうですけれど、爆発してしまいましたし、一撃が受けてしまった感じなのでしょうか。

 次回はもうOTONAVSレイア妹戦が冒頭から始まるだろうと思うしかないのですけれど、各キャラの話を入れてイグナイトで戦闘の流れですし、次回は響と父がメインとなるのでしょうか。それでも後三話ですし、最終戦も進めていくのでしょうかね。どうなるのかが非常に楽しみです。 
プロフィール

ジョージ

Author:ジョージ
アニメ・ジャンプ等の感想を書いています。最近はあんまり暇じゃないのでブログ名変えようかと思っています。

トータルアクセス
アクセス
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ツイッター
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる